映画・ドラマ・音楽

紅白歌合戦2016/総合司会&出演者正式発表!大トリ&歌唱曲予想

紅白歌合戦

 

1年の締めくくり、大晦日には欠かせないNHK「紅白歌合戦」。待望の総合司会&出場歌手が2016年11月24日(木)に、正式発表されました。

内定と報じられた面々は果たして本当に出演が決まったのか…?初出場の面々も気になりますね!

そこで今回は、11月24日(木)に正式発表された総合司会&出場歌手一覧、トリ&大トリと歌唱曲予想についてご紹介します♪

※正式発表された、2016年の出場歌手&曲目&曲順(セットリスト・タイムテーブル)はこちらから。

紅白歌合戦2016/出場歌手&セットリストとタイムテーブル(曲目と曲順)は?

 

<スポンサーリンク>

●2016年総合司会&出場歌手一覧


2016年の今年は第67回目となるNHK「紅白歌合戦」。なんだかんだと言われつつも、国民的行事の1つとして大晦日には欠かせない音楽番組であり、毎年出場歌手が誰なのか?注目が集まります。

それでは、アーティストにとっても2016年のほぼ歌い納めとなるステージ「第67回NHK紅白歌合戦」に出場が決定した面々を、一覧でご紹介します♪

 

<司会者>

総合司会:武田真一(アナウンサー)

紅組司会:有村架純

白組司会:相葉雅紀(嵐)

 

<紅白ウラトークチャンネル>

2014年、2015年に続き、3年連続で大好評のバナナマンによる紅白歌合戦の副音声「紅白ウラトークチャンネル」が放送決定。バナナマンがウラで紅白を盛り上げます!

なお、橋本菜穂子アナウンサーも一緒に「紅白ウラトークチャンネル」の司会を担当します。

 

<紅組>


※( )内は出場回数

AI(2)
綾香(8)
E-girls(4)
いきものがかり(9)
石川さゆり(39)
市川由紀乃(初)
宇多田ヒカル(初)
AKB48(9)
大竹しのぶ(初)
欅坂46(初)
香西かおり(19)
坂本冬美(28)
椎名林檎(4)
島津亜矢(3)
高橋真梨子(4)
天童よしみ(21)
西野カナ(7)
乃木坂46(2)
PUFFY(初)
Perfume(9)
松田聖子(20)
水森かおり(14)
miwa(4)

 

<白組>


※( )内は出場回数

嵐(8)
五木ひろし(46)
X JAPAN(7)
関ジャニ∞(5)
桐谷健太(初)
KinKi Kids(初)
郷ひろみ(29)
三代目 J Soul Brothers(5)
THE YELLOW MONKEY(初)
SEKAI NO OWARI(3)
Sexy Zone(4)
TOKIO(23)
AAA(7)
氷川きよし(17)
V6(3)
福田こうへい(3)
福山雅治(9)
星野源(2)
三山ひろし(2)
山内惠介(2)
ゆず(7)
RADWIMPS(初)
RADIO FISH(初)

 

<スポンサーリンク>

 

●トリ&大トリは誰?


2015年のトリは白組の近藤真彦「ギンギラギンにさりげなく」で、大トリは紅組の松田聖子「赤いスイートピー」。

奇しくもデビュー35周年となった松田聖子さんと近藤真彦さんがトリ&大トリを飾り、雰囲気はまるで“back to the 80’”でした。これについては賛否両論でしたが…(詳細はあえて自重します)。

さて、2016年のトリ&大トリは誰が務めるのでしょうか?完全に独断と偏見で予想してみます!

※あくまでも個人的意見ですので、もろもろご容赦ください。

 

<トリ>

椎名林檎…東京五輪に向けたパフォーマンス

 

<大トリ>

福田こうへい…最後に東京五輪音頭で〆る!

