よろず堂通信

プリキュアなどのアニメ・フィギュア情報からたまには真面目な話まで、ジャンルを問わず気になるニュースはなんでもとりあげる「よろず堂通信」です♪

*

スポ男2017正月/最強スポーツ男子元日頂上決戦の出演者と競技結果は?

      2017/01/01

 

TBS系列のスポーツバラエティ番組「究極の男は誰だ!最強スポーツ男子頂上決戦」、通称・スポ男(スポダン)が、2017年1月1日(日)に「超一流アスリート
」vs「スポ男選抜メンバー」による“元日頂上決戦”を放送します。

芸能界きっての筋肉自慢・肉体自慢のイケメンたちが、超一流アスリートたちとの頂上決戦に挑むスペシャル企画です。

そこで今回は、「究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子元日頂上決戦」の出演者や競技結果についてご紹介します♪

 

<スポンサーリンク>

●スポ男2017/正月頂上決戦!

芸能界きっての筋肉自慢・肉体自慢のイケメンたちが、己の筋力や体力を極限までフル発動させ、最強のスポーツ男子を決定するスポーツバラエティ番組「究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子頂上決戦」(通称・スポ男)。

TBS系列で不定期に放送される同番組。イケメンの筋肉好きにはたまらない番組ですよね(以下、自粛)。

そんな「スポ男」は2017年元日に、スペシャル企画「超一流アスリート」vs「スポ男選抜メンバー」の“元日頂上決戦”を放送します。

ちなみに、スポ男選抜メンバーは、2016年10月10日(月)、第6回目放送での成績優秀者を中心に、芸能界からの新たな刺客も合わせたメンバーとなっています。

 

※スポ男の歴代優勝者や第6回大会の競技結果などについては、こちらの記事をご覧ください。

スポ男2016/最強スポーツ男子頂上決戦の結果と競技&出演者一覧

 

究極の男は誰だ!?
 最強スポーツ男子元日頂上決戦

2017年1月1日18時~21時(TBS系列にて放送)

 

●対決競技は?

番組前半では、「スポ男選抜メンバー」の8名が、

・パワーフォース
・ハードジャンパー
・パワーウォール
・ショットガンタッチ

4種目で頂点を競います。

 

番組後半では、超一流アスリートとスポ男選抜メンバーが対決します。どちらが勝者の称号を得ることになるのでしょうか…!?

 

★ショットガンタッチ

スポ男最強のスピードスターで、3度の優勝経験を誇る佐野岳。対決するのは…

サッカー界のスピードNo.1ディフェンダー・植野智章、日本最速Jリーガー・永井謙佑。野球界からは、盗塁成功率歴代1位の元プロ野球選手・鈴木尚広が参戦。

 

★パワーウォール

スポ男最強のパワーモンスターで、2度の優勝経験を持つ関口メンディーと、初出場の第6回大会で総合2位に輝いた、野村祐希。対決するのは…

格闘技界のレジェンドで元K-1ファイター・魔裟斗、総合格闘技の元日本王者・所英男、ロンドン五輪平泳ぎ銅メダリスト・立石諒、リオ五輪水球日本代表・保田賢也が参戦。

 

★モンスターボックス

スポ男の名物競技・モンスターボックスには、第6回大会で初登場し、世界2位の22段をクリアした平野泰新、歴代モンスターボックスの王者である佐野岳森渉が登場。対決するのは…

リオ五輪男子体操総合銀メダリストのオレグ・ベルニャエフ、リオ五輪男子体操最多メダル獲得者のデニス・アブリャジンが参戦。

 

<スポンサーリンク>

 

●出演者/スポ男選抜メンバー

<佐野岳(さのがく)>

1992年4月3日生(24歳)、愛知県出身
身長170cm、体重55㎏
握力右43.4㎏、左43.2㎏
背筋142㎏、垂直跳び78cm

2011年にジュノンスーパーボーイコンテストでグランプリを受賞。2014年に「仮面ライダー鎧武」に主演し一躍知名度を上げました。ドラマ「下町ロケット」(TBS)、「仰げば尊し」(TBS)などの話題作に出演し、俳優として活躍中。総合優勝3回(第1回大会・第5回大会・第6回大会)。

