音楽

歌のゴールデンヒット/出演者&曲目と曲順は?年間売上50年分ランキング!

TBSが2018年11月19日(月)19時より4時間にわたる音楽特番「歌のゴールデンヒット-年間売上げ1位の50年-」を放送。

この、音楽特番「歌のゴールデンヒット」は、2017年2月に「オリコンランキング」50周年を記念して第1弾が放送され、続く第2弾を2017年10月に、2018年2月に第3弾、そして第4弾が2018年11月19日に放送決定。

さて、第4弾の今回は、過去50年間分の「年間売り上げランキング」を3時間にわたり紹介するスペシャルです!

そこで今回は、「歌のゴールデンヒット-年間売上げ1位の50年-」の、出演者とセットリスト(曲目と曲順)についてご紹介します♪

※第4弾については、セットリスト(曲目と曲順)ではなく、各年の年間売上げトップ10を記載しています。

 

<スポンサーリンク>

●「歌のゴールデンヒット」とは?


シングルやアルバムの売上をランキング化して発表している「オリコン週間ランキング」が、1968年1月にスタートしてから2017年で50周年を迎えました。

これを記念して2017年2月に第1弾となる「歌のゴールデンヒット~オリコン1位の50年間~」を放送。2017年10月には第2弾、2018年2月には第3弾となる「歌のゴールデンヒット」が放送されました。

そして、2018年11月19日(月)に第4弾となる「歌のゴールデンヒット-年間売上げ1位の50年-」が放送決定!

今回は、50年分の「年間売り上げランキング」を紹介するほか、昭和から平成、新しい時代へと聴き継がれる歌い継がれる名曲ばかりを50年分振り返るとのこと。

なお、今回の司会を務めるのは、この3人!

堺正章さん
…司会業や巨匠のイメージが強い堺さんですが、俳優としても数多くの作品に出演。そしてずーっと昔のグループサウンズブームで一世を風靡した「ザ・スパイダース」のメンバーとして活躍。ただ、オリコンランキング最高位は2位。また、ソロ活動でも最高位は「さらば恋人」の2位でした。

宮迫博之さん

…お笑いコンビ・雨上がり決死隊のボケ担当で、俳優としても活躍中。アーティストとしては、山口智充さんとのユニット「くず」でシングル5枚、アルバム1枚をリリース。約5年間活動しました。なお、「歌のゴールデンヒット」第1回放送では、堺正章さん、篠原涼子さんと3人で司会を担当。

芦田愛菜さん

…2007年に3歳で芸能界入りし、子役デビュー。その演技力の高さから“天才子役”の名を欲しいままにした逸材で、2013年には映画「パシフィック・リム」でハリウッドデビューも果たしました。なお、2018年後期のNHK朝ドラ「まんぷく」では、史上最年少の朝ドラナレーションを務めています。ちなみに、音楽番組の司会は今回が初めてです!

 

<見どころは?>


過去50年間の“売り上げランキング”にスポットをあてた第4弾の見どころは、

・三世代の司会者がそれぞれの視線で過去50年の“売り上げランキング”を紹介

・スペシャルゲストに“ショーケン”こと萩原健一さんが登場。グループサウンズ時代の秘話や俳優活動時のエピソードを語る

・世代を超えた豪華スタジオゲストが集結

などです。

 

<出演者>


司会
堺正章、宮迫博之、芦田愛菜

ナビゲーター
柳原可奈子
徳光和夫

出演
井森美幸
黒沢かずこ(森三中)
小坂明子(VTR出演)
立川志らく
土田晃之
萩原健一(対談ゲスト)
B.B.クイーンズ
松嶋尚美
松本伊代
六角精児

 

<スポンサーリンク>

 

●第4弾の年間売上げ50年


2018年11月19日(月)放送の「歌のゴールデンヒット-年間売上げ1位の50年-」は、セットリスト(曲目と曲順)ではなく、各年の年間売上げトップ10を記載しています。

1970年代


1968年(昭和43年)
1位「星陰のワルツ」千昌夫
2位「帰ってきたヨッパライ」
  ザ・フォーク・クルセーダーズ
3位「恋の季節」ピンキーとキラーズ
4位「小樽のひとよ」
  鶴岡雅義と東京ロマンチカ
5位「恋のしずく」伊東ゆかり
6位「花の首飾り/銀河のロマンス」
  ザ・タイガース
7位「サウンド・オブ・サイレンス」
  サイモンとガーファンクル
8位「ゆうべの秘密」小川知子
9位「マサチューセッツ」ザ・ビー・ジーズ
10位「シー・シー・シー」ザ・タイガース

※1969年は発表なし。

1970年(昭和45年)
1位「黒ネコのタンゴ」皆川おさむ
2位「ドリフのズンドコ節」ザ・ドリフターズ
3位「圭子の夢は夜ひらく」藤圭子
4位「女のブルース」藤圭子
5位「逢わずに愛して」
  内山田洋とクールファイブ
6位「手紙」由紀さおり
7位「愛は傷つきやすく」ヒデとロザンナ
8位「今日でお別れ」菅原洋一
9位「ヴィーナス」ザ・ショッキング・ブルー
10位「京都の恋」渚ゆう子

1971年(昭和46年)
1位「わたしの城下町」小柳ルミ子
2位「知床旅情/西武門哀歌」加藤登紀子
3位「また逢う日まで」尾崎紀世彦
4位「傷だらけの人生」鶴田浩二
5位「ナオミの夢」ヘドバとダビデ
6位「よこはま・たそがれ」五木ひろし
7位「花嫁」はしだのりひことクライマックス
8位「雨のバラード」湯原昌幸
9位「望郷」森進一
10位「さらば恋人」堺正章

1972年(昭和47年)
1位「女のみち」宮史郎とぴんからトリオ
2位「瀬戸の花嫁」小柳ルミ子
3位「さよならをするために」
  ビリー・バンバン
4位「旅の宿」よしだたくろう
5位「悪魔がにくい」平田隆夫とセルスターズ
6位「ひとりじゃないの」天地真理
7位「京のにわか雨」小柳ルミ子
8位「別れの朝」ペドロ&カプリシャス
9位「ちいさな恋」天地真理
10位「太陽がくれた季節」青い三角定規

1973年(昭和48年)
1位「女のみち」宮史郎とぴんからトリオ
2位「女のねがい」宮史郎とぴんからトリオ
3位「学生街の喫茶店」ガロ
4位「喝采」ちあきなおみ
5位「危険なふたり」沢田研二
6位「神田川」南こうせつとかぐや姫
7位「心の旅」チューリップ
8位「恋する夏の日」天地真理
9位「若葉のささやき」天地真理
10位「赤い風船」浅田美代子

