スポーツ

箱根駅伝2018/山梨学院大学のエントリー選手一覧とチームの特徴

2018年1月2日(火)・3日(水)に、学生駅伝の最高峰「第94回箱根駅伝2018」が開催されます。

本記事で紹介する山梨学院大学は、前回大会で優勝候補の一角と言われながらも、大会直前のトラブルが原因で大敗を喫し、17位という結果に…。

この雪辱をバネに、チームは一丸となって復活を誓い、予選会では4位通過となりました。切り札のドミニク・ニャイロ選手を生かせれば、本選上位入賞の可能性も十分です。

それでは、2017年12月10月に発表された「山梨学院大学のエントリー選手一覧」および「チームの特徴」についてご紹介します♪

※区間エントリーを追加しました。

※箱根駅伝関連記事はこちらもご覧ください♪

第94回箱根駅伝2018/予選会の出場校一覧と結果(予選突破10校)は?

箱根駅伝2018/往路と復路のコース(10区間)の特徴と通過時間や見どころは?

箱根駅伝2018/出場校と区間エントリー一覧&優勝予想!テレビ中継予定も!

箱根駅伝2018/往路結果速報!区間記録や通過順位&往路優勝校は?

箱根駅伝2018/復路結果速報!区間記録と復路優勝&総合優勝校は?

 

<スポンサーリンク>

●山梨学院大学の特徴は?


第63回大会(1987年)で初出場し、以来32回連続出場の山梨学院大学。出場6年目で初優勝し、翌々年から2連覇。合わせて3回優勝しています。

とはいえ、1995年に優勝して以降は、優勝争いに絡むことも少なく、本選に出場したものの2度棄権しており、シード権を獲得できなかった年も。

また、前回大会では本選直前に主力選手の数人がインフルエンザに罹患。欠場するというアクシデントが影響し、17位に沈みました。

しかし、今季は主力選手が最上級生になったことや、夏合宿でスタミナをつけたこともあり、予選会は4位で通過。

ただ、予選会に練習の主眼を置いていたため、全日本大学駅伝は調整不足が露呈。アンカーのドミニク・ニャイロ選手(3年)が8区区間賞の走りを見せながらも、チームは9位となりました。

チームが一丸となって高順位をキープし、切り札のドミニク・ニャイロ選手を生かす走りが実現できれば、シード権獲得以上の結果も十分ありえそうです。

ちなみに、チームの主力として活躍している主将の上田健太選手は、上田誠仁監督の次男。現役監督とその息子が箱根駅伝に出場するのは、箱根駅伝史上初の出来事です。

上田健太選手が箱根デビューを飾った2016年大会以降は、「親子鷹」として話題になりました。そんな上田健太選手も4年となり、親子鷹が見られるのも今季が最後。親子鷹のラストランはどのような結果になるのでしょうか。

 

<チームデータ>


優勝3回・32年連続32回目の出場

タスキの色/プルシアンブルー

 

<監督>


上田誠仁(うえだまさひと)監督

1959年1月9日生まれ(58歳)

香川県善通寺市出身。中学生時代から陸上競技で記録を残し、進学した尽誠学園高等学校時代には、第26回別府大分毎日マラソンのハーフマラソン部門で高校最高記録を樹立。

その後、順天堂大学に進学。箱根駅伝の戦績は、2年3年ともに5区で区間賞を獲得し、順天堂大学の総合優勝に大きく貢献した。

大学卒業後は地元・香川県で教員をしながら陸上競技を続け、1985年に26歳の若さで山梨学院大学の陸上競技部監督に就任。現在は、山梨学院大学の法学部教授(体育学)、関東学生連合の駅伝対策委員長も務めている。

 

<スポンサーリンク>

 

●エントリー選手一覧


全チームのエントリーリストはこちらからご覧ください。

区間エントリー


※12月29日(金)に区間エントリーの発表がありました。選手の変更は、当日のレース開始1時間10分前まで可能のため、直前で変更されることがあります。

※現在エントリーされている選手と補欠選手を交代できますが、変更は4名まで。また、現在エントリーされている区間から、他の区間に変更することはできません。

1区/永戸聖
2区/ドミニク・ニャイロ
3区/首藤貴樹
4区/川口竜也
5区/上田健太
6区/比夫見将吾
7区/出木場風吹
8区/古賀裕樹
9区/藤田義貴
10区/片山優人

