イベント

上野動物園の赤ちゃんパンダの名前発表!一般公開日はいつ?最新情報!

2017年6月12日、日本一の入園者数を誇る東京・上野動物園(東京都恩賜上野動物園)に、約5年ぶりとなるパンダの赤ちゃんが生まれました。

順調に成長しているパンダの赤ちゃん。名前の公募も終了し、どんな名前が付けられるのか、発表が待たれています。

そこで今回は、上野動物園のパンダの赤ちゃんの名前やパンダの歴史、一般公開日がいつなのかについてご紹介します♪

※2017年9月25日(月)午後2時より、都庁にて赤ちゃんパンダの名前を発表!

 

<スポンサーリンク>

●上野動物園パンダの歴史


2017年6月12日、上野動物園(東京都恩賜上野動物園)のジャイアントパンダに、約5年ぶりとなる待望の赤ちゃんが生まれましたね!

日本一の入場者数を誇る上野動物園は、東京都民の憩いの場であるだけでなく、日本各地や世界からやってくる観光客にとっても人気のスポットです。

そして、愛らしい丸いフォルム、白黒のフカフカの毛、モコモコした可愛らしい動きなどがたまらないパンダは、動物園で公開されている動物たちのなかでも一番の人気者ではないでしょうか?

ここでざっくりと、上野動物園のパンダの歴史をご紹介します。

人気者のパンダが初めて上野動物園にやってきたのは、今から45年前の1972年10月28日のことでした。

2頭のパンダの名前は“カンカン”と“ランラン”。当時、一目見ようと多くの人が押し寄せ、上野動物園には凄まじい行列ができたと聞いています。

蛇足ですが、子どものころ、筆者も父に連れられパンダを見に行ったようです。ただ、あまりにも人が多すぎて見れなかったと父に聞きました。とはいえ、筆者は小さすぎて記憶がありません(笑)

 

さて、カンカンとランランから始まった上野動物園パンダの歴史。子どもから大人まで、多くの来園者を癒してくれた歴代パンダたちはこちら。

名前
詳細
カンカン
(康康・オス)
1972年10月28日来園、
1980年6月30日死亡
(推定9歳)
ランラン
(蘭蘭・メス)
1972年10月28日来園、
1979年9月4日死亡
(推定10歳)
ホァンホァン
(歓歓・メス)
1980年1月29日来園、
1997年9月21日死亡
(推定25歳)
フェイフェイ
(飛飛・オス)
1982年11月9日来園、
1994年12月14日死亡
(推定27歳)
チュチュ
(初初・オス)
1985年6月27日上野動物園生、
1985年6月29日死亡
(父・フェイフェイ、
母・ホァンホァン)
トントン
(童童・メス)
1986年6月1日上野動物園生、
2000年7月8日死亡
(14歳1か月)
(父・フェイフェイ、
母・ホァンホァン)
ユウユウ
(悠悠・オス)
1988年6月23日上野動物園生、
2004年3月4日死亡
(15歳9か月)
(父・フェイフェイ、
母・ホァンホァン)
シュアンシュアン
(メス)
2003年12月3日~
2005年9月26日滞在
※1987年メキシコ・
チャプルテペック動物園生
リンリン
(陵陵・オス)
1992年11月5日来園、
2008年4月30日死亡
(22歳7か月)
オス
2012年7月5日上野動物園生、
2012年7月11日死亡
(父・リーリー、母・シンシン)

 

<スポンサーリンク>

 

<パンダが不在!>


上野動物園といえば「パンダ」というイメージがあるかと思いますが、1992年11月に来園したリンリンが2008年に亡くなってから、上野動物園にはパンダがいない寂しい時期がありました。

かといって、すぐに中国からパンダをもらい受けるわけにはいきません。パンダは中国から寄贈されていると思っている人も多いようですが、実はそうではないんです。

中国のごく一部にしか生息していないパンダ。レッドデータブックにも記載されている絶滅危惧種なのは有名です。そして、中国以外にいるパンダは、ほぼすべて中国からレンタルしています。そのレンタル料はかなりお高い金額…。

ナショナルジオグラフィック日本版が伝えた情報によると、パンダ1頭のレンタル料は100万ドル(約1億1,000万円超・本記事執筆時のレート)、赤ちゃんが生まれると1頭に付き60万ドル(約6,600万円超・本記事執筆時のレート)を支払うことが取り決められているとのこと。これらの大金は、中国がパンダ保護のために使っているそうです。