 

<関口メンディー(せきぐちメンディー)>

1991年1月25日生(25歳)、米国出身
身長182cm、体重82㎏
握力右50.3㎏、左50.4㎏
背筋190㎏、垂直跳び64cm

2012年4月にGENERATIONSのメンバーとなり、同年11月にデビュー。2014年4月には、EXILEのメンバーにもなり、2グループで活躍するほか、2016年4月にはヒップホップユニットを結成し、MCとして参加するなど、精力的に活動中。総合優勝2回(第3回大会・第4回大会)。

 

<森渉(もりわたる)>

1983年2月25日生(33歳)、神奈川県出身
身長172cm、体重62㎏
握力右56.0㎏、左51.0㎏
背筋161㎏、垂直跳び60cm

駒沢高校時代は体操部に所属し器械体操を、日体大時代にはトライアスロン部に所属し主将を務めていた。「スポ男」の前身番組「スポーツマンNo.1決定戦」で活躍するケイン・コスギさんの姿に憧れ、2003年に芸能界入りし、俳優やスポーツタレントとして活躍中。妻は「おしりかじり虫」の声優・金田朋子さん。総合優勝1回(第2回大会)。

 

<野村祐希(のむらゆうき)>

1994年6月21日生(22歳)、東京都出身
身長191cm、体重79.6㎏
握力右60㎏、左54.4㎏
背筋160㎏、垂直跳び78cm

野村さんの父親は、スポーツ特番で活躍したり、時代劇「水戸黄門」の飛猿でも有名な俳優・野村将希さん。また、野村さんの兄はJリーガー・野村政孝さん。まさに、スポーツ一家の次男として生まれたサラブレッド。初出場した「スポ男」第6回大会では総合2位にランクインし、DNAをいかんなく発揮しました。

 

<平野泰新(ひらのたいしん)>

1995年2月15日生(21歳)、愛知県出身
身長173cm、体重60.8㎏
握力右47.3㎏、左48.1㎏
背筋132.5㎏、垂直跳び63cm

東海地方の5人組ご当地アイドル「MAG!C☆PRINCE(マジック・プリンス)」、通称“マジプリ”のリーダー。第6回大会で初出場し、総合順位は4位でしたが、世界歴代2位となるモンスター・ボックス22段の記録を叩き出しました。これは、スポ男最高記録でもあります。

 

<辻本達規(つじもとたつのり)>

1991年5月17日生(25歳)、岐阜県出身
身長177cm、体重66.3㎏
握力右49㎏、左46.7㎏
背筋224.5㎏、垂直跳び59cm

東海地方の10人組ご当地アイドル「BOYS AND MEN」、通称“ボイメン”のメンバー。テーマカラーは赤。メンバーの中では3枚目のキャラなものの、ベンチプレスは最高90㎏、レッグプレス200㎏、背筋力は220㎏と、なかなかのマッチョ系。

 

<春日俊彰(かすがとしあき)>

1979年2月9日生(37歳)、埼玉県出身
身長176cm、体重84㎏
握力右46.4㎏、左43.0㎏
背筋158㎏、垂直跳び55cm

お笑いコンビ・オードリーのボケを担当。相方は若林正恭さん。2008年の「M-1グランプリ」で準優勝したことがきっかけで一躍有名になり大ブレイク。高校時代はアメフト部に所属していたスポーツマン。2014年からはフィンスイミングに取り組み始め、2015年に世界フィン水泳で銅メダル、2016年は銀メダルを獲得。

 