1974年(昭和49年)
1位「なみだの操」殿さまキングス
2位「あなた」小坂明子
3位「うそ」中条きよし
4位「ふれあい」中村雅俊
5位「恋のダイヤル6700」フィンガー5
6位「夫婦鏡」殿さまキングス
7位「くちなしの花」渡哲也
8位「激しい恋」西城秀樹
9位「積木の部屋」布施明
10位「学園天国」フィンガー5

1975年(昭和50年)
1位「昭和枯れすすき」さくらと一郎
2位「シクラメンのかほり」布施明
3位「想い出まくら」小坂恭子
4位「時の過ぎゆくままに」沢田研二
5位「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ
  /カッコマン・ブギ」
  ダウン・タウン・ブギウギ・バンド
6位「ロマンス」岩崎宏美
7位「22才の別れ」風
8位「心のこり」細川たかし
9位「我が良き友よ」かまやつひろし
10位「冬の色」山口百恵

1976年(昭和51年)
1位「およげ!たいやきくん」子門真人
2位「ビューティフル・サンデー」
  ダニエル・ブーン
3位「北の国から」都はるみ
4位「木綿のハンカチーフ」太田裕美
5位「岸壁の母」二葉百合子
6位「俺たちの旅」中村雅俊
7位「あなただけを」あおい輝彦
8位「横須賀ストーリー」山口百恵
9位「わかって下さい」因幡晃
10位「あの日にかえりたい」荒井由実

1977年(昭和52年)
1位「渚のシンドバッド」ピンク・レディー
2位「青春時代」森田公一とトップギャラン
3位「ウォンテッド」ピンク・レディー
4位「勝手にしやがれ」沢田研二
5位「昔の名前で出ています」小林旭
6位「雨やどり」さだまさし
7位「カルメン’77」ピンク・レディー
8位「S・O・S」ピンク・レディー
9位「失恋レストラン」清水健太郎
10位「フィーリング」ハイ・ファイ・セット

1978年(昭和53年)
1位「UFO」ピンク・レディー
2位「サウスポー」ピンク・レディー
3位「モンスター」ピンク・レディー
4位「君のひとみは10000ボルト」堀内孝雄
5位「微笑がえし」キャンディーズ
6位「透明人間」ピンク・レディー
7位「カナダからの手紙」平尾昌晃&畑中葉子
8位「Mr.サマータイム」サーカス
9位「時間よ止まれ」矢沢永吉
10位「わかれうた」中島みゆき

1979年(昭和54年)
1位「夢追い酒」渥美二郎
2位「魅せられて」ジュディ・オング
3位「おもいで酒」小林幸子
4位「関白宣言」さだまさし
5位「北国の春」千昌夫
6位「ガンダーラ」ゴダイゴ
7位「YOUNG MAN」西城秀樹
8位「チャンピオン」アリス
9位「みちづれ」牧村三枝子
10位「カメレオン・アーミー」
   ピンク・レディー

 

<スポンサーリンク>

 

1980年代


1980年(昭和55年)
1位「ダンシング・オールナイト
  もんた&ブラザーズ
2位「異邦人・シルクロードのテーマ」
  久保田早紀
3位「大都会」クリスタルキング
4位「ランナウェイ」シャネルズ
5位「順子」長渕剛
6位「贈る言葉」海援隊
7位「おまえとふたり」五木ひろし
8位「別れても好きな人」
  ロス・インディオス&シルヴィア
9位「さよなら」オフコース
10位「哀愁でいと」田原俊彦

1981年(昭和56年)
1位「ルビーの指輪」寺尾聰
2位「奥飛騨慕情」竜鉄也
3位「スニーカーぶる~す」近藤真彦
4位「ハイスクールララバイ」イモ欽トリオ
5位「長い夜」松山千春
6位「大阪しぐれ」都はるみ
7位「街角トワイライト」シャネルズ
8位「恋人よ」五輪真弓
9位「チェリーブラッサム」松田聖子
10位「守ってあげたい」松任谷由美

1982年(昭和57年)
1位「待つわ」あみん
2位「セーラー服と機関銃」薬師丸ひろ子
3位「聖母たちのララバイ」岩崎宏美
4位「心の色」中村雅俊
5位「北酒場」細川たかし
6位「悪女」中島みゆき
7位「ハイティーン・ブギ」近藤真彦
8位「チャコの海岸物語」サザンオールスターズ
9位「情熱・熱風・せれなーで」近藤真彦
10位「ふられてBANZAI」近藤真彦

1983年(昭和58年)
1位「さざんかの宿」大川栄策
2位「矢切の渡し」細川たかし
3位「めだかの兄妹」
4位「探偵物語/すこしだけやさしく」
  薬師丸ひろ子
5位「氷雨」佳山明生
6位「キャッツ・アイ」杏里
7位「ガラスの林檎/SWEET MEMORIES」松田聖子
8位「セカンド・ラブ」中森明菜
9位「フラッシュダンス」アイリーン・キャラ
10位「め組のひと」ラッツ&スター

1984年(昭和59年)
1位「もしも明日が…。」わらべ
2位「ワインレッドの心」安全地帯
3位「Rock’n Rouge」松田聖子
4位「涙のリクエスト」チェッカーズ
5位「哀しくてジェラシー」チェッカーズ
6位「十戒(1984)」中森明菜
7位「娘よ」芦谷雁之助
8位「星屑のステージ」チェッカーズ
9位「北ウイング」中森明菜
10位「サザン・ウインド」中森明菜

1985年(昭和60年)
1位「ジュリアに傷心」チェッカーズ
2位「ミ・アモーレ」中森明菜
3位「恋におちて」小林明子
4位「Romanticが止まらない」C-C-B
5位「あの娘とスキャンダル」チェッカーズ
6位「飾りじゃないのよ涙は」中森明菜
7位「SAND BEIGE」中森明菜
8位「俺たちのロカビリーナイト」チェッカーズ
9位「悲しみにさよなら」安全地帯
10位「天使のウィンク」松田聖子

※「輝く!日本レコード大賞」60周年特別企画として、レコード大賞の名場面などを放送。

ちなみに、2018年のレコード大賞については、こちらの記事をご覧ください。

レコード大賞2018ノミネート!大賞は乃木坂2連覇?DU PUMPもあり?

