映画・ドラマ・音楽

高畑充希主演ドラマ「とと姉ちゃん」あらすじとキャスト・主題歌は?

とと姉ちゃん

 

2016年4月からスタートするNHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」。雑誌「暮らしの手帖」を創刊した実在の人物がモデルとなっており、ヒロインは高畑充希さんが演じます。しかも、脇を固める俳優陣はイケメン揃い!

そこで今回は、「とと姉ちゃん」のあらすじとキャスト・主題歌をご紹介します♪

 

<スポンサーリンク>

●とと姉ちゃんの意味は?


2016年4月4日(月)からスタートする、2016年度前期NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」。家庭向け総合雑誌「暮らしの手帖」を刊行している暮らしの手帖社の社史と、同社の創業者の1人である大橋鎭子氏とその家族をモチーフにした物語です。

若くして父親を亡くした主人公が、母と妹たちを「父親代わり=とと」となって家族を支え、上京、終戦、出版社の立ち上げを通して家族とともに成長していく姿を描きます。つまり、とと姉ちゃんの「とと」とは、父親という意味なんですね。

日本の歴史上最大の混乱期をたくましく生き抜く女性ばかりの4人家族が、雑誌を通して戦後の日本女性の道しるべとなっていく、見るとつい応援したくなるような希望溢れるストーリーです。

ちなみに、主題歌を歌うのは久しぶりに活動を再開する宇多田ヒカルさん。まだ楽曲名は発表されていませんが、宇多田さんによる書き下ろしの新曲となる予定です。

 

<雑誌「暮らしの手帖」について>


雑誌「暮らしの手帖」は、現在隔月で刊行されている総合生活雑誌。出版元は暮らしの手帖社。1946年に編集者でエッセイストの大橋鎭子(おおはししずこ)氏と編集者・花森安治(はなもりやすじ)氏が暮らしの手帖社の前身である、衣装研究所を創立。雑誌「スタイルブック」を刊行しました。1948年に雑誌名を「美しい暮らしの手帖」に変更し、1953年には現在の雑誌名である「暮らしの手帖」に変更されました。

内容は創刊当初から日本の女性の暮らしに寄り添ったもの、食やファッション、医療関連などを取り扱っています。雑誌の内容のすべてを自分たちの目の届く範囲に置くという目的で、外部広告に頼らず購読料だけが収入源であること、表紙絵のデザインなど、他雑誌には見られないオリジナリティに溢れています。

今回のドラマ「とと姉ちゃん」は暮らしの手帖社の共同創業者である大橋鎭子氏の半生をモデルにしたものです。

 

<あらすじ>


昭和初期の静岡県。小橋家の3姉妹の長女・常子は、仕事熱心でよき家庭人の父・竹蔵、おっとりとした優しい母・君子と2人の妹たちと、平凡だが幸せな生活を送っていた。ところが常子が11歳の時、父・竹蔵は結核にかかり、「ありきたりの毎日を大切に」との言葉とともに、母と妹たちを常子に託して亡くなってしまう。

以後常子は小橋家の父代わりとして奮闘、妹とたちも常子を”とと(父)姉ちゃん”と呼び慕うようになる。

成長した常子は、東京に住む祖母・滝子を頼って上京。終戦後の焼け野原となった街を見て、戦後の女性の活力になるような雑誌を作ることを決意。家族と出版社を起こすも、みな素人のためなかなか上手く立ちいかない。そんな折、天才的な編集者であり常子の盟友ともなる花山伊佐次と出会い、彼の助力を得て雑誌「あなたの暮らし」を創刊。

常子たち自らの生活の知恵が詰まったこの雑誌は、戦後の女性の生き方にヒントを与え徐々に共感を集めていく。

 

<主題歌>


宇多田ヒカル

主題歌は、5年4カ月ぶりに活動を再開する宇多田ヒカルさんの「花束を君に」。

 

<スポンサーリンク>

 

●キャラクター&キャスト<戦前編>


<小橋常子(こはしつねこ)/高畑充希>

小橋家の3姉妹の長女。性格は豪快でスポーツも万能、家族思いの女傑タイプ。若くして亡くなった父の代わりに小橋家をしょって立ち、まるで小橋家の父親のような”とと(父)”姉ちゃんとして奮闘。戦前の窮屈な生き方を強いられてきた女性たちの姿を見て、女性たちの役に立つ仕事を意識し始める。戦後、2人の妹たちと自身の盟友・花山伊佐次とともに”女性たちのための雑誌”「あなたの暮らし」を創刊する。

