統計・ランキング

世界企業ブランドランキング2018/トップ100に日本企業は何社?

2018年10月4日(木)、世界最大のブランディング会社である、アメリカ・インターブランド社が「世界企業ブランドランキング」トップ100を発表しました。

有名ブランドだからといって必ずしも良い製品とは言い切れない昨今ですが、万人が知ってるブランドというだけで、安心できるというのも変わらない事実です。

そんな「世界企業ブランドランキング」ですが、気になるのはトップ100に日本企業が何社ランクインしているのか…ではないでしょうか。

そこで今回は、2018年版「世界企業ブランドランキング」のトップ100をご紹介します。

※過去のデータもあわせてご紹介しています。

※日本企業ブランドランキング2019については、こちらの記事をご覧ください。

日本企業ブランドランキング2019/グローバル&国内ブランドトップ40

 

<スポンサーリンク>

●世界企業ブランドランキング2018


2018年10月4日(木)、世界最大のブランディング会社である、アメリカ・インターブランド社が、「世界企業ブランドランキング2018」トップ100を発表しました(正式名称:Best Global Brands 2018)。

同ランキングは、世界的ブランドの収益性・価値・カリスマ性など、そのブランドが持つ価値を金額換算し、ランキングしたもの。2000年から開始され、今回で19回目となります。

2018年の世界企業ブランドランキング1位に輝いたのは、6年連続で「Apple」、2位も同様で6年連続「Google」です。

また、3位は前回より2ランクあげた「Amazon」が入り、変わりに「Microsoft」が1ランク下げ4位という結果となりました。

なお、23位の「Chanel」がランキングに返り咲き、92位の「Spotify」が初めて世界企業ブランドランキングにランクインしました。

そして、日本企業のランキングは、「トヨタ」が前年と同じく7位。「ホンダ」も前年と同じく20位。「日産」は1ランクダウンの40位。「Cannon」は3ランクダウンの55位。「Sony」は2ランクアップの59位。「Panasonic」は1ランクダウンの76位です。

一方、「任天堂」は今回初めて99位にランクイン。また、「スバル」も今回初めて100位にランクインしています。

それでは、「世界企業ブランドランキング2018」のトップ100をご紹介します。

1位~20位


21位~40位


 

<スポンサーリンク>

 

41位~60位


61位~80位


81位~100位


※株式会社インターブランドジャパン報道資料より作成。

※日本企業ブランドランキング2019については、こちらの記事をご覧ください。

日本企業ブランドランキング2019/グローバル&国内ブランドトップ40

 

<スポンサーリンク>

 

●参考:世界企業ブランドランキング2017


※ここでは参考までに、2017年9月25日(月)に発表された「世界企業ブランドランキング2017」トップ100(正式名称:Best Global Brands 2017)をご紹介します。

1位に輝いたのは前回同様「Apple」で、2位も前回同様「Google」となりました。3位は前回より1ランクあげた「Microsoft」。4位は逆に1ランク下げた「コカ・コーラ」です。上位の面々は基本的に目立った変動はない印象です。

そして、気になる日本企業のランキングですが、「トヨタ」が前年より2ランク下げて7位。「ホンダ」が前年より1ランクあげて20位。「日産自動車」が前回より4ランクあげて39位。「cannon」が前回より10ランクさげて52位。「Sony」が前回より3ランク下げて61位。「パナソニック」が前回より7ランク下げて75位…という結果となりました。

それでは、トップ100をご紹介します。

1位~20位


21位~40位


 

<スポンサーリンク>

 

41位~60位


61位~80位


81位~100位


※株式会社インターブランドジャパン報道資料より作成。

 

<スポンサーリンク>

 

●参考:世界企業ブランドランキング2016


※ここでは参考までに、2016年10月5日(水)に発表された「世界企業ブランドランキング2016」トップ100(正式名称:Best Global Brands 2016)をご紹介します。

1位に輝いたのは「Apple」で、2位「Google」、3位「コカ・コーラ」、4位「Microsoft」と、4位まではのランキングは前年と同じ。

そして、前年6位だった「トヨタ」が、初めて5位にランクイン。これは、アジアのブランドでは過去最高位となりました。

さて、気になる日本企業は、何社ランクインしたのでしょうか?

「トヨタ」が前年より1ランクアップの5位。「ホンダ」が前年19位よりランクを下げて21位。「cannon」が前年40位よりランクを下げて42位。「日産自動車」が前年49位からランクを上げて43位。「Sony」は前年と同ランクを維持。「パナソニック」は前年65位よりランクを下げて68位…という結果となりました。

それでは、トップ100をご紹介します。

1位~20位


2016年ブランド①

21位~40位


2016年ブランド②

 

<スポンサーリンク>

 

41位~60位


2016年ブランド③

61位~80位


2016年ブランド④

81位~100位


2016年ブランド⑤※株式会社インターブランドジャパン報道資料より作成。

 

<スポンサーリンク>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. サーティーワンの値段とメニューやカロリーは?新作とキャンペーン情報も!
  2. スタバメニューのカロリー一覧表!レギュラーから新作まで[フード編]
  3. スタバメニューのカロリー一覧表!新作フラペチーノも![ドリンク編]
  4. ゆうメール規格外廃止!定形外郵便やゆうメール新料金一覧&ゆうパック料金は?
  5. 嵐メンバーが主演で主題歌も嵐の連続ドラマ&映画一覧!最新版♪

関連記事

  1. 統計・ランキング

    NHKがベスト・アニソン100をLIVEで発表!1位~300位全一覧!

    日本で初めてアニメーションが公開されてから、2017年は100周年…

  2. 統計・ランキング

    お父さんのためのワイドショー講座/Nキャス平成ニュースランキング!

    平成から令和への改元を目前に控え、平成を総括するさまざまな企画を各…

  3. 統計・ランキング

    好きな俳優・嫌いな俳優2015/男女別のランキングは!?

    年末年始になると、さまざまな統計データやアンケート…

  4. 統計・ランキング

    失言迷言ランキング!平成30年史/トップ10をミヤネ屋が発表

    2019年4月25日(木)、情報番組「ミヤネ屋」(読売・日テレ)が…

  5. スポーツ

    スポーツ選手長者番付2019/世界で最も稼ぐスポーツ選手トップ100に日本人は?

    世界では多くのスポーツ選手が活躍していますが、最も稼ぐスポーツ選手…

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 森屋義男
    • 2019年 4月 02日

    日本の企業がこれから、世界の中で100位以内で競争ができるのか興味があります。私の予想では10年以内に100位以内に
    残れる企業はいないと思われます。社長がサラリーマン的決断しかできないのが原因だと思います。令和時代を生き抜くためには
    経営者を変える必要があるのではないかと思います。日本の社長よ冒険を怖がるな、がんばれ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

読んでほしい記事

アーカイブ

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

おすすめまとめ記事

ピックアップ記事

  1. ライフハック

    猿顔のランからダースベーダ―まで!世界中のユニークな植物大集合!
  2. バラエティ番組

    声優総選挙ベスト25/声優No.1は誰?プロが選ぶ本当にスゴイ声優!
  3. スポーツ

    ニューイヤー駅伝2017/総合結果と区間記録速報!優勝チームは?
  4. 箱根駅伝

    箱根駅伝2019/復路結果速報!区間記録と復路優勝&総合優勝校は?
  5. 統計・ランキング

    世界重税ランキングで日本2位はウソ?本当のランキングはこれだ!
PAGE TOP