グッズ

夏休みの課題図書2021年一覧/あらすじと学年別(小・中・高)課題図書は?

子どもたちにとっては嬉しい夏休み。どこに遊びに行こうか、何をしようかワクワクする季節です(受験生は勉強の夏ですね…)。でも、夏休みといえば宿題がどっさり…。

なかでも、苦手な子がついつい後回しにしてしまうのが、課題図書を読んで読書感想文を書く宿題です。

終わり間際にパパもママも手伝わされる…なんてことがないように、早めに取りかからせたいものですよね!

そのためにも、早いうちから課題図書を準備してはどうでしょう。

そこで今回は、夏休みの課題図書を小学生~高校生まで一覧でご紹介します♪

※ほとんどの学校が課題図書の読書感想文を夏休みの宿題にしていますが、そうでない場合もあります。

夏休みの課題図書2021年版を追記しました。

 

<スポンサーリンク>

●読書感想文全国コンクール?


夏休みの宿題といえば、必ずついてきたのが「読書感想文」ですよね。これについては今も昔も変わらない課題の1つです。

そして、この夏休みの宿題の読書感想文は、ほとんどの学校が「青少年読書感想文全国コンクール」に応募しています。

※該当しない場合もあるかもしれません。

 

ちなみに、読書感想文は各学校で審査し、上位者は市町村コンクールへ上がり、そこからさらに上位者が都道府県コンクールへ。勝ち上がれば最終的には全国コンクールへとコマを進め入賞者が表彰されます。

※例年通りだと、2022年2月上旬に、入賞者等が東京に招待され表彰式が行われます。

 

読書感想文提出の裏には、コンクールに応募する…という大きな取り組みがあったわけです。

…知ってた!という方は、優しく微笑んでいてください(笑)

 

さて、コンクールで入賞する!なんて大きな目標を持っても持たなくても、夏休みの宿題なのでちゃんと課題図書を読んで読書感想文を書かなければいけません(自由に選んだ本を読む自由読書もあります)。

とはいえ、今どきの子どもたちは受験もあるし、夏休みは忙しくて…なんて場合も。だからといって、人に宿題をやってもらっては意味がありません。

ならば、すでに課題図書が発表されているのだから、何も夏休みを待たなくてもフライングして準備したっていいかもしれません…ダメかな?(笑)

ということで、次章では学年別の課題図書を一覧でご紹介します。

子どものためにも、まずはパパとママが先に読んでみては?面白かったことを伝えれば、子どもも興味を持つかもしれません♪

 

●2021年の課題図書


※ここでは、2021年の夏休みの課題図書をご紹介します。

※リンク先の情報は、2021年4月4日時点のものです。在庫状況によってはプレミア価格となっている場合があるのでご注意ください。時間が経過すれば、書店などでも簡単に入手できるようになるため、プレミア価格の本を慌てて買うのはおすすめできません。

<小学校低学年の部(1・2年生)>


あなふさぎのジグモンタ

出版社:ひさかたチャイルド
著者 :作 とみながまい
    絵 たかおかゆうこ
定価 :1,430円

→Amazonはこちら


そのときがくるくる

出版社:文研出版
著者 :作 すずきみえ
    絵 くすはら順子
定価 :1,320円

→Amazonはこちら


みずをくむプリンセス

出版社:さ・え・ら書房
著者 :文 スーザン・ヴァーデ
    絵 ピーター・H・レイノルズ
    訳 さくまゆみこ
定価 :1,650円

→Amazonはこちら


どこからきたの?おべんとう

出版社:金の星社
著者 :作・絵 鈴木まもる
定価 :1,430円

→Amazonはこちら

 

<小学校中学年の部(3・4年生)>


わたしたちのカメムシずかん
:やっかいものが宝ものになった話

出版社:福音館書店
著者 :文 鈴木海花
    絵 はたこうしろう
定価 :1,430円

→Amazonはこちら


ゆりの木荘の子どもたち

出版社:講談社
著者 :作 富安陽子
    絵 佐竹美保
定価 :1,430円

→Amazonはこちら


ぼくのあいぼうはカモノハシ

出版社:徳間書店
著者 :作 ミヒャエル・エングラー
    絵 はたさわゆうこ
    訳 杉原智子
定価 :1,540円

→Amazonはこちら


カラスのいいぶん
:人と生きることをえらんだ鳥

出版社:童心社
著者 :著 嶋田泰子
    絵 岡本順
定価 :1,320円

→Amazonはこちら

 

<小学校中学年の部(3・4年生)>


エカシの森と子馬のポンコ

出版社:ポプラ社
著者 :作 加藤多一
    絵 大野八生
定価 :1,760円

→Amazonはこちら


サンドイッチクラブ

出版社:岩波書店
著者 :作 長江優子
定価 :1,650円

→Amazonはこちら


おいで、アラスカ!

