映画・ドラマ・音楽

第88回アカデミー賞/2016年ノミネート作品と受賞作&受賞者は?

アカデミー賞

 

アメリカで最も権威があるとされる映画賞「アカデミー賞」のノミネート作品が発表されました。

そこで今回は、ノミネートされた作品についてご紹介します♪

※2月29日追記※ 受賞作&受賞者については、順次追記していきます!

 

<スポンサーリンク>

●アカデミー賞とは?


「アカデミー賞」はアメリカの映画賞です。アメリカにあるいくつかの映画賞のなかでも古い歴史があり、最も権威があるとされます。選ばれる作品は「1年以内にロサンゼルス地区で上映された作品」と規定され、「アメリカ映画の祭典」「映画界最高の栄誉」などと表現されることも。

ノミネート作および受賞作は、アメリカの映画産業従事者の団体である「映画芸術アカデミー」の会員による無記名投票にて選考されます。会員はハリウッドの業界関係者が大半であることや、年齢が比較的高いことから、選ばれる作品は偏りがあるなどと批判されることもしばしばです。

とはいえ、俳優はもとより監督や脚本家…etc.アメリカ映画製作に携わる者にとっては、できることならば手に入れたい、名誉ある賞であることは間違いありません。

ちなみに、受賞者にはオスカー像が送られるのみで、賞金や副賞は一切ありません。まさに、名誉のみ。…といいつつ、やはり「アカデミー賞」を受賞したという「ハク」は大いに発揮されます。つまり、俳優としてのランクが上がり次回作での出演料が増えたり、受賞作がヒットするなど、結果的には収入に多大な影響を及ぼすわけです。

逆に、ノミネートされたものの受賞を逃した人には、残念賞として数万ドル相当のギフトバックが送られます。2013年の事例では実に4万5,000ドル相当だったとか!(日本円で400万円以上)

その中身は旅行券だったり服飾品やリゾートホテルの宿泊券だったりと、その年によって異なるものの、受賞を逃した心の傷をギフトで癒してほしい…というのがその趣旨だとか。

なお、ギフトバックが送られるのは、主演男優賞、主演女優賞、監督賞でノミネートされ受賞を逃した人と、アカデミー賞の司会者が対象となっています。

さすが、「ゴールデンラズベリー賞」とはスケールが違いますね(笑)

2015年の最低映画は?ゴールデンラズベリー賞ノミネート&結果!

 

ちなみに、「アカデミー賞」は受賞者に「オスカー像」が贈られることから、「オスカー」と呼ばれることも。そして「オスカー像」が「オスカー」と言われるようになった由来には諸説あります。その中の1つに、1931年にアカデミー事務局に務めていた女性職員が、その像を見て「オスカー叔父さんにそっくり」と発言したことから広まった…というのが一番有名です。

 

<スポンサーリンク>

 

●アカデミー賞ノミネート作品一覧


<作品賞>

「マネー・ショート 華麗なる大逆転
「ブリッジ・オブ・スパイ」
「ブルックリン」
「マッドマックス 怒りのデス・ロード」
「オデッセイ」
「レヴェナント:蘇えりし者」
「ルーム」
「スポットライト 世紀のスクープ」

 

<監督賞>

アダム・マッケイ/「マネー・ショート 華麗なる大逆転」
ジョージ・ミラー/「マッドマックス 怒りのデス・ロード」
アレハンドロ・G・イニャリトゥ/「レヴェナント:蘇えりし者」
レニー・アブラハムソン/「ルーム」
トム・マッカーシー/「スポットライト 世紀のスクープ」

 

<主演男優賞>

ブライアン・クランストン/「トランボ(原題)」
レオナルド・ディカプリオ/「レヴェナント:蘇えりし者」
マイケル・ファスベンダー/「スティーブ・ジョブズ」
エディ・レッドメイン/「リリーのすべて」
マット・デイモン/「オデッセイ」

 

