ライフハック

退職代行サービスのおすすめ業者は?EXITやSARABAを比較!

「退職代行サービス」をご存知ですか?

この「退職代行サービス」は、2018年夏頃からネット界隈でにわかに話題となり始めた、文字通り「退職」「代行」してくれるサービスです。

ブラック企業やブラックバイトが世間を賑わせる昨今、

・会社を辞めたい
・もう明日から行きたくない 
でも、

・退職を上司に言えない
・辞めさせてもらえない
・怒られるのが嫌だ

と、我慢している人がたくさんいます。

「退職代行サービス」は、そんな悩みをまるっと解決してくれるのです。

・今すぐ
・会社に行かなくても
・上司に退職を告げなくても

すべて、「退職代行サービス」が会社とのやり取りを代行してくれるんですから…!

そこで今回は、

・退職代行サービスとはどういうものか
・退職代行サービス業者の比較

をご紹介します。

 

<スポンサーリンク>

●会社は辞めてもいい


近頃はブラックな労働内容の、いわゆるブラック企業やブラックバイトだったり、パワハラ・セクハラなどが激しいブラック上司の話題には事欠きません。

ブラックならなおさらですが、実はブラックだろうがホワイトだろうが、

・仕事内容が合わなくてツラい
・聞いていた仕事内容と違う
・上司が嫌で会社に行きたくない
・会社の雰囲気があわない
・仕事と家事の両立ができない

…など、さまざまな悩みを抱えながらも、退職を言い出せずに我慢している…なんて人も多いのではないでしょうか。

それぞれの人に事情があり、辞めたい理由やポイントは異なります。

でも、世間はこんな風に言います。

・みんな我慢してるから
・それが普通だよ
・大人になれよ
・会社なんてそんなもん
・働くことは大変なことだ
・お金のために我慢しなさい
 …etc.

本当にそうなのでしょうか?

いくら外野が何を言おうが、その人の悩みはその人だけのもの。無理なものは無理、嫌なものは嫌、ダメなものはダメなんです。

だから、世間体を気にして、自分の心にふたをする必要はないんです。会社を辞めることは決して悪い事ではないんですから!

終身雇用が崩壊した現代、転職することがデメリットになる時代はもう終わりました。

いろいろな働き方がある今、心を壊してまで今の会社で働き続ける必要はないんです。

家庭の事情を理解してくれない会社で、働き続ける必要はないんです。

居心地の悪い会社に、居続ける必要はないんです。

でも、

・上司の反応が怖くて言えない
・仲間や同僚の反応が怖い
・人手が足りないから辞められない
・シフトに穴を開けたら皆に迷惑がかかる

細かいことをいろいろ考えると、辞める勇気が出ない…。

そんな人にこそ、「退職代行サービス」は最適です。

退職代行サービスに丸投げして、心の平安を取り戻し、また新しい一歩を踏み出してみませんか?

 

<スポンサーリンク>

 

●退職代行サービスとは?


2018年夏、「退職代行サービス」が、ネット界隈でにわかに話題となり始めました。

このサービスはその名の通り、会社を辞めるための手続き…つまり、

・辞めることを会社に告げる
・有休消化の申請をする
・離職票等必要書類の郵送を申請する

など、退職する際に懸念される、退職にかかわる手続きを代行してくれるサービスです。

会社やバイトを退職するまでの、一般的な流れはこちら。

①辞める旨を告げる
②辞める日取りを決める
③有休を消化する
④退職日に保険証や貸与品を返却する
⑤後日、会社から離職票や退職証明書が届く

と、だいたい①~⑤の流れとなります。

でも、なかなか会社やバイトを辞められない人にとっては、この5つの流れがクリアできません。例えば…。

①辞める旨を告げる
→上司が怖くて言い出せない

②辞める日取りを決める
→引き留められ、先延ばしにされる

③有休を消化する
→有休を使わせてもらえない

④退職日に保険証や貸与品を返却する
→退職日まで針のムシロ…

⑤後日、会社から離職票や退職証明書が届く
→嫌がらせして、送ってくれないかも…

①~⑤の流れを何度も頭の中でシミュレーションして、結局諦めてしまうのではないでしょうか。

これらの問題を、「退職代行サービス」が解決してくれるというわけなんです。

とにかく今すぐ辞めたい人は、「SARABA(サラバ)」に相談!

 

●退職代行サービス業者を比較!


