映画・ドラマ・音楽

松嶋菜々子主演ドラマ「営業部長吉良奈津子」あらすじとキャストは?

s-吉良奈津子

 

2016年7月21日(木)夜10時からスタートのドラマ「営業部長 吉良奈津子」(フジテレビ)。

「産後復帰した働く女性の奮闘」を描くこのドラマ。子どもを産んで、仕事と家庭の両立どころか姑問題まで抱える女性が、次々と降りかかる問題
に真っ向から向き合っていく…。

同じような境遇の女性陣からは、いろいろな意味で熱い視線が注がれている本ドラマ。主演は連ドラ3年ぶりの松嶋菜々子さんとあって、高視聴率の可能性も!?

そこで今回は、ドラマ「営業部長 吉良奈津子」のあらすじや主題歌、キャストについてご紹介します♪

 

<スポンサーリンク>

●ドラマ「営業部長 吉良奈津子」とは?


2016年7月21日(木)夜10時からスタートする新ドラマ「営業部長 吉良奈津子」(フジテレビ)。

結婚しても仕事と家庭を両立させ、働き続ける女性が一般的となった昨今。一昔前は制度も含めなかなか難しかったものの、出産後も職場復帰するのが当たり前の時代になってきました。

ドラマのテーマは、そんな「産後復帰した働く女性」が仕事と家庭と姑…さまざまな問題と正面から向き合って戦っていく「奮闘物語」。

主人公の吉良奈津子は広告会社の営業部長。元はバリキャリのクリエイティブディレクターをしていたものの、産休・育休で3年のブランクを経て会社に戻ると、もう元のポジションは満席。不本意ながら営業部へ配属に…。

慣れない業務と職場でのストレスはMAX。せめて家庭でのストレスを減らそうと、ベビーシッターを雇ってみれば、彼女の存在が家庭崩壊の危機を招くことに…。

さまざまな問題が奈津子に降りかかるものの、数々の挫折や困難に奈津子はどう立ち向かっていくのか…!?。

ドラマで描かれているのは、設定は違えど現代の働く母親が常にさらされている問題ばかり。このドラマを見て共感したり、勇気をもらったりする人もきっと多いはずです。

なお、主演はドラマの主人公と同じく、自身も夫で俳優の反町隆史さん(42)との間に2女がいる女優・松嶋菜々子さん(42)。連ドラ主演は3年ぶりです。

また、職場の後輩を演じる松田龍平さんも、NHK朝の連ドラ「あまちゃん」以来となる、3年ぶりの連ドラ出演。

そして、脚本は2014年の話題作「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」で、昼下がりの主婦たちの赤々な本音を描いた井上由美子さんが担当します。

 

<主題歌>


主題歌は山下達郎さんが本ドラマのための書き下ろした新曲「CHEER UP! THE SUMMER」。

2016年9月14日リリース。

 

「FODプレミアム」の会員なら、見逃した最新話が7日間無料視聴できます!Yahoo!JAPAN IDで申し込めば、月額888円が31日間無料になるのでお得です♪

 

●キャラクター&キャスト情報


<吉良奈津子(きらなつこ・42)/松嶋菜々子>

結婚後の姓は「小山」。出産前は「東邦広告」の売れっ子クリエイティブディレクターだったが、育休から復帰後は営業開発部部長を命ぜられた。「私、負けるのが嫌いです」とは言うものの、慣れない業務と家庭の両立に四苦八苦する。

s-松嶋菜々子

松嶋菜々さん(42)は、1991年に旭化成水着マスコットガールに選ばれモデルデビュー。ファッション雑誌「ViVi」の専属モデルを経て、1992年にTVドラマ「社長になった若大将」で女優デビュー。

その後、1996年のNHK朝の連ドラ「ひまわり」のヒロインに選ばれ一躍人気女優に。

1998年に出演したドラマ「GTO」で共演した俳優・反町隆史さんと2001年に結婚し話題に。

また、2000年に主演したドラマ「やまとなでしこ」では平均視聴率26.4%、最高視聴率34.2%を記録。2011年に主演したドラマ「家政婦はミタ」では平均視聴率25.2%、最高視聴率40%を記録するなど、「視聴率の女王」なる異名も。

主な出演作品は、TVドラマ「魔女の条件」「救命病棟24時」「利家とまつ」、映画「リング」「らせん」「ゴースト もういちど抱きしめたい」「藁の楯」など。

 

<小山浩太郎(こやまこうたろう・45)/原田泰造>

奈津子の夫。キャリアウーマンの奈津子を支えるイクメン。建設会社勤務。

s-原田泰造

原田泰造さん(46)は、1994年に3人組のお笑いトリオ「ネプチューン」を結成。お笑い芸人として人気を博す一方、1995年のTVドラマ「ママに宿題」に俳優として出演。1998年の「どつきどつかれ」、2000年の「編集王」に主演するなど活躍の幅を広げます。

