政治・経済・社会

中川俊直政務官の愛人は誰?不倫相手にストーカーで辞任!親子二代で女性問題!

 

2017年4月19日(水)、自民党の衆議院議員で、経済産業大臣の政務官を務める「中川俊直」議員が、Facebookにて辞任を発表しました。

Facebookで辞任発表って事態も驚きですが、その理由が女性問題なんです。中川俊直議員といえば、元大臣経験者である中川秀直氏の2世…。親子そろって女性問題で失職(要職を辞任)という実に情けない結果となりました。

しかも、中川俊直政務官は、重婚ウエディング&ストーカーまがいの行為で警察を呼ばれた事実もあるという前代未聞の状況に発展!

そこで今回は、中川俊直政務官の辞任について、愛人は誰なのか、3月にフライデーされた同僚議員についてもご紹介します。

 

<スポンサーリンク>

●フライデーされたのとは別人!?


2017年4月18日、自民党の中川俊直衆議院議員(46歳)が、経済産業大臣政務官の辞任を発表しました。一部では「事実上の更迭」ともみられています。

しかも、そんな重大な発表を、Facebook上でしたというから驚きです。

心よりお詫び申し上げます。
本日、一部週刊誌に掲載される予定の記事をめぐり、経済産業大臣政務官の辞表を提出いたしました。
多くの関係者の皆様に対して、心よりお詫び申し上げます。
家族がありながら、会社員時代からの知り合いの女性に好意を抱き、その方を深く傷つけてしまい、誠に申し訳ない気持ちでいっぱいです。すべて私の不徳の致すところであり、言い訳のしようがありません。誠に申し訳ございません。
妻に対しては、昨年末、私からすべてを説明し、本当に申し訳ないことをしたと詫びました。それから時間をかけて話し合い、信頼回復に向けて共に歩もうと話してくれました。
今後は、ご迷惑をお掛けしたすべての方にお詫びを申し上げていきながら、精一杯努力して参ります。これまで私を支えて頂いた方々に対し、心よりお詫び申し上げます。
          
平成29年4月18日   中川俊直

※中川俊直Facebookより

 

辞任の理由は、「女性問題」。Facebook上ではご本人による詳細な説明はありませんが、どうやらかなりヤバいレベルの「女性問題」の模様。

というのも、2017年4月20日発売予定の「週刊新潮」にて報じられることが決定しているのが、

「重婚ウエディングまでした愛人と揉めたあげく、警察に“ストーカー登録”されてしまった」

という前代未聞のお話なんです。

現役の国会議員が警察にストーカー認定されてしまうとは、一体どういうことなのでしょうか?

※ストーカー登録については後日否定されています。

 

この件の愛人は、現段階(4月19日現在)では判明していませんが、中川俊直政務官のFacebookによると「会社員時代からの知り合いの女性」とのこと。

中川俊直政務官といえば、元テレビ東京の社員。政治部の記者として、総理官邸・自民党・野党キャップの取材を担当。テレビ東京を退社したのは2001年のこと。その後は父である自民党・中川秀直衆議院議員の私設・公設秘書になり、2012年の第46回衆議院議員総選挙で当選。2014年の第47回衆議院議員総選挙でも再選し、現在に至るわけです。

ということは、スマートに考えれば、愛人はテレ東で同僚だった女性か取材関係者なのか不明ですが、一般人の可能性は高そうです。

※元テレ東の社員(記者)という噂も…。

ちなみに、ハワイで行った重婚ウエディングの写真が出回る予定ともいわれていますが果たして…。

 

なお、一部ではこの週刊新潮が報じる予定の愛人について「以前フライデーされたことのある女性議員・前川恵」であるとする噂もあるようですが、フライデーでスクープされたお相手とは別人なんです…。

 

※追記※


4月19日(水)夕方、週刊新潮のWEBサイトが、中川俊直政務官の愛人トラブルの続報をアップ。

詳細は木曜発売の本誌を見てね…という煽りではあるものの、ちょっとだけその内容が垣間見えます。

まず、この内容をリークしたのは元愛人であること。そして、2011年に不倫交際が始まり、2013年にハワイで「結婚証明書に」サイン…つまり重婚ウエディングをあげたそうです。

