映画・ドラマ・音楽

「刑事7人」第3シリーズのあらすじとキャストは?東山紀之主演ドラマ

 

個性的な刑事たちが活躍する東山紀之さんが主演のドラマ「刑事7人」(テレビ朝日)が、2017年7月12日(水)夜9時から放送(初回15分拡大)。

第3シリーズに突入した「刑事7人」。警視庁最強のスペシャリストたちが集結し、それぞれの能力を生かし、凶悪犯罪に立ち向かいます。

そこで今回は、「刑事7人」第3シリーズのあらすじやキャストについてご紹介します♪

 

<スポンサーリンク>

●ドラマ「刑事7人」とは?


2017年7月12日(水)夜9時からスタートのドラマ「刑事7人」(テレビ朝日・初回15分拡大)。

刑事ドラマを得意とするテレビ朝日が放つ、「相棒」を超える可能性を秘めた本作は、2015年7月期に第1シリーズ、2016年7月に第2シリーズを放送。今回、第3シリーズとなって水曜9時枠に戻ってきます。

そんな「刑事7人」。第1シリーズでは、「警視庁捜査一課12係」に所属していた6人の刑事たちと、協力関係にある法医学の権威がさまざまな難事件を解決。

第2シリーズでは天樹悠(演・東山紀之)が機動捜査隊に、片桐正敏(演・吉田鋼太郎)は刑事総務課に、山下巧(演・片岡愛之助)は未来犯罪予測センターへと、異動や出世などで「12係」から離れるなど環境が変化。

とはいえ、「12係」を中心にそれぞれ別々の道を歩みつつも、協力して捜査にあたりました。

また、第2シリーズでは新メンバーとして青山新(演・塚本高史)が加入したものの、数々の難事件をともに解決してきた「12係」のメンバーの1人、永沢圭太(演・鈴木浩介)が殉職するというショッキングな出来事も…。

そして第3シリーズでは、片桐正敏が東京臨海エリアの捜査に特化した「第11方面本部準備室」の室長に就任。

さらに、機動捜査隊の天樹と、未来犯罪予測センターの山下、「12係」の沙村康介(演・高嶋政宏)、水田環(演・倉科カナ)、青山、法医学教室教授の堂本俊太郎(北大路欣也)がメンバーとして事件捜査にあたります。

なお、第3シリーズでは超凶悪犯罪に挑む7人の刑事たち。シリーズ最強の敵が出現するほか、事故死したと思われていた天樹の妻子の死の真相も明らかに…。

「刑事7人」では登場人物たちの個性的溢れるパーソナリティーも大きな魅力のひとつ。第3シリーズでは凶悪な敵を前にした7人が、それぞれの正義を暴走させていく過程で、秘密や裏の顔も露わに…。7人の刑事たちが見せる人間ドラマは、さらに深みを増していきそうです。

 

●キャラクター&キャスト情報


<天樹悠(あまぎゆう)/東山紀之>

第1シリーズの「警視庁捜査一課12係」刑事から、第2シリーズでは「警視庁機動捜査隊」に異動。第3シリーズでは「第11方面本部準備室」のメンバーに選ばれる。朗らかで人当たりはいいが、協調性が徹底的に欠如しており1人で捜査にのめり込むタイプ。空気はまったく読まない。人が見落としがちな小さな証拠を積み上げ真実を突き止める、類まれな捜査能力の持ち主。

なお、「第11方面本部準備室」が捜査を担当するのは、12年前に妻子が事故死した現場がある臨海エリア。そのため、妻子の死の真相と直面することになる。

s-東山紀之

東山紀之さん(50)は、1966年にジャニーズ事務所に入所しバックダンサーなどを経て、1985年に「少年隊」のメンバーとしてデビュー。人気アイドルグループとして歌手活動などを行うかたわら、俳優としても活躍。

1990年代からは少年隊としての活動は、2008年まで続いたミュージカル「PLAYZONE」を除いて徐々に減少。活躍の場を俳優業にシフトチェンジし、「源義経」「琉球の風」などの時代劇から、「七つの会議」「○○妻」などの現代劇までさまざまな役柄を演じています。また、舞台やCM、ナレーションでも活躍しています。

主な出演作品は、TVドラマ「源氏物語」「ザ・シェフ」「必殺仕事人」シリーズ、「新・棟居刑事」シリーズ、映画「本気!」「MAKOTO」「山桜」「トリック劇場版 ラストステージ」など。

 

<スポンサーリンク>

 