1986年(昭和61年)
1位「CHA-CHA-CHA」石井明美
2位「DESIRE」中森明菜
3位「仮面舞踏会」少年隊
4位「Ban BAN Ban」Kuwata Band
5位「My Revolution」渡辺美里
6位「恋に落ちて」小林明子
7位「ジプシー・クイーン」中森明菜
8位「スキップ・ビート」Kuwata Band
9位「OH!!POPSTAR」チェッカーズ
10位「青いスタスィオン」河合その子

1987年(昭和62年)
1位「命くれない」瀬川瑛子
2位「TANGO NOIR」中森明菜
3位「雪國」吉幾三
4位「STAR LIGHT」光GENJI
5位「Strawberry Time」松田聖子
6位「難破船」中森明菜
7位「Blonde」中森明菜
8位「無錫旅情」尾形大作
9位「追憶」五木ひろし
10位「君だけに」少年隊

1988年(昭和63年)
1位「パラダイス銀河」光GENJI
2位「ガラスの十代」光GENJI
3位「Diamondハリケーン」光GENJI
4位「DAYBREAK」男闘呼組
5位「乾杯」長渕剛
6位「MUGO・ん…色っぽい」工藤静香
7位「剣の舞」光GENJI
8位「ANGEL」氷室京介
9位「人魚姫」中山美穂
10位「You Were Mine」久保田利伸

1989年(平成元年)
1位「Diamonds」プリンセス・プリンセス
2位「世界で一番熱い夏」
  プリンセス・プリンセス
3位「とんぼ」長渕剛
4位「太陽がいっぱい」光GENJI
5位「愛が止まらない」Wink
6位「恋一夜」工藤静香
7位「寂しい熱帯魚」Wink
8位「嵐の素顔」工藤静香
9位「黄砂に吹かれて」工藤静香
10位「涙をみせないで」Wink

 

<スポンサーリンク>

 

1990年代


※1990年代はその年の1位をイントロクイズ形式で出題する企画。各年トップ5まで紹介。

1990年(平成2年)
1位「おどるポンポコリン」B.B.クィーンズ
2位「浪漫飛行/ジェットストリーム浪漫飛行」
  米米CLUB
3位「今すぐKiss Me」LINDBERG
4位「さよなら人類/らんちう」たま
5位「OH YEAH!」プリンセス・プリンセス
※B.B.クィーンズがスタジオに登場し歌を披露

1991年(平成3年)
1位「ラブストーリーは突然に」小田和正
2位「SAY YES」CHAGE&ASKA
3位「愛は勝つ」KAN
4位「どんなときも。」槇原敬之
5位「はじまりはいつも雨」ASKA

1992年(平成4年)
1位「君がいるだけで」米米CLUB
2位「哀しみは雪のように」浜田省吾
3位「BLOWIN’/TIME」B’z
4位「それが大事」大事MANブラザーズ
5位「涙のキッス」サザンオールスターズ

1993年(平成5年)
1位「YAH YAH YAH」CHAGE&ASKA
2位「愛のままにわがままに
    僕は君だけを傷つけない」B’z
3位「ロード」THE 虎舞竜
4位「エロティカ・セブン」
  サザンオールスターズ
5位「裸足の女神」B’z

※1994年は発表なし。

1995年(平成7年)
1位「LOVE LOVE LOVE」DREAMS COMES TRUE
2位「WOW WAR TONIGHT」H Jungle With T
3位「HELLO」福山雅治
4位「Tomorrow never knows」Mr.Children
5位「シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~」
  Mr.Children

※1996年~1998年は発表なし。

1999年(平成11年)
1位「だんご3兄弟」
  速水けんたろう、茂森あゆみ
  ひまわりキッズ、だんご合唱団
2位「Winter,again」GLAY
3位「A」浜崎あゆみ
4位「energy flow」坂本龍一
5位「Automatic/time will tell」宇多田ヒカ

 

<スポンサーリンク>

 

2000年代


※2000年代はトップ1だけ発表。

2000年(平成12年)
「TSUNAMI」サザンオールスターズ
2001年(平成13年)
「Can You Keep Secret?」宇多田ヒカル
2002年(平成14年)
「independent」浜崎あゆみ

※2003年は発表なしでしたが、SMAPの「世界に一つだけの花」ですよね…。以前某週刊誌などで報じられたところによると、各テレビ局では、「SMAP」という言葉を使ってはいけない…というジャニーズからのお達しがあるという噂がありました。こういう変えられない過去の売上げランキングにおいて、2003年だけをすっ飛ばす…というやり方をしたからには、その噂は真実だと認めているようなものと解釈されても仕方ありませんよね?

2004年(平成16年)
「瞳をとじて」平井堅
2005年(平成17年)
「青春アミーゴ」修二と彰
2006年(平成18年)
「Real Face」KAT-TUN
2008年(平成20年)
「truth」嵐
2007年(平成19年)
「千の風になって」秋川雅史
2009年(平成21年)
「Believe」嵐

 

2010年代


※2010年代は、2011年のみトップ10、それ以外はトップ3を発表。ほぼほぼAKB48が独占状態。

2010年(平成22年)
1位「Beginner」AKB48
2位「ヘビーローテーション」AKB48
3位「Trouble maker」嵐

2011年(平成23年)
1位「フライングゲット」AKB48
2位「Everyday,カチューシャ」AKB48
3位「風は吹いている」AKB48
4位「上からマリコ」AKB48
5位「桜の木になろう」AKB48
6位「Lotus」嵐
7位「迷宮ラブソング」嵐
8位「マル・マル・モリ・モリ!」
9位「パレオはエメラルド」SKE48
10位「Everybody Go」Kis-My-Ft2

2012年(平成24年)
1位「真夏のSounds good!」AKB48
2位「GIVE ME FIVE!」AKB48
3位「ギンガムチェック」AKB48

2013年(平成25年)
1位「さよならクロール」AKB48
2位「恋するフォーチュンクッキー」AKB48
3位「ハート・エレキ」AKB48

2014年(平成26年)
1位「ラブラドール・レトリバー」AKB48
2位「希望的リフレイン」AKB48
3位「前しか向かねえ」AKB48

2015年(平成27年)
1位「僕たちは戦わない」AKB48
2位「ハロウィン・ナイト」AKB48
3位「Green Flash」AKB48

2016年(平成28年)
1位「翼はいらない」AKB48
2位「君はメロディー」AKB48
3位「LOVE TRIP/しあわせを分けなさい」AKB48

2017年(平成29年)
1位「願いごとの持ち腐れ」AKB48
2位「#好きなんだ」AKB48
3位「11月のアンクレット」AKB48

 

<スポンサーリンク>

 

●第3弾のセットリスト(曲目と曲順)は?