 

※今年のトリ&大トリはかなりの大胆予想ではありますが、「オリンピック縛り」にしてみました。というのも、紅白歌合戦は2016年のテーマに「夢を歌おう」を掲げています。これは、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向かって、夢や希望を持つ多くの人を「歌の力」で応援したい…というところからきているようです。

となれば、そのテーマの根幹である「東京五輪」にまつわる楽曲をトリ、大トリにもってきて大々的に盛り上げて〆る…という構成は悪くないかもしれませんん。

奇をてらわないのなら、トリは「石川さゆり」か「坂本冬美」、大トリは「五木ひろし」か「ゆず」かな?

 

●歌唱曲予想♪


紅白出場歌手が何を歌うのか…。当然、選考理由となった「今年話題になったそのアーティストの持ち歌」が披露されるハズ。もちろん、そうでない場合もありますケドね…(どっちや!)

ということで、2016年の紅白出場歌手が何を歌うのか、ざっくりと予想してみます!

※あくまでも個人的意見ですので、生ぬるい感じで見てください。

 

<紅組>


AI/「みんながみんな英雄」
※大人気のau三太郎シリーズのCMソング。まさかの浦ちゃん(桐谷健太)とコラボなんてあったら楽しいかも!?

絢香/「I believe 2016 ver.」
※絢香さんはデビュー10周年なので、デビュー曲を再録&リメイクした2016年ver.を披露する可能性高し。

E-girls/「Go! Go! Let’s Go!」
※2016年11月30日にリリースしたシングルで、ステージを盛り上げてくれるのでは?

いきものがかり/「夢題~遠くへ~」
※松岡茉優さん&桐谷健太さんのW主演で制作された、NHKドラマ10「水族館ガール」の挿入歌として起用された同曲。…これも桐谷さんが絡めますね!

石川さゆり/「天城越え」
※宴会では必須の「津軽海峡・冬景色」と「天城越え」。2007年からこの2曲が繰り返し順番に歌唱されているので、今年は「天城越え」の年になる確率100%です。

市川由紀乃/「心かさねて」
※初出場の市川由紀乃さん(40)。2016年4月にリリースした「心かさねて」か、2015年4月リリースの「命咲かせて」のどちらかになると予想。「命咲かせて」は2015年にカラオケで歌いたい歌として人気になりました。

ちなみに、市川さんは1993年にデビュー。2002年から4年半、歌手活動を休止していましたが、2006年に復帰して以来、活躍の場を広げています。女性演歌歌手としては13年ぶりの初出場です。広く一般的な知名度があるかといえばそうではありませんが、演歌ファンからすると「待ちに待った」初出場です!

宇多田ヒカル/「花束を君に」
※紅白初出場となる宇多田さん。“人間活動に専念する”と、休業していましたが、2016年にアーティスト活動を再開。同曲は、活動再開の1作目となった、2016年の前期NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主題歌に起用されました。なお、VTRで出演…とか、中継で出演…なんて言われていましたが、どうやら生歌唱する模様。これはよい新年を迎えられそうです。

AKB48/「?」
※2016年11月リリースのシングル。今年は12月31日に“ぱるる”こと島崎遥香さんがAKBを卒業するので、センターは確実?また、小嶋陽菜さんも卒業予定なので(いつかは不明)、最後の紅白になる可能性も。

…と思いきや、日本国内の48グループ総勢300名以上の全メンバーが、「今年かなえた夢」を12月上旬に発表。その中から「紅白選抜」にふさわしいメンバー48人を一般投票で選出することが、サプライズ発表されました。つまり、卒業とか関係なく、投票でメンバーを決めるわけで、なかなかえげつないことをしますね…。だから今年はNMBやHKTはおらず、AKB48しか選出されなかったというわけなんですね。ということで、歌唱曲は予想不能です…。

大竹しのぶ
/「ONCE UPON A DREAM~いつか夢で~」」
※初出場の大竹さん。まさかの選出で本人も驚きとか。NHKによると、NHK歌謡コンサート、中島みゆきさんのライブへの出演予定、数多く出演している舞台…などの理由から選ばれたとか。

なお、歌唱するのは2014年に公開された映画「マレフィセント」の日本語吹き替え版主題歌ではないかと予想します。

欅坂46/「サイレントマジョリティー」
※初出場の欅坂46は、乃木坂46の関連グループ。坂道シリーズ第2弾として、2015年8月から活動を開始しました。歌唱するのはデビュー曲の可能性が高いかもしれません。

香西かおり/「酒のやど」or「秋恋歌」
※紅白の常連。2015年は落選しましたが、2016年は返り咲きです。2012年のヒット曲「酒のやど」は2012年から3連続歌唱しているので、今年も濃厚?または、2016年4月にリリースした「秋恋歌」がヒットしているので、こちらを歌うかな?