2005年の舞台「キスへのプレリュード」ではゴールデン・アロー賞・新人賞を受賞しました。

主な出演作品は、TVドラマ「龍馬伝」「ごちそうさん」「コントレール~罪と恋~」、映画「少年H」「神様のカルテ」シリーズなど。

 

<高木啓介(たかぎけいすけ・32)/松田龍平>

東邦広告のクリエイティブディレクター。奈津子の元部下で、激しく罵倒された過去を引きずっている。不本意ながら、復職した奈津子とチームを組まされる。

s-松田龍平

松田龍平さん(33)は、俳優の故・松田優作さんと女優・松田美由紀さんの長男で、弟は俳優の松田翔太さん、妻はモデルの太田莉菜さん。

中学3年生時に故・大島渚監督に見いだされ1999年に映画「御法度」で主演し俳優デビュー。同作では数々の新人賞を受賞しました。

以来、映画を中心に活躍。松嶋菜々子さん曰く「ハシビロコウのような落ち着きとオーラを持っている」と評されるように、飄々としていながらも時に熱い演技が魅力となっています。

主な出演作品は、TVドラマ「ハゲタカ」「まほろ駅前番外地」「あまちゃん」、映画「NANA」「悪夢探偵」「アヒルと鴨のコインロッカー」「劔岳 点の記」「探偵はBARにいる」シリーズ、「舟を編む」「モヒカン故郷に帰る」など。

 

<スポンサーリンク>

 

<一条達哉(いちじょうたつや・36)/DAIGO>

東邦広告営業開発部所属。中途採用で入社した営業マン。優秀だが、仕事も人間関係もミニマリストで、何を考えているのかつかめない。

s-DAIGO

DAIGOさん(38)は、高校生のころからバンド活動を始め、インディーズバンドとして活躍。2003年に「DAIGO☆STARDUST」としてメジャーデビューしたあとこれを封印し、2007年に「BREAKERZ」を結成。

歌手としての活動と合わせて、バラエティ番組にも多く出演しており、TVドラマや映画などでの俳優活動も行っています。

2016年初めには女優・北川景子さんと入籍し話題となりました。また、元衆議院議員で第74代内閣総理大臣の竹下登氏の孫でも有名。

主な出演作品は、TVドラマ「ラブシャッフル」「ヒガンバナ~警視庁捜査七課~」、映画「君が踊る、夏」「ウルトラマンサーガ」など。

 

<川原義雄(かわはらよしお・37)/岡田義徳>

東邦広告営業開発部所属。どことなくチャラい雰囲気のする男。副部長をヨイショすることも。

s-岡田義徳

岡田義徳さん(39)は、1994年のTVドラマ「アリよさらば」に出演し俳優デビュー。2002年のTVドラマ「木更津キャッツアイ」で主要メンバーの1人を演じ、知名度を上げました。

主演こそ少ないもののさまざまな役柄をこなす脇役として、映画やドラマ、舞台などで活躍。

最近はDJとしてロックフェスなどにも参加。過去には俳優・浅野忠信さんのバンドでドラマーとして活動していたことも。

また、CGアニメ映画「マダガスカル」シリーズでは病弱なキリン「メルマン」の声優を担当し話題に。

主な出演作品は、TVドラマ「イグアナの娘」「太陽の季節」「不機嫌なジーン」「篤姫」「勇者ヨシヒコと魔王の城」「マザー・ゲーム~彼女たちの階級~」、映画「ときめきメモリアル」「下妻物語」「電車男」「デトロイト・メタル・シティ」「闇金ウシジマくん」「アイアムアヒーロー」など。

 

<今西朋美(いまにしともみ・30)/中村アン>

東邦広告営業開発部の派遣社員。業界を渡り歩いてきているため、実力はあると自負している。

s-中村アン

中村アンさん(28)は、2009年にモデルとしてデビューし、雑誌や広告、CMで活躍。2010年にはTVドラマ「しぇいけんBABY!」で女優活動も開始。

その他、バラエティ番組への出演やラジオなど、多方面で活動。2016年7月公開の映画「ファインディング・ドリー」では、声優にも挑戦しています。

主な出演作品は、TVドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」「家族ノカタチ」「お義父さんと呼ばせて」など。

 

<米田利雄(よねだとしお・49)/板尾創路>

東邦広告営業開発部の副部長。畑の違う奈津子が上司になり面白くない。

s-板尾創路

板尾創路さん(52)は、1985年からお笑い芸人として活動を開始。1987年には“ほんこん”とお笑いコンビ「130R」を結成。

1991年から放送の「ダウンタウンのごっつええ感じ」にレギュラー出演し知名度を獲得しました。

お笑い芸人としての活動の一方で、1996年頃からは俳優業にも進出。また、2010年には「板尾創路の脱獄王」で映画監督としてもデビューし、多方面での才能を発揮しています。

主な出演作品は、TVドラマ「救命病棟24時 第4シリーズ」「カーネーション」「極悪がんぼ」「まれ」、映画「ピューと吹く!ジャガー」「電人ザボーガー」「珍遊記」など。