高畑充希

高畑充希さん(24)は、2005年のホリプロ主催「山口百恵トリビュートミュージカル」のオーディションで主役に選ばれ女優デビュー。以降舞台女優として活躍しながら、2007年にはTVドラマ「3年B組金八先生」、映画「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ」に出演し活躍の場を広げました。

現在までに多数の舞台、TVドラマ、映画に出演するほか、「みつき」名義で歌手としても活動するなど幅広い才能を発揮しています。NHKの朝ドラ「ごちそうさん」出演で一躍有名に。

主な出演作品は、TVドラマ「ごちそうさん」「軍師官兵衛」、映画「アオハライド」、舞台「ピーターパン」など。

 

<小橋竹蔵(こはしたけぞう)/西島秀俊>

常子たち姉妹の父親。仕事熱心だが家族思いで暖かい人物。温厚な性格で仕事の取引先との関係も良好だったが、結核にかかりまだ年若い常子たち姉妹と妻を残して亡くなってしまう。死の間際、長女・常子に「ありきたりの毎日を大切にし、家族のことを頼む」という遺言を残す。

西島秀俊

西島秀俊さん(44)は、1992年のTVドラマ「はぐれ刑事純情派5」で俳優デビュー。翌年のTVドラマ「悪魔のKISS」や「あすなろ白書」で注目を集めます。1999年の映画「ニンゲン合格」で日本映画プロフェッショナル大賞・主演男優賞を受賞したほか、数々の映画賞を獲得しておりその演技力が高く評価されています。

主な出演作品は、TVドラマ「八重の桜」「MOZU」、映画「さよならみどりちゃん」「休暇」「CUT」など。

 

<小橋君子(こはしきみこ)/木村多江>

常子たち姉妹の母親。なかば駆け落ちのようにして、常子たちの父・竹蔵と結婚。おっとりとして優しい性格で、生活力のあるタイプではないが常子たち姉妹をいつも内から支え、なに気ない暮らしの大切さを伝え続ける存在。

木村多江

木村多江さん(44)は、大学在学中から舞台に出演。1999年のTVドラマ「リング~最終章~」「らせん」で注目を集めます。「大奥」「白い巨塔」など話題のTVドラマにも出演し、2008年の映画「ぐるりのこと」では日本アカデミー賞最優秀主演女優賞などの映画賞を受賞し、演技が高く評価されました。

主な出演作品は、TVドラマ「アンフェア」「上海タイフーン」、映画「怪談」「スターフィッシュホテル」など。

 

<小橋鞠子(こはしまりこ)/相楽樹>

小橋家の3姉妹の次女。勉強のできる優等生タイプでスポーツは苦手。常子とは歳は近いが性格は正反対で、時に猪突猛進する常子のストッパーやいさめ役にもなる。戦後には常子と一緒に、雑誌「あなたの暮らし」の創刊に大きく関わる。

相楽樹

相楽樹さん(20)は、2010年のTVドラマ「熱海の捜査官」で女優デビュー。TVドラマや映画に出演する一方、CMにも多く出演しています。

主な出演作品は、TVドラマ「紙の月」、映画「ゴメンナサイ」「Miss Boys!」「私の男」など。

 

<小橋美子(こはしよしこ)/杉咲花>

小橋家の3姉妹の三女。姉二人とは歳が離れており、特に常子にとっては娘のような存在。世渡り上手で典型的な末っ子。戦後、姉2人とともに雑誌「あなたの暮らし」の創刊に携わる。

杉咲花

杉咲花さん(18)は、子役としての活動を経て、2011年のTVドラマ「ドン★キホーテ」で改めて女優デビュー。2013年に出演したTVドラマ「夜行観覧車」での演技で注目を集めます。また、2015年はヨコハマ映画祭で日本映画個人賞最優秀新人賞を受賞しています。

主な出演作品は、TVドラマ「妖怪人間ベム」「MOZU」、映画「トイレのピエタ」「愛を積むひと」など。

 

<小橋鉄郎(こはしてつろう)/向井理>

竹蔵の弟で小橋家の3姉妹の叔父。家庭人であった竹蔵とは正反対に、根無し草のように浮ついた生き方をしている風来坊。いい加減な男のようだが、竹蔵亡き後の小橋家のピンチを度々救うなど、常子たちにとっては時として頼りになる存在。

向井理

向井理さん(33)は、2006年のCMでデビュー後、「のだめカンタービレ」「ハチミツとクローバー」など話題のTVドラマに出演。2010年のNHK朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」への出演で知名度を上げました。時代劇から恋愛ドラマまで幅広い役柄をこなしながら、TVドラマ・映画に限らず舞台やCM、ドキュメンタリー番組などでも広く活躍しています。

