映画・ドラマ・音楽

鈴木亮平主演NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」のキャスト一覧

 

2018年1月からNHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」がスタートします。NHK大河ドラマ57作目となる本作は、明治維新から150年となることから、西郷隆盛を主人公とした「西郷どん(せごどん)」が企画されたそうです。

もちろん、西郷隆盛といえば知らない人はいない、幕末(江戸時代末期)~明治維新にかけて大活躍した人物です。誰もがその人柄に魅了され、出会った人はみな彼のことを好きになったと言われています。

そんな西郷隆盛を演じるのは、大河ドラマ初出演にして主役を射止めた鈴木亮平さん。鈴木さんがどんな西郷隆盛を演じるのか、今から楽しみです!

そこで今回は、NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」のキャラクター&キャスト(出演者)一覧および、相関図をご紹介します♪

 

<スポンサーリンク>

●キャラクター&キャスト(出演者)


<西郷吉之助(隆盛)・鈴木亮平>

さいごうきちのすけ(たかもり)。薩摩の貧しい下級武士の家に生まれた長男。魅力的な人柄で、男女問わずモテる。困った人を放っておけない、心優しい熱血漢。薩摩藩主・島津斉彬(しまづなりあきら)に見いだされ、激動の時代の改革者として成長していく。

鈴木亮平さん(すずきりょうへい・1983年3月29日生・34歳)

主な出演作品
テレビドラマ「花子とアン」(2014年・NHK)、「天皇の料理番」(2015年・TBS)、「東京タラレバ娘」(2017年・日テレ)ほか。

映画「HK 変態仮面シリーズ」(2013年・2016年)、「俺物語!!」(2015年)、「海賊と呼ばれた男」(2016年)、「忍びの国」(2017年7月公開予定)ほか。


<大久保一蔵(利通)瑛太>

おおくぼいちぞう(としみち)。西郷の幼なじみ。町一番の秀才といわれたが、父の政治抗争に巻き込まれたことで、不遇な青春時代を過ごした。島津斉彬の弟・島津久光に接近し、名をあげていく。西郷とは生涯の友でありライバルでもある。

瑛太さん(えいた・1982年12月13日生・34歳)

※「西郷どん」の制作発表会では、瑛太さんの祖母が西郷家の血を引いていることを明かしました。

主な出演作品
テレビドラマ「アンフェア」(2006年・フジ)、「最高の離婚」(2013年・フジ)、「まほろ駅前番外地」(2013年・テレ東)、「ハロー張りネズミ」(2017年7月・TBS)ほか。

映画「なくもんか」(2009年)、「まほろ駅前多田便利軒」(2011年)、「64‐ロクヨン-前編・後編」(2016年)、「土竜の唄 香港狂騒曲」(2016年)ほか。


<岩山糸/黒木華>

いわやまいと。西郷と同じ城下に住む武家の娘。芯の強いおてんばで、幼少時から西郷に想いを寄せていた。一度は他家に嫁ぐが、後に西郷の3人目の妻になる。

黒木華さん(くろきはる・1990年3月14日生・27歳)

主な出演作品
テレビドラマ「天皇の料理番」(2015年・TBS)、「真田丸」(2016年・NHK)、「重版出来!」(2016年・TBS)、「みをつくし料理帖」(2017年5月・NHK)ほか。

映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」(2016年)、「永い言い訳」(2016年)、「海賊と呼ばれた男」(2016年)、「ちょっと今から仕事やめてくる」(2017年5月公開予定)ほか。

 

<スポンサーリンク>

 

<西郷琴/桜庭ななみ>

さいごうこと。西郷家の長女で、吉之助(後の隆盛)の妹。幼い弟妹の面倒を見て、家計のやりくりにも奔走するしっかり者。兄を慕い、支え続ける。

桜庭ななみさん(さくらばななみ・1992年10月17日生・24歳)