 

<小山周子(こやましゅうこ・72)/松原智恵子>

奈津子の姑で浩太郎の母。昔ながらの専業主婦だったため、復職した奈津子を快く思っていない。

s-松原智恵子

松原智恵子さん(71)は、1960年に行われた「ミス16歳コンテスト」の入賞がきっかけでデビュー。日活に所属し、多数の映画でヒロイン役を演じました。吉永小百合さん、和泉雅子さんとともに「日活三人娘」呼ばれ、美人女優として絶大な人気を獲得。

1970年からはTVドラマに多数出演、時代劇から現代劇まで幅広い役柄をこなしています。

主な出演作品は、TVドラマ「水戸黄門」「すずらん」「天才柳沢教授の生活」「龍馬伝」「あぽやん」、映画「死に花」「釣りバカ日誌17 あとは能登なれハマとなれ!」「トテチータ・チキチータ 」など。

 

<坂部深雪(さかべみゆき・35/伊藤歩>

小山家のベビーシッター。有能なシッターで奈津子も信頼するが、奈津子の家庭崩壊の原因を作る女!?

s-伊藤歩

伊藤歩さん(36)は、幼いころから雑誌モデルの仕事をはじめ、1993年に映画「水の旅人-侍KIDS-」で映画デビューしました。その後16歳で出演した「スワロウテイル」では演技力が評価され、日本アカデミー賞新人俳優賞と優秀助演女優賞を受賞しました。

映画、ドラマ、CMに多数出演している他、過去にはバンドのボーカルとして活動していたことも。

主な出演作品は、TVドラマ「リップスティック」「おひさま」「真夜中のパン屋さん」「婚活刑事」「わたしを離さないで」、映画「リリイ・シュシュのすべて」「花とアリス」「東京タワーオカンとボクと、時々、オトン」「GANTZ」など。

 

<斎藤良一(さいとうりょういち・55/石丸幹二>

東邦広告常務取締役。奈津子に営業開発部部長を命じた張本人。

s-石丸幹二

石丸幹二さん(50)は、1990年の劇団四季の舞台「オペラ座の怪人」で舞台デビュー。2007年に同劇団を退団するまで看板俳優として活躍しました。

退団後は1年間の休業の後復帰し、舞台やTVドラマなどに出演。特に2013年のドラマ「半沢直樹」では主要登場人物を演じ、卓越した演技が注目を集めました。

なお、俳優業のほか歌手活動も行っており、アルバムのリリースやコンサート開催など精力的に活動しています。

主な出演作品は、TVドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」「花燃ゆ」「アルジャーノンに花束を」「水族館ガール」、映画「時をかける少女」「ギャラクシー街道」など。

 

<その他>

・丸尾裕人(26)/白洲迅
 …東邦広告営業開発部所属。入社3年目。

・郷貴志(50)/高木渉
 …東邦広告営業開発部所属。古参社員。

・神崎あすか(22)/足立梨花
 …東邦広告営業開発部所属。コネ入社の新人。

・小山壮太(3)/高橋幸之介
 …奈津子と浩太郎の息子。

 

<スポンサーリンク>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. サーティーワンの値段とメニューやカロリーは?新作とキャンペーン情報も!
  2. 郵便料金が2017年6月より値上げ!定形外郵便・ゆうメールの新料金とゆうパックの…
  3. スタバメニューのカロリー一覧表!レギュラーから新作まで[フード編]
  4. スタバメニューのカロリー一覧表!新作フラペチーノも![ドリンク編]
  5. 冬ドラマ2018一覧/1月期ドラマをまとめて紹介!キャスト&あらすじは?

関連記事

  1. 映画・ドラマ・音楽

    剛力彩芽主演ドラマ「グ・ラ・メ!」のあらすじとキャストや原作は?

    剛力彩芽さんが主演のドラマ「グ・ラ・メ!~総理の料…

コメント

    • 森本 彩子
    • 2016年 7月 23日

    営業部長 吉良菜々子のドラマを見出した理由は松田龍平の男気に惚れて見出しました。頑張って下さい。

      • yorozu-do
      • 2016年 7月 23日

      松田龍平さん、なかなかかっこいいですよね!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

読んでほしい記事

アーカイブ

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

おすすめまとめ記事

ピックアップ記事

  1. 統計・ランキング

    タレントイメージ調査2016/好きなタレントランキング&ブレイク候補は?
  2. 映画・ドラマ・音楽

    ゴールデングローブ賞2017/ノミネート作品一覧&受賞結果は?
  3. 芸能・エンタメ

    好きな嫌いなキャスター&コメンテーターランキング2017【文春版】
  4. 芸能・エンタメ

    アナウンサー好感度ランキング2017(文春)/水卜と安住が1位に!
  5. 統計・ランキング

    テレビタレントイメージ調査2017/男女別50位のランキング結果は?
PAGE TOP