よろず堂通信

プリキュアなどのアニメ・フィギュア情報からたまには真面目な話まで、ジャンルを問わず気になるニュースはなんでもとりあげる「よろず堂通信」です♪

*

あぶない刑事完結編のキャストは誰?あらすじのストーリーをネタバレ

      2016/06/11

あぶデカ5刑事ドラマの中で、もっとも名コンビといえば?

舘ひろし演じる「ダンディー鷹山」と、柴田恭平演じる「セクシー大下」。そう、「あぶない刑事」のこの2人ですよね!

1986年に最初のテレビシリーズが放送され、大人気となった刑事ドラマ「あぶない刑事」が、2005年の劇場版以来、約10年ぶりに最後の復活です!

 

<スポンサーリンク>

●映画「あぶない刑事」完結編

伝説の名コンビ、タカ&ユージが帰ってくる!?

あぶデカ1

映画「さらば あぶない刑事-long good-bye-」が、2016年正月に公開決定!

テレビドラマ放送開始から実に30年、2005年公開の劇場版以来、約10年ぶりの復活です。

「あぶない刑事」はとにかく大人気の刑事ドラマでした。

80年代後半、ちょうどバブル真っ最中に流行ったドラマで、ロングコートに黒のサングラス…なんてタカスタイルを真似した若者が街にたくさんいたものです(笑)

あぶデカ2

さて、タカこと鷹山敏樹役の舘ひろしさんは3月で65歳を迎え、ユージこと大下勇次役の柴田恭平さんは8月で63歳となります。

否応もない時の流れを感じさせますが、映画製作のきっかけは、2012年にDVDマガジン発売に向けて行われた取材で、カメラの前でポーズを取った2人の姿が相変わらずかっこよかったことから、スタッフたちが企画を決意したとのことです。

 

●ストーリーは?

タカとユージにとって最後の事件となる本作では、暴力団銀星会の残党を叩いたことが発端となり、命を賭けた戦いの火蓋が切って落とされます。

定年を迎える2人の刑事…タカ&ユージは、無事に定年退職して、夢見た優雅な年金生活を送ることができるのか?それとも、史上最悪の敵を前に殉職してしまうのか…!「さらば」の意味とは?

最近の刑事ドラマは現実的で、なかなか込み入ったストーリーも多いですが、「あぶない刑事」は、それほど明確なストーリーがあるドラマではなかったような気がします(笑)

バンバンバン!

ドーン!

ドッカーン!

何かというとヤクザとの撃ち合い。派手なガンアクションや爆破シーン、カーアクション、バイクアクションシーンが見どころで、実際そのシーンを作るためのストーリーだったのではないかと思えるほどですよね!

要するに、派手にドンパチ!単純明快な、ハリウッドアクション映画のようなテイストだったわけです。

製作費も潤沢なバブル期のドラマですから、爆破シーンとかもド派手にやってましたしね(笑)

また、タカ&ユージの掛け合いもドラマの楽しみのひとつでした。

本作は完結編ということもあり、タカ&ユージの刑事人生の締めくくりが描かれるようです。ある意味、「あぶない刑事」と同じ時代を過ごした年代の人にとっては、感慨深いものになりそうな感じです。

 

●キャストは?

発表されている出演者は、おなじみのこのメンバー。

鷹山俊樹役…舘ひろし

大下勇次役…柴田恭平

町田 透役…仲村トオル

真山 薫役…浅野温子

町田透役の仲村トオルさんは、テレビドラマ放送開始時はまだまだ新人刑事役と同じく、俳優としても新人でした。

そもそものデビュー作が映画「ビーバップハイスクール」の不良役で、その時の役名がそのまま芸名になっており、トオルが刑事かよっ!と一部で話題になったものです(笑)。

劇中では、タカ&ユージとは当然、先輩・後輩の関係ですが、2005年公開の映画「まだまだあぶない刑事」では、2人の上司となっていました。

俳優として新人だった仲村トオルさんも9月で50歳。

あぶデカ6

今ではベテラン俳優に名を連ねるようになりました。映画ではどんな絡みを見せてくれるのか、楽しみですね!

また、浅野温子さん演じる真山薫は、木の実ナナ演じる松村優子の後を継ぎ、少年課の課長に昇進していましたが、ついに結婚という噂も?!

その他、ヒロイン役はキャスティング中で、ファンが喜ぶ「隠し玉」も準備中とのこと。さらに、史上最悪の敵役にはなんとあの人が決定…!

 

●史上最悪の敵

シリーズ完結編に登場する史上最悪の敵役には、なんと吉川晃司さん!

あぶデカ3

3月上旬に「将来の仕事のため」にバイクの練習をしていて転倒、左足首を負傷とのニュースが流れましたが、「将来の仕事」とは「さらば あぶない刑事」の役作りのためだったんですね!

あぶデカ7

映画では、バイクを操る史上最悪の敵を演じることから、今年2月からバイク練習を開始。バイク専用のスタントマン等立会のもと、アクロバティックなバイクアクション「ジャックナイフターン」「アクセルターン」「フロントアップ走行(ウィリー)」を練習しており、3日にウィリー練習中に転倒、骨折したそうです。

吉川晃司さんは10年ぶりのライブハウスツアー中ですが、ケガをものともせず予定通り公演を実施。敵役も続投し、予定通り撮影にも参加するとのこと。

さすがです、兄貴!

あぶデカ4

今回のライブでは命の次に大事な「シンバルキック」ができませんが、治ったらまた披露して欲しいものです。

特殊なバイクアクションの練習で怪我をしてしまいましたが、通常の運転で安全に注意を払って乗っていれば、バイクは素晴らしい乗り物です。今回の練習をきっかけに、私も、今後、新たな相棒としてバイクにも乗ろうと思っております。吉川晃司さんのコメント

昔、NHKの紅白でギターを燃やし、出禁を喰らった人とは思えない、真面目なコメントです(笑)

あぶデカ8

兄貴フィギュアのギブスも早く取れるといいですね!

 

(参考:ORICONSTYLE 2月3日
(参考:朝日新聞デジタル 3月24日)
(参考:Yahoo!ニュース 3月24日)
(参考:東映 さらばあぶない刑事

 

スポンサーリンク2

 


 

いかがでしたでしょうか?

「あぶない刑事」シリーズは、それこそ「西部警察」なみに、ありえない設定が多いドラマです(笑)

昨今の刑事ドラマは「組織がどうの」「所轄がどうの」「拳銃は撃たない」など、リアル設定が主流となっています。

リアル設定が主流になり、「あぶない刑事」のような刑事ドラマは廃れていった感がありますが、エンターテインメントとしては、ドラマ史に残る名作です。

タカ&ユージの刑事人生の幕引きは見逃せません!

 

こちらは公開された撮影中の一コマ。あぶ刑事メンバーの今。

あぶ刑事今

こちらは30年前。

あぶ刑事昔

 - 映画・ドラマ・音楽, 映画

     
        
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事