※ここでは、2018年2月12日(月・祝)放送の「歌のゴールデンヒット-青春のアイドル50年間-」のセットリスト(曲目と曲順)をご紹介します。

19:00~


19:00~のセトリはここをクリック

1「高校三年生」(1963年)
舟木一夫

2「恋のメキシカン・ロック」(1967年)
橋幸夫

3「願い星叶い星」(1967年)
西郷輝彦

4「君だけに愛を」(1968年)
ザ・タイガース

5「秘密の合言葉」(1968年)
ザ・テンプターズ

6「ブルー・シャトウ」(1967年)
ジャッキー吉川とブルー・コメッツ

7「風が泣いている」(1967年)
ザ・スパイダース

8「あの時君は若かった」(1968年)
ザ・スパイダース

9「小指の思いで」(1967年)
伊東ゆかり

10「逢いたくて逢いたくて」(1966年)
園まり

11「可愛いベイビー」(1962年)
中尾ミエ

12「恋の奴隷」(1969年)
奥村チヨ

13「ブルー・ライト・ヨコハマ」(1968年)
いしだあゆみ

14「恋の季節」(1968年)
ピンキーとキラーズ

15「圭子の夢は夜ひらく」(1970年)
藤圭子

16「空に太陽がある限り」(1971年)
にしきのあきら

17「17才」(1971年)
南沙織

18「わたしの城下町」(1971年)
小柳ルミ子

19「恋する夏の日」(1973年)
天地真理

20「男の子女の子」(1972年)
郷ひろみ

21「恋の弱味」(1976年)
郷ひろみ

22「傷だらけのローラ」(1974年)
西城秀樹

23「私鉄沿線」(1975年)
野口五郎

24「わたしの彼は左きき」(1973年)
麻丘めぐみ

25「学園天国」(1974年)
フィンガー5

26「草原の輝き」(1973年)
アグネス・チャン

27「赤い風船」(1973年)
浅田美代子

 

20:00~


20:00~のセトリはここをクリック

28「あなただけを」(1976年)
あおい輝彦

29「ブルドッグ」(1977年)
フォーリーブス

30「わたしの青い鳥」(1973年)
桜田淳子

31「せんせい」(1972年)
森昌子

32「ひと夏の経験」(1974年)
山口百恵

33「秋桜」(1977年)
山口百恵

34「いい日旅立ち」(1978年)
山口百恵

35「さよならの向こう側」(1980年)
山口百恵

36「年下の男の子」(1975年)
キャンディーズ

37「春一番」(1976年)
キャンディーズ

38「暑中お見舞い申し上げます」(1977年)
キャンディーズ

39「セクシー・バス・ストップ」(1976年)
浅野ゆう子

40「青春の坂道」(1976年)
岡田奈々

41「木綿のハンカチーフ」(1975年)
太田裕美

42「ロマンス」(1975年)
岩崎宏美

♪「甘い生活」(1974年)
野口五郎 ※スタジオ生歌唱

43「大人になれば」(1978年)
大場久美子

44「夏のお嬢さん」(1978年)
榊原郁恵

45「闘牛士」(1978年)
Char

46「キャンディ」(1977年)
原田真二

47「燃えろいい女」(1979年)
ツイスト

48「勝手にしやがれ」(1977年)
沢田研二

49「狼なんか怖くない」(1978年)
石野真子

 

20:50~


20:50~のセトリはここをクリック

ピンク・レディーのゴールデンヒストリーを、秘蔵映像を交えて紹介。また、ピンク・レディーのファンという千秋さんが、ピンク・レディーの独占インタビュー。

50「ペッパー警部」(1976年)
51「S・O・S」(1976年)
52「カルメン’77」(1977年)
53「渚のシンドバッド」(1977年)
54「ウォンテッド」(1977年)
55「ペッパー警部」(1976年)
 ※デパートの屋上で歌った秘蔵映像
56「サウスポー」(1978年)
57「モンスター」(1978年)
58「UFO」(1977年)

さらに、2017年12月30日放送の「第59回輝く!日本レコード大賞」の舞台裏に密着した様子も放送しました。昔と変わらぬパフォーマンスを見せたピンク・レディーの2人でしたが、ミィちゃん59歳、ケイちゃん60歳とは、信じられない!

なお、レコード大賞の時の衣装は、特注品。革素材にスワロフスキーがふんだんに飾られ、その重さは千秋さんによると「中型犬くらい」とのこと。そんな重い衣装を着ていたなんて、またまたびっくりです!

ちなみに、レコード大賞では、2人の歌唱時間に瞬間最高視聴率をマークしたとのこと。さすが、稀代のアイドル“ピンク・レディー”ですね!

 

21:23~


21:23~のセトリはここをクリック

59「青い珊瑚礁」(1980年)
松田聖子

60「ハッとして!Good」(1980年)
田原俊彦

61「スニーカーぶる~す」(1980年)
近藤真彦

62「ふられてBANZAI」の替え歌
近藤真彦 ※水泳大会で披露

63「NINJIN娘」の替え歌
田原俊彦 ※水泳大会で披露

64「気まぐれ ONEWAY BOY」(1983年)
THE GOOD-BYE

65「春なのに」(1983年)
柏原芳恵

66「スマイル・フォー・ミー」(1981年)
河合奈保子

67「ヤング・ボーイ」(1980年)
河合奈保子

68「ハイスクールララバイ」(1981年)
イモ欽トリオ

69「約束」(1982年)
渡辺徹

70「艶姿ナミダ娘」(1983年)
小泉今日子

71「NAI・NAI16」(1982年)
シブがき隊

72「なんてったってアイドル」(1985年)
小泉今日子

73「セカンド・ラブ」(1982年)
中森明菜

74「少女A」(1982年)
中森明菜

75「センチメンタル・ジャーニー」(1981年)
松本伊代

76「もしも明日が…」(1983年)
わらべ

77「ギザギザハートの子守唄」(1983年)
チェッカーズ

78「涙のリクエスト」(1984年)
チェッカーズ

79「ジュリアに傷心」(1984年)
チェッカーズ

80「六本木純情派」(1986年)
荻野目洋子

81「ダンシング・ヒーロー」(1985年)
荻野目洋子
※映像は59回日本レコード大賞で、登美丘高校とコラボしたときのもの

82「卒業 GRADUATION」(1985年)
菊池桃子

 