主な出演作品
テレビドラマ「リミット」(2013年・テレ東)、「サイレント・プア」(2014年・NHK)、「風の峠~銀漢の賦~」(2015年・NHK)、「コントレール~罪と恋~」(2016年・NHK)ほか。

映画「書道ガールズ!!わたしたちの甲子園」(2010年)、「謎解きはディナーのあとで」(2013年)、「人狼ゲーム」(2013年)、「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」(2015年)ほか。


<西郷吉二郎/渡部豪太>

さいごうきちじろう。西郷家の次男で吉之助の弟。吉之助の熱い想いの理解者で、貧乏に追い込まれる西郷家を、吉之助に代わって支える。畑仕事や内職に勤しみ、優しく実直に家族を守る。

渡部豪太さん(わたべごうた・1986年3月8日生・31歳)

主な出演作品
テレビドラマ「平清盛」(2012年・NHK)、「クロコーチ」(2013年・TBS)、「チーム・バチスタ4螺鈿迷宮」(2014年・関テレ)ほか。

映画「桜田門外ノ変」(2010年)、「ハードロマンチッカー」(2011年)、「海難1890」(2015年)ほか。


<熊吉/塚地武雅>

くまきち。西郷家に親子代々で仕えている下男。斉彬の密命により東奔西走する西郷に付き従い、その生涯を西郷に尽くした義理人情に厚い男。

塚地武雅さん(つかじむが・1971年11月25日生・45歳)

主な出演作品
テレビドラマ「平清盛」(2012年・NHK)、「花咲舞が黙ってない1・2」(2014年、2015年・日テレ)、「癒し屋キリコの約束」(2015年・フジ)、「怪盗 山猫」(2016年・日テレ)ほか。

映画「ソロモンの偽証・前篇/後篇」(2015年)、「アイアムアヒーロー」(2016年)、「高台家の人々」(2016年)ほか。

 

<スポンサーリンク>

 

<西郷吉兵衛/風間杜夫>

さいごうきちべえ。西郷の父。大久保次右衛門とは犬猿の仲。会計係の仕事を細々とやっているが、優しく人間味のあふれるダメ親父。

風間杜夫さん(かざまもりお・1949年4月26日生・67歳)

主な出演作品
テレビドラマ「ゲゲゲの女房」(2010年・NHK)、「八重の桜」(2013年・NHK)、「クロコーチ」(2013年・TBS)、「マッサン」(2015年・NHK)、「エイジハラスメント」(2015年・テレ朝)ほか。

映画「蒲田行進曲」(1982年)、椿三十郎」(2007年)、「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」(2016年)、「本能寺ホテル」(2017年)ほか。


<大久保次右衛門/平田満>

おおくぼじえもん。大久保一蔵の父。西郷家とは付き合いが古く、吉之助のことも息子のように思っている。沖永良部島役人として赴任し、琉球館(琉球との窓口)で働いていることから、海外の情報にも通じている。

平田満さん(ひらたみつる・1953年11月2日生・63歳)

主な出演作品
テレビドラマ「タクシードライバーの推理日誌シリーズ」(1992年~・テレ朝)、「高校生レストラン」(2011年・日テレ)、「花燃ゆ」(2015年・NHK)、「忠臣蔵の恋~四十八人目の忠臣~」(2016年・NHK)ほか。

映画「蒲田行進曲」(1982年)、「プリンセストヨトミ」(2011年)、「臨場・劇場版」(2012年)、「22年目の告白‐私が殺人犯です‐」(2017年6月公開予定)ほか。


<西郷満佐子/松坂慶子>

さいごうまさこ。西郷家の肝っ玉母さん。貧乏ながらも子どもたちに愛情を注ぐ。吉之助には芯の通った男になってほしいと、愛を持って厳しく教育した。

松坂慶子さん(まつざかけいこ・1952年7月20日生・64歳)