主な出演作品は、TVドラマ「おせん」「アタシんちの男子」「江~姫たちの戦国~」、映画「ガチ☆ボーイ」「Paradise Kiss」など。

 

<スポンサーリンク>

 

<青柳滝子(あおやぎたきこ)/大地真央>

君子の母で3姉妹の祖母。東京の深川で、老舗の材木問屋「青柳商店」を切り回すやり手女将。常子たち姉妹には優しい祖母だが、君子とは折り合いが悪い。竹蔵亡き後いったんは常子たち一家を迎え入れるが上手くいかず、再び君子とは袂を別つことに。それがもとで常子たちは近所の仕出し屋「森田屋」へ世話になることになる。

大地真央

大地真央さん(59)は、宝塚音楽学校を卒業後、1973年に宝塚歌劇団に入団。入団初期から男役スター候補として注目を集めていました。1982年には月組トップスターに。1985年の退団後は主に舞台で活躍。第15回菊田一夫演劇賞や、1998年度文化庁芸術祭賞の大賞など、演劇関係の受賞が多数。

主な出演作品は、TVドラマ「武田信玄」「ヒガンバナ」、映画「日本沈没」「R100」、舞台「ローマの休日」「マイ・フェア・レイディ」など。

 

<隈井栄太郎(くまいえいたろう)/片岡鶴太郎>

滝子の切り盛りする材木問屋「青柳商店」の筆頭番頭。根は優しいが、江戸っ子気質で気性の荒い一面も。滝子と君子の不仲に心を痛めており、上京後の小橋家の4人の力になる。

片岡鶴太郎

片岡鶴太郎さん(61)は、1973年に声帯模写芸人・片岡鶴八氏に弟子入り。苦節の時期を経て80年代前半から出演していた「オレたちひょうきん族」で披露していたものまねで一躍有名になります。また、1985年ごろからは俳優としても活動を始め、TVドラマ「チョッちゃん」「季節外れの海岸物語」などに出演。

一方、水墨画や陶芸などの芸術分野でも高く評価を受けており、多彩な才能で幅広く活躍しています。

主な出演作品は、TVドラマ「梅ちゃん先生」「軍師官兵衛」「花ちゃんのみそ汁」、映画「写楽」「イニシエーション・ラブ」など。

 

<青柳清(あおやぎきよし)/大野拓朗>

子ども時代に滝子と二人目の夫の平助(死去)との間にもらわれた、「青柳商店」の跡取り養子。きざな性格だが仕事はできる青年。滝子と血のつながった孫・常子たち3姉妹の突然の出会いに心を揺らす。※公式サイトから引用

大野拓朗

大野拓朗さん(27)は、2010年に映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」で俳優デビュー。2011年のTVドラマ「美咲ナンバーワン!!」でドラマに初出演しました。以降、TVドラマや映画、舞台への出演や声優としても活躍しています。

主な出演作品は、TVドラマ「花燃ゆ」「LOVE理論」、映画「黒執事」など。

 

<森田まつ(もりたまつ)/秋野暢子>

仕出し屋「森田屋」の大女将。商売はすでに息子の宗吉に譲っているが、裏方として店を助けている。滝子の家を出された常子たち小橋一家を、住み込み女中として「森田屋」に雇い入れる。滝子と同じく江戸っ子気質で気風のいい女傑。常子たちには厳しくも愛情を持って接する。

秋野暢子

秋野暢子さん(59)は、1974年のTVドラマ「おおさか三月・三年」で女優デビュー。翌年にはNHK連続テレビ小説「おはようさん」のヒロインに抜擢され一躍有名に。以降数々のTVドラマ、映画に出演し、悪役から気風のいいおっかさん役まで多様な役柄を演じ分けています。また、女優としての活動に加えて、TV番組のコメンテーターやバラエティ番組などでも活躍しています。

主な出演作品は、TVドラマ「スチュワーデス物語」「やんちゃくれ」「嫌われ松子の一生」、映画「岸和田少年愚連隊」「沈まぬ太陽」など。

 