ただ、愛人によると中川俊直政務官は妄想と嫉妬が異常なレベルで激しく、何かにつけて浮気を疑われたとか。それに嫌気がさし、一度破局。でも2016年11月に再会…。

この再会時は、なんと本妻である中川俊直政務官の妻はがんの闘病中だったと…。

そして、ストーカー認定事件にまで発展した理由は、“彼女”である前川恵議員の存在。元愛人の女性は、彼女の存在を知り激怒。中川俊直政務官が“死んで償う”と半狂乱になり、元愛人宅を訪れたことで110番通報→渋谷警察署にストーカー登録された…という顛末(ストーカー登録については、後日否定されています)。

なんだかとってもクズでゲスいね!っていうか、中川俊直政務官の奥様意外の登場人物みんなクズです。情報をリークした愛人も、前川恵も!もちろん、中川俊直本人もクズが過ぎます!これは、近年の3大クズ男にラインナップしても遜色ありません。

①妻が妊娠中に浮気。また、男性の育児休暇の根を潰してしまった元国会議員の宮崎謙介。

②ゲス不倫という名前を広めたきのこヘッドのあいつ。

③妻ががんで闘病中なのにもかかわらず、愛人と彼女を作り、重婚ウエディングやストーカーまがいの行為をした中川俊直。

ちなみに、週刊新潮の内容は、かなり気分の悪いものでした。後ほどかいつまんで追記します!

 

※追記2※


2017年4月20日(木)、件の情報が掲載された「週刊新潮」が発売されました。一報、続報ときて、もろもろの詳細が判明。

<愛人と交際スタート>

まず、愛人(47歳)とは、2011年に交際スタート。古くからの知り合い(おそらく元テレ東の記者仲間)で、東日本大震災がきっかけでFacebookで連絡を取り合い、交際に発展。この愛人は中川俊直氏が妻も子どももいる身であることを承知。

交際スタートから愛人①の家で生活するようになる。1年で300日は一緒にいた。

議員になったあとも、こんな感じ。

・昼に百貨店で買い物
・手を繋いで仲の良いカップル
・4年間でいろんなものを買ってもらった(100万円台のアクセサリー。ブルガリやティファニーなど)
・カードだと足がつくから現金購入

ちなみに、2012年12月に衆議院議員初当選。涙ながらに妻のおかげと、支援者に向けて挨拶していました。でも、この裏では、愛人の家で半同棲状態。税金で得た収入で(資産もあるだろうけど)、愛人に高額プレゼント生活を送っていたわけです。

<重婚ウエディングの様子>

さて。2013年9月。2人はハワイにて、神父さんを前にウエディングを挙げました。結婚証明書にも自著しています。ただし、中川俊直氏は「ナカガワシュンチョク」と署名しています。俊直(としなお)を音読みすることで、危険を回避しようとしたのでしょうか。

※画像の右端が結婚証明書です。

<破局>

愛人の話によると、中川俊直氏は異常なまでに嫉妬深く妄想が過ぎるタイプだったとか。例えば、

・知り合いの男性のFacebookに「いいね!」を押しただけで浮気を疑う

・家をリフォームした際、その様子をFacebookに投稿したところ、画像に映っていた電動工具を「電動マッサージ器(大人のおもちゃ系)」と勘違いし、浮気を疑う

そのことで喧嘩→男が別れると言い出す→女は疲れて連絡を取らない→なんで連絡しないんだ!と怒る男→会うと仲直り…というくっそくだらない関係を繰り返していた模様…┐( ̄ヘ ̄)┌

破局した決定打は、2015年3月。愛人は、シャワーを浴びていて電話に出られずにいたことでひどく咎められたことで、中川俊直氏をシカトすることに。

<再会>

2016年11月26日。元愛人は中川俊直氏と別れた後に付き合った男性と別れ、心に隙間があった時期。中川俊直氏から連絡が来て、つい会ってしまったことからやけぼっくりになんとやら的なことに。再開初日から愛人宅に泊まる。

ただし、政務官になったため公用車が自宅に迎えに来る。そのため、朝には自宅に帰るようにしていたとのこと…。

<彼女は前川恵>

2016年12月22日、24日、25日は愛人と過ごした中川俊直氏。前カノが会話の中に登場し、同僚の前川恵氏であることを知った愛人。2人が付き合い始めたのは、2016年の年明けからで、10月には別れたと聞かされていた様子。

※確か…フライデーは2017年2月の密会をスクープだったような…?