主な出演作品
テレビドラマ「花燃ゆ」(2015年・NHK)、「あさが来た」(2016年・NHK)、「スミカスミレ 45歳若返った女」(2016年・テレ朝)、「早子先生、結婚するって本当ですか?」(2016年・フジ)、ほか。

映画「蒲田行進曲」(1982年)、「釣りバカ日誌20 ファイナル」(2009年)、「武士の家計簿」(2010年)、「僕達急行 A列車で行こう」(2012年)ほか。

 

※年齢は2017年3月30日時点のもの。

 

<スポンサーリンク>

 

追加キャスト1


<篤姫(於一)/北川景子>

あつひめ(おいち)。島津家一門に生まれ、島津斉彬の養女となり、後に徳川家定の正室となった。若かりし頃は西郷との淡い恋も…?

<ふき/高梨臨>

貧しい農民の娘。困窮する自分たちを救おうと奔走する西郷に心を寄せるも、身売りする運命に。やがて西郷をはじめとする薩摩藩士たちと再会する。

<大山格之助(綱良)/北村有起哉>

おおやまかくのすけ(つなよし)。西郷らの幼少期からの仲間。「精忠組」に参加。維新後は鹿児島県令(知事)になるが、その過激な行動に大久保が激怒する。

<有村俊斎(海江田信義)/高橋光臣>

ありむらしゅんさい(かいえだよしのぶ)。11歳で島津斉興の茶坊主として出仕した。西郷たちが作った「精忠組」の仲間。頭角を現していく西郷に嫉妬し、西郷と対立する島津久光に近づくが…。

<村田新八/堀井新太>

むらたしんぱち。西郷を兄と慕う弟分で、常に行動をともにした。西郷が喜界島に島流しにされた市は、自身も流刑となる。明治新政府の担い手として期待されたが、最期は下野した西郷の死の間際まで付き添った。

<赤山靱負/沢村一樹>

あかやまゆきえ。島津斉彬を次期藩主にするために尽力。西郷家とは古くから交流があり、西郷たちにとっては先生のような存在。西郷と斉彬との縁を結んだ人物だが、斉興と由羅の陰謀に巻き込まれ…。

<幾島/南野陽子>

いくしま。将軍家に嫁ぐ篤姫の女中頭。幕府の情報を薩摩藩に伝える役割も担っており、西郷とは密に連絡を取り合っている。

※配役は斉藤由貴さんに決定していましたが、9月21日(木)に斉藤さん側が出演を辞退(不倫問題により世間を賑わせたことが原因とみられる)。代役は南野陽子さんに決定。

<由羅/小柳ルミ子>

ゆら。島津斉興の側室。江戸の町人の出だが、斉興との間に久光を産んだことで権力を手にした。血のつながりがないせいか、斉彬を疎む。

<島津斉興/鹿賀丈史>

しまずなりおき。島津家第27代当主で薩摩藩主。

<島津斉彬/渡辺謙>

しまづなりあきら。島津家第28代当主。カリスマ的存在の薩摩藩主。斉彬が提唱する「富国強兵」に西郷が共鳴。そんな西郷にさまざまな密命を与え、東奔西走させる。“偉大なる父”。

<島津久光/青木崇高>

しまづひさみつ。島津斉彬の弟。斉彬の死後は薩摩藩の最高権力を掌握した。西郷とはそりが合わず、勝手に大阪へ行った西郷を責め、徳之島、次いで沖永良部島へと遠島処分した張本人。

<喜久/戸田菜穂>

きく。斉彬の側室。斉彬との子を幼いうちになくしたが、その裏には由羅が暗躍していると噂になりお家騒動に発展した。また、謎の病に倒れた斉彬を、献身的に支え続けた。

<山田為久/徳井優>

やまだためひさ。斉彬の側近で、斉彬の壮大な計画を支え忠義を尽くすも、その真意が理解できずに翻弄されることもしばしば。また、吉之助の無謀さにも翻弄される。

<語り/市原悦子>

「西郷どん」の語りを担当。

 

