映画・ドラマ・音楽

映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」あらすじや公開日は?

マネー・ショート

 

2016年のアカデミー賞5部門にノミネートされている映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」。アメリカのみならず日本にも多大な影響をおよぼした「リーマンショック」を勝ち抜いた、4人の男たちの実話が原作の映画です。

そこで今回は、「マネー・ショート」のあらすじやキャスト、公開日をご紹介します♪

 

<スポンサーリンク>

●映画の概要


全米で2015年12月に公開された映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」。クリスチャン・ベール、スティーブ・カレル、ライアン・ゴズリング、そしてブラッド・ピット。4人のハリウッドスターたちが一堂に会したこの作品は、「マネー・ボール」の著者マイケル・ルイス氏のノンフィクションが原作。

市場はいつも敗者と勝者のゲーム、暴落の陰に笑う者あり。2007年から2008年にかけて起こった金融危機の兆候をいち早く察知し、デリバティブを使って莫大な利益を上げた男たち。実在する4人の投資家をモデルにした登場人物たちが、いかにしてウォール街を出し抜き100年に1度と言われた金融危機を勝ち抜けたのか、そのトリックに注目必至!

なお、主演の1人、ブラッド・ピットがプロデューサーを兼任する同作品は、2016年のアカデミー賞で作品賞、監督賞を含む5部門でノミネートされています。日本での劇場公開日は2016年3月6日です。

 

<あらすじ>

2005年、変わり者で有名なヘッジファンド・マネージャーのマイケル・バーリは、米国の不動産市場が非常に不安定な動きをしていることに目をとめる。サブプライム・ローンに支えられバブルの様相を呈していたそれは、時間を追うごとに確実に利回りを下げ続けていた。

バーリは2007年の前半には市場崩壊が訪れると予想し、それを利用したクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)取引で、業界を出し抜くことを思いつく。そしてまだ危機の予兆に気付かない銀行に、CDS取引を受け入れさせることに成功するのだった。

その頃、知り合いの銀行家からバーリの動きを耳にしたトレーダーのジャレッド・ベネットは、バーリの予想が正しいと確信し、CDS市場に資産を投入する。偶然にバーリのCDS取引について知ることになったヘッジファンド・マネージャーのマーク・バウムもベネットに続く。もう一方で元銀行家のベン・リカートは、若き投資家2人からCDS市場へ参入するための助力を求められ、バーリの思いついたデリバティブへ投資するために腰を上げる。

そして2007年、世界経済を大パニック陥れた歴史的大暴落へのカウントダウンが始まった…。

 

<原作>

 

<クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)とは>

金融デリバティブのひとつ。

たとえば、A社がB社に1億円の売掛債権があるような場合、B社が破たんした時のリスクを避けるために、A社はC銀行からB社を対象に元本1億円のCDSを購入します。もしB社が経営破たんした場合、A社はC銀行から元本相当の1億円を受け取れます。その見返りとしてA社はC銀行へ定期的にプレミアム(固定金利)を支払うというもの。

一見保険のシステムと同じように見えますが、保険と違う点はCDSは「証券」であり、先の例で言えばA社は実際にB社に対する売掛債権を保有していなくても、C銀行からB社を対象にしたCDSを買うことができるのです。

 

<スポンサーリンク>

 

●キャラクター&キャスト紹介


<マイケル・バーリ/演:クリスチャン・ベール>

エキセントリックなヘッジファンド・マネージャーで神経学者。靴を履かずに出社し、自席でドラムを叩いたりする。

クリスチャン・ベール

クリスチャン・ベールさん(41)は、1974年イギリス・ウェールズ生まれ。1986年に舞台に出演した翌年、スピルバーグ監督の映画「太陽の帝国」で主演し映画デビュー。2年間の休業の後、1989年の映画「ヘンリー5世」で復帰。1998年の「ベルベット・ゴールドマイン」で高く評価されました。「バットマン」シリーズなどのアクション映画でも活躍していますが、高い演技力を求められるヒューマンドラマにも多数出演しており、2010年の「ザ・ファイター」ではゴールデングローブ賞・助演男優賞、アカデミー助演男優賞を受賞しています。

主な出演映画は、「アメリカン・サイコ」「ターミネーター4」「アメリカン・ハッスル」など。

※マイケル・バーリはバリーと表記されている場合もあります。

 

<ベン・リカート/演:ブラット・ピット>

生真面目で神経質な元銀行家。金融業界に対して悲観的な見解を持っている。

ブラット・ピット

ブラッド・ピットさん(52)は、1963年アメリカ生まれ。1987年に端役で映画に初出演し俳優としてのキャリアをスタートさせた後、数年間TVドラマや映画の脇役として活動。1991年に映画「テルマ&ルイーズ」で注目を集めた翌年、ロバート・レッドフォード監督の映画「リバー・ランズ・スルー・イット」で好演し、その後の成功を決定づけました。以降、「インタビュー・ウィズ・バンパイア」「セブン」「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」など継続して話題作に出演しています。

主な出演映画は、「ファイト・クラブ」「オーシャンズ」シリーズ、「トロイ」「イングロリアス・バスターズ」など多数。

 

<ジャレド・ベネット/演:ライアン・ゴズリング>

自分本位だが非常に優秀な大手銀行の若き債権担当セールスマン。

ライアン・ゴズリング

 