<沙村康介(さむらこうすけ)/髙嶋政宏>

第1シリーズでは「警視庁捜査一課12係」刑事、第2シリーズでは同部署の係長に昇進。第3シリーズでは「第11方面本部準備室」の捜査を指揮。

メンバーがそれぞれの正義を暴走させるものの、「最終的には自分が責任を取る」と、仲間を信頼しギリギリの捜査にも力を貸す。任務に疲れ、淡い恋に癒しを求めるが…。

s-高嶋政宏

髙嶋政宏さん(51)は芸能一家に生まれ、1987年の映画「トットチャンネル」で俳優デビュー。同じ年に映画「BU・SU」にも出演し、日本アカデミー賞新人俳優賞ほか多数の新人賞を受賞しました。翌年には映画「悲しい色やねん」で主演、NHK朝の連ドラ「純ちゃんの応援歌」に出演し人気を獲得。

時代劇から現代劇まで、さまざまな役柄をこなす確かな演技力で、ドラマ、映画、舞台などで活躍。実は歌手デビューもしており、シングルを4枚リリースしています。

主な出演作品は、TVドラマ「同窓会」「山岳救助隊・紫門一鬼」「ストロベリーナイト」信長協奏曲」「S-最後の警官-」、映画「ゴジラvsメカゴジラ」「ヤマトタケル」「荒川アンダーザブリッジ」など。

 

<山下巧(やましたたくみ)/片岡愛之助>

第1シリーズの「警視庁捜査一課12係」刑事から、「未来犯罪予測センター」に異動。つまり、たった1人の窓際部署に左遷された。第3シリーズでは「第11方面本部準備室」のメンバーに。

サイバーセキュリティー対策に関しては警視庁内随一の能力を持ち、いつも一人で警視庁のシステムの脆弱性と向き合っている。

s-片岡愛之助

片岡愛之助さん(45)は、4歳頃から習い事の一環として子役になるための養成所へ通い始め、子役として芸能界デビュー。1979年の「欲しがりません勝つまでは」でTVドラマ初出演。1981年には才能を見出され、歌舞伎の片岡一門へ入門し、歌舞伎役者に転身。1993年には二代目片岡秀太郎の養子となり、六代目片岡愛之助を襲名しました。

2003年の「夜桜お染」でTV時代劇に出演、2011年の「ハガネの女」で現代劇にも本格復帰。2013年に高視聴率を獲得したの「半沢直樹」では、視聴者に強烈な印象を与える演技が話題となりました。

主な出演作品は、TVドラマ「ガラスの家」「名探偵 神津恭介」シリーズ、「真田丸」、映画「Beauty うつくしいもの」「マザー」「レインツリーの国」など。

 

<水田環(みずたたまき)/倉科カナ>

第1シリーズ、第2シリーズともに「警視庁捜査一課12係」の刑事で紅一点。第3シリーズでは「第11方面本部準備室」のメンバーに。帰国子女。天樹とは違った視点で細かい部分に着目し、捜査に有益な情報を集めるのが得意。一見クールだが仕事に対する情熱は人一倍。

潔癖な正義感を持つがゆえに、仲間たちと対立することも。そしてある人物から仲間たちの動向をスパイするよう要請されるが…。

s-倉科カナ

倉科カナさん(29)は、2006年に講談社の「ミスマガジン2006」でグランプリを獲得し、グラビアアイドルとしての活動を開始。同じ年に音楽番組への出演や、女優としての活動もスタートします。

注目を集めたのは、オーディションで主役を勝ち取った2009年のNHK朝の連ドラ「ウェルかめ」。以降、多数のTVドラマや映画、CM、舞台などで活躍しています。

主な出演作品は、TVドラマ「名前をなくした女神」「私が恋愛できない理由」「花のズボラ飯」「ファーストクラス」「残念な夫。」、映画「GROW 愚郎」「砂時計」「夢売るふたり」「珍遊記」など。

 

<スポンサーリンク>

 

<片桐正敏(かたぎりまさとし)/吉田鋼太郎>

第1シリーズは「警視庁捜査一課12係」の係長だったが、第2シリーズでは「刑事総務課」の課長に昇進。第3シリーズでは臨海エリアの捜査に特化した「第11方面本部」設立を推進し、準備室長に就任。そして、天樹らを招集し“最強の別動隊”を結成した。

その目的は、ある理由から宿敵とみなしている「馬久根恒義」を倒すためだが…。

s-吉田鋼太郎

吉田剛太郎さん(58)は、劇団四季、シェイクスピア・シアターなどの劇団生活を経て、1997年に劇団AUNを共同で結成。主に舞台俳優として活動していました。2010年代に入ってからTVドラマや映画への出演が増え、「半沢直樹」や「MOZU」シリーズなど人気作品にも出演をしています。

主な出演作品は、TVドラマ「カラマーゾフの兄弟」「花子とアン」「東京センチメンタル」「真田丸」「ゆとりですがなにか」、映画「ワイルド7」「ヘルタースケルター」「アンフェア the end」など。

 