<スポンサーリンク>

 

追加キャスト2


<愛加那/二階堂ふみ>

あいかな。斉彬亡き後、幕府から追われ島送りとなった西郷を救い、やがて恋に落ち結婚。息子をもうけた。

<西郷従道(信吾)/錦戸亮>

さいごうじゅうどう(しんご)。西郷家の三男で、血気盛んな男。兄に従い戊辰戦争にも従軍したが、やがて大久保らと袂を分かつ西郷には同行せず明治政府に残る。そして、西南戦争では西郷を追い詰める側に。

<桂久武/・井戸田潤>

かつらひさたけ。赤山靱負(あかやまゆきえ)の弟。西郷家とは古くから交流があったため、久武と西郷は親しい間柄。西郷と入れ替わりで奄美大島に赴任し、愛加那や息子・菊次郎の面倒をみた。のちに藩の家老になり、生涯西郷を支える。

<タマ/田中道子>

品川宿の宿屋「磯田屋」の給仕で、ふきの同僚。磯田屋にはさまざまな国の藩士たちが行き交うことから、薩摩藩士たちとは顔なじみとなる。

<大久保満寿/ミムラ>

おおくぼます。大久保正助(利通)の妻。内助の功で正助を支えていく。

<阿部正弘/藤木直人>

あべまさひろ。備後福山藩主で老中首座。徳川斉昭や島津斉彬らと組み幕政改革を推し進めた。篤姫の輿入れや一橋慶喜将軍擁立などに動く。しかし、志半ばで急死した。

<月照/尾上菊之助>

げっしょう。清水寺成就院の住職。和歌を通じ近衛家の信任を得たことで、薩摩藩との縁が生まれた。そして、一橋慶喜擁立運動を支える。しかし、安政の大獄で幕府に追われる身となり、西郷とともに逃げることになる。

<調所広郷/竜雷太>

ずしょひろさと。薩摩藩主・斉興のもと、財政難を立て直した家臣。斉彬の行おうとする改革はは藩の財政破綻を招くと危惧し、斉彬と対立する。

<井伊直弼/佐野史郎>

いいなおすけ。近江彦根藩主。阿部正弘亡き後は大老職に就いた。勅許(天皇の許可の意)なしで米国と通商条約を結び、これに反発した一橋派ら反対勢力を粛正する「安定の大獄」を実施した。

<徳川家定/又吉直樹>

とくがわいえさだ。江戸幕府13代将軍で、妻は篤姫。

<徳川斉昭/伊武雅刀>

とくがわなりあき。前水戸藩主で、一橋(徳川)慶喜の実父。いち早く西洋近代兵器の国産化を推し進めた。気性が荒く、時に過激な発言が幕府を混乱させ、井伊直弼とも対立。

 

<スポンサーリンク>

 

●未発表のキャラクター&キャスト


※ドラマの中に登場する予定はあるものの、追加キャストが発表された2017年6月28日時点でキャスト(出演者)未発表のキャラクターです。

※詳細情報は公表されていないため、史実を踏まえた人物紹介になっています。ドラマ設定とは若干異なる場合がありえるので、ご注意ください。

<勝海舟/?>

かつかいしゅう。幕末(江戸時代末期)から明治時代初期に活躍した政治家。黒船来航に対する海防意見書を提出したことで幕府の役人となり、長崎海軍伝習所に入門。海軍知識を習得し、海軍発展に尽力した。ちなみに、戊辰戦争時、西郷隆盛との会談により、江戸幕府無血開城をなしたことは有名。

<坂本龍馬/?>

さかもとりょうま。幕末(江戸時代末期)に活躍した土佐藩の志士。薩長同盟をなしとげたことや、明治政府の基本方針の元となった「船中八策」を作ったことは有名。大政奉還に尽力したが、その直前で暗殺された。