「退職代行サービス」業者。実は、探してみると意外とあるんです。

でも、あまりに安すぎるところは、追加料金を取られる場合があったり、個人レベルの業者だったり…。できれば名の知れた業者を利用したいもの。

「退職代行サービス」業者のサービスの流れは、

①利用者が「退職代行サービス」業者に電話やメールなどで相談する

②相談後に正式申し込み。即日対応してくれる場合がほとんど

③「退職代行サービス」業者の担当者と、電話・メール・LINEなどで打ち合わせ

④「退職代行サービス」業者が会社に連絡

⑤以後、会社とのやり取りは、「退職代行サービス」業者がすべて行う

⑥退職届や貸与品は本人が会社に郵送する

⑦後日、会社から離職票や退職証明書が自宅に郵送されてくる

というのが基本で、どこの「退職代行サービス」業者もこの流れは変わりません。

ただし、「退職代行サービス」業者によっていくつか異なる特徴があります。

そこで、名の知れた「退職代行サービス」業者3社のサービス内容を比較してみました。

微妙な違い…と言ってしまえばそれまでですが、各社それぞれ異なる特徴があります。

 

◇EXIT(イグジット)


退職代行サービスで今一番注目を集めている業者。ネットで「退職代行サービス」が話題になった火付け役。メディアにも多数掲載されており、知名度は高い。

料金/正社員5万円、アルバイト4万円
 ※税抜・税込は不明

ポイント
・分割払い可
・2回目以降の利用は1万円割引

詳細はこちら→EXIT

 

◇SARABA(サラバ)


安心価格で伸びている業者。仕事を辞めるのだから、できれば出費は抑えたい…という方にはおすすめ。

料金/一律29,800円(税込)

ポイント
・3社中料金が最安値
・カード払いOK
・フリーダイヤルで24時間年中無休対応
・退職できなかった場合は全額返金保証
・行政書士が対応

詳細はこちら→SARABA(サラバ)

 

◇退職代行コンシェルジュ


転職支援、求人案内を行っており、一度利用した人にはキャリア相談もしています。

料金/一律5万円(税抜)

ポイント
・相談はチャット対応あり
・無料転職支援あり

詳細はこちら→退職代行コンシェルジュ

 

●弁護士に相談した方が良いパターン


退職したいだけなら、退職代行サービスを利用するのが対応も早く、料金もお安く済みます。

なお、「SARABA(サラバ)」の中の人のコメントを借りると、

「有休消化や給料支払いは従業員の権利。法律家は必要ない」

つまり、「退職代行サービス」業者が退職の旨を伝えれば、

・有休を消化させてくれるか不安
・退職するから給料がもらえなくなるかも

なんて心配しなくても、一般的な会社は給料を支払うし、退職に応じてくれるもの、とのこと(有休については場合により異なる)。

ただし、

・残業代の未払い交渉
・退職金の交渉
・保険などの書類の手続きをしてほしい
・有休休暇取得の交渉をしてほしい

などは、弁護士に相談するべき内容です。

こちらの「汐留パートナーズ法律事務所」では、弁護士による退職代行サービスを行っているので、

残業代や未払い賃金の請求にも対応可能。

一般的な退職代行サービスは資格を持たない業者ですが、弁護士による退職代行サービスなら、より込み入った案件でも対応可能のため、安心して利用できます。

弁護士が行う退職代行サービス

もちろん、着手金(税込み54,000円)、成功報酬(経済的利益の20%)などの料金がかかりますが、100%退職することができます。

特別込み入った事情がなければ、サクッと「退職代行サービス」を利用して、手っ取り早く問題を解決しましょう。個人的には価格的にも安心の、「SARABA(サラバ)」がイチオシです。

 

<スポンサーリンク>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. サーティーワンの値段とメニューやカロリーは?新作とキャンペーン情報も!
  2. ゆうメール規格外廃止!定形外郵便やゆうメール新料金一覧&ゆうパック料金は?
  3. 嵐メンバーが主演で主題歌も嵐の連続ドラマ&映画一覧!最新版♪
  4. スタバメニューのカロリー一覧表!レギュラーから新作まで[フード編]
  5. スタバメニューのカロリー一覧表!新作フラペチーノも![ドリンク編]

関連記事

  1. 話題

    大辞泉が選ぶ新語大賞2018/毎月の新語&過去の大賞一覧

    小学館が発行している国語辞典「大辞泉」では、今年で3回目となる、“…

  2. ライフハック

    友達の作り方ってどうしたらいい?新入学・新学期からのポイント8選

    中学・高校・大学…新入学・新学期はもう目の前です!進学した人は…

  3. ライフハック

    スマホが水没した時の対処法!自分で直すテクニック・緊急復旧方法!

    ちょっとした不注意で、大事なデータがたくさん入っているスマホや携帯…

  4. ライフハック

    共働き夫婦の家事分担/負担割合のギャップ(家事の定義)が揉める原因?

    結婚に対するイメージは人それぞれですが、最初から嫌…

  5. 統計・ランキング

    移住希望地ランキングトップ20/年代別&歴代ランキング

    2019年2月20日(水)、地方移住を支援するNPO法人・ふるさと…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

読んでほしい記事

アーカイブ

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

おすすめまとめ記事

ピックアップ記事

  1. 統計・ランキング

    Twitterハッシュタグランキング2017/最も使われたのはこれ!
  2. 芸能・エンタメ

    アナウンサー好感度ランキング2018(文春)/水卜と安住が1位に!
  3. 話題

    #ねこの写真へたくそ選手権まとめ/Twitterで沸騰!爆笑猫画像
  4. スポーツ

    ニューイヤー駅伝2017/総合結果と区間記録速報!優勝チームは?
  5. 統計・ランキング

    世界企業ブランドランキング2018/トップ100に日本企業は何社?
PAGE TOP