<森田宗吉(もりたそうきち)/ピエール瀧>

まつの息子で「森田屋」の主人兼板前。江戸っ子らしく少々短気で単純、大女将のまつには頭が上がらない。仕事ぶりは真面目で、常子に「食」の大切さを伝える。

ピエール瀧

ピエール瀧さん(48)は、1985年テクノバンド「人生」に参加。1989年からはバンド名を「電気グルーヴ」と改め現在もミュージシャンとして活動中です。2000年頃から俳優としての活動が増え始め、TVドラマ「木更津キャッツアイ」「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」や映画「ALWAYS 三丁目の夕日」などの話題作にも多数出演しています。特に2013年の映画「凶悪」では、日本アカデミー賞優秀助演男優賞など複数の賞を獲得し、高い評価を受けました。

主な出演作品は、TVドラマ「私立探偵濱マイク」「あまちゃん」「軍師官兵衛」、映画「そして父になる」「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」シリーズなど。

 

<森田照代(もりたてるよ)/平岩紙>

宗吉の妻。「森田屋」で働いていたところを、宗吉に見染められて結婚。宗吉は表立っては照代に対して言葉が悪いが、夫婦仲は悪くない。仕事ぶりはきわめて有能。

平岩紙

平岩紙さん(36)は、2000年に劇団「大人計画」に参加し舞台デビュー。TVドラマ「仮面ライダーアギト」「木更津キャッツアイ」などに出演し、注目されました。以降、舞台女優として活動しながら、TVドラマや映画にも多数出演しています。最近では、ファブリーズ(P&G)のCMのお母さん役でもおなじみです。

主な出演作品は、TVドラマ「ゲゲゲの女房」「独身貴族」、映画「ハッピーフライト」など。

 

<森田富江(もりたとみえ)/川栄李奈>

宗吉と照代のひとり娘。「森田屋」の跡取りで幼いうちから家業をよく手伝っている。クールだが、実は歳の近い常子たちが住み込みで来たことを歓迎している。

川栄李奈

川栄李奈さん(20)は、2010年にアイドルグループAKB48のオーディションに合格し、公演デビュー。TVドラマにも出演するなど女優活動も行っていました。2015年に同グループを卒業し、女優業に専念。オーディションを勝ち抜き「とと姉ちゃん」への出演を決めました。

 

<中田綾(なかだあや)/阿部純子>

東京の女学校で常子が出会う親友の少女。名家の出で、卒業と同時に結婚することを何の疑いもなく受け入れている。戦後再会し、常子の作り始める雑誌「あなたの暮し」を手伝い始める。※公式サイトから引用

阿部純子

阿部純子さん(22)は、小学生のころからモデル活動を始め、中学在学中にはファッション誌などで活躍。2010年に映画「リアル鬼ごっこ」のオーディションでヒロインに抜擢され女優デビュー。2012年のTVドラマ「理想の息子」で注目を集め、2014年の映画「2つ目の窓」ではサハリン国際映画祭主演女優賞などを受賞。その後演技の勉強のために渡米し、帰国後にオーディションで今回の役を射止めました。

主な出演作品は、映画「あぜ道のダンディ」「夜明けの街で」など。

 

<星野武蔵(ほしのたけぞう)/坂口健太郎>

植物学者を志し帝大に学ぶ大学生。頭脳明晰で故郷の両親からは大きな期待をかけられている。典型的な学者タイプで人の心に疎い一面が。若かりし頃の常子の支えとなる。

坂口健太郎

坂口健太郎さん(24)は、2010年に雑誌「メンズノンノ」でモデルデビュー。俳優デビューは2014年の映画「シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸」。2015年のTVドラマ「コウノドリ」のほか映画にも多数出演。2016年1月期放送のフジ月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」では、メインキャラクターの1人として出演しています。

 

<東堂チヨ(とうどうちよ)/片桐はいり>

常子の女学校時代の恩師。女性でも「最初からあきらめず挑戦すれば道が開けることもある」と常子に教え、後の人生に影響を与える。同時に鞠子も影響を受け、それがきっかけで進学を志すようになる。※公式サイトから引用

片桐はいり

片桐はいりさん(53)は、1982年に劇団「ブリキの自発団」に入団し、1994年に退団するまで同劇団の舞台で活躍。その一方で映画やTVドラマにも出演し、個性派女優として存在感を確立。コミカルな役から真面目な役まで、実に多様な役柄を演じ分けられる演技力は高い評価を受けています。また、女優業だけでなくエッセイストとしても活躍中。

主な出演作品は、TVドラマ「すいか」「あまちゃん」、映画「かもめ食堂」「小野寺の弟・小野寺の姉」など。

 

<スポンサーリンク>

 

●花山伊佐次他追加キャスト発表!


NHKの朝ドラヒロインに恋のお相手はつきものです。「とと姉ちゃん」の小橋常子が恋心を抱く相手は誰なのでしょうか?