坂本冬美/「女は抱かれて鮎になる」
※紅白常連の坂本さんといえば、ヒット曲の「夜桜お七」か「祝い酒」を歌唱することが多いですが、今年はTBSドラマ「神の舌を持つ男」のエンディングテーマ曲を担当しました。ということで、ドラマエンディングテーマ曲を歌うのではないでしょうか。

椎名林檎/「NIPPON」
※椎名さんといえば、リオ五輪の閉会式で「フラッグハンドオーバーセレモニー」(五輪旗の引継ぎ式)のクリエイティブスーパーバイザー&音楽監督を兼任。CGやAR(拡張現実)を駆使し、世界中から好評を博しました。

今年の紅白のテーマからしても、オリンピックを連想させそうな雰囲気なので、椎名さんが歌唱するのは「NIPPON」。そして、トリを務めるのではないかと個人的には予想していますが…。

島津亜矢/「帰らんちゃよか」
※紅白出場3回目の島津さんは熊本県出身。今年4月に発生した熊本地震の被災地を元気づける意味でも、歌詞が全部熊本弁となっている同曲は外せないかもしれませんね。

高橋真梨子/「ごめんね…」
※NHKの音楽番組「SONGS」に多数出演している高橋さん。2015年4月に放送された同番組で行った視聴者からのリクエストの2位に、「ごめんね…」がランクイン。同曲は懐かしの「火曜サスペンス劇場(火サス)」(日テレ)の主題歌だったため、人気のある楽曲です。

天童よしみ/「大ちゃん数え歌」
※今年はリオ五輪で柔道日本代表が、数多くのメダルを獲得しました。とくに男子は全階級でメダルを獲得しています。だからこその、「大ちゃん数え歌」で柔道のメダリストが大集合…なんて演出もありかも!

西野カナ/「Dear Bride」
※若い世代の女性から絶大な人気を誇る西野さん。等身大の恋愛模様や、繊細な女の子の心のうちをポップに歌い上げます。なお、2016年10月にリリースされた「Dear Bride」は、西野さんが自身の友人に向けて作ったという、初のウェディング・ソングです。

乃木坂46/「サヨナラの意味」
※2015年に引き続き、2度目の出場となる乃木坂46。同曲で初のセンターを務める橋本奈々未さんが。自身の誕生日である2017年2月20日をめどに乃木坂を卒業&芸能界引退を発表。

その理由が、「実家は経済的に厳しかった」ものの「弟の学費のめどがついた」ためとのこと。お金のためにアイドルをしていたことについて、一部では賛否あったようですが、芸能界引退の最後の大ステージとして、橋本さんをセンターに「サヨナラの意味」を歌唱するのではないでしょうか。

PUFFY/「アジアの純真~メドレー」
※スケジュールの都合で出演が叶わず、今回初出場となるPUFFY。デビュー20周年の記念としてデビュー曲「アジアの純真」から始まって、「これが私の生きる道」「渚にまつわるエトセトラ」「「愛のしるし」などのヒット曲をスペシャルメドレーで歌唱する…なんて企画がありそうです。

Perfume/「STAR TRAIN」
※2008年の初出場から、今年で9回連続出場となるPerfume。歌唱曲はとくにかぶっていないので、2016年は直近(2015年10月)にリリースした「STAR TRAIN」で違和感なさそうです。

松田聖子/「?」
※2015年はデビュー35周年を迎え、紅白歌合戦の大トリを務めた松田聖子さん。2016年は一体何を歌うのでしょうか?最近の曲はマイナーだし、過去の曲はあまりにも数がありすぎて、1個も思いつきません!

