統計・ランキング

2016年CM王&CM女王発表!タレントCM起用社数ランキング!

s-2016CM王&CM女王

 

メディアの調査・分析を行う「ニホンモニター株式会社」が毎年行っている「CM起用社数ランキング」の2016年年間ランキングが発表されました。

2016年の年間CM王・CM女王は誰の頭上に輝いたのでしょうか!?

そこで今回は、「2016年タレントCM起用社数ランキング(年間)」を、男女別にご紹介します♪

※2016年上半期CM王&CM女王についても記載しています。

※2016年の主なブレイクタレントについて追記しました。

※2017年上半期についてはこちらの記事をご覧ください。

2017年上半期のCM王&CM女王は?タレントCM起用社数ランキング!

 

<スポンサーリンク>

●2016年年間CM王&CM女王


年間CM王


2016年CM王は、12社に起用された相葉雅紀さん(嵐)が輝きました。2015年のCM王も獲得していた相葉さんは、これで年間CM王2連覇です。

また、テニスの錦織圭さんは初めて男性トップに。テニスでもCMでも、先輩の松岡修造さんを大きく飛び越えて活躍しています。

嵐メンバーの活躍は言わずもがなですが、特に目立ったのが2015年のMI-グランプリ王者のトレンディエンジェル・斎藤司さん。上半期には名前がありませんでしたが(次章に詳細あり)、年間では9社起用されました。

 

<2016年年間CM起用社数ランキング・男性>年間CM王2016※ニホンモニター株式会社調べ。
※調査期間/2016年1月1日~2016年11月30日
※対象局/東京民放5局地上波オンエア分
※起用社数の集計は、各タレントの契約期間ではなく、「出演したCMが実際に放送されたかどうか」でカウント。

 

年間CM女王


2016年のCM女王は女優・吉田羊さんが13社起用でCM女王に輝きました。男女合わせても単独トップです。演技の幅が広く、落ち着いた大人の女性でありながら可愛らしさも兼ね備える吉田さん。スキャンダルは影響せず、CM業界では引っ張りだことなりました。

上半期CM女王では1位だったマツコ・デラックスさんでしたが、起用社数は変わらず12社でキープ。今後もまだまだ、世間に影響力を与え続けてくれそうです。

その他、名を連ねているのは、常連メンバーばかり…という印象。今を時めく若手女優やタレントがCM業界でも支持されてます。

 

<2016年年間CM起用社数ランキング・女性>年間CM女王2016※ニホンモニター株式会社調べ。
※調査期間/2016年1月1日~2016年11月30日
※対象局/東京民放5局地上波オンエア分
※起用社数の集計は、各タレントの契約期間ではなく、「出演したCMが実際に放送されたかどうか」でカウント。
※男女の分類は、実際の性別ではなくキャラクターとしての男性枠・女性枠でカウント。

 

<スポンサーリンク>

 

●主なブレイクタレント


前年と比べて、出演CM数が増えたタレントのリストはこちら。0社→9社と一気に出演数を増やしたトレエンの斎藤司さんは、2016年のブレイクタレントNo.1と言ってもよさそうです。

 

<2016ブレイクタレント>2016主なブレイクタレント

※ニホンモニター株式会社調べ。
※調査期間/2016年1月1日~2016年11月30日
※対象局/東京民放5局地上波オンエア分
※起用社数の集計は、各タレントの契約期間ではなく、「出演したCMが実際に放送されたかどうか」でカウント。

 

●2016年上半期CM王&CM女王


上半期CM王


2016年上半期のCM王は、2015年の年間を通して1位を獲得した相葉雅紀(嵐)さんが12社に起用され、単独1位を獲得しました。

もちろん今年も嵐の快進撃は止まず。櫻井翔さん、二宮和也さんともに11社。松本潤さんは10社、大野智さんは9社となっており、CM業界を席巻。

一昔前はこれが嵐ではなくSMAPだったことを考えると、現在のアイドルの頂点にいるのは嵐なのだと再認識させられます。

また、2015年に話題となった、ラグビー・五郎丸歩選手が7社起用と大幅に増加。さまざまな役柄をこなし、若手俳優の有望株と目されている菅田将暉さんが前年5社から7社に増加。今年初めに北川景子さんと結婚したばかりのDAIGOさんも前年3社から7社に増やしています。

 