簡単に考え付くのは、青柳商店の養子のため常子たちとは血縁はない青柳清。もしくは、「若い頃の常子の支えとなる」とされる星野武蔵ではないでしょうか。清を演じる大野拓朗さんも、武蔵を演じる坂口健太郎さんも、どちらもイケメンなので「見栄え」としても問題なし。

ただ、一番可能性が高いのが、「暮らしの手帖社」創立のパートナー・花山伊佐次ではないかと予想していたんですが…でもこれはなさそうな雰囲気。

というのも、常子のモデルとなった大橋鎭子氏と、伊佐次のモデルとなった花森安治氏は仕事上のパートナーであり、恋愛関係にはなかったと言われています。モデルとなった人物のエピソードを重要視するなら、常子と伊佐次の恋愛は描かれないハズ。

ちなみに、花森氏は反骨精神の持ち主であり、おかっぱ頭で時々スカートをはくなど、天才らしく奇抜なことも好む性格だったようです。あまり「ロマンス」が似合う感じではなさそうな…。

そもそも、大橋鎭子氏は生涯独身を貫いたとのことなので、もしかして恋の話は描かれない可能性も考えられますね。

 

さて、花山伊佐次を含む追加キャストが2月15日(月)に発表されました。

追加キャスト

「あなたの暮らし」創業メンバー・花山伊佐次…唐沢寿明

常子が入社した出版社のメイン編集者・五反田一郎…及川光博

出版社社長兼編集長・谷誠治…山口智光

「あなたの暮らし」創業メンバーで経理担当の水田正平…伊藤淳史

語り…壇ふみ

 


いかがでしたでしょうか?

高畑充希さんといえば、NHKの朝ドラ「ごちそうさん」に主人公の義理の妹役として出演したことで全国区となり、ドラマや映画、CMなどでよく見かけるようになりました。演技力も抜群で歌も上手い、将来有望な若手女優の一人ですね。

そんな高畑さんがヒロインを務める「とと姉ちゃん」ですが、イケメンが多数出演することでも話題となっています。父親が西島秀俊で、叔父が向井理とかってどんなけイケメンな血筋なのでしょうか!?

さて、2015年後期放送の朝ドラ「あさが来た」も好評ですが、2016年前期放送の「とと姉ちゃん」にも期待大ですね♪

 

<スポンサーリンク>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 嵐メンバーが主演で主題歌も嵐の連続ドラマ&映画一覧!最新版♪
  2. スタバメニューのカロリー一覧表!レギュラーから新作まで[フード編]
  3. スタバメニューのカロリー一覧表!新作フラペチーノも![ドリンク編]
  4. 冬ドラマ2018一覧/1月期ドラマをまとめて紹介!キャスト&あらすじは?
  5. 秋ドラマ2017一覧/10月期ドラマをまとめて紹介!キャスト&あらすじは?

関連記事

  1. 映画・ドラマ・音楽

    Mステウルトラフェス2017/元気が出るウルトラソングBEST100

    2017年9月18日(月・祝)、昼12時から10時間わたって放送さ…

  2. 映画・ドラマ・音楽

    FNSうたの夏まつり2015 出演者&セットリスト(曲目と曲順)は?

    フジテレビ「FNSうたの夏まつり」が、7月29日(水)に代々木体育…

  3. 映画・ドラマ・音楽

    菊池風磨初主演ドラマ「吾輩の部屋である」放送地域や放送時間は?

    2017年9月18日(月)深夜より、菊池風磨初主演ドラマ「吾輩の部…

  4. 映画・ドラマ・音楽

    高畑充希主演ドラマ「過保護のカホコ」ドラマ衣装のブランドまとめ!

    2017年7月12日(水)からスタートした、高畑充希さん主演ドラマ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

読んでほしい記事

アーカイブ

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

おすすめまとめ記事

ピックアップ記事

  1. 統計・ランキング

    世界幸福度ランキング2017/日本の順位は?全155カ国の最新データ!
  2. 映画・ドラマ・音楽

    第89回アカデミー賞/2017年ノミネート作品と受賞作&受賞者一覧!
  3. 統計・ランキング

    世界のセレブ長者番付2017/セレブランキング100一覧!錦織圭は何位?
  4. 統計・ランキング

    タレントイメージ調査2016/好きなタレントランキング&ブレイク候補は?
  5. 統計・ランキング

    現代病ランキングトップ10/自分に当てはまるものは?症候群あれこれ
PAGE TOP