<主演女優賞>

ケイト・ブランシェット/「キャロル」
ブリー・ラーソン/「ルーム」
シアーシャ・ローナン/「ブルックリン」
シャーロット・ランプリング/「さざなみ」
ジェニファー・ローレンス/「ジョイ(原題)」

 

<助演男優賞>

クリスチャン・ベイル/「マネー・ショート 華麗なる大逆転」
トム・ハーディ/「レヴェナント:蘇えりし者」
マーク・ラファロ/「スポットライト 世紀のスクープ」
マーク・ライランス/「ブリッジ・オブ・スパイ」
シルヴェスター・スタローン/「クリード チャンプを継ぐ男」

 

<助演女優賞>

ジェニファー・ジェイソン・リー/「ヘイトフル・エイト」
アリシア・ヴィキャンデル/「リリーのすべて」
レイチェル・マクアダムス/「スポットライト 世紀のスクープ」
ルーニー・マーラ/「キャロル」
ケイト・ウィンスレット/「スティーブ・ジョブズ」

 

<長編アニメ映画賞>

「思い出のマーニー」
「インサイド・ヘッド」
「アノマリサ(原題)/Anomalisa」
「映画 ひつじのショーン ~バック・トゥ・ザ・ホーム~」
「父を探して」

 

<外国語映画賞>

「エンブレイス・オブ・ザ・サーペント(英題)/Embrace of the Serpent」(コロンビア)
「裸足の季節」(フランス)
「サウルの息子」(ハンガリー)
「ディーブ(原題)/Theeb」(ヨルダン)
「ア・ウォー(原題)/A War」(デンマーク)

 

<短編実写映画賞>

「アヴェ・マリア(原題)/Ave Maria」
「デイ・ワン(原題)/Day One」
「エヴリシング・ウィル・ビー・オーケイ(英題)/Everything Will Be Okay」
「ショク(原題)/Shok」
「スタッター(原題)/Stutterer」

 

<短編アニメ映画賞>

「ベアー・ストーリー(英題)/Bear Story」
「プロローグ(原題)/Prologue」
「サンジャイズ・スーパー・チーム(原題)/Sanjay’s Super Team」
「ウィー・キャント・リブ・ウィズアウト・コスモス(英題)/ We Can’t Live without Cosmos」
「ワールド・オブ・トゥモロー(原題)/World of Tomorrow」

 

<長編ドキュメンタリー賞>

「エイミー(原題)」
「カーテル・ランド(原題)/Cartel Land」
「ルック・オブ・サイレンス」
「ニーナ・シモン ~魂の歌」
「ウィンター・オン・ファイヤー:ウクライナ、自由への闘い」

 

<短編ドキュメンタリー賞>

「ボディ・チーム 12(原題)/Body Team 12」
「チョウ、ビヨンド・ザ・ラインズ(原題)/Chau, beyond the Lines」
「クロード・ランズマン:スペクターズ・オブ・ザ・ショア(原題)/Claude Lanzmann: Spectres of the Shoah」
「ア・ガール・イン・ザ・リヴァー:ザ・プライス・オブ・フォーギブネス(原題)/A Girl in the River: The Price of Forgiveness」
「ラスト・デイ・オブ・フリーダム(原題)/Last Day of Freedom」

※脚本賞、脚色賞、撮影賞、美術賞、音響編集賞、録音賞、編集賞、視覚効果賞、歌曲賞、作曲賞、衣装デザイン賞、メイク・ヘアスタイリング賞については割愛しました。

 

<スポンサーリンク>

 

●アカデミー賞受賞作品


※2016年2月29日(日本時間)に発表された受賞者および受賞作品を一覧でご紹介します。

 

<作品賞>

「スポットライト 世紀のスクープ」

 

<監督賞>

アレハンドロ・G・イニャリトゥ/「レヴェナント:蘇えりし者」

 

<主演男優賞>

レオナルド・ディカプリオ/「レヴェナント:蘇えりし者」

 

<主演女優賞>

ブリー・ラーソン/「ルーム」

 