<中岡慎太郎/演・?>

幕末に活躍した土佐藩の志士。陸援隊の隊長で、薩長同盟の締結に奔走。

<木戸孝允/演・?>

幕末に活躍した長州藩の志士。維新の三傑の1人。

 

●「西郷(せご)どん」の相関図


※クリックすると大きくなります。

 

※相関図(ver.4)は、追加キャスト2まで記載。新しい相関図は鋭意制作中。

※相関図(ver.4)は、公式情報をもとに当サイトで独自に作成したものです。そのため、公式のものではありませんのでご注意ください。

※無断転載禁止。当ブログ以外で上記相関図を掲載しているものは、すべて無断使用です。当ブログでは転載を許可していません。

※相関図に記載の斉藤由貴(幾島 役)は降板決定。代役は南野陽子さんに決定しました(後日修正します)。


いかがでしたでしょうか?

2017年3月27日に「西郷どん(せごどん)」の出演者(西郷家ゆかりの人々)が発表されました。主役の西郷さんを演じる鈴木亮平さんについては、すでに2016年11月に発表されていましたが、なかなか楽しみな俳優さんたちがそろっていて、放送が楽しみになってきました!

今回、話題の1つとなっているのが、西郷隆盛の父親を演じる風間杜夫さん、母親を演じる松坂慶子さん、そして大久保利通の父親を演じる平田満さんの共演です。40代以上の人なら、この3人の名前を聞いてピンとくるのではないでしょうか。

そうです、あの“階段落ち”で有名な映画「蒲田行進曲」(1982年)の主要キャストの3人です。3人が共演するのは実に「蒲田行進曲」以来35年ぶりとのこと。…時の流れをひしひしと感じます…。

※2017年6月28日発表の追加キャストを追記しました。個人的に注目してた島津斉彬の配役が、渡辺謙さんに決定しました。私生活はいろいろあるようですが、渡辺謙さんくらいの大物じゃないと「島津斉彬」は合わないですよね!これはいい配役!!

※2017年9月21日、不倫問題で世間を賑わせていた斉藤由貴さんが、幾島役の降板を申し入れ、NHK側はそれを了承したことが発表されました。幾島は誰が演じるのか不明ですが、発表があり次第追記します。

※2017年10月3日発表の追加キャストを追記しました。

※2017年10月18日、斉藤由貴さんの代役が、南野陽子さんに決定しました。ちなみに、初代スケバン刑事の斉藤由貴さんの代役を、2代目スケバン刑事の南野陽子さんが務めるとは…「なんの因果か…」って感じでしょうか(笑)

 

<スポンサーリンク>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 秋ドラマ2017一覧/10月期ドラマをまとめて紹介!キャスト&あらすじは?
  2. スタバメニューのカロリー一覧表!新作フラペチーノも![ドリンク編]
  3. 冬ドラマ2018一覧/1月期ドラマをまとめて紹介!キャスト&あらすじは?
  4. 嵐メンバーが主演で主題歌も嵐の連続ドラマ&映画一覧!最新版♪
  5. スタバメニューのカロリー一覧表!レギュラーから新作まで[フード編]

関連記事

  1. 映画・ドラマ・音楽

    ハロウィン音楽祭2016/出演者一覧とセットリスト(曲目と曲順)は?

    年々盛り上がりを見せるハロウィン。みんなで盛り上がれることから、す…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

読んでほしい記事

アーカイブ

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

おすすめまとめ記事

ピックアップ記事

  1. グッズ

    ヒット商品2016/日経トレンディがベスト30発表!スマホ×若者?
  2. 芸能・エンタメ

    時間の進みが遅いマンガランキング/水曜日のダウンタウン(12月21日)
  3. 統計・ランキング

    テレビタレントイメージ調査2017/男女別50位のランキング結果は?
  4. 統計・ランキング

    「世界で最も影響力のある100人」2017年版全一覧小池百合子選出!
  5. グッズ

    本屋大賞2017/ノミネート10作品のあらすじは?受賞結果も!
PAGE TOP