よろず堂通信

プリキュアなどのアニメ・フィギュア情報からたまには真面目な話まで、ジャンルを問わず気になるニュースはなんでもとりあげる「よろず堂通信」です♪

*

ゲス不倫男・宮崎謙介衆議院議員が謝罪会見!議員辞任でずっと育休?

      2016/08/03

宮崎謙介タイトル

 

自身のゲス不倫のせいで、男性の育休取得推進を後退させてしまった感が否めない、宮崎謙介衆議院議員。当初は自民党離党も議員辞職もしない方向でしたが、やっぱり辞めることに!?

そこで今回は、発覚後の続報と辞任会見についてご紹介します。

ゲス不倫の詳細とお相手の宮沢磨由さんについては、こちらの記事をご覧ください。

育休議員の自民党・宮崎謙介がゲス不倫!相手はタレントの宮沢磨由?

 

<スポンサーリンク>

●何を言っても後の祭り?

2016年2月12日(金)、件のゲス不倫男・宮崎謙介衆議院議員が10:45から会見を開きました。当初は「議員辞職せず」「自民党を離党せず」と、いわゆる「おとがめなし」となる公算が強かったようですが、一転、12日午前の会見前に、議員辞職することが報じられました。

騒動後、宮崎議員が所属する二階派総務会長の二階俊博議員は激怒。

「(おわびの言葉は)100回言ってもらってもどうにもならないこと」とすげない態度だったようです。

また、宮崎議員は派閥の大物である伊吹文明元衆議院議長宅を訪ね「迷惑をおかけした」と土下座したとも伝えられています。

本人は議員辞職したくなかったかもしれませんが、当然の帰結と言うべきか、自民党内では「辞職せよ」という声が大きかったようです。宮崎議員が議員を続けることによる支持率低下なども鑑み、騒動の早期終結をはかりたい自民党側が辞職を勧告した結果ということでしょうか。

宮崎議員は、

・会見会場に来るまで辞任については迷っていた

・決断は君に任せると、上層部は寛大だった

・最後の決断で辞めることにした

と会見では言っていますが、実際は宮崎議員をかばう人は誰もおらず、裏で辞任勧告があり、宮崎議員は空気を読んだと理解しても遜色ないでしょうね。

さて、記者会見の様子について。

宮崎謙介謝罪会見

某野々村氏ばりの号泣場面はありませんでしたが、異様なまでにカメラのフラッシュがたかれる中、若干紅潮した頬から見るにテンパっているのか、正直わかり難い演説に終始しました。

宮崎謙介謝罪会見2

 

<スポンサーリンク>

 

会見での発言をいくつかピックアップします。

・国会議員の端くれとして、自ら主張してきたことと軽率な行動のつじつまが合わない。このことについて深く反省し、議員辞職をする決意を固めた

・いつの日かまた私の理想と実現したい政治を追い求めることができる資格を与えてもらえるように出直してきます

不倫相手について…

・1月4日の仕事始め、第一議員会館で初め出会い、その後SNSで連絡を取り合った

・会ったのは3回で、今現在は連絡を取っていない

妻と子どもに対して…

・妻には一部始終を説明しその上で謝罪をした

・産後直後の妻には、大変酷なことをした

・深く反省し、妻と子どもに対し改めて謝罪をし、生涯償っていきたい

なお、ベッキーの謝罪会見とは違い、質疑応答の時間が設けられたのは、褒めるべきなのか、当然なのかは個人の見解によるところでしょうか。

ちなみに、会見中に緊張からか、カメラに背を向けるようにペットボトルの水を口にしました。片手を添えて飲み口を隠す…ような仕草はありませんでしたので念のため。

 

●主夫だっていいじゃない!

今一番しんどいのは、妻の金子恵美議員でしょう。本人および不倫相手の宮沢磨由さんについては完全に自業自得。同情の余地はありませんのであしからず。

さて、ゲス不倫が報じられたのは2月10日(水)でしたが、日付は不明なものの、宮崎議員は恵美議員が入院している病院を訪れ、話し合いをした模様。

その際に、「やり直す気はあるの?」と恵美議員が問いただすと、宮崎議員は「やり直したい」と答えたそうです。

恵美議員は「じゃあ、恥をかいてきなさい」「しっかりしなさい」と厳しく叱責し、記者会見で説明責任を果たすことを夫に求めたとのこと。

とはいえ、当然と言えば当然ですが、議員を続けることは叶わず、宮崎議員は1ヶ月の育休を取得するどころか、「すっと育休」となりました。ある意味希望はかなったのかもしれません。

金子恵美議員は真面目でしっかりした人と評判のようなので(男を見る目については…)、議員の仕事は妻に任せ、宮崎さんは「主夫」として家事・育児・妻のサポートに尽力し、(あるとするなら)いつかまた議員として返り咲く時のために頑張ればいいのではないでしょうか。

 

<スポンサーリンク>

 


 

いかがでしたでしょうか?

せっかく待望の第1子が産まれたばかりなのに、お祝いムードはまったくなく、夫の不倫でてんやわんやの妻・金子恵美議員がかわいそうで仕方ありませんね。

バカな旦那を持つと奥さんは苦労するものですが、今回の騒動で離婚する話は「まだ」でていないようですね。

今後2人がどうなるかは、宮崎さんの態度や行動次第でしょう。これについては奥さんの考えなわけで、世間がとやかく言う話ではありません。宮崎さんは離婚したくないと希望しているようですが、「こんな虫のいい話はない」ともわかっているようですが、果たして!?

また、宮崎さんは一から出直して議員に戻りたい…という趣旨のコメントをしていますね。議員辞職はするものの、自民党は離党しない意向とか。そのうちほとぼりが冷めたら、また自民党から出馬するということでしょうか。ただ、それについては「ちょっともう無理じゃね?」と思う多くの人のツッコミを真摯に受け止め、自粛して欲しいところですね。

 

<スポンサーリンク>

 - 芸能・エンタメ

     
        
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事