<青山新(あおやまあらた)/塚本高史>

第2シリーズから「警視庁捜査一課12係」に配属され、第3シリーズでは「第11方面本部準備室」のメンバーに。昔はワルだったという異色の経歴の持ち主。とくに臨海エリアにはワル時代の仲間たちが力を持っているため、貴重な情報源として活用する。捜査方法は一見するとダーティーだが、信念をもって捜査に当たっているが…。

s-塚本高史

塚本高史さん(34)は、1996年にサンミュージックのオーディションに合格。翌年TVドラマ「職員室」で俳優デビュー。初出演の映画「バトル・ロワイヤル」で知名度を上げました。

以後もTVドラマ、映画、CMなどで活躍。なかでも宮藤官九郎作品に多数出演。また、歌手としてもデビューしており、シングルは3枚リリースしています。

主な出演作は、TVドラマ「シンデレラは眠らない」「木更津キャッツアイ」「タイガー&ドラゴン」「菊次郎とさき」「監査法人」「ワイルド・ヒーローズ」、映画「ROCKERS」「エンマ」「陰日向に咲く」「アウトレイジ」「ガールズ・ステップ」など。

 

<堂本俊太郎(どうもとしゅんたろう)/北大路欣也>

「東都大学医学部」の法医学教室教授で、天樹の亡くなった妻の父。法医学の権威で、司法解剖の知識と経験は群を抜いており、天樹たちの捜査にもたびたび貢献。第3シリーズでは「第11方面本部準備室」のメンバーに。

事故死した娘の司法解剖を担当。その遺体には天樹にも言えなかった秘密があり、それを天樹に告げたことで衝撃の真相が暴かれていくことに…。

s-北大路欣也

北大路欣也さん(74)は、1956年に映画「父子鷹」に出演し中学1年生で俳優デビュー。映画、舞台、TVドラマと幅広い活躍を続けています。1970年代ごろまでは時代劇や任侠ものに多く出演していましたが、それ以降は幅広い役柄を演じるように。最近はTVドラマ「半沢直樹」「リーガルハイ」「三匹のおっさん」などの話題作に出演しています。

また、ソフトバンクモバイルのCMでは、2007年からお父さん犬の声を継続して担当。2015年から出演しているスマホアプリゲーム「ドラゴンクエストモンスターズ」のCMでは、演じてている竜王がハマリ役と評判になりました。

主な出演作品はTVドラマ「銭形平次」シリーズ、「華麗なる一族」「篤姫」「マッサン」「フラジャイル」、映画「仁義なき戦い」シリーズ、「八甲田山」「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」など。

 


 

いかがでしたでしょうか?

第2シリーズの最後で片桐が発した「お前らにはまだ、やってもらわなければならないでかい仕事が残っている」という言葉。

これは第3シリーズの布石か…と誰もが思ったことでしょうが、やはりその通りでした。

そして第3シリーズでは、ついに天樹の妻子が事故死した真相が暴かれるだけでなく、片桐の本当の目的も判明する模様。

ドラマはどんな展開を迎え、そしてさらにシリーズが進んでいくのか…気になりますね!

ちなみに、第1シリーズの視聴率は9.6%。第2シリーズの視聴率は10.3%。「相棒」を超えるにはまだまだ先は長そうですが、テレ朝の刑事ドラマシリーズの1つとして、定着する可能性大です。

 

<スポンサーリンク>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. スタバメニューのカロリー一覧表!新作フラペチーノも![ドリンク編]
  2. 秋ドラマ2017一覧/10月期ドラマをまとめて紹介!キャスト&あらすじは?
  3. 嵐メンバーが主演で主題歌も嵐の連続ドラマ&映画一覧!最新版♪
  4. スタバメニューのカロリー一覧表!レギュラーから新作まで[フード編]
  5. 冬ドラマ2018一覧/1月期ドラマをまとめて紹介!キャスト&あらすじは?

関連記事

  1. 映画・ドラマ・音楽

    岡田准一主演・映画「海賊とよばれた男」のあらすじやキャストは?

    百田尚樹氏原作の「海賊とよばれた男」が、岡田准一さ…

  2. 映画・ドラマ・音楽

    ベストヒット歌謡祭2016/出演者と観覧応募方法!当日のセトリは?

    東京発の音楽番組が多い中、貴重な関西発の音楽番組「…

  3. 映画・ドラマ・音楽

    CDTV卒業ソング2017/出演者とタイムテーブルは?観覧募集情報も!

    春は卒業…別れの季節。そんなシチュエーションにはぴ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

読んでほしい記事

アーカイブ

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

おすすめまとめ記事

ピックアップ記事

  1. スマホ・インターネット・ゲーム

    信じないで!拡散されたiPhoneをバグらせる悪質なデマまとめ!
  2. グッズ

    本屋大賞2017/ノミネート10作品のあらすじは?受賞結果も!
  3. 統計・ランキング

    住みたい街ランキング2016/街の魅力・住んでよかったポイントは?
  4. 統計・ランキング

    世界のセレブ長者番付2017/セレブランキング100一覧!錦織圭は何位?
  5. 統計・ランキング

    タレントイメージ調査2016/好きなタレントランキング&ブレイク候補は?
PAGE TOP