水森かおり/「越後水原」
※“ご当地ソングの女王”の異名を持つ水森さん。過去の出演回では、だいたいその年にリリースした楽曲を歌唱しているので、2016年は3月リリースの「越後水原」を歌う可能性大です。

miwa/「結‐ゆい‐」
※2013年から連続出場のmiwaさん。2016年で4回目となります。今年は「NHK全国学校音楽コンクール2016」の中学生の部課題曲になり、NHK「みんなのうた」で8月~9月の間使用された「結」を歌唱するハズです。間違っても「♪焼チョコベイク~」は歌いませんよね(笑)

 

<スポンサーリンク>

 

<白組>


※あくまでも個人的意見ですので、生ぬるい感じで見てください。

/「スペシャルメドレー」
※2009年の初出場から2016年まで、連続8回出場となった嵐。初出場時から歌唱曲はスペシャルメドレーで披露しているので、もちろん2016年もメドレーですよね。直近にリリースした、日テレ系のリオ五輪テーマ曲となった「Power of the Paradise」、大野智さん主演ドラマの主題歌「I seek」、松本潤さん主演ドラマの主題歌「Daylight」…この3曲から2曲を歌唱するのではないでしょうか。

五木ひろし/「九頭竜川」
※毎年新曲をリリースしている五木さん。2016年4月にリリースした「九頭竜川」を歌うのではないでしょうか。ちなみに今回で46回目の出場となる五木さん。森進一さんと同じく、卒業したサブちゃんの出場回数を超えないようもしかしたらあと3年で卒業するのかもしれません。

X JAPAN/「スペシャルメドレー」
※17年ぶりに出場した2015年は「Forever Love 」と「BORN TO BE FREE」のメドレーを披露。今年もせっかくのXなので、メドレーを披露してほしいと個人的には切望。1曲は「紅」。そしてもう1曲は絶対にありえないと思いますが、hideの「ROCKET DIVE」を…やってくんねーかなー!

関ジャニ∞/「がむしゃら行進曲」
※5回連続の出場となる関ジャニ∞。前向きな歌詞が多いイメージのグループなので、今年は「がむしゃら行進曲」あたりをやりそうかな?今年の7月リリースの「罪と夏」を真冬にやるのもあれだし…。

桐谷健太/「海の声」
※au三太郎CMに浦島太郎として出演している桐谷さん。CM内で歌った「海の声」がブレイクし、2016年は日本有線大賞の特別賞、仁保本レコード大賞の優秀作品賞を受賞しています。もちろん、「海の声」以外を歌うはずがありません!

KinKi Kids/「スペシャルメドレー」
※デビュー20周年にして初の紅白出場。というのも、毎年大晦日は東京ドームのジャニーズカウントダウンコンサートに出演していたから、紅白には出られませんでした。20周年で初出場なわけで、せっかくだから…とメドレーを披露してくれるのではないでしょうか。デビュー曲「硝子の少年」、直近の「道は手ずから夢の花」の2曲を歌唱するのではないでしょうか。

郷ひろみ/「GOLDFINGER ’99」
※郷ひろみさんはシングル101枚リリースしてますね…なので、もう、予想なんてむ無理無理無理!つい最近、原曲を歌うリッキー・マーティンが同棲婚したと話題になったので、久しぶりに郷さんの「アチチーアチー」が聴きたいです!

三代目 J Soul Brothers
/「Welcome to TOKYO」
※三代目JSBが今年歌唱するのはフレーズが耳から離れないこの曲ですよね。逆に「♪Welcome to TOKYO~♪」以外のフレーズが頭に残らないくらいいろいろな意味でインパクトのある楽曲ですから…。

THE YELLOW MONKEY/「スペシャルメドレー」
※2004年7月に解散したイエモンですが、2016年1月に再結成…からの紅白初出場は、満を持して…という感じでしょうか。なので当然、スペシャルメドレーですよ!「バラ色の日々」、そしてTBSドラマの主題歌「砂の塔」。この2曲で行くのではないでしょうか?