ライアン・ゴズリングさん(35)は、1980年カナダ生まれ。子役としてカナダで活動した後、アメリカのTV番組「ミッキーマウス・クラブ」にレギュラー出演。2001年に主演した映画「The Believer」では、ユダヤ人でありながらネオ・ナチに傾倒していく若者を演じ高評価を受けました。2004年には「きみに読む物語」で一躍トップスターに。2006年の「Half Nelson」でアカデミー主演男優賞ノミネート、2007年の「ラースと、その彼女」でゴールデングローブ賞主演男優賞(コメディ・ミュージカル部門)にノミネートされています。

主な出演映画は、「幸せの行方…」「ブルーバレンタイン」「ラブ・アゲイン」など。

 

<マーク・バウム/演:スティーブ・カレル>

気難しく、歯に衣着せぬ物言いのヘッジファンド・マネージャー。モラルにうるさい。

スティーブ・カレル

 

スティーブ・カレルさん(53)は、1962年アメリカ生まれ。学生時代より演劇活動を始め、アメリカのコメディ・ニュース番組への出演をきっかけに知名度を上げました。1991年の「カーリー・ス―」で映画デビューしたの後、「ブルース・オールマイティー」「俺たちニュースキャスター」「奥様は魔女」などコメディ映画に多数出演。主演のTVコメディ・シリーズ「ザ・オフィス」ではゴールデングローブ賞・主演男優賞(TVシリーズ・コメディ・ミュージカル部門)を受賞しています。

主な出演映画は、「40歳の童貞男」「リトル・ミスサンシャイン」「デート&ナイト」「フォックスキャッチャー」など。

 

<スポンサーリンク>

 

●リーマンショックとは?


ここで、映画のメインテーマとなっている2008年に起きた金融危機、いわゆる「リーマンショック」についてざっくり解説します。

「リーマンショック」とは、2008年にアメリカの大手投資銀行リーマン・ブラザーズの経営破たんをきっかけに、世界中へ伝播した最大規模の金融危機の総称です。

発端は2007年のサブプライム・ローン問題によって起きた米国不動産バブルの崩壊で、サブプライム・ローン関連の証券を中心になって開発・販売していたリーマン・ブラザーズ銀行は巨額の損失を負うことになり経営破たんしました。

これにより、世界中で取引されていたサブプライム・ローン関連の債権は回収不能となり、証券を保有していたすべての金融機関も多額の損失を被ったことで、全市場が一気に冷え込むことに。結果、世界の株式市場では平均株価が半値以下に下がるなど大恐慌を巻き起こし、そこから一気に世界中の景気が減退。日本経済も大打撃を受け、上向いていた景気に冷や水を浴びせられる形となりました。

 


いかがでしたでしょうか?

クリスチャン・ベールと言えば「ターミネーター4」でジョン・コナー役を演じましたが、ずいぶんと雰囲気が違うので…え?と思った人も多いかもしれません。

いや、実は公式サイトのTOPで、クリスチャン・ベールとスティーブ・カレルの名前が逆に書かれていて、大混乱をさせられたんですが…誤植にしては大胆すぎだろ!早く直してくれないかな…。

さて、この映画は実在の人物をモデルに書かれた、ノンフィクション作品が原作となっています。いわゆるリーマンショックを見抜いたとされる人物たちで、この映画を観ることで「リーマンショックの真実」に触れることができです。

経済に興味がある人はもちろんのこと、そうでない人にも魅力的な人物描写は惹き込まれるものがありそうです。映画だけでなく原作も合わせて読むと、より一層経済の裏側を垣間見ることができるかもしれません。

 

 

<スポンサーリンク>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 嵐メンバーが主演で主題歌も嵐の連続ドラマ&映画一覧!最新版♪
  2. スタバメニューのカロリー一覧表!新作フラペチーノも![ドリンク編]
  3. スタバメニューのカロリー一覧表!レギュラーから新作まで[フード編]
  4. 郵便料金が2017年6月より値上げ!定形外郵便・ゆうメールの新料金一覧
  5. サーティーワンの値段とメニューやカロリーは?新作とキャンペーン情報も!

関連記事

  1. 映画・ドラマ・音楽

    高畑充希主演ドラマ「過保護のカホコ」ドラマ衣装のブランドまとめ!

    2017年7月12日(水)からスタートした、高畑充希さん主演ドラマ…

  2. 映画・ドラマ・音楽

    映画「GAMBA ガンバと仲間たち」声優に野沢雅子や神田沙也加!

    TVアニメ不朽の名作「ガンバの冒険」の原作「冒険者たち」を元に、映…

  3. 映画・ドラマ・音楽

    映画「グラスホッパー」11月7日公開!あらすじやキャスト・ロケ地は?

    小説家・伊坂幸太郎氏のベストセラー「グラスホッパー…

コメント

    • Shoko
    • 2016年 2月 02日

    ライアン・ゴズリングとスティーブ・カレルの写真が逆にアップされています。

      • yorozu-do
      • 2016年 2月 02日

      ホントですね!ご指摘ありがとうございます。早速修正しますo(_ _*)o

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

読んでほしい記事

アーカイブ

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

おすすめまとめ記事

ピックアップ記事

  1. 統計・ランキング

    「世界で最も影響力のある100人」2017年版全一覧小池百合子選出!
  2. 映画・ドラマ・音楽

    日本ゴールドディスク大賞2017/2016年最も売れたアーティストは嵐&SMAP…
  3. 芸能・エンタメ

    時間の進みが遅いマンガランキング/水曜日のダウンタウン(12月21日)
  4. 統計・ランキング

    2016年CM王&CM女王発表!タレントCM起用社数ランキング!
  5. 統計・ランキング

    世界のセレブ長者番付2017/セレブランキング100一覧!錦織圭は何位?
PAGE TOP