では、リンリンがいなくなったあとはどうするのか?でも、パンダのために大金を使うのはどうなんだ?と、パンダを中国からレンタルすることに反対する声も多く聞かれました。中国がパンダのレンタルを外交の道具にしている、いわゆる「パンダ外交」に対する批判も噴出。とはいえ、やはり上野動物園の“顔”であるパンダがいないのは寂しいのも事実。

そして、裏ではいろいろあったかもしれませんが、多くの人の望みが叶い、2011年2月に“リーリー”と“シンシン”のペアが来園。上野動物園で再びパンダの愛らしい姿を見ることができるようになりました。

喜ばしいことに、シンシンは翌年妊娠し、赤ちゃん誕生。しかし、残念ながら数日でこの世を去ることに…。それから約5年後の2017年6月12日、再び待望の赤ちゃんが生まれたわけです。

 

●パンダの赤ちゃんの名前は?


リーリーとシンシンの間に赤ちゃんパンダが生まれ、成長の様子が全国ニュースで報じられるなど、若干「パンダフィーバー」を滑稽に感じる部分がありつつも、パンダは可愛いので仕方ありません。可愛いは正義です!

さて、ずいぶん大きくなったパンダの赤ちゃんですが、名前はどうなるのでしょうか?

上野動物園では、2017年7月28日~8月10日までの期間に、パンダの赤ちゃんの名前を募集。応募総数は約32万2,000件超で、1986年に名前を募集したトントンの時の約27万3,000件を大きく上回りました。

そして、8月30日に応募件数の多かった上位100点から、選考委員の投票で8点の候補を選考。後に中国との協議を経て東京都が決定します。

なお、6名の選考委員はこちら。

黒柳徹子
(日本パンダ保護協会名誉会長)

湯川れい子
(ジャイアントパンダ保護サポート基金運営委員)

二木忠男(上野観光連盟会長)
片山 謙(東京都建設局次長)
中野 透(東京動物園協会理事長)
福田 豊(東京動物園協会恩賜上野動物園長)

 

<スポンサーリンク>

 

<名づけのルールは?>


先の章で紹介した、歴代パンダの一覧を見てもわかる通り、上野動物園のパンダの名前は“同じ音を繰り返す中国風の名前”になっています(他国やほかの動物園については割愛)。

一見すると、同音を繰り返す中国風の名前がルールのようにも思えますが、実はそうではない模様。単に、初代パンダが“カンカン”“ランラン”だったため、以後もそれにならう形になったと考えられています。

というのも、今回の名前の募集の条件には「カタカナ表記」の条件しかありませんでした。また、和歌山県のアドベンチャーワールドにいるパンダファミリーには、「桜浜(おうひん)」や「桃浜(とうひん)」など、「浜(ひん)」を使った名前が多く、同音を繰り返す名前は多くありません。

ただし、絶対に外せない条件があります。それは、「中国の同意を得る」こと。パンダは中国からレンタルしているわけで、生まれたパンダはいずれ中国に返す場合も…。

となると、日本では違和感のない名前でも、中国では意味が通らないとなると、名づけに同意が得られないこともでてくるわけです。

そのため、選考委員の投票で決まった8点の候補から、中国と協議して決定するのです。

 

<名前を予想!?>


では、リーリーとシンシンの間に生まれた赤ちゃんパンダ。名前は何になるでしょうか?

可能性として、やはり上野動物園のパンダですから、過去のパンダたちと同じく「同音を繰り返す中国風の名前」に落ち着くのではないでしょうか。

正直、予想は難しいので、ざっくり。

・東京オリンピックに関連する名前
・東京が栄えるように願う名前
・パンダ、可愛いよパンダ…な、名前
・パンダ、生まれて嬉しいよ…な、名前

なお、日刊ゲンダのデジタルニュースが「シャンシャン(翔翔)」という名前をあげていました。ゲンダイにしてはセンスいいかも!