22:00~


22:00~のセトリはここをクリック

83「仮面舞踏会」(1985年)
少年隊

84「ツイてるねノッてるね」(1986年)
中山美穂

85「吐息でネット。」(1988年)
南野陽子

86「わたし・ドリーミング」(1986年)
西村知美

♪「Say Yes!」(1986年)
菊池桃子 ※スタジオ生歌唱

87「セーラー服を脱がさないで」(1985年)
おニャン子クラブ

88「冬のオペラグラス」(1986年)
新田恵利

89「バレンタイン・キッス」(1986年)
国生さゆり

90「MUGO・ん…色っぽい」(1988年)
工藤静香

91「17才」(1989年)
森高千里

92「私がオバさんになっても」(1992年)
森高千里

93「STAR LIGHT」(1987年)
光GENJI

94「Miracle Love」(1991年)
牧瀬里穂

95「ドリーム ラッシュ」(1989年)
宮沢りえ

96「伝説の少女」(1991年)
観月ありさ

97「愛しさと せつなさと 心強さと」(1994年)
篠原涼子

98「I’m Proud」(1996年)
華原朋美

99「Chance the Chance」(1995年)
安室奈美恵

100「BODY & SOUL」(1996年)
SPEED

101「POWER」(1998年)
ポケットビスケッツ

102「LOVEマシーン」(1999年)
モーニング娘。

103「がんばりましょう」(1994年)
SMAP

104「宙船(そらふね)」(2006年)
TOKIO

105「愛なんだ」(1997年)
V6

106「硝子の少年」(1997年)
KinKi Kids

107「Love so sweet」(2007年)

108「無責任ヒーロー」(2008年)
関ジャニ∞

109「Majiで恋する5秒前」(1997年)
広末涼子

110「大スキ!」(1997年)
広末涼子

111「ジーンズ」(1998年)
広末涼子

112「SEASONS」(2000年)
浜崎あゆみ

113「桃色片想い」(2002年)
松浦亜弥

114「ポニーテールとシュシュ」(2010年)
AKB48

115「行くぜっ!怪盗少女」(2010年)
ももいろクローバーZ

116「サイレントマジョリティー(2016年)
欅坂46

117「インフルエンサー」(2017年)
乃木坂46

 

<スポンサーリンク>

 

●第2弾のセットリスト(曲目と曲順)は?


※ここでは2017年10月2日(月)放送の「歌のゴールデンヒット オリコン1位の50年間」第2弾のセットリスト(曲目と曲順)をご紹介します。

19:00~


19:00~のセトリはここをクリック

<オリコン1位ヒット曲スペシャル>

♪「ラブユー東京」(1968年)
黒沢明とロス・プリモス

♪「帰ってきたヨッパライ」(1968年)
ザ・フォーク・クルセイダーズ

♪「悲しくてやりきれない」(1968年)
ザ・フォーク・クルセイダーズ

♪「シー・シー・シー」(1968年)
ザ・タイガース

♪「エメラルドの伝説」(1968年)
ザ・テンプターズ

♪「風が泣いている」(1968年)
ザ・スパイダース

♪「恋のしずく」(1968年)
伊東ゆかり
※女性初のオリコン1位

♪「今は幸せかい」(1968年)
佐川満男

♪「恋の季節」(1968年)
ピンキーとキラーズ
※オリコン初のダブルミリオン


♪「ブルー・ライト・ヨコハマ」(1969年)
いしだあゆみ

♪「禁じられた恋」(1969年)
森山良子

♪「池袋の夜」(1969年)
青江三奈

♪「伊勢佐木町ブルース」(1969年)
青江三奈

♪「人形の家」(1969年)
弘田三枝子

♪「逢わずに愛して」(1969年)
内山田洋とクールファイブ


♪「女のブルース」(1970年)
藤圭子

♪「圭子の夢は夜ひらく」(1970年)
藤圭子

♪「手紙」(1970年)
由紀さおり


♪「走れコウタロー」(1971年)
ソルティー・シュガー

♪「わたしの城下町」(1971年)
小柳ルミ子


♪「恋する夏の日」(1973年)
天地真理
※6週連続1位獲得

♪「小さな恋の物語」(1973年)
アグネス・チャン


♪「恋のダイヤル6700」(1974年)
フィンガー5

♪「あなた」(1974年)
小坂明子

♪「うそ」(1974年)
中条きよし

♪「冬の色」(1974年)
山口百恵

・郷ひろみヒット曲メドレー
♪「2億4千万の瞳」
♪「素敵にシンデレラ・コンプレックス」
♪「よろしく哀愁」
♪「花とみつばち」
♪「お嫁サンバ」
※郷ひろみさんが登場し、スペシャルメドレーを披露。メドレー中、1974年にオリコン1位を獲得した曲はどれでしょう?(答え・3番目。しかもジャニーズ事務所初!)

 

20:00~


20:00~のセトリはここをクリック

♪「私鉄沿線」(1975年)
野口五郎

♪「昭和枯れすすき」(1975年)
さくらと一郎

♪「『いちご白書』をもう一度」(1975年)
バンバン

♪「心のこり」(1975年)
細川たかし


♪「およげ!たいやきくん」(1976年)
子門真人

♪「横須賀ストーリー」(1976年)
山口百恵

♪「北の宿から」(1976年)
都はるみ


♪「青春時代」(1977年)
森田公一とトップギャラン

♪「夢先案内人」(1977年)
山口百恵


♪「我が良き友よ」(1975年)
かまやつひろし
※堺正章さんと高見沢俊彦さんがスタジオで歌唱


♪「カナダからの手紙」(1978年)
平尾昌晃・畑中葉子

♪「時間よ止まれ」(1978年)
矢沢永吉


・キャンディーズ特集
♪「あなたに夢中」(1973年)
※デビュー曲はオリコン36位
♪「年下の男の子」(1975年)
※オリコン9位
♪「春一番」(1976年)
※オリコン3位
♪「微笑がえし」(1978年)
※オリコン1位獲得


・ピンクレディー特集
♪「S・O・S」(1977年)
※オリコンで初めて1位を獲得した曲
♪「カルメン’77」(1977年)
※5週連続1位獲得
♪「渚のシンドバット」(1977年)
※8週連続1位獲得


♪「銃爪(ひきがね)」(1978年)
世良公則&ツイスト
※後ほどご本人が登場し歌唱しました。また、ギターで野村義男さんが登場!


