よろず堂通信

プリキュアなどのアニメ・フィギュア情報からたまには真面目な話まで、ジャンルを問わず気になるニュースはなんでもとりあげる「よろず堂通信」です♪

*

経歴詐称のショーンKが活動自粛!フジ新番組「ユアタイム」が涙目!

      2016/08/02

ユアタイム

 

フジテレビが春に番組改編で投入する夜の大型報道情報番組「ユアタイム~あなたの時間~」。メインキャストに決定していたショーンKさんが、経歴詐称を報じられたことで活動自粛を発表。キャスティングしたフジテレビは涙目?

そこで今回は、経歴詐称の詳細をご紹介します♪

 

<スポンサーリンク>

●またしても文春!?

ショーンK

2015年あたりからニュース番組や情報番組のコメンテーターとして秘かな人気を呼んでいたショーン・マクアードル川上さん(47)。ショーンKの愛称で呼ばれ、彫りの深い日本人離れした顔立ちは、ちょいワルオヤジにインテリが入ったような雰囲気。

そして、甘く低めの美声を活用し、ラジオDJやCM「インテル、入ってる」の声なども担当。でも、ショーンKさんの本業は経営コンサルタント…。まさに、隙のないインテリイケメンのオジサマって感じです。

ところが…またしても週刊文春がスクープ!?3月24日号で、「ショーンKの嘘」というタイトルの記事を掲載するとのこと。

その内容は、ショーンKさんが経歴詐称をしているというものです。曰く、公式ホームページにある英文のプロフィールには、下記のような記述が…。

・高校卒業まで日本で教育を受けた

・大学で米国に戻り、フランスで2年間を過ごす

・テンプル大学で学位を取り、ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得

・パリ第1大学に留学した

しかし、このことについて問われたショーンKさんは、文春に対し、

・テンプル大学の学位は取っていない

・ハーバード・ビジネス・スクールにはオープンコース(3日くらい)に1回行った

・パリ第1位大学には入っていない(オープンキャンパスの中で聴講した)

などと回答しています。

なお、今回の報道を受けてショーンKさんは自身のホームページにて、以下のような公式発表を行いました。

私は、テンプル大学ジャパンに入学後まもなく、外部の人間にもオープンな大学講義を聴講するなど海外を遊学後、大学には戻りませんでした。本格的な就職先としては日本のコンサルティング会社に入り、業務を行っていました。経営大学院についても学生、一般社会人にも公開されているセミナーを聴講した程度ですので、学士を含め学位、また修了書が発行される類のプログラムへの参加は一切ございません。

※引用元:SEAN K 公式ホームページより

また、ショーンKさんは、

・経営コンサルタントとして活動している上で、学歴は影響なかったため正式に公開してはいなかった

・ホームページから顧客が集まることがないため、急ごしらえのβ版のまま誤りを放置してしまった

・私がコンサルタント業務を行っていないかのような(文春の)記載は誤り

・アメリカで納税申告していないことについては、日本で業務を行っていることから日本で納税しているに過ぎない

などのメッセージも記載しました。

つまり、ショーンKさんの公式発表を読み砕くと、そもそも大卒ではなく高卒だったということになります。

とはいえ、コンサルタント業は学歴が高くなければできないということもありません。要は何にせよ「能力」ですから。ただ、MBAだったりおフランスの大学だったりが経歴にあれば、箔がつくのは間違いありませんよね…。錯誤を狙った記載ミスなのか、経歴詐称なのか…正直、経歴を記載ミスってありえなですけどね…。うーん。でも大騒ぎすることでもないような気も…。

いや、でもやっぱり、嘘のプロフィールを載せていいということにはなりません(ショーンKさんは嘘ではなくミスとしていますが)。仮に、キャスターとして人気を博した結果、数年後、政治家に転身し、国会議員に立候補することだってないこともない。

国会議員が経歴詐称はさすがにオオゴトです。サッチーこと野村沙知代さんが衆院選に立候補し、当選こそしなかったものの、経歴詐称が発覚して騒動となったことが思い出されます…。

経歴詐称なのか、単なる記載ミスなのか…どちらにせよ間違いは間違い。文春にすっぱ抜かれたのは痛かったですが、ショーンKさんもすぐに誤りを認めて謝罪し、活動自粛を発表したことは潔いのではないでしょうか。

 

<スポンサーリンク>

 

●フジテレビは涙目!?

ショーンKさんは今回の報道を受け、自身の今後の活動は自粛すると発表しています。現在出演中の番組や、これから出演予定だった番組は以下の通りです。

・4月より放送予定であったフジテレビ「ユアタイム」

・フジテレビ「とくダネ!」

・テレビ朝日「報道ステーション」

・BSスカパー「Newsザップ」

・81.3FM J-WAVE「MakeIT21」

文春砲にやられて痛いのはショーンKさんだけではありません。これら、出演中または出演予定の番組のなかでも、フジテレビが社運をかけてスタートさせる予定だった夜の大型報道情報番組「ユアタイム」。キャスターにショーンKさんとモデルの市川紗耶さん(29)を起用し、さてこれから…という矢先に、ショーンKさんが出演を自粛するということに。

 

ドラマも、ニュースも、情報番組も…フジテレビ全体の凋落ぶりは目を覆うばかりの惨澹たるありさま。そこへきて社運をかけた報道情報番組を始める予定だったのに…始る前からミソがついてしまった「ユアタイム」。ショーンKさんの代わりは、一体誰が起用されるのでしょうか。こうなったら話題性のあるタレントを起用して、なんとかしのぐしかないかも!?