出版社:フレーベル館
著者 :作 アンナ・ウォルツ
    訳 野坂悦子
定価 :1,540円

→Amazonはこちら


オランウータンに会いたい

出版社:あかね書房
著者 :著 久世濃子
定価 :1,430円

→Amazonはこちら

 

<中学生の部>


with you(ウィズ・ユー)

出版社:くもん出版
著者 :作 濱野京子
定価 :1,430円

→Amazonはこちら


アーニャは、きっと来る

出版社:評論社
著者 :作 マイケル・モーパーゴ
    訳 佐藤見果夢
定価 :1,540円

→Amazonはこちら


牧野富太郎:日本植物学の父

出版社:汐文社
著者 :文 清水洋美
    絵 里美和彦
定価 :1,760円

→Amazonはこちら

 

<高校生の部>


水を縫う

出版社:集英社
著者 :著 寺地はるな
定価 :1,760円

→Amazonはこちら


兄の名は、ジェシカ

出版社:あすなろ書房
著者 :著 ジョン・ボイン
    訳 原田勝
定価 :1,650円

→Amazonはこちら


科学者になりたい君へ

出版社:河出書房新社
著者 :著 佐藤勝彦
定価 :1,540円

→Amazonはこちら

あらすじは後程…

 

<スポンサーリンク>

 

●2020年の課題図書


※ここでは、2020年の課題図書をご紹介します。

※リンク先の情報は、2021年4月4日時点のものです。すでに取り扱いが終了している場合もあるので、その際はご了承ください。

<小学校低学年の部(1・2年生)>


山のちょうじょうの木のてっぺん

出版社:新日本出版社
著者 :作 最上一平
    絵 有田奈央
価格 :1,300円(本体価格)

あらすじ

いがらしくんとにしやんは、正反対の性格。ある日、元気のないにしやん。飼っている犬のごんすけが死にそうで…。

いがらしくんとにしやんが、それzれのやり方で死に直面した犬のごんすけと向き合うお話です。

→Amazonはこちら


おれ、よびだしになる

出版社:アリス館
著者 :文 中川ひろたか
    絵 石川えりこ
価格 :1,400円(本体価格)

あらすじ

ぼくはちいさいころから相撲がすきで、いつもテレビで相撲を見てた。

でも、ぼくが一番好きなのは、“おすもうさん”ではなく、“よびだし”さんだった!

大相撲の世界にとびこんだ少年が、夢を叶える物語。

→Amazonはこちら


タヌキのきょうしつ

出版社:あかね書房
著者 :作 山下明生
    絵 長谷川義史
価格 :1,100円(本体価格)

あらすじ

広島に初めて小学校ができた頃、夜になり、子どもたちが帰った教室で、タヌキたちが勉強をしていました。時が過ぎ、戦争がはじまり、安全な場所ではなくなった学校には、タヌキたちの姿も見えなくなり…。

戦争を背景に、タヌキと人の心温まるお話。

→Amazonはこちら


ながーい5ふん みじかい5ふん

出版社:光村教育図書
著者 :文 リズ・ガートン・スキャンロン
      オードリー・ヴァーニック
    絵 オリヴィエ・タレック
    訳 木坂涼
価格 :1,400円(本体価格)

あらすじ

待っている5分と、楽しい5分。同じ時間なのになんでこんなに違うの?大人の5分とぼくの5分は違うのかな?長いと感じるのはどんな時?短いと感じるのはどんな時?

朝から夜までの“5分”を、ぼくの感じ方で書いたお話です。

→Amazonはこちら

 

<小学校中学年の部(3・4年生)>


青いあいつがやってきた!?

出版社:文研出版
著者 :作 松井ラフ
    絵 大野八生
価格 :1,300円(本体価格)

あらすじ

両親の夢のマイホームへ引っ越した4年生の6月。転校生となったサトシは、なかなか友だちが出来ずにいた。

そんなサトシの前に、全身が青いヘンな奴が現れた!1日サトシと過ごすミッションだというが…。

不思議な1日の出来事を通して、サトシが自分らしさを取り戻していくお話です。

→Amazonはこちら


ねこと王さま

出版社:徳間書店
著者 :作/絵 ニック・シャラット
    訳   市田泉
価格 :1,600円(本体価格)