♪「セクシャルバイオレットNo.1」(1979年)
桑名正博

♪「異邦人~シルクロードのテーマ」(1979年)
久保田早紀

♪「YOUNG MAN(Y・M・C・A)」(1979年)
西城秀樹


♪「ランナウェイ」(1980年)
シャネルズ

♪「ハッとして!Good」(1980年)
田原俊彦

♪「ダンシング・シスター」(1980年)
ノーランズ

 

21:00~


21:00~のセトリはここをクリック

♪「さらば恋人」(1971年)
堺正章

・あの名曲がまさかの2位!?その時1位は…
※2位の曲を聴いて、1位の曲のイントロから正解を当てるクイズ。
※司会は堺正章さんと榊原郁恵さん。

2位♪「木綿のハンカチーフ」/太田裕美
1位♪「およげたいやきくん」/子門真人

2位♪「愛のメモリー」/松崎しげる
1位♪「ウォンテッド」/ピンクレディー

2位♪「いとしのエリー」/サザン
1位♪「魅せられて」/ジュディ・オング

2位♪「銀河鉄道999」/ゴダイゴ
1位♪「関白宣言」/さだまさし

2位♪「昴」/谷村新司
1位♪「ダンシングオールナイト」
   /もんたよしのり


♪「ルビーの指輪」(1981年)
寺尾聰

♪「白いパラソル」(1981年)
松田聖子

♪「ギンギラギンにさりげなく」(1981年)
近藤真彦


♪「聖母たちのララバイ」(1982年)
岩崎宏美

♪「待つわ」(1982年)
あみん


♪「矢切の渡し」(1983年)
細川たかし

♪「ラヴ・イズ・オー・ヴァー」(1983年)
欧陽菲菲


♪「渚のはいから人魚」(1984年)
小泉今日子

・82年組大ヒット曲
♪「セカンド・ラブ」
中森明菜

♪「夏色のナンシー」
早見優

♪「センチメンタル・ジャーニー」
松本伊代

♪「リ・ボ・ン」
堀ちえみ

♪「駆けてきた処女(おとめ)」
三田寛子

♪「ゆ・れ・て湘南」
石川秀美

♪「スシ食いねェ!」
シブがき隊


♪「雨音はショパンの調べ」(1984年)
小林麻美

♪「星屑のステージ」(1984年)
チェッカーズ

♪「ヤマトナデシコ七変化」(1984年)
小泉今日子

♪「恋人たちのペイヴメント」(1984年)
THE ALFEE


♪「ミ・アモーレ」(1985年)
中森明菜

♪「悲しみにさよなら」(1985年)
安全地帯

♪「恋に落ちて‐Fall in love‐」(1985年)
小林明子
※7週連続1位獲得
※スタジオにご本人が登場し生歌唱


♪「冬のオペラグラス」(1986年)
新田恵利

♪「DESIRE」(1986年)
中森明菜

♪「My Revolution」(1986年)
渡辺美里


♪「雪國」(1987年)
吉幾三

♪「Marionette」(1987年)
BOØWY

♪「SHOW ME」(1987年)
森川由加里

♪「ガラスの十代」(1987年)
光GENJI

♪「はいからさんが通る」(1987年)
南野陽子


♪「ストレンジャーtonight」(1988年)
荻野目洋子

♪「ダンシング・ヒーロー」
荻野目洋子

♪「嵐の素顔」(1989年)
工藤静香

♪「淋しい熱帯魚」(1989年)
Wink

♪「クリスマス・イブ」(1989年)
山下達郎

 

22:00~


22:00~のセトリはここをクリック

・荻野目洋子メドレー
♪「ストレンジャーtonight」
♪「ダンシング・ヒーロー」
※スタジオで生歌唱を披露

・イントロクイズ後半戦
2位♪「もう恋なんてしない」/槇原敬之
1位♪「君がいるだけで」/米米CLUB

2位♪「約束」/渡辺徹
1位♪「野ばらのエチュード」/松田聖子

2位♪「さよなら」/オフコース
1位♪「大都会」クリスタル・キング

2位♪「涙のリクエスト」/チェッカーズ
1位♪「ワインレッドの心」/安全地帯

2位♪「ズルい女」/シャ乱Q
1位♪「TOMORROW」/岡本真夜

※イントロクイズはヤッくんの圧勝でした!


♪「今すぐKiss Me」(1990年)
LINDBERG

♪「さよなら人類」(1990年)
たま

♪「浪漫飛行」(1990年)
米米CLUB

♪「愛は勝つ」(1990年)
KAN


♪「ラブ・ストーリーは突然に」(1991年)
小田和正

♪「あなたに会えてよかった」(1991年)
小泉今日子


♪「クリスマスキャロルの頃には」(1992年)
稲垣潤一


♪「ロマンスの神様」(1993年)
広瀬香美


・安室奈美恵オリコンヒット曲特集
♪「Chase the chance」(1995年)
♪「Don’t wanna cry」(1996年)
♪「You’re my sunshine」(1996年)
♪「a walk in the park」(1996年)
♪「CAN YOU CELEBRATE?」(1997年)


・ミリオンヒット特集
♪「Hello, Again ~昔からある場所~」
My Little Lover
※184.8万枚

♪「そばかす」(1996年)
JUDY AND MARY
※105.7万枚

♪「チェリー」(1996年)
スピッツ
※161.3万枚

♪「これが私の生きる道」(1996年)
PUFFY
※156.6万枚

♪「PRIDE」(1996年)
今井美樹
※162.3万枚

♪「長い間」(1998年)
Kiroro
※120.6万枚

♪「HONEY」(1998年)
L’Arc~en~Ciel
※123.8万枚

♪「全部抱きしめて」(1998年)
KinKi Kids
※115.9万枚

♪「Movin’on without you」(1999年)
宇多田ヒカル
※112.6万枚

♪「TSUNAMI」(2000年)
サザンオールスターズ
※292.6万枚


・PUFFYオリコン1位曲メドレー
♪「渚にまつわるエトセトラ」
♪「サーキットの娘」
♪「これが私の生きる道」


♪「明日があるさ」(2001年)
Re:Japan

♪「地上の星」(2003年)
中島みゆき

♪「プラネタリウム」(2005年)
大塚愛

♪「三日月」(2006年)
絢香

♪「千の風になって」(2007年)
秋川雅史

♪「ライオン」(2010年)
遊助

♪「EXILE PRIDE」(2013年)
EXILE

♪「恋するフォーチュンクッキー」(2013年)
AKB48

♪「裸足でSummer」(2016年)
乃木坂46

♪「不協和音」(2017年)
欅坂46

♪「GOLD」(2017年)
Happiness

 

●第1弾のセットリスト(曲目と曲順)は?