(補欠)
市谷龍太郎
河村知樹
菅井宏人
井上広之
中村幸成
宮地大輝

 

エントリー選手詳細


市谷龍太郎(いちたにりゅうたろう)

現代ビジネス学部4年、22歳
石川県津幡町出身、山梨学大附属高校
身長160cm、体重48kg

1万m公認最高記録 /28:55.14
ハーフ公認最高記録/1:03:31

箱根駅伝の過去戦績
2015年/7区12位
2016年/7区13位

2017年出場駅伝の戦績
全日本/4区16位


上田健太(うえだけんた)/主将

現代ビジネス学部4年、22歳
山梨県甲府市出身、山梨学大附属高校
身長177cm、体重55kg

1万m公認最高記録 /28:48.92
ハーフ公認最高記録/1:02:01

箱根駅伝の過去戦績
2016年/3区7位
2017年/5区7位

2017年出場駅伝の戦績
全日本/1区12位


河村知樹(かわむらともき)

現代ビジネス学部4年、22歳
愛知県常滑市出身、山梨学大附属高校
身長170cm、体重57kg

1万m公認最高記録 /29:13.05
ハーフ公認最高記録/1:03:50

箱根駅伝の過去戦績
2016年/9区8位

2017年出場駅伝の戦績
全日本/7区14位


古賀裕樹(こがひろき)

経営情報学部4年、21歳
福岡県福岡市出身、大牟田高校
身長170cm、体重55kg

1万m公認最高記録 /29:15.60
ハーフ公認最高記録/1:04:06

箱根駅伝の過去戦績
2017年/9区18位


菅井宏人(すがいひろひと)

現代ビジネス学部4年、22歳
奈良県天理市出身、天理高校
身長168cm、体重54kg

1万m公認最高記録 /30:18.81
ハーフ公認最高記録/1:07:07


比夫見将吾(ひふみしょうご)

現代ビジネス学部4年、22歳
大阪府出身、大塚高校

1万m公認最高記録 /30:05.64
ハーフ公認最高記録/1:07:16


出木場風吹(いでこばふぶき)

現代ビジネス学部3年、21歳
鹿児島県いちき串木野市出身、鹿児島工業高校
身長168.2cm、体重51.5kg

1万m公認最高記録 /29:42.57
ハーフ公認最高記録/1:05:37


片山優人(かたやまゆうと)

法学部3年、21歳
静岡県藤枝市出身、藤枝明誠高校
身長167.3cm、体重54.5kg

1万m公認最高記録 /29:53.88
ハーフ公認最高記録/1:04:07

2017年出場駅伝の戦績
全日本/6区13位

 

<スポンサーリンク>

 

永戸聖(ながとしょう)

法学部3年、20歳
岩手県盛岡市出身、盛岡工業高校
身長163cm、体重49kg

1万m公認最高記録 /28:30.59
ハーフ公認最高記録/1:02:37

箱根駅伝の過去戦績
2017年/3区9位

2017年出場駅伝の戦績
全日本/2区10位


藤田義貴(ふじたよしたか)

現代ビジネス学部3年、21歳
神奈川県横浜市出身、新栄高校
身長168cm、体重53kg

1万m公認最高記録 /30:01.52
ハーフ公認最高記録/1:04:05


ドミニク・ニャイロ(Dominic Nyairo)

現代ビジネス学部3年、20歳
ケニア出身、メサビサビ高校
身長167cm、体重49kg

1万m公認最高記録 /27:56.47
ハーフ公認最高記録/1:00:50

箱根駅伝の過去戦績
2016年/2区2位
2017年/2区9位

2017年出場駅伝の戦績
全日本/8区1位
※同区間にて3年連続区間賞獲得


井上広之(いのうえひろゆき)

現代ビジネス学部2年、20歳
広島県東広島市出身、世羅高校
身長174cm、体重57kg

1万m公認最高記録 /29:46.38
ハーフ公認最高記録/1:06:14


川口竜也(かわぐちたつや)

法学部2年、20歳
鹿児島県奄美市出身、鹿児島城西高校
身長170cm、体重55.7kg

1万m公認最高記録 /30:00.06
ハーフ公認最高記録/1:03:56


首藤貴樹(しゅとうたかき)