一体誰がショーンKさんの代わりに起用されるのか、注目したいところです。

 

●疑惑続々!?

3月17日(木)放送の「スッキリ」(日テレ)によると、ショーンKさんの経営するコンサルタント会社「ブラッドストーン・マネジメント・イニシアティブ・リミテッド」について、さまざまな疑惑が…。

まず、日本支社が恵比寿にあるとかで、レポーターの阿部さんが登記簿に記載の住所に突撃。ところがそこは、家賃8万円の雑居ビルで、同ビルの住民によると、ショーンKさんを見かけたことはないとのこと。

ちなみにこの会社の登記簿には「ショーン・マクアードル川上」という名前はなく、「川上伸一郎」との記載が。ショーンKさんは以前テレビ番組で、父親と母親がハーフだから自分はクォーターだと話していたそうですが、実際名前は「川上伸一郎」さんと登記簿に記載されているわけで、ご両親はハーフではなく日本人ではないかともいわれています。

さらに阿部さんは突っ込みます。ニューヨーク州デラウェアにある、アメリカ本社とされる場所に電話。ところが、電話に出たアメリカ人は、そんな会社もショーンKも知らないと回答…!?

これは一体どういうことなのでしょうか。世界7か国に会社があり年商30億円…という話だったようですが、それは虚偽だったのでしょうか。

ショーンKさんが所属する事務所社長は「スッキリ!」のインタビューに対し、このように答えています。

・18年前から仕事をしているが、これまで嘘をつかれたことは1度もなかった

・(ショーンKさんが事務所に入った経緯は)知り合いから声のいい人でラジオの仕事がしたいと紹介された

・真面目な人柄である

なお、ショーンKさんの現在の見た目は、どう見ても彫の深いハーフ顔。しかし、高校時代とは全然顔が違うと同級生が語っていた…という話も聞かれました。世間では整形疑惑も囁かれており、その真偽は定かではありません。

ただ、このことについて高須クリニックの高須克弥院長は、「ハーフ顔を望まれる患者様は昔からいらっしゃいます。クヒオ大佐をご存じですか?」とツイートしています。ちなみにクヒオ大佐とは、日本人なのに外国人のフリをして結婚詐欺をはたらいた、昭和の有名な犯罪者。2009年に堺雅人さん主演で映画にもなったので、覚えている方もいるかもしれません。

あくまでも整形については疑惑の範疇を超えませんが、プロ=高須院長から見れば一目瞭然でしょうが…。

 

それでは、ショーンKさんについて判明している11の経歴詐称疑惑を、まとめてご紹介します。

・アメリカ合衆国出身→日本出身(熊本県)

・11歳の時に日本に渡り高校卒業まで過ごす→高校まで日本におり、アメリカには行っていない

・米テンプル大学卒業→高校卒業

・米ハーバード大学院でMBA取得→オープンコースを3日間受講

・仏パリ大学留学→オープンキャンパスで聴講

・経営コンサルタント→声優・ナレーター・ラジオDJで活動。コンサルタント業については実態が不明

・経営コンサルタント会社の共同経営者→ホームページに掲載されていた3人のうち2人はまったくの別人の写真を掲載。その存在自体が怪しい

・名前が「ショーン・マクアードル川上」→登記簿には「川上伸一郎」

・ハーフの両親から生まれたクォーター→両親ともに日本人の模様

・世界7か国に会社があり年商30億円→渋谷区恵比寿に家賃8万円の事務所。ただし、会社の看板は掲げておらず「ペーパーカンパニー」?

・彫の深いハーフ顔→整形疑惑あり

 

<スポンサーリンク>

 


 

いかがでしたでしょうか?

またしても文春のスクープで、表舞台から1人の人間が姿を消すこととなりました。もちろん、突っ込まれる=ショーンKさんの方にも落ち度があったのは確かですが…うーん、やっぱり文春は怖いですね!

なお、ショーンKさんの経歴には、「世界7都市を拠点に年商30億円」などの記載もあったようです。年商30億円なら、テレビ業界で活躍するよりもコンサルに専念した方がよほど儲かるのではないかと思いますが…どうなんでしょうか。

せっかくのダンディなインテリイケメンでしたが、テレビで見られなくなるのは残念だと、ガッカリしている女性が多いかもしれませんね。

 

<スポンサーリンク>

 - 芸能・エンタメ

     
        
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

  1. Esther より:

    安倍、小泉、ついでに麻生の留学詐称は週刊誌で糾弾されてましたが、新聞テレビが取り上げなかったこともあり、有耶無耶にされてしまいましたね。現在は、この人達、「~を勉強」と書き直しています。政治家、それも大臣や首相クラスの人間こそ徹底追及されなければならないのに、日本って国は!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事