※ここでは、2017年2月13日(月)放送の「歌のゴールデンヒット オリコン1位の50年間」第1弾のセットリスト(曲目と曲順)をご紹介します。

19:00~


19:00~のセトリはここをクリック

・「恋の季節」(1968年)
ピンキーとキラーズ
※17週1位獲得曲
※今陽子さん登場(スタジオ歌唱)

・「POWER」(1998年)
ポケットビスケッツ
※90.5万枚売り上げ
※千秋さん登場(スタジオ歌唱)

・「卒業」(1985年)
菊池桃子
※自身最大のヒット曲
※ご本人登場(スタジオ歌唱)

・「君がいるだけで」(1992年)
米米CLUB
※289.5万枚売り上げ
※石井竜也さん登場(スタジオ歌唱)

<オリコン1位ヒット曲スペシャル>

・1968年1月4日
「ラブユー東京」
黒沢明とロス・プリモス

・1968年1月25日
「帰って来たヨッパライ」
ザ・フォーク・クルセイダーズ

・1968年3月25日
「ゆうべの秘密」
小川知子

・1968年4月15日
「花の首飾り」
ザ・タイガース

・196年6月3日
「星影のワルツ」
千昌夫

・1968年9月9日
「サウンド・オブ・サイレンス」
サイモンとガーファンクル

・1968年9月23日
「恋の季節」
ピンキーとキラーズ

・1969年2月10日
「ブルー・ライト・ヨコハマ」
いしだあゆみ

・1969年4月14日
「夜明けのスキャット」
由紀さおり

・1969年6月9日
「港町ブルース」
森進一

・1969年7月14日
「禁じられた恋」
森山良子

・1969年11月10日
「黒猫のタンゴ」
皆川おさむ

・1970年5月25日
「圭子の夢は夜ひらく」
藤圭子

・1971年3月1日
「知床旅情」
加藤登紀子

・1971年4月19日
「ナオミの夢」
ヘドバとダビデ

・1971年5月17日
「また逢う日まで」
尾崎紀世彦

・1971年7月26日
「わたしの城下町」
小柳ルミ子

<2位になれなかった大ヒット曲特集>

・1972年11月20日
「女のみち」
宮史郎とぴんからトリオ

※1位になれなかった2位の名曲
「喝采」(1972年)
ちあきなおみ

・1976年2月23日
「およげ!たいやきくん」
子門真人

※1位になれなかった2位の名曲
「木綿のハンカチーフ」
太田裕美

・1978年5月29日
「サウスポー」
ピンク・レディー

※1位になれなかった2位の名曲
「プレイバックPart2」(1978年)
山口百恵

・1979年6月4日
「魅せられて」
ジュディ・オング

※1位になれなかった2位の名曲
「いとしのエリー」(1979年)
サザンオールスターズ

・1980年9月8日
「順子」
長渕剛

※1位になれなかった2位の名曲
「青い珊瑚礁」(1980年)
松田聖子

・1999年1月18日
「ラストチャンス」
Something ELse

※1位になれなかった2位の名曲
「Automatic」(1999年)
宇多田ヒカル

・「わたしの城下町」(1971年)
小柳ルミ子
※12週連続1位、ソロ女性歌手歴代1位
※ご本人登場(スタジオ歌唱)

※1位になれなかった2位の名曲
「さらば恋人」(1971年)
堺正章
※1万枚差で惜しくも2位に…
※小柳さんとメドレーでスタジオ歌唱

・1971年11月8日
「雨の御堂筋」
欧陽菲菲

・1972年2月14日
「別れの朝」
ペドロ&カプリシャス

・1972年5月8日
「太陽がくれた季節」
青い三角定規

・1972年5月15日
「瀬戸の花嫁」
小柳ルミ子

 

20:00頃~


20:00~のセトリはここをクリック

・1972年6月12日
「ひとりじゃないの」
天地真理

・1972年7月24日
「さよならをするために」
ビリー・バンバン

・1972年10月30日
「女のみち」
宮史郎とぴんからトリオ

・1973年2月19日
「学生街の喫茶店」
ガロ

・1973年5月14日
「赤い風船」
浅田美代子

・1973年8月27日
「わたしの彼は左きき」
麻丘めぐみ

・1973年6月18日
「危険なふたり」
沢田研二

・1973年10月22日
「神田川」
南こうせつとかぐや姫

・1974年10月28日
「よろしく哀愁」
郷ひろみ

・1975年2月3日
「はじめての出来事」
桜田淳子

・1975年3月3日
「22才の別れ」

・1975年3月31日
「我が良き友よ」
かまやつひろし

・1975年5月19日
「シクラメンのかほり」
布施明

・1975年6月23日
「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」
ダウン・タウン・ブギウギ・バンド

・1975年9月1日
「ロマンス」
岩崎宏美

・1975年12月22日
「あの日にかえりたい」
荒井由実

・1976年1月12日
「およげ!たいやきくん」
子門真人

・1976年7月5日
「横須賀ストーリー」
山口百恵

・1976年11月15日
「あばよ」
研ナオコ

・1976年12月6日
「北の宿から」
都はるみ

・1977年2月14日
「SOS」
ピンク・レディー

<ピンク・レディー1位曲特集>

※貴重映像とともに、ピンク・レディーの1位曲を紹介。

・「サウスポー」(1978年)
・「ウォンテッド」(1977年)
・「渚のシンドバッド」(1977年)

・1977年12月19日
「UFO」
ピンク・レディー
※増田恵子さん、今陽子さん、小柳ルミ子さん、菊池桃子さん、千秋さんでステージ歌唱

・1977年6月20日
「勝手にしやがれ」
沢田研二

・1977年12月12日
「わかれうた」
中島みゆき

・1978年3月13日
「微笑がえし」
キャンディーズ

・1978年9月11日
「君のひとみは10000ボルト」
堀内孝雄

・1979年1月29日
「チャンピオン」
アリス

・1979年2月26日
「HERO(ヒーローになる時、それは今)」
甲斐バンド

・1979年3月12日
「YOUNG MAN」
西城秀樹

・1979年7月30日
「関白宣言」
さだまさし

 

21:00頃~


21:00~のセトリはここをクリック

・1979年12月10日
「異邦人・シルクロードのテーマ・」
久保田早紀

・1980年3月10日
「贈る言葉」
海援隊

・1980年9月29日
「ハッとして!Good」
田原俊彦

・1980年10月13日
「風は秋色」
松田聖子

~松田聖子オリコン1位獲得25曲からイントロクイズ~

※芳村真理さん登場。堺正章さんと47年ぶりにMCを務めました。

・1980年12月22日
「スニーカーぶる~す」
近藤真彦

<マッチのオリコン1位ヒットメドレー>

※過去の貴重映像で近藤真彦さんの1位曲を紹介。
・「スニーカーぶる~す」(1980年)
・「ブルージーンズメモリー」(1981年)
・「ギンギラギンにさりげなく」(1981年)
・「情熱・熱風・せれなーで」(1982年)
・「ふられてBANZAI」(1982年)
・「ハイティーン・ブギ」(1982年)
・「ホレたぜ!乾杯」(1982年)
・「ミッドナイト・ステーション」(1983年)
・「ためいきロ・カ・ビ・リー」(1983年)
・「ケジメなさい」(1984年)