<樽美酒研二(だるびっしゅけんじ)>

1980年11月28日生(36歳)、福岡県出身
身長181cm、体重75㎏
握力右65.7㎏、左57.8㎏
背筋220㎏、垂直跳び72cm

ビジュアル系エアーバンド「ゴールデンボンバー」のドラム担当。白塗りの歌舞伎役者のようなメイクをしているものの、すっぴんはかなりのイケメンという“噂”。子どものころからプロ野球選手を目指し、野球推薦で高校に入学。高校時代は野球部と並行してバンド活動をはじめた。そこから音楽活動にシフトしていき、2009年にゴールデンボンバーに加入。TBSの「SASUKE」をはじめ、多くのスポーツ系の特番に出演し、高いポテンシャルを発揮。

 

<スポンサーリンク>

 

●出演者/超一流アスリート

<オレグ・ベルニャエフ>

1993年9月29日生(23歳)、ウクライナ出身、身長160cm、体重56㎏

2016年のリオ五輪・体操男子で個人総合・銀メダル、平行棒・銀メダルを獲得。元日頂上決戦ではモンスターボックスに参加。第6回大会では、モンスターボックスinウクライナで、21段をクリアした実績あり。

 

<デニス・アブリャジン>

1992年8月3日生(24歳)、ロシア出身、身長161cm、体重62㎏

2016年のリオ五輪・体操男子でつり輪・銅メダル、跳馬・銀メダル、団体総合・銀メダルを獲得。元日頂上決戦ではモンスターボックスに参加。

 

<鈴木尚広(すずきたかひろ)>

1978年4月27日生(38歳)、福島県出身、身長180cm、体重78㎏

元プロ野球選手(読売ジャイアンツ)。現役時代は「走塁の神様」と呼ばれ、2016年に通算盗塁数の歴代1位となる228を記録。今季のシーズン終了後に引退を表明。元日頂上決戦ではショットガンタッチに参加。

 

<槙野智章(まきのともあき)>

1987年5月11日生(29歳)、広島県出身、身長182cm、体重77㎏

プロサッカー選手(浦和レッズ所属)。スピードNo.1のディフェンダーで、サッカー日本代表としても活躍。元日頂上決戦ではショットガンタッチに参加。

 

<永井謙佑(ながいけんすけ)>

1989年3月5日生(27歳)、広島県出身、身長178cm、体重71㎏

プロサッカー選手(名古屋グランパス所属)。50m走5秒8のスピードを誇り、日本最速のJリーガー。サッカー日本代表としても活躍。元日頂上決戦ではショットガンタッチに参加。

 

<魔裟斗(まさと)>

1979年3月10日生(37歳)、千葉県出身、身長172cm、体重70㎏

元K-1ファイターで、2003年にK-1王者になり、2008年に2度目のK-1王者となった。格闘技界のレジェンド。スポ男の第4回大会に出場し、総合3位、パワーウォールでは優勝。元日頂上決戦ではパワーウォールに参加。

 

<所英男(ところひでお)>

1977年8月22日生(39歳)、岐阜県出身、身長170cm、体重61㎏

総合格闘家。“闘うフリーター”、“リングの魔術師”などの異名を持ち、豊富なスタミナを生かし、リングの中で激しく動き回るスタイルを取る。総合格闘技戦績は33勝29敗2引き分け(2016年12月20日現在)。元日頂上決戦ではパワーウォールに参加。

 

<立石諒(たていしりょう)>

1989年6月12日生(27歳)、神奈川県出身、身長182cm、体重76㎏

競泳選手。2012年のロンドン五輪では、水泳の平泳ぎで銅メダルを獲得。元日頂上決戦ではパワーウォールに参加。

 

<保田賢也(やすだけんや)>

1989年3月29日生(27歳)、富山県出身、身長182cm、体重78㎏

水球選手。リオ五輪の水球・日本代表選手。フジテレビのリアリティバラエティ「テラスハウス」に出演するなど、俳優としても活動。元日頂上決戦ではパワーウォールに参加。

 

<スポンサーリンク>

 

●スポ男2017元日の結果は?