現代ビジネス学部2年、20歳
大分県豊後大野市出身、日本文理大附属高校
身長162cm、体重50kg

1万m公認最高記録 /29:36.31
ハーフ公認最高記録/1:04:51


中村幸成(なかむらこうせい)

スポーツ科学部2年、20歳
鹿児島県鹿児島市出身、鹿児島実業高校
身長168.5cm、体重53kg

1万m公認最高記録 /29:46.26
ハーフ公認最高記録/1:05:50


宮地大輝(みやちたいき)

現代ビジネス学部2年、20歳
岐阜県出身、土岐商業高校

1万m公認最高記録 /29:55.44
ハーフ公認最高記録/1:04:32

 

※エントリー選手一覧および、選手情報詳細については、関東学生陸上競技連盟発表資料および関連書籍等を元に作成。

※エントリー選手は50音順に記載。

 

<スポンサーリンク>

 

●箱根駅伝2018の結果は?


<往路>

※山梨学院大学は、往路16位です。また、ドミニク・ニャイロ選手が2区区間賞を獲得。

※往路・復路ともに、関東学生陸上競技連盟発表の公式記録を記載しています。

 

<復路>

※山梨学院大学は、復路19位総合18位です。

 

※箱根駅伝関連記事はこちらもご覧ください♪

第94回箱根駅伝2018/予選会の出場校一覧と結果(予選突破10校)は?

箱根駅伝2018/往路と復路のコース(10区間)の特徴と通過時間や見どころは?

箱根駅伝2018/出場校と区間エントリー一覧&優勝予想!テレビ中継予定も!

箱根駅伝2018/往路結果速報!区間記録や通過順位&往路優勝校は?

箱根駅伝2018/復路結果速報!区間記録と復路優勝&総合優勝校は?

 

<スポンサーリンク>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. スタバメニューのカロリー一覧表!新作フラペチーノも![ドリンク編]
  2. ゆうメール規格外廃止!定形外郵便やゆうメール新料金一覧&ゆうパック料金は?
  3. 嵐メンバーが主演で主題歌も嵐の連続ドラマ&映画一覧!最新版♪
  4. スタバメニューのカロリー一覧表!レギュラーから新作まで[フード編]
  5. サーティーワンの値段とメニューやカロリーは?新作とキャンペーン情報も!

関連記事

  1. スポーツ

    箱根駅伝2017/拓殖大学のエントリー選手一覧とチームの特徴

    2017年1月2日(月)・3日(火)に、学生駅伝の最高峰である「第…

  2. スポーツ

    箱根駅伝2018/城西大学のエントリー選手一覧とチームの特徴

    2018年1月2日(火)・3日(水)に、学生駅伝の最高峰「第94回…

  3. スポーツ

    箱根駅伝2017/上武大学のエントリー選手一覧とチームの特徴

    2017年1月2日(月)・3日(火)に、学生駅伝の最高峰である「第…

  4. スポーツ

    全日本大学駅伝2018/予選会の日程と結果(シード校&出場校)一覧

    秩父宮賜杯 第50回全日本大学駅伝対校選手権大会(以下、全日本大学…

  5. スポーツ

    平昌オリンピックのメダル予想と獲得数(金・銀・銅)&入賞一覧!

    2018年2月9日(金)~2月25日(日)までの日程で開催の「第2…

  6. スポーツ

    箱根駅伝2017/早稲田大学のエントリー選手一覧とチームの特徴

    2017年1月2日(月)・3日(火)に、学生駅伝の最高峰である「第…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

読んでほしい記事

アーカイブ

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

おすすめまとめ記事

ピックアップ記事

  1. 統計・ランキング

    2018年タレント番組出演本数ランキング&ブレイクタレント一覧!
  2. 映画・ドラマ・音楽

    カラオケ年間ランキング2017/歌われた曲は何?【JOYSOUND版】
  3. 芸能・エンタメ

    ジャニーズで結婚してる人は?既婚の所属タレント一覧&結婚のルール
  4. 統計・ランキング

    テレビタレントイメージ調査2017/男女別50位のランキング結果は?
  5. 統計・ランキング

    2018年上半期テレビニュースランキング/話題の出来事が一目瞭然!
PAGE TOP