<2016年上半期CM起用社数ランキング・男性>上半期CM王2016※ニホンモニター株式会社調べ。
※調査期間/2016年1月1日~2016年6月30日
※対象局/東京民放5局地上波オンエア分
※起用社数の集計は、各タレントの契約期間ではなく、「出演したCMが実際に放送されたかどうか」でカウント。

 

上半期CM女王


2016年上半期のCM女王は、2015年年間で10社のマツコ・デラックスさんが起用社数を2社増やし12社となり、相葉雅紀さんと並びトップに躍り出ました。

マツコさんの発言は年々影響力を増しており、毒がありながらも本音で語ることから、「マツコさんが言うのなら…」と信じてしまう視聴者が続出。そのため、マツコさんが絶賛した商品は品切れや品薄になることもあります。

この傾向はしばらく続きそうな気配。となれば、CM業界もマツコさんを益々放ってはおかないかもしれません。

2位以降は、人気女優陣がズラリと名を連ねています。なかでも存在感を増してきた松岡茉優さんは、前年5社から9社へと起用社数を躍進させています。

また、リオ五輪での活躍が期待されているレスリングの吉田沙保里さんが7社に起用されています。リオ五輪の成績次第では、上半期はさらに起用社数を増やすのではと予想されます。

 

<2016年上半期CM起用社数ランキング・女性>上半期CM女王2016※ニホンモニター株式会社調べ。
※調査期間/2016年1月1日~2016年6月30日
※対象局/東京民放5局地上波オンエア分
※起用社数の集計は、各タレントの契約期間ではなく、「出演したCMが実際に放送されたかどうか」でカウント。
※男女の分類は、実際の性別ではなくキャラクターとしての男性枠・女性枠でカウント。

 


いかがでしたでしょうか?

2016年のCM王・CM女王が決定しました。相葉雅紀さんも吉田羊さんも、CMでよく見かけますよね。
相葉さんは2016年の紅白の白組司会者にも抜擢されたし、2017年も引き続き活躍が約束されていることでしょう。となると、CM王3連覇も夢じゃないかもしれません。

また、CM女王に輝いた吉田羊さんは、単独でもトップに躍り出ました。スキャンダルの影響で(芸能界から)消されるのではないかと危惧されていましたが(詳細は割愛)、消されるどころかさらに活躍しています。これにはヒツジスト(吉田羊さんのファン)もほっと胸をなでおろしたのではないでしょうか。

残念なのが、上半期CM女王を獲得したマツコ・デラックスさんが年間CM女王を逃したこと…。まぁ、マツコさん自体は気にしてなさそうですが(笑)

ということで、2017年も茶の間を賑わすCMを期待したいですね♪

 

<スポンサーリンク>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 秋ドラマ2017一覧/10月期ドラマをまとめて紹介!キャスト&あらすじは?
  2. スタバメニューのカロリー一覧表!新作フラペチーノも![ドリンク編]
  3. 郵便料金が2017年6月より値上げ!定形外郵便・ゆうメールの新料金とゆうパックの…
  4. スタバメニューのカロリー一覧表!レギュラーから新作まで[フード編]
  5. 嵐メンバーが主演で主題歌も嵐の連続ドラマ&映画一覧!最新版♪

関連記事

  1. 統計・ランキング

    赤ちゃんの名づけ2015年ランキング!トレンド・人気の名前は?

    子どもが生まれて一番最初の大仕事が、名づけですよね…

  2. 統計・ランキング

    世界の魅力的な都市ランキング2016/米の旅行メディアが発表!

    アメリカの富裕層向け大手旅行雑誌「コンデ・ナスト・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

読んでほしい記事

アーカイブ

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

おすすめまとめ記事

ピックアップ記事

  1. 統計・ランキング

    世界企業ブランドランキング2016/トップ100に日本企業は何社?
  2. 統計・ランキング

    世界幸福度ランキング2017/日本の順位は?全155カ国の最新データ!
  3. 統計・ランキング

    男女平等ランキング2016/日本のジェンダー・ギャップ指数はG7最下位
  4. 統計・ランキング

    ヒット予測2017/日経トレンディ発表のベスト30はいくつ流行る?
  5. 芸能・エンタメ

    声優総選挙ベスト25/声優No.1は誰?プロが選ぶ本当にスゴイ声優!
PAGE TOP