あらすじ

友だちの猫と召使たちとお城で暮らしていた王様。ところが、ある日、ドラゴンにお城を焼かれてしまい、猫と一緒に町で暮らすことになる。

お城でも王様のために働いていた猫は、新しい家でも王様のために大活躍。王様の望みを知恵と工夫でかなえていく。

のんびりした王様と、王様思いの賢い猫のユカイな物語です。

→Amazonはこちら


ポリぶくろ、1まい、すてた

出版社:さ・え・ら 書房
著者 :文 ミランダ・ポール
    絵 エリザベス・ズーノン
    訳 藤田千枝
価格 :1,500円(本体価格)

あらすじ

アフリカのガンビアで暮らす女性・アイサト。彼女が捨てた1枚のポリ袋。村のみんなもポリ袋を捨てていくうちに、道いっぱいにゴミの山が広がり、それを食べてしまったヤギは命を落とす…。

仲間たちとともに、ゴミ問題に立ち向かったアイサトの伝記絵本です。

→Amazonはこちら


北極と南極の「へぇ~」
くらべてわかる地球のこと

出版社:学研プラス
著者 :中山由美(写真と文)
価格 :1,400円(本体価格)

あらすじ

「南極と北極、寒いのはどっち?」
「氷の量はどっちが多い?」

日本の女性記者として初めて、南極観測越冬隊に同行した著者による、北極と南極の違いについてクイズ形式で問う書籍。

→Amazonはこちら

 

<小学校中学年の部(3・4年生)>


ヒロシマ 消えたかぞく

出版社:ポプラ社
著者 :指田和、鈴木六郎(写真)
価格 :1,650円(本体価格)

あらすじ

広島に落とされた原爆により、一家全滅してしまった家族の写真絵本です。

→Amazonはこちら


月と珊瑚(るなとさんご)

出版社:講談社
著者 :上條さなえ
価格 :1,400円(本体価格)

あらすじ

沖縄で生まれ育った少女・珊瑚(さんご)。勉強ができないことを恥ずかしいと感じ始めた彼女が、勉強しようと思い始め、その一歩として漢字を書けるようになるため、日記を書き始めた。

そんな彼女が、沖縄の今を生きる子どもたちの姿や、東京から転校してきた少女・月(るな)への憧れを描く。

→Amazonはこちら


飛ぶための百歩

出版社:岩崎書店
著者 :作 ジュゼッペ・フェスタ
    訳 杉本あり
価格 :1,400円(本体価格)

あらすじ

幼い時に失明した少年・ルーチョは、叔母と一緒に山歩きをするのが大好き。ある夏、山小屋で出会った少女・キアーラと、ワシのヒナを見に行くことになったが、そのヒナを密猟者が狙っていて…。

大人への一歩を踏み出す、少年少女の成長物語。

→Amazonはこちら


風を切って走りたい!
夢をかなえるバリアフリー自転車

出版社:金の星社
著者 :高橋うらら
価格 :1,400円(本体価格)

あらすじ

誰でも乗れるバリアフリーな自転車を、誰か作ってくれないだろうか。

そんな夢を叶える人・堀田健一さんは、みんなの笑顔のために決してあきらめることなく、苦労の連続ながらもバリアフリー自転車を作り上げる。

人のために尽くしてきた、堀田健一さんの軌跡を描いたノンフィクションです。

 

→Amazonはこちら

 

<中学生の部>


天使のにもつ

出版社:童心社
著者 :著 いとうみく
    絵 丹下京子
価格 :1,300円(本体価格)

あらすじ

中学2年生の風汰が、軽いノリで選んだ職場体験先は、地元の「エンジェル保育園」。

職場体験に臨む風汰は、慣れないことの連続だったものの、子どもたちと向き合う中でいつの間にか園の人気者になっていき…。

等身大の日常を描いた、少年の成長物語です。

→Amazonはこちら


11番目の取引

出版社:鈴木出版
著者 :作 アリッサ・ホリングスワース
    訳 もりうちすみこ
価格 :1,600円(本体価格)

あらすじ

アフガニスタン難民のサミは、祖父とアメリカで2人暮らしをしていた。ある日、2人の生活を支える伝統楽器ルバーブが盗まれ、楽器店に売り飛ばされてしまう。

買い戻すには700ドルが必要。ただし期限は4週間!

サミはキーホルダーを元手に、物々交換の“取引”を重ねる。果たして、700ドルは用意できるのか?11番目の取引とは?