SEKAI NO OWARI/「Hey Ho」
※3回目の出場となるSEKAI NO OWARIですが、今年は動物殺処分ゼロプロジェクト「ブレーメン」のプロジェクト支援シングルとして2016年10月にリリースされた「Hey Ho」を披露する可能性が高そうです。もしくは、「RPG」の続編ともいえる歌詞の内容となっている「Hey Ho」なので、この2曲をメドレー…というのもありかも!

Sexy Zone/「勝利の日まで」
※4回目の出場となるSexy Zone。毎回自身の曲をちょっとアレンジしているパターンが2回続いていいます。今回は「リオ五輪バレーボール世界最終予選」のイメージソングとして、共同放送のTBS系列・フジテレビ系列にて起用された「勝利の日まで」をちょこっとアレンジして歌唱するのではないかと思います!

TOKIO/「宙船」
※アイドルが副業のTOKIOは、安定の連続23回目の出場。何を歌うのか…全く想像がつきません。ので、個人的に好きな曲「宙船」を紅白で聴きたいかと。…「宙船」は紅白2回目だけど。

AAA/「涙のない世界」
※2010年から連続7回目の出場となるAAA。男女混合グループの宿命の紅組・白組どちらで出場するのか!?問題ですが、今年は白組での出場となりました。日テレの情報番組「スッキリ!!」で、10月のテーマソングとして起用された「涙のない世界」を歌唱する確率が高いのではないでしょうか。

氷川きよし/「みれん心」
※2000年から連続17回目の出場となる氷川きよしさん。2016年2月にリリースした29枚目のシングル「みれん心」を歌唱するのではないでしょうか。「きよしのズンドコ節」も聴きたいけど!

V6/「Beautiful World」
※意外にも2014年、2015年に続き2016年で3回目の出場となるV6。年末のジャニーズカウントダウンコンサートに出演していたからでしょうね。さて、2016年は何を歌うのか…。最新曲の「Beautiful World」が1年の締めくくりにはよいかもしれません。

福田こうへい/「東京五輪音頭」
※平成の“三橋美智也”と呼ばれている福田こうへいさん。というのも、2014年の紅白出場で歌唱した「東京五輪音頭」が、三橋美智也さんの代表曲だからです。

なお、福田こうへいさんは、2012年の30代半ばでデビューした、遅咲きの演歌歌手。2016年の紅白のテーマを考えると、再び「東京五輪音頭」を歌唱するのではないでしょうか。個人的には、大トリを「東京五輪音頭」で盛り上げる…なんて企画があるんじゃないかと予想していますが…果たして!?

福山雅治/「スペシャルメドレー」
※9回目の出場となる福山雅治さん。ライブのため中継で出演することが多いですが、2016年もカウントダウンライブをするため、ほぼ間違いなく中継での出演になりそうですね。

で、何を歌唱するのか…。過去の事例から見ると2~3曲程度をメドレーで歌うことは間違いなさそうですが…。「1461日」「何度でも花が咲くように私を生きよう」「生きる生きてく」の3曲とかどうでしょう?

星野源/「恋」
※2015年に続き2回目の出場となった星野源さん。TBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」に出演しており、新垣結衣さんと契約結婚する“プロの独身”役を演じています。

さて、そのドラマ「逃げ恥」のエンディングテーマ曲としてヒットしている「恋」を歌唱するのは間違いなさそうですが、気になるのは星野さんが「恋ダンス」を紅白のステージ上で披露するかどうかですね。大阪で放送された音楽番組では、間奏でちょこっと踊りましたよ♪

三山ひろし/「四万十川」
※高知県出身の演歌歌手・三山ひろしさん。2015年に引き続き、2回目の出場となりました。けん玉をしながら歌うことでも有名で、張りのある歌声は「ビタミンボイス」と呼ばれ親しまれています。2016年2月にリリースした「四万十川」を歌唱すると予想されます。