で、前川恵氏と中川俊直氏が別れた理由は、中川氏の嫉妬と妄想が原因で、前川恵氏からすべての連絡手段をブロックされたからとのこと。

そして、嫉妬の原因はライバル視している小泉進次郎議員と前川恵氏が一緒に仕事をしていたことがあり、それで嫉妬爆発…。

<再びの破局>

25日。一緒に過ごしていた愛人と中川氏。そこへ前川氏から連絡が入り、愛人の勧めもあり電話をすることに。しかし、次第に中川氏と前川恵氏が喧嘩を始め、その会話の中で「愛人が前カノ」扱いになっている会話を聞いてしまった愛人。

これに激怒した愛人が中川氏を追い出し、再びの破局を迎えた…。

※1995年に結婚した、高校時代の後輩だった奥様は、中川氏が愛人とわちゃわちゃしている間も現在も、がんで闘病中です。

<ストーカー行為?>

時系列ははっきりしませんが、おそらく2016年12月26日の午後。愛人は中川氏に週刊誌の知り合いに全部話すと言い出し、愛人宅に中川氏が謝罪に訪れる。しかし、愛人はガン無視。

夕方に再び中川氏がやってきて、ドアをガンガン叩いたり、土下座して号泣するなどご乱心。恐怖を感じた愛人が警察に電話し、警官2人が到着。ここで騒ぎは終了。

そして翌日。愛人は警察の勧めもあってストーカー登録書に名前・住所・携帯番号を記載&上半身の写真を撮影。この時、警察は「エス登録」を表現していたそうです…。

※一部では、ストーカー登録はされていない…という話もあるので、ストーカー登録されているかどうかの真偽は不明。ただ、ストーカーまがいの行為があったことは事実のようですね。

さて、この顛末…いかがでしたでしょうか?

登場人物みんなクズ(奥様をのぞく)という感じで、とにかく気色悪いことこの上ない。しかも中川氏も愛人も40代後半で、前川氏は40代前半…。エグいよなぁ…。

 

※追記3※


2017年4月21日(金)13時過ぎ、中川俊直議員の離党届が代理人より提出されたと速報が入りました。

なお、同日午前中の話では、自民党は中川議員を離党させる方針とのことでした。

ちなみに、なぜ議員辞職ではなく離党にとどまったのか…というと、「衆院補選」をしなくてはならなくなるからのようです。

こんなモラルの低い人に議員を続けていて欲しくはありませんが、だからといって多額の費用がかかる選挙をゲス不倫男のためにしなきゃならないのもばからしい。それだって税金ですからね…。

衆議院議員の任期は4年。前回の衆院選が2014年12月なので、解散しなければ2018年12月に任期満了ですし、どうせ任期満了前に解散するんだろうしね…。

 

<スポンサーリンク>

 

●前川恵との関係は?


今回、政務官を辞任するに至った女性問題は、「重婚ウエディングした相手にストーカー」したわけで、この相手はおそらく一般人(元テレ東の同僚記者という噂もあります)。

一方で、中川俊直政務官は2017年3月10日発売のフライデーですでに女性問題をスクープされていました。ただし、その時のお相手は、自民党の前川恵衆議院議員…つまり、同僚議員。

報じられた内容によると、2014年12月頃から親密になり、密会を重ねていたとか。週に3~4回も会っていたという話もあるようで…。うーん…お盛ん(笑)

なお、密会の場所は、前川恵さんが会長を務めている「一般社団法人 日本フードバンク協会」の事務所として使用しているマンションの一室とのこと。同協会の公式サイトによると、事務局の住所は渋谷区千駄ヶ谷となっています。

この件については、「議員連盟の打ち合わせだった」なんて言い訳をしていたようですが、不倫関係にあることは濃厚だった様子。

ただ、中川俊直政務官と前川恵議員の不倫がフライデーされたころは、「森友学園問題」が世間を賑わせていたため、スクープされたもののそれほど話題にならず、知らない人も多い一件です。

前川恵議員とのスクープだけなら、言い逃れができたかもしれません。でも、今回週刊新潮に報じられる方の愛人女性とは揉めてしまい、ストーカーまがいの行動で警察が間に入たたわけですから、このことを闇に葬り、しれっと要職である経済産業大臣政務官を続けていくわけにはいかなかった…ということ。