<オリコン1位ジャニーズヒット曲>

※過去映像で紹介。
・「喝!」(1984年)/シブがき隊
・「仮面舞踏会」(1985年)/少年隊
・「パラダイス銀河」(1988年)/光GENJI
・「DAYBREAK」(1988年)/男闘呼組
・「世界に一つだけの花」(2003年)/SMAP
・「宙船(そらふね)」(2006年)/TOKIO
・「愛なんだ」(1997年)/V6
・「硝子の少年」(1997年)/KinKi Kids
・「A・RA・SHI」(1999年)嵐
・「Venus」(2006年)タッキー&翼
・「青春アミーゴ」(2005年)修二と彰
・「チャンカパーナ」(2012年)NEWS
・「無責任ヒーロー」(2008年)関ジャニ∞
・「Real Face」(2006年)/KAT-TUN
・「Ultra Music Power」(2007年)/Hey!Say!JUMP
・「Thank you じゃん」(2015年)/Kis-My-Ft2
・「Sexy Zone」(2011年)/Sexy Zone
・「ええじゃないか」(2014年)/ジャニーズWEST

※マッチの生歌スペシャルメドレー
・「スニーカーぶる~す」(1980年)
・「ハイティーン・ブギ」(1982年)
・「ギンギラギンにさりげなく」(1981年)

・1981年3月30日
「ルビーの指輪」
寺尾聰

・1982年2月8日
「赤いスイートピー」
松田聖子

・1982年8月30日
「待つわ」
あみん

・1982年11月29日
「セカンド・ラブ」
中森明菜

・1983年9月5日
「フラッシュダンス」
アイリーン・キャラ

・1984年10月29日
「恋人たちのペイヴメント」
アルフィー

・1984年11月26日
「飾りじゃないのよ涙は」
中森明菜

・1984年12月3日
「ジュリアに傷心(ハートブレイク)」
チェッカーズ

 

22:00頃~


22:00~のセトリはここをクリック

・1984年12月31日
「スターダスト・メモリー」
小泉今日子

・1985年5月27日
「BOYのテーマ」
菊池桃子

・1985年12月2日
「なんてったってアイドル」
小泉今日子

・1986年3月3日
「じゃあね」
おニャン子クラブ

・1986年10月13日
「CHA-CHA-CHA」
石井明美

・1989年4月17日
「BE MY BABY」
COMPLEX

・1989年6月12日
「Diamonds(ダイヤモンド)」
プリンセス プリンセス

・1990年6月25日
「太陽のKomachi Angel」
B’z

・1991年7月20日
「どんなときも。」
槇原敬之

・1992年5月18日
「君がいるだけで」
米米CLUB

・1992年7月27日
「涙のキッス」
サザンオールスターズ

・1993年8月9日
「真夏の夜の夢」
松任谷由実

・1993年11月22日
「TRUE LOVE」
藤井フミヤ

・1994年5月30日
「空と君のあいだに」
中島みゆき

・1995年8月7日」
「LOVE LOVE LOVE」
ドリームズ・カム・トゥルー

<小室哲哉プロデュースミリオンヒット曲>

・「恋しさと せつなさと 心強さと」(1994年)/篠原涼子

・「CRAZY GONNA CRAZY」(1995年)/trf

・「WOW WAR TONIGHT ~時には起こせよムーヴメント」(1995年)/H Jungle With t

・「Chase the Chance」(1995年)/安室奈美恵

・「DEPARTURES」(1996年)/globe

・1994年6月13日
「innocent world」
Mr.Children

・1995年7月10日
「TOMORROW」
岡本真夜

・1997年8月18日
「HOWEVER」
GLAY

・1998年8月3日
「POWER」
ポケットビスケッツ

・1999年8月2日
「Boys&Girls」
浜崎あゆみ

・1999年10月4日
「LOVEマシーン」
モーニング娘。

・2000年2月7日
「TSUNAMI」
サザンオールスターズ

・2000年11月6日
「Everything」
MISIA

・2004年3月29日
「全てが僕の力になる!」
くず

・2008年6月9日
「キセキ」
GReeeeN

・2010年8月30日
「ヘビーローテーション」
AKB48

・2011年9月26日
「Rising Sun」
EXILE

・2014年7月7日
「R.Y.U.S.E.I.」
三代目JSB

・2017年2月13日
「Reboot!!!」
A.B.C-Z

<フィナーレ>

・1973年9月10日
「心の旅」
チューリップ
※出演者一同で歌唱

 

<スポンサーリンク>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. スタバメニューのカロリー一覧表!レギュラーから新作まで[フード編]
  2. スタバメニューのカロリー一覧表!新作フラペチーノも![ドリンク編]
  3. ゆうメール規格外廃止!定形外郵便やゆうメール新料金一覧&ゆうパック料金は?
  4. サーティーワンの値段とメニューやカロリーは?新作とキャンペーン情報も!
  5. 嵐メンバーが主演で主題歌も嵐の連続ドラマ&映画一覧!最新版♪

関連記事

  1. 映画・ドラマ・音楽

    宇多田ヒカルのコンサートツアー2018/日程とチケット発売日は?

    2018年12月9日(日)にデビュー20周年記念日を迎える宇多田ヒ…

  2. 映画・ドラマ・音楽

    Mステウルトラフェス2018/出演者とタイムテーブルやセットリストは?

    放送開始から32年を迎えたテレビ朝日の老舗音楽番組「ミュージックス…

  3. 映画・ドラマ・音楽

    紅白で良かった歌手ランキング/安室奈美恵ダントツ1位(文春版)

    2018年1月13日(土)、週刊文春が実施したアンケート企画「紅白…

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • きんた
    • 2018年 2月 18日

    見れなかった…
    動画ないかな(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

      • yorozu-do
      • 2018年 2月 18日

      目ぼしい動画配信サービスで探してみましたが、どこもやってないみたいです。TBSオンデマンドでもないようだし…。残念ですが…。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

読んでほしい記事

アーカイブ

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

おすすめまとめ記事

ピックアップ記事

  1. スポーツ

    箱根駅伝2017/往路結果と区間記録速報!通過順位や区間賞・優勝校は?
  2. 統計・ランキング

    男女平等ランキング2016/日本のジェンダー・ギャップ指数はG7最下位
  3. 統計・ランキング

    現代病ランキングトップ10/自分に当てはまるものは?症候群あれこれ
  4. スポーツ

    ニューイヤー駅伝2019/結果速報!優勝&区間記録は?
  5. スマホ・インターネット・ゲーム

    信じないで!拡散されたiPhoneをバグらせる悪質なデマまとめ!
PAGE TOP