よろず堂通信

プリキュアなどのアニメ・フィギュア情報からたまには真面目な話まで、ジャンルを問わず気になるニュースはなんでもとりあげる「よろず堂通信」です♪

*

筒井道隆・成海璃子の出演ドラマ「リテイク」のあらすじとキャスト

      2016/12/04

s-リテイク

 

2016年12月3日(土)23時40分からスタートするフジテレビ・オトナの土ドラ「リテイク~時をかける想い」。

未来からやってきた未来人を、秘密裏に見つけて保護するのが任務の法務省民事局・戸籍管理課職員たちの奮闘を描いたドラマです。

そこで今回は、ドラマ「リテイク~時をかける想い」のあらすじやキャストについてご紹介します♪

 

<スポンサーリンク>

●「リテイク~時をかける想い」とは?

2016年12月3日(土)23時40分からスタートするフジテレビのオトナの土ドラ第5弾は、「リテイク~時をかける想い」(東海テレビ制作)です。

自分の運命を変えようと、未来から現代にやってくる人々=未来人(タイムトラベラー)が、さまざまなトラブルを引きを起こします。これに対処する法務省民事局・戸籍管理課職員たちの奮闘を描いたドラマです。

 

なお、法務省民事局の戸籍管理課のメンバーたちは未来人を、

・警察よりも一早く見つけだす
・専用の居住区に隔離し、保護観察下に置く

ことを、極秘任務として活動しています。

 

主に現場で未来人追跡に動くのは、戸籍管理課課長の新谷(演・筒井道隆)と、コンビを組む職員の那須野(演・成海璃子)の2人です。

地味さ満載の新谷&那須野コンビですが、オフィスから後方支援するパウエルまさ子(演・浅野温子)がボス感たっぷり。ある意味本作一番の“華”かもしれません(笑)

 

なお、タイムトラベルにはいくつかのルールがあります。

①タイムトラベルのことをリテイクと呼ぶ
②リテイク後は着ていた服が真っ白になる
③リテイク後は元の時代には戻れない
④未来人は天気雨とともに現れる

など…。全身真っ白の服を着ていると、未来人と間違えられてしまうかも!?

 

<スポンサーリンク>

 

●キャラクター&キャスト情報

<新谷真治(46)/筒井道隆>

あらたにしんじ。法務省民事局・戸籍管理課課長。部署としては閑職だが、それは仮の姿。実は、未来人=タイムトラベラーの取り締まりと保護を行う極秘任務を負っている。

なお、2年前に人違いで逮捕されたことから、キャリア・家族・友人などすべてを失った。

s-筒井道隆

筒井道隆さん(つついみちたか・1971年3月31日生・45歳)。

 

<那須野薫(26)/成海璃子>

なすのかおる。法務省民事局・戸籍管理課職員。新谷とコンビを組んで1年半になるが、抜群のコンビ感。要領がよく正義感が強い。さっぱりした性格だが、友人や恋人の気配はいない様子。

s-成海璃子

成海璃子さん(なるみりこ・1992年8月18日生・24歳)。

 

<パウエルまさ子(53)/浅野温子>

ぱうえるまさこ。法務省民事局・戸籍管理課パート職員。国東の大学時代の同級生。現場に出ることはなく、オフィスから後方支援するのが役目。イギリス人の夫との間に、3人の息子がいる。

s-浅野温子

浅野温子さん(あさのあつこ・1961年3月4日生・[age1961/03/04]歳)。

 

<国東修三(53)/木下ほうか>

くにさきしゅうぞう。衆議院議員・法務大臣政務官。冷静沈着で、張り付いたような笑顔が逆に威圧感たっぷり。そのため、省内のあだ名は「スマイリー」。2015年4月に、増え続ける未来人の存在を危惧し、戸籍管理課を設立した。

s-木下ほうか

木下ほうかさん(きのしたほうか・1964年1月24日生・53歳)。

 

<大西史子(28)/おのののか>

おおにしあやこ。法務大臣政務官秘書。戸籍管理課の本当の職務は知らない。そのせいか、国東が新谷を頻繁に呼び出しているのを不審に思う。大学在学中は3年連続ミスコングランプリを獲得。アナウンサーを目指していたが叶わなかった。

s-おのののか

おのののかさん(1991年12月13日生・25歳)。

 

<柳井研二(36)/敦士>

やないけんじ。警視庁の刑事で、新谷の元妻の弟。元義理の弟だが友人として親交がある。空気を読まずに軽口を叩くため、周囲からは信頼されていない。薫にアプローチしているが撃沈。多趣味で、アイドルの追っかけや城めぐりなどマニアックな面もある。

s-敦士

敦士さん(あつし・1976年2月22日生・40歳)。

 

<スポンサーリンク>

 


 

いかがでしたでしょうか?

未来人…ネットでは時々話題になりますね。未来からやってきて、いついつどこどこで地震が起きる…と2ちゃんねるに書き込む“アレ”です(ウソくせー)。

それは別として、タイムトラベル、未来人…魅惑的なキーワードではありませんか!?SF好きには心躍るテーマの1つでもあります。

それに、SFうんぬんは抜きにしても、誰だって1度や2度は過去のあの時に戻ってやり直せたら…と思うことはあるもの。

「あの時、あの場所にさえ行かなければ」
「あの人の告白を断らなければ今頃…」
「あの場面であの一言さえ言わなければ」

後悔したってしょうがないですが、もし万が一、タイムトラベルできたとしたら過去に戻って間違いを修正したい…。

このドラマは、そんな願望を叶えつつ、実際そうなったらどんなトラブルが起きるのかがよくわかる。そんなドラマかもしれませんね!

ちなみに、フジテレビなのに面白そうじゃん!と思ったあなた。東海テレビ制作です♪

 

<スポンサーリンク>

 - 映画・ドラマ・音楽, ドラマ, 冬ドラマ

     
        
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事