<1nd パワーフォース>

お互いの体をロープで結び別方向へダッシュして引っ張る、パワー勝負の競技。

(1回戦)
勝者 関口メンディー vs 辻本達規
勝者 樽美酒研二   vs 森渉
勝者 春日俊彰    vs 野村祐希
勝者 平野泰新    vs 佐野岳

(準決勝)
勝者 関口メンディー vs 平野泰新
勝者 樽美酒研二   vs 春日俊彰

(決勝)
勝者 関口メンディー VS 樽美酒研二

 

<2nd ハードジャンパー>

一定のリズムで回転するバーを飛び越え続ける、スタミナ勝負の競技。予選の間隔は1秒で、決勝の間隔は0.8秒とスピードが上がる。

(1組目)
 春日俊彰/100回で脱落
 関口メンディー/231回で脱落
 森渉/237回で脱落
 辻本達規/238回で勝利

(2組目)
 樽美酒研二/78回で脱落
 野村祐希/125回で脱落
 平野泰新/127回で脱落
 佐野岳/129回で勝利

(決勝)上位4名で勝負
 関口メンディー/10回で脱落
 森渉/32回で脱落
 辻本達規/80回で脱落
 佐野岳/82回で勝利

 

<3nd パワーウォール>

壁を押し合う、究極の力比べ。パワー勝負の競技。

(1組目)
勝者 関口メンディー VS 平野泰新

(2組目)
勝者 春日俊彰    VS 佐野岳

(3組目)
勝者 樽美酒研二   vs 辻本達規

(4組目)
勝者 野村祐希    vs 森渉

(準決勝/1組目)
勝者 関口メンディー vs 春日俊彰

(準決勝/2組目)
勝者 野村祐希    vs 樽美酒研二

(決勝)時間無制限
勝者 関口メンディー vs 野村祐希

 

<4nd ショットガンタッチ>

落ちてくるボールにタッチする、スピード勝負の競技。3nd競技までの上位4名で競う。

 樽美酒研二/11m50cm失敗で脱落
 春日俊彰/12m30cm失敗で脱落
 佐野岳/12m80cm失敗で脱落
 関口メンディー/12m成功で勝利

※総合優勝/関口メンディー

 

<スポンサーリンク>

 

●アスリートvsスポ男選抜メンバー

<モンスターボックス>

オレグ・ベルニャエフ
/20段2回失敗で脱落
※記録19段

デニス・アブリャジン
/20段2回失敗で脱落
※記録19段

佐野岳
/20段2回失敗で脱落
※記録19段

森渉
/20段2回失敗で脱落
※記録19段

平野泰新
 23段成功で世界記録達成
※23段成功は史上5人目
※24段成功はならず

 

<ショットガンタッチ>

槙野智章
/12m60cm失敗で敗退
※記録は12m40cm

野村祐希
/12m60cm失敗で敗退
※記録は12m40cm

鈴木尚広
/12m80cm失敗で敗退
※記録は12m60cm

佐野岳
/13m失敗で敗退
※記録は12m80cm

永井謙佑
 13m成功で優勝
※記録は13m60cm成功で11年ぶりの世界記録達成!!

 

<パワーウォール>

(1組目)
勝者 野村祐希    vs 魔裟斗

(2組目)
勝者 春日俊彰    vs 立石諒

(3組目)
勝者 関口メンディー vs 所英男

(4組目)
勝者 野村祐希    vs 保田賢也

 


 

いかがでしたでしょうか?

2017年は、元日っからマッチョイケメンたちが競い合う、「スポ男」が放送されますね!スポーツ好きだけでなく、筋肉好きも見逃せない「スポ男」…(以下、自粛)。

さて、スポ男選抜メンバー8名で競い合う前半戦は、誰が優勝するのか?アスリートvsスポ男選抜メンバー対決はどちらが制するのか…。放送前からいろいろと楽しみです!

 

<スポンサーリンク>

 - スポーツ, 芸能・エンタメ, バラエティ番組

     
        
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

  1. かみのあし より:

    「すずきなおひろ」じゃなくて
    「すずきたかひろ」ですよ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事