山内惠介/「流転の波止場」or「恋の手本」
※氷川きよしさんと同門で、同じ福岡県出身の山内惠介さん。第2の氷川きよしと呼ばれており、端正な顔立ちも相まって、マダムたちを虜にしています。2015年に引き続き、2度目の出演となる今年は、2016年3月にリリースした「流転の波止場」か、2014年3月リリースの「恋の手本」のどちらかを歌うのではないでしょうか。

ゆず/「見上げてごらん夜空の星を」
※デビュー20周年のゆずは、7回目の出場。1964年の東京五輪の頃に活躍した坂本九さんの名曲「見上げてごらん夜空の星を」を2006年にカバーしました。2016年に再レコーディングしているので、紅白で歌唱するにはぴったりの1曲かもしれません。

RADWIMPS/「前前前世」
※2016年初出場を果たしたRADWIMPS(ラッドウィンプス)。2016年8月26日公開されて以来、数々の記録を塗り替えてきた長編アニメーション映画「君の名は。」の音楽を担当しました。

なお、劇中で使用される20曲以上の楽曲をRADWIMPSが制作したわけですが、なかでも「前前前世」は同映画の印象的なシーンや予告編などに多用されたことで爆発的ヒットとなりました。当然、「前前前世」を歌唱することは揺るがない事実のハズ!

RADIO FISH/「PERFECT HUMAN」
※お笑い芸人のオリエンタルラジオが結成したダンス&ボーカルユニットの「RADIO FISH(レディオ・フィッシュ)」。2015年12月18日にひっそりと配信リリースし、12月25日にネタ番組で披露。このときはそれほど話題にはなりませんでしたが、2016年2月のネタ番組「ENGEIグランドスラム」でゲリラ的に披露。これがきっかけとなり爆発的な人気を獲得しました。

なお、「PERFECT HUMAN」1曲だけの歌唱となるか、「ULTRA Tiger」と「NKT34」を含むメドレーになる場合もあるかも!?

 

<スポンサーリンク>

 


 

いかがでしたでしょうか?

2016年の紅白出場歌手は、それなりに「世代交代」の進んだメンツ選びとなったのではないでしょうか。今回で40回目の出場となるハズだった和田アキ子さんは、前情報通り落選しました。

また、紅白常連の森進一さんは、すでに昨年で卒業を発表していましたし、同じく常連の細川たかしさんも、事前に紅白辞退&卒業を発表済み。

とはいえ、出場歌手一覧を見ると、そこそこ演歌枠も確保されているので、若い人向けの人選ばかりではないような気もします。今の時流を考えたら、妥当な感じなのかもしれません。

ただ、残念ながら12月31日で解散するSMAPの出場はなりませんでした。出場すればスゴいことになったかもしれませんが…。でも、12月半ばまでは、出場する可能性がまったくない…わけではないかもしれません。もしかしたら、最後の最後にサプライズ(メンバーがやる気を出す?)があるかも…。難しいかな。

なお、特別企画枠の発表は本日なかったようですが、ピコ太郎さんで間違いないでしょうね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. スタバメニューのカロリー一覧表!新作フラペチーノも![ドリンク編]
  2. サーティーワンの値段とメニューやカロリーは?新作とキャンペーン情報も!
  3. 郵便料金が2017年6月より値上げ!定形外郵便・ゆうメールの新料金一覧
  4. スタバメニューのカロリー一覧表!レギュラーから新作まで[フード編]
  5. 嵐メンバーが主演で主題歌も嵐の連続ドラマ&映画一覧!最新版♪

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

読んでほしい記事

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

おすすめまとめ記事

ピックアップ記事

  1. 統計・ランキング

    現代病ランキングトップ10/自分に当てはまるものは?症候群あれこれ
  2. スポット

    世界の魅力的な都市ランキング2016/米の旅行メディアが発表!
  3. ライフハック

    猿顔のランからダースベーダ―まで!世界中のユニークな植物大集合!
  4. 統計・ランキング

    世界幸福度ランキング2017/日本の順位は?全155カ国の最新データ!
  5. 統計・ランキング

    理想の上司2017/新入社員が選ぶ理想の上司はウッチャンと水卜ちゃん!
PAGE TOP