自民党上層部が、決定的なスキャンダルを報じられる前に、とりあえず要職だけでも辞任させる…つまり事実上の更迭となったという背景があるのかもしれません。

というか、このご時世ですから、本チャンの週刊新潮の記事が出てしまえば、衆議院議員としての座も危ういのではないでしょうか?(詳しくは前章の追記2をご覧ください)。

 

 

●プロフィール


<中川俊直>

名前  :中川俊直(なかがわとしなお)
生年月日:1970年4月25日生(46歳)
出身地 :広島県東広島市
最終学歴:日本大学文理学部
前職  :テレビ東京政治部記者
     中川秀直衆議院議員秘書

※父は自民党所属の元衆議院議員で、大臣も経験している中川秀直氏。中川秀直氏は2012年に議員を引退しました。

ちなみに、中川秀直氏といえば、2000年7月に第2次森内閣で内閣官房長官兼沖縄開発庁長官に就任。しかし、3か月後には辞任に追い込まれ、内閣支持率低迷に拍車をかけた原因とされています。

辞任の理由はというと「女性問題」…。愛人と映した写真が某週刊誌に掲載されただけでなく、愛人と過ごしている時のビデオや音声テープも流出した模様。しかも、愛人女性にはイケナいお薬疑惑があり、警察情報を流していた…という噂も囁かれ、大きな騒動となりました。

この親にしてこの子あり…。親子二代にわたって、下半身に問題のある家系だった…というわけですね。

 

<前川恵>

名前  :前川恵(まえかわめぐみ)
出身地 :東京都
生年月日:1975年8月16日生(41歳)
最終学歴:慶応義塾大学
前職  :料理研究家、

※2014年に第47回衆議院議員総選挙で、比例東京ブロックから出馬し当選。初登院の際に国会前でインタビューを受け、「わかんない。ノーコメント」など回答したことで、世間のバッシングを受けたことは有名。

いやはやなんとも…。国会議員って簡単なお仕事なんですかね?(笑)

政治家だから聖人君子であれ…とは言いませんが、せめて任期中くらいは下半身の方は封印して、政治家としての仕事に邁進していただきたいところです。些細な不倫や浮気問題が政局に影響してきたことは、過去の事例を見れば枚挙にいとまがありませんし…呆れるばかりです┐( ̄ヘ ̄)┌ 

そういえば、2016年早々に、妻が妊娠中にゲス不倫が発覚して議員辞職にまで追い込まれた人がいましたね。中川俊直衆議院議員は、同僚議員がゲス不倫で失脚したことをどんな気持ちで見ていたのでしょうか。だって、自分も同僚議員と不倫真っ最中だったわけですから…。ヒヤヒヤしていたのか、「宮崎は失敗したな…」とほくそ笑んでいたのか…どっちなんでしょうね?

 

<スポンサーリンク>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. スタバメニューのカロリー一覧表!新作フラペチーノも![ドリンク編]
  2. 嵐メンバーが主演で主題歌も嵐の連続ドラマ&映画一覧!最新版♪
  3. スタバメニューのカロリー一覧表!レギュラーから新作まで[フード編]
  4. サーティーワンの値段とメニューやカロリーは?キャンペーン情報も!

関連記事

  1. 政治・経済・社会

    「すしざんまい」木村社長がソマリア海賊を壊滅させた噂の真相は?

    「すしざんまい」の木村社長が、ソマリア海賊を壊滅さ…

  2. 政治・経済・社会

    舛添都知事の辞職はいつ?次期都知事候補に櫻井俊ほか著名人一覧!

    舛添東京都知事の政治資金私的流用問題について、「第…

  3. 政治・経済・社会

    日本年金機構にサイバー攻撃!年金情報約125万件流出の危険性と対策は!

    6月1日に日本年金機構が「サイバー攻撃を受け、年金情報が流出」したこと…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

読んでほしい記事

アーカイブ

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

おすすめまとめ記事

  1. 芸能・エンタメ

    声優総選挙ベスト25/声優No.1は誰?プロが選ぶ本当にスゴイ声優!
  2. スポーツ

    箱根駅伝2017/往路結果と区間記録速報!通過順位や区間賞・優勝校は?
  3. 映画・ドラマ・音楽

    ゴールデングローブ賞2017/ノミネート作品一覧&受賞結果は?
  4. グッズ

    本屋大賞2017/ノミネート10作品のあらすじは?受賞結果も!
  5. グッズ

    ヒット商品2016/日経トレンディがベスト30発表!スマホ×若者?
PAGE TOP