よろず堂通信

プリキュアなどのアニメ・フィギュア情報からたまには真面目な話まで、ジャンルを問わず気になるニュースはなんでもとりあげる「よろず堂通信」です♪

*

阿部寛主演ドラマ「スニッファー嗅覚捜査官」あらすじとキャストは?

   

s-スニッファー

 

世界の60か国が放映権を取得した、ウクライナの人気テレビドラマを、世界に先駆け日本がリメイク!

それが、2016年10月22日(土)夜10時から放送の「スニッファー 嗅覚捜査官」(NHK・全7回)です。

特殊な嗅覚をもつ事件解決のコンサルタントが、事件現場に残された匂いを嗅いで、事件を解決する…という、一風変わったドラマです。

そこで今回は、ドラマ「スニッファー 嗅覚捜査官」のあらすじとキャストや原作についてご紹介します。

 

<スポンサーリンク>

●「スニッファー 嗅覚捜査官」とは?

2016年10月22日(土)夜10時からNHK土曜ドラマ枠にて「スニッファー 嗅覚捜査官」(全7回)がスタートします。

原作は、2013年にウクライナで制作され、世界的にヒットしたドラマ「The Sniffer」。ロシアでは過去5年のドラマの中で、視聴率No.1を獲得したほか、海外では複数の賞を受賞した人気作。

さらに、60か国以上が放映権を取得しましたが、日本が世界に先駆けてリメイク一番乗りとなりました。

さて、気になるストーリーはというと…。

主人公・華岡信一郎(演・阿部寛)は、特殊な重要犯罪にだけ、事件解決のコンサルタントとして呼ばれる人物。別名を“スニッファー(匂いを嗅ぐ人)”と言い、鋭敏な嗅覚で犯罪を暴く…。

なお、阿部寛さん扮する華岡の相棒には、個性派俳優の香川照之さん。2人の夢の競演は、ドラマのみどころの1つでもあります。また、普段は鼻栓をしている華岡が、奇妙な道具で鼻栓を外す決めポーズも、注目の1つとか。

ちなみに、ドラマ制作陣は原作を凌駕する気構えで制作に挑戦したとか。「嗅覚」で事件を解決するという、一風変わった捜査方法をどう楽しませてくれるのか…、実際に見て確かめたい注目作ですね!

 

<原作は?>

原作は、先にもご紹介した2013年制作のウクライナの人気ドラマ「The Sniffer」です。原作ドラマのシーズン2は2016年11月2日に発売されます。

スニッファー 嗅覚捜査官 (オリジナル版) SEASON 2 DVD BOX

また、小説は2016年10月20日に発売されました。

小説 スニッファー 嗅覚捜査官

 

<スポンサーリンク>

 

●キャラクター&キャスト情報

<華岡信一郎/阿部寛>

はなおかしんいちろう。超人的な嗅覚を持ち、犯罪現場に残る匂いを嗅ぎ、事件解決に協力するコンサルタント。鋭敏な臭覚のため、普段は鼻栓をして生活している。事件捜査の他に、人の感情に匂いがあるのかを研究している。

s-阿部寛

阿部寛さん(あべひろし・1964年6月22日生・52歳)。

 

<小向達郎/香川照之>

こむかいたつろう。北千住署で暴力団の犯罪捜査をしていたが、新設された特別捜査支援室に配属された。その任務は、華岡のお守り役。仕事一筋だったせいで婚期を逃し、母と2人暮らし。

s-香川照之

香川照之さん(かがわてるゆき・1965年12月7日生・51歳)。

 

<末永由紀/井川遥>

すえながゆき。耳鼻咽喉科の美人女医。華岡の嗅覚に興味を持っている。カカオ含有量90%以上のチョコが好物。

s-井川遥

井川遥さん(いがわはるか・1976年6月29日生・40歳)。

 

<片山恵美/板谷由夏>

かたやまえみ。華岡の元妻で、学生時代は同じ研究室で過ごした。結婚後はお互い性格が合わず、3年で離婚し、養育費をもらい高校生の娘・美里を育てている。

s-板谷由夏

板谷由夏さん(いたやゆか・1975年6月22日生・41歳)。

 

<スポンサーリンク>

 

<上辺一郎/野間口徹>

うわべいちろう。警視庁の特別捜査支援室を統括。お荷物部署に追いやられてはいるが、本庁への復権は諦めていないエリート警察官。

s-野間口徹

野間口徹さん(のまぐちとおる・1973年10月11日生・43歳)。

 

<小向昌子/吉行和子>

こむかいまさこ。小向達郎の母親。夫を亡くして以来、女手一つで達郎を育ててきた。深川で洋品店を営んでいたが、今は店を閉じている。

s-吉行和子

吉行和子さん(よしゆきかずこ・1935年8月9日生・81歳)。

 


 

いかがでしたでしょうか?

阿部寛さんと香川照之さんが競演するドラマ「スニッファー 嗅覚捜査官」。渋い中年好きにはたまらないドラマになりそうですが、それにも増して“匂い”を嗅いで事件を解決するというユニークな捜査方法は、刑事モノのドラマが特に多い2016年10月期のなかでも注目作ではないでしょうか。

 

<スポンサーリンク>

 - 映画・ドラマ・音楽, ドラマ, 秋ドラマ

     
        
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事