統計・ランキング

世界企業ブランドランキング2019/トップ100に日本企業は何社?

2019年10月17日(木)、世界最大のブランディング会社である、アメリカ・インターブランド社が「世界企業ブランドランキング」トップ100を発表しました。

有名ブランドだからといって必ずしも良い製品とは言い切れない昨今ですが、万人が知ってるブランドというだけで、安心できるというのも変わらない事実です。

そんな「世界企業ブランドランキング」ですが、気になるのはトップ100に日本企業が何社ランクインしているのか…ではないでしょうか。

そこで今回は、2019年版「世界企業ブランドランキング」のトップ100をご紹介します。

※過去のデータもあわせてご紹介しています。

※日本企業ブランドランキング2019については、こちらの記事をご覧ください。

日本企業ブランドランキング2019/グローバル&国内ブランドトップ40

 

<スポンサーリンク>

●世界企業ブランドランキング2019


2019年10月17日(木)、世界最大のブランディング会社である、アメリカ・インターブランド社が、「世界企業ブランドランキング2019」トップ100を発表しました(正式名称:Best Global Brands 2019)。

同ランキングは、世界的ブランドの収益性・価値・カリスマ性など、そのブランドが持つ価値を金額換算し、ランキングしたもの。2000年から開始され、今回で20回目となります。

2019年の世界企業ブランドランキング1位に輝いたのは、7年連続で「Apple」、2位も同様に7年連続で「Google」です。

また、3位も2年連続で「Amazon」、4位も前年同様に「Microsoft」…と、8位の「メルセデスベンツ」まで同順位でした。

そして、日本企業のランキングは、前年と同じく「トヨタ自動車」が7位、「ホンダ」が21位、「日産」が52位、「SONY」が56位、「Canon」が61位、「Panasonic」が81位、「任天堂」が89位という結果となりました。

それでは、「世界企業ブランドランキング2019」のトップ100をご紹介します。

◇1位~25位


順位ブランド(2019)前年
1Apple1
2Google2
3amazon3
4Microsoft4
5コカ・コーラ5
6サムスン6
7トヨタ自動車7
8メルセデスベンツ8
9マクドナルド10
10ディズニー14
11BMW13
12IBM12
13インテル11
14Facebook9
15シスコシステムズ15
16ナイキ17
17ルイ・ヴィトン18
18オラクル19
19GE(ゼネラル・エレクトリック)16
20SAP21
21ホンダ20
22シャネル23
23アメリカン・エキスプレス24
24ペプシコーラ22
25JPモルガン26

 

◇26位~50位


順位ブランド(2019)前年
26IKEA27
27UPS(ユナイテッド・パーセル・サービス)29
28エルメス32
29ZERA25
30H&M30
31アクセンチュア34
32バドワイザー33
33グッチ39
34パンパース31
35フォード・モーター35
36現代自動車36
37ジレット28
38ネスカフェ37
39アドビシステムズ56
40フォルクスワーゲン41
41シティバンク45
42アウディ42
43アリアンツ49
44ebay38
45アディダス50
46アクサ47
47HSBC46
48スターバックス57
49フィリップス43
50ポルシェ52

 

<スポンサーリンク>

 

◇51位~75位


順位ブランド(2019)前年
51ロレアル48
52日産自動車40
53ゴールドマン・サックス44
54HP(ヒューレッド・パッカード)54
55Visa61
56SONY59
57ケロッグ53
58シーメンス56
59ダノン58
60ネスレ62
61Canon55
62マスターカード70
63DELL
643M60
65Netflix66
66コルゲート64
67サンタンデール69
68カルティエ67
69モルガン・スタンレー63
70セールスフォームドットコム75
71ヒューレッド・パッカード・エンタープライズ65
72PayPal73
73フェデックス72
74ファーウェイ(華為技術)68
75レゴ74

 

◇76位~100位


順位ブランド(2019)前年
76キャタピラー82
77フェラーリ80
78起亜自動車71
79コロナビール85
80ジャックダニエル84
81Panasonic76
82ディオール91
83DHL79
84ジョン・ディア88
85ランドローバー78
86ジョンソン・エンド・ジョンソン77
87Uber
88ハイネケン87
89任天堂99
90MINI
91ディスカバリーチャンネル81
92Spotify92
93KFC86
94ティファニー83
95ヘネシー98
96バーバリー94
97シェル89
98Linkedin
99ハーレーダビッドソン93
100プラダ95

※株式会社インターブランドジャパン報道資料より作成。

 

※日本企業ブランドランキング2019については、こちらの記事をご覧ください。

日本企業ブランドランキング2019/グローバル&国内ブランドトップ40

 

<スポンサーリンク>

 

●世界企業ブランドランキング2018


※ここでは参考までに、2018年10月4日(木)に発表された「世界企業ブランドランキング2018」トップ100(正式名称:Best Global Brands 2018)をご紹介します。

2018年の世界企業ブランドランキング1位に輝いたのは、6年連続で「Apple」、2位も同様で6年連続「Google」です。

また、3位は前回より2ランクあげた「Amazon」が入り、変わりに「Microsoft」が1ランク下げ4位という結果となりました。

なお、23位の「Chanel」がランキングに返り咲き、92位の「Spotify」が初めて世界企業ブランドランキングにランクインしました。

そして、日本企業のランキングは、「トヨタ」が前年と同じく7位。「ホンダ」も前年と同じく20位。「日産」は1ランクダウンの40位。「Canon」は3ランクダウンの55位。「Sony」は2ランクアップの59位。「Panasonic」は1ランクダウンの76位です。

