よろず堂通信

プリキュアなどのアニメ・フィギュア情報からたまには真面目な話まで、ジャンルを問わず気になるニュースはなんでもとりあげる「よろず堂通信」です♪

*

レコード大賞2016/ノミネート!やらせ疑惑の三代目消え大賞はAAA?

      2016/12/30

s-58回レコード大賞

 

年末の恒例行事、「第58回 輝く!日本レコード大賞」の、各賞が発表されました。12月30日に優秀作品の中から日本レコード大賞が、新人賞のなかから最優秀新人賞が決定します。

スキャンダルの影響で、大賞受賞作決定については、「やらせ疑惑」も…。一部では今年は「AAA」が受賞することになっているとか!?

そこで今回は、「第58回 輝く!日本レコード大賞」の各賞についてをご紹介します♪

 

<スポンサーリンク>

●第58回輝く!日本レコード大賞

年末恒例の「レコ大」。2016年の今年も、12月30日(金)、17時30分から生放送が決定しています。

司会は、TBSアナウンサー・安住紳一郎さんと、女優・天海祐希さんに決定。なお、天海祐希さんが音楽番組の総合司会をするのは初めてです。

 

さて、優秀作品賞他、各賞が以下の通り発表されたのでご紹介します。

 

<優秀作品賞>

「あなたの好きなところ」/西野カナ←決定
「海の声」/浦島太郎(桐谷健太)
「女は抱かれて鮎になる」/坂本冬美
「最&高」/きゃりーぱみゅぱみゅ
「365日の紙飛行機」/AKB48
「涙のない世界」/AAA
「花束を君に」/宇多田ヒカル
「BELIEVE」/西内まりや
「みれん心」/氷川きよし
「ラストシーン」/いきものがかり

※優秀作品10曲の中から、レコード大賞が選ばれます。発表は12月30日です。なお、審査・選考は原則として合議制で、「討議をつくすこと」としているそうです。

 

<新人賞>

iKON←決定
林部智史
羽山みずき
BOYS AND MEN

※審査基準は、「大衆に支持され、将来性を認められた歌手」とのこと。この中から、最優秀新人賞が選ばれ、12月30日に発表されます。

 

<スポンサーリンク>

 

<最優秀アルバム賞>

「Fantôme」/宇多田ヒカル

 

<優秀アルバム賞>

「YELLOW DANCER」/星野源
「醒めない」/スピッツ
「シャンデリア」/back number
「JOY OF LIFE」/葉加瀬太郎

※選考基準は、「今年セールスが顕著だった」「若手で最も旬な存在だった」「キャリア・アーティストならではの匠の技が見事だった」など、いくつかの色合いの中でベストな作品を選んだ…とのこと。

 

<日本作曲家協会選奨>

城之内早苗
山川豊

 

<最優秀歌唱賞>

鈴木雅之

 

<特別賞>

『君の名は。』/RADWIMPS
THE YELLOW MONKEY
『シン・ゴジラ』/鷺巣詩郎・伊福部昭
BIGBANG

 

<特別話題賞>

『PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)』/ピコ太郎

 

<特別栄誉賞>

船村徹

 

<作曲賞>

岡千秋/「命の恋」神野美伽

 

<作詞賞>

原文彦/「秋恋歌」香西かおり

 

<編曲賞>

SEKAI NO OWARI/「Hey Ho」SEKAI NO OWARI

 

<企画賞>

『あからんくん』/南こうせつ 他
『1936~your songs~』/山崎育三郎
『顧みて』/永井龍雲
『ザ・ピーナッツ トリビュート・ソングス』
『Sugar Cane Cable Network』/BEGIN
『スナック JUJU ~夜のRequest~』/JUJU
『六本木心中/ラヴ・イズ・オーヴァー』/JUJU
『長編歌謡浪曲 無法松の恋』/中村美津子
『トゥ・ヤング』/雪村いづみ
『東京恋文』/蘭華
『PERFECT HUMAN』/RADIO FISH
『未樹の歌の旅…』/松川未樹

 

<功労賞>

斉藤功
志賀大介
水前寺清子
千昌夫
馬飼野俊一

 

<特別功労賞>

伊藤ユミ(ザ・ピーナッツ)
永六輔
喜早哲(ダークダックス)
佐々木行(ダークダックス)
冨田勲

 

<スポンサーリンク>

 

●受賞結果は?

<最優秀新人賞>

iKON「DUMB&DUMBER」

 

<レコード大賞>

西野カナ「あなたの好きなところ」

 

●レコ大は今年で見納め!?

2016年のレコード大賞は誰が獲るのでしょうか?…なんて、悠長なことは言ってられない事態が起きました。

11月3日号の週刊文春が、「バーニングプロダクション」と「LDH」の、レコード大賞受賞をめぐる“1億円の買収取引をしていた”ことを報じたからです。

三代目JSBは、2014年、2015年とレコード大賞を受賞していましたが、2015年のレコード大賞は金で買っていた…ということなのでしょうか?まさか、2014年も…?なんてやらせ疑惑が急浮上。

ただ、証拠として文春が紙面に掲載したのが、バーニングの書式だという領収書。これが確たる証拠と言えるのかどうかは、視聴者にはまったくもって不明です。

しかし、なぜかネットニュース等をのぞき、テレビの情報番組ではこの話題を一切報じることがありませんでした。裏で芸能界のドンが目を光らせているからなのでしょうか?

 

そもそも、以前よりレコード大賞は「出来レース」、「形骸化している」、「金で賞を買うやらせ」などという噂は常にありました。それがとうとう文春砲によって、白日の下にさらされたのかもしれません。

ちなみに、この致命的なスキャンダル発覚の煽りを受け、レコード大賞の権威は地に堕ちたと言っても過言ではなさそうです。そのせいか、一部では「今年がレコ大の見納め」「来年からは中居くんが司会の音楽番組になる」なんて噂も飛び出しています。

 

そして、今年の優秀作品賞に三代目JSBの名前はありませんでした…。本当なら、レコード大賞受賞三連覇がかかっていたハズ。でも、この状況では、優秀作品賞に名を連ねること自体が物議を呼びかねないので、外したとも考えるのが妥当ではないでしょうか。

なお、一部の噂では、今年のレコード大賞を受賞するのは「AAA」とのこと。ノミネート作品を見た限りでは、どう考えても影響力があるのはNHK朝の連続ドラの主題歌「花束を君に」の宇多田ヒカルさんですよね。百歩譲って、こちらもNHK朝の連ドラの主題歌「365日の紙飛行機」のAKB48が次点ではないかと。となると、仮に「AAA」が受賞したとしたら、やはり裏で何かがあるのかと勘繰ること間違いなしなんですが…。

ただし、日本有線大賞を西野カナさんが受賞しているので、レコード大賞は西野カナさんでは…なんて予想もありますが…。

 

…おっと、誰か来たようだ…。

 

<スポンサーリンク>

 - 映画・ドラマ・音楽, 音楽, 音楽番組

     
        
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事