また、このゲンダイには石原慎太郎都知事が在職時代に「センセンとかカクカクにすればいい…などの冗談を飛ばした」との記載が…。これはもちろん、尖閣諸島問題絡みでの冗談ですね。

ちなみに、週刊朝日(2017年9月8日号)によると、国内6頭のパンダの名前を当てた実績があるというTBSの安住紳一郎アナウンサーが、満を持して自身のラジオ番組にてパンダの命名に言及。

「パンダネームもキラキラ化するかもしれない」と発言し、「ピンクピン太郎」をイチオシの名前にあげたとのこと。

…これはさすがになさそうな名前ですね(笑)

 

<スポンサーリンク>

 

<発表はいつ?>


気になる名前の発表はいつになるのでしょうか?

上野動物園のお知らせによると、名前の発表は生後100日を迎える9月下旬を目途に名前を決定し、発表するとしています。←2017年9月25日(月)午後2時より都庁にて赤ちゃんパンダの名前を発表します。

※正式な記者会見の前に、NHKをはじめとするニュースがお昼には名前を発表してしまいました。名前は「シャンシャン(香香)」に決定!

なお、上野松坂屋ではパンダの赤ちゃんの名前発表後に、命名を記念したイベントを開催予定。くす玉割りやスパークリングワインの振る舞いなどが企画されています。

ちなみに、9月26日(火)までは、上野地区のパンダキャラクター「さくらパンダ」の誕生10周年記念祭を開催しており、さくらパンダにまつわるさまざまなメニューやグッズが販売中です。

パンダフィーバー気分を味わうには、もってこいのキャンペーンですね!

 

●一般公開の時期は?最新情報!


最新情報によると、お母さんパンダのシンシンは赤ちゃんの世話があり、現在は公開お休み中。ただし、お父さんパンダのリーリーは公開中です。

そして、シンシンと赤ちゃんが一般公開される時期としては、順調にいけば12月になる見通しとされています。

12月までは上野動物園の公式Twitterなどでの報告や、テレビのニュースなどでその成長を見守るしかありませんが、すくすくと大きく元気に育ってほしいですね!公開が楽しみ~!

 

<スポンサーリンク>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. スタバメニューのカロリー一覧表!レギュラーから新作まで[フード編]
  2. 嵐メンバーが主演で主題歌も嵐の連続ドラマ&映画一覧!最新版♪
  3. 冬ドラマ2018一覧/1月期ドラマをまとめて紹介!キャスト&あらすじは?
  4. スタバメニューのカロリー一覧表!新作フラペチーノも![ドリンク編]
  5. 郵便料金が2017年6月より値上げ!定形外郵便・ゆうメールの新料金とゆうパックの…

関連記事

  1. イベント

    ディズニーランド&シーで年越し2017-2018パスポートの購入方法は?

    年末年始のご予定はお決まりですか?今年こそは、ディズニーランド…

  2. イベント

    冬のおすすめデートスポットはお台場イルミネーション巡りで決定!

    12月に入りあちらこちらでイルミネーションが点灯、…

  3. イベント

    クリスマスソング~人気曲から定番まで~おすすめ20曲<洋楽編>

    クリスマス気分を盛り上げるには、クリスマスソングは…

  4. イベント

    おせち料理の意味・お重詰めのルールは?予約可能なお取り寄せも!

    お正月に欠かせないおせち料理。最近は家で作る人はめ…

  5. イベント

    まんパク2017立川/昭和記念公園で食フェス!メニュー・混雑状況や駐車場は?

    すっかり定番となった、大人気の巨大フードフェス「まんパク」が、20…

  6. イベント

    2016年の父の日はいつ?お父さんの年代別人気・定番のプレゼントは?

    いまいちインパクトの弱かった「父の日」ですが、最近…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

読んでほしい記事

アーカイブ

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

おすすめまとめ記事

ピックアップ記事

  1. スポーツ

    箱根駅伝2017/往路結果と区間記録速報!通過順位や区間賞・優勝校は?
  2. 統計・ランキング

    理想の上司2017/新入社員が選ぶ理想の上司はウッチャンと水卜ちゃん!
  3. 統計・ランキング

    世界企業ブランドランキング2016/トップ100に日本企業は何社?
  4. 映画・ドラマ・音楽

    ゴールデングローブ賞2017/ノミネート作品一覧&受賞結果は?
  5. 統計・ランキング

    世界のセレブ長者番付2017/セレブランキング100一覧!錦織圭は何位?
PAGE TOP