→Amazonはこちら


平和のバトン
広島の高校生たちが描いた 8月6日の記憶

出版社:くもん出版
著者 :弓狩匡純
価格 :1,500円(本体価格)

あらすじ

広島市立基町高校創造表現コースの生徒たちが、被爆体験証言者の記憶を、一年かけて油絵に描いて記録する「次世代と描く原爆の絵」プロジェクト。

平和な現代の広島を生きる高校生たちが、証言者と接することで戦争や原爆を見つめ直していく様子を描いた、平和について考えるノンフィクションです。

→Amazonはこちら

 

<高等学校の部>


廉太郎ノオト

出版社:中央公論新社
著者 :谷津矢車
価格 :1,750円(本体価格)

あらすじ

明治時代の音楽家・瀧廉太郎が、恩師や友人たちに支えられながら、最愛の姉の死、厳格な父との対立、音楽学校での厳しい競争…など、数々の試練を乗り越え、作曲家としての才能を開花させていく軌跡を描く。

→Amazonはこちら


フラミンゴボーイ

出版社:小学館
著者 :作 マイケル・モーパーゴ
    訳 杉田七重
価格 :1,500円(本体価格)

あらすじ

ナチスが猛威をふるう第二次世界大戦化、動物たちと心を通わせ、動物を癒す力を持つ少年・ロレンゾと、少数民族「ロマ」の少女・ケジアの友情物語。

→Amazonはこちら


キャパとゲルダ
ふたりの戦場カメラマン

出版社:あすなろ書房
著者 :著 マーク・アロンソン
      マリナ・ブドーズ
    訳 原田勝
価格 :1,800円(本体価格)

あらすじ

第二次世界大戦の前夜…激動の1930年代に起きたスペイン内戦を世界に伝えたロバート・キャパとゲルダ・タロー。

迫害を逃れ互いに身を支え合う恋人であり、自由と平等の理想実現に燃える同志であり、写真の創造性を競うライバルである2人の青春物語。

→Amazonはこちら

 

●番外編:こども六法


いじめで悩む子どもたちが、いじめを撃退するための一助となるよう著者が執筆した「こども六法」が話題になっています。

発売3日で重版となった話題作で、出版当初は入手困難でしたが、時間経過に伴い入手しやすくなっています。いじめで悩む子どもがいじめに対抗できる手段の参考にもなるため、機会があれば一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

→Amazonはこちら

※リンク先の情報は、2021年4月4日時点のものです。すでに取り扱いが終了している場合もあるので、その際はご了承ください。

 

●2019年の課題図書


※ここでは、2019年の課題図書をご紹介します。

※リンク先の情報は、2020年6月2日時点のものです。すでに取り扱いが終了している場合もあるので、その際はご了承ください。

<小学校低学年の部(1・2年生)>


魔女ののろいアメ

出版社:PHP研究所
著者 :作 草野あきこ  
    絵 ひがしちから
価格 :1,200円(本体価格)

あらすじ
日曜日、サキは図書館へ本を返しにいくことになりました。しかも、「自分で返す」と言っていたはずのお姉ちゃんの分の本も一緒に!

重たい本を抱えながら、図書館へ向かうサキ。途中、「アメ屋」の屋台を見つけ、魔女だというおばあさんから「のろいアメ」を買ったサキは、お姉ちゃんの悪口を言いながらアメを混ぜていると…。

→Amazonはこちら


スタンリーとちいさな火星人

出版社:あすなろ書房
著者 :作 サイモン・ジェームズ
    訳 千葉茂樹
価格 :1,400円(本体価格)

あらすじ
かあさんが仕事で出張に出かけた日、スタンリーは火星へと飛び立ち、入れ替わりにスタンリーによく似た火星人がやってきて…。

母親がいない日を、空想の力でやり過ごそうとする男の子と、見守る家族の姿を描いた絵本です。

→Amazonはこちら


心ってどこにあるのでしょう?

出版社:金の星社
著者 :作 こんのひとみ
    絵 いもとようこ
価格 :1,400円(本体価格)

あらすじ
心ってどこにあるとおもう?心がどこにあるのかを、温かい絵と文で綴る絵本です。 

→Amazonはこちら


もぐらはすごい

出版社:アリス館
著者 :アヤ井アキコ
監修 :川田伸一郎
価格 :1,500円(本体価格)

あらすじ
土の中で暮らすもぐらを、ユーモアのある絵と文で紹介。

→Amazonはこちら

 

<小学校中学年の部(3・4年生)>


かみさまにあいたい

出版社:ポプラ社
著者 :作 当原珠樹
    絵 酒井似
価格 :1,200円(本体価格)

あらすじ
大好きだったおばあちゃんと、うそをついたまま永遠の別れを迎えてしまった主人公が