一方、「任天堂」は今回初めて99位にランクイン。また、「スバル」も今回初めて100位にランクインしています。

それでは、「世界企業ブランドランキング2018」のトップ100をご紹介します。

1位~20位


21位~40位


 

<スポンサーリンク>

 

41位~60位


61位~80位


81位~100位


※株式会社インターブランドジャパン報道資料より作成。

 

<スポンサーリンク>

 

●参考:世界企業ブランドランキング2017


※ここでは参考までに、2017年9月25日(月)に発表された「世界企業ブランドランキング2017」トップ100(正式名称:Best Global Brands 2017)をご紹介します。

1位に輝いたのは前回同様「Apple」で、2位も前回同様「Google」となりました。3位は前回より1ランクあげた「Microsoft」。4位は逆に1ランク下げた「コカ・コーラ」です。上位の面々は基本的に目立った変動はない印象です。

そして、気になる日本企業のランキングですが、「トヨタ」が前年より2ランク下げて7位。「ホンダ」が前年より1ランクあげて20位。「日産自動車」が前回より4ランクあげて39位。「canon」が前回より10ランクさげて52位。「Sony」が前回より3ランク下げて61位。「パナソニック」が前回より7ランク下げて75位…という結果となりました。

それでは、トップ100をご紹介します。

1位~20位


21位~40位


 

<スポンサーリンク>

 

41位~60位


61位~80位


81位~100位


※株式会社インターブランドジャパン報道資料より作成。

 

<スポンサーリンク>

 

●参考:世界企業ブランドランキング2016


※ここでは参考までに、2016年10月5日(水)に発表された「世界企業ブランドランキング2016」トップ100(正式名称:Best Global Brands 2016)をご紹介します。

1位に輝いたのは「Apple」で、2位「Google」、3位「コカ・コーラ」、4位「Microsoft」と、4位まではのランキングは前年と同じ。

そして、前年6位だった「トヨタ」が、初めて5位にランクイン。これは、アジアのブランドでは過去最高位となりました。

さて、気になる日本企業は、何社ランクインしたのでしょうか?

「トヨタ」が前年より1ランクアップの5位。「ホンダ」が前年19位よりランクを下げて21位。「cannon」が前年40位よりランクを下げて42位。「日産自動車」が前年49位からランクを上げて43位。「Sony」は前年と同ランクを維持。「パナソニック」は前年65位よりランクを下げて68位…という結果となりました。

それでは、トップ100をご紹介します。

1位~20位


2016年ブランド①

21位~40位


2016年ブランド②

 

<スポンサーリンク>

 

41位~60位


2016年ブランド③

61位~80位


2016年ブランド④

81位~100位


2016年ブランド⑤※株式会社インターブランドジャパン報道資料より作成。

 

<スポンサーリンク>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. スタバメニューのカロリー一覧表!レギュラーから新作まで[フード編]
  2. 嵐メンバーが主演で主題歌も嵐の連続ドラマ&映画一覧!最新版♪
  3. ゆうメール規格外廃止!定形外郵便やゆうメール新料金一覧&ゆうパック料金は?
  4. サーティーワンの値段とメニューやカロリーは?新作とキャンペーン情報も!
  5. スタバメニューのカロリー一覧表!新作フラペチーノも![ドリンク編]

関連記事

  1. 統計・ランキング

    タレントパワーランキング2019/1位はサンド!ジャンル別結果も!

    2019年6月4日売の月刊誌「日経エンタテインメント!」7月号が、…

  2. 統計・ランキング

    珍しい苗字(名字)ランキング2017/芸能人・著名人トップ30は?

    世の中にはたくさんの苗字(名字)がありますが、中には読み方もわから…

  3. 統計・ランキング

    Google検索ランキング2018/都道府県別&急上昇ワードほか

    インターネット検索といえば2大検索サイト「Google」「Ya…

  4. 統計・ランキング

    失言迷言ランキング!平成30年史/トップ10をミヤネ屋が発表

    2019年4月25日(木)、情報番組「ミヤネ屋」(読売・日テレ)が…

  5. 統計・ランキング

    流行語大賞2019/ノミネート30語の解説&歴代大賞一覧は?

    年末が近づくと、1年を総括した話題が目白押しになります。中でも、定…

コメント

  • コメント (3)

  • トラックバックは利用できません。

    • a
    • 2019年 9月 08日

    41~50位の
    55位は「CANNON」は日本のキャノン「CANON」では?

      • yorozu-do
      • 2019年 9月 08日

      ご指摘ありがとうございます。Nが多かったですね。修正しました。

    • 森屋義男
    • 2019年 4月 02日

    日本の企業がこれから、世界の中で100位以内で競争ができるのか興味があります。私の予想では10年以内に100位以内に
    残れる企業はいないと思われます。社長がサラリーマン的決断しかできないのが原因だと思います。令和時代を生き抜くためには
    経営者を変える必要があるのではないかと思います。日本の社長よ冒険を怖がるな、がんばれ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

読んでほしい記事

アーカイブ

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

おすすめまとめ記事

ピックアップ記事

  1. 統計・ランキング

    世界幸福度ランキング2019/日本の順位は?全156カ国の最新データ!
  2. 統計・ランキング

    ヒット商品2019/日経トレンディ発表のベスト30は令和時代の新スタンダード?
  3. ライフハック

    スマホが水没した時の対処法!自分で直すテクニック・緊急復旧方法!
  4. 統計・ランキング

    世界重税ランキングで日本2位はウソ?本当のランキングはこれだ!
  5. 統計・ランキング

    Yahoo!検索大賞2018の結果は?「大迫半端ないって!」が流行語部門賞!
PAGE TOP