<助演男優賞>

マーク・ライランス/「ブリッジ・オブ・スパイ」

 

<助演女優賞>

アリシア・ヴィキャンデル/「リリーのすべて」

 

<長編アニメ映画賞>

「インサイド・ヘッド」

 

<短編アニメ映画賞>

「ベアー・ストーリー(英題)/Bear Story」

 

<脚本賞>

ジョシュ・シンガー、トム・マッカーシー/「スポットライト 世紀のスクープ」

 

<脚色賞>

チャールズ・ランドルフ、アダム・マッケイ/「マネー・ショート 華麗なる大逆転」

 

<撮影賞>

エマニュエル・ルベツキ/「レヴェナント 蘇えりし者」

 

<美術賞>

コリン・ギブソン、リサ・トンプソン/「マッドマックス 怒りのデス・ロード」

 

<音響編集賞>

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」

 

<録音賞>

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」

 

<編集賞>

マーガレット・シクセル/「マッドマックス 怒りのデス・ロード」

 

<視覚効果賞>

「エクス・マキナ(原題)/Ex Machina」

 

<歌曲賞>

「Writing’s On The Wall」/『007 スペクター』

 

<作曲賞>

エンニオ・モリコーネ/「ヘイトフル・エイト」

 

<衣装デザイン賞>

ジェニー・ビーヴァン/「マッドマックス 怒りのデス・ロード」

 

<メイク・ヘアスタイリング賞>

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」

 

<外国語映画賞>

「サウルの息子」(ハンガリー)

 

<短編実写映画賞>

「スタッター(原題)/Stutterer」

 

<長編ドキュメンタリー賞>

「AMY エイミー」

 

<短編ドキュメンタリー賞>

「ア・ガール・イン・ザ・リヴァー:ザ・プライス・オブ・フォーギブネス(原題)/A Girl in the River: The Price of Forgiveness」

 


いかがでしたでしょうか?

第88回のアカデミー賞は誰が受賞するのでしょうか?「アカデミー賞」の前哨戦とされる「ゴールデングローブ賞」の結果を見ると、「レヴェナント:蘇えりし者」とその主演である「レオナルド・ディカプリオ」が受賞する確率が高いかもしれません。

ゴールデングローブ賞2016/ノミネート作品と受賞作&受賞者一覧

なお、受賞作&受賞者の発表は、2016年2月29日(月)です。日本ではWOWOWにて午前9時から生中継されます。

※2月29日追記※ レオナルド・ディカプリオが悲願の?アカデミー賞主演男優賞を受賞しました!

 

<スポンサーリンク>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 冬ドラマ2018一覧/1月期ドラマをまとめて紹介!キャスト&あらすじは?
  2. 秋ドラマ2017一覧/10月期ドラマをまとめて紹介!キャスト&あらすじは?
  3. 嵐メンバーが主演で主題歌も嵐の連続ドラマ&映画一覧!最新版♪
  4. スタバメニューのカロリー一覧表!レギュラーから新作まで[フード編]
  5. スタバメニューのカロリー一覧表!新作フラペチーノも![ドリンク編]

関連記事

  1. 映画・ドラマ・音楽

    TBSドラマ「ヤメゴク」第5話のあらすじをネタバレ!ゲスト出演者は?

    大島優子主演のTBSドラマ「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

読んでほしい記事

アーカイブ

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

おすすめまとめ記事

ピックアップ記事

  1. ライフハック

    猿顔のランからダースベーダ―まで!世界中のユニークな植物大集合!
  2. グッズ

    ヒット予測2017/日経トレンディ発表のベスト30はいくつ流行る?
  3. スマホ・インターネット・ゲーム

    信じないで!拡散されたiPhoneをバグらせる悪質なデマまとめ!
  4. スポット

    世界の魅力的な都市ランキング2016/米の旅行メディアが発表!
  5. 映画・ドラマ・音楽

    ゴールデングローブ賞2017/ノミネート作品一覧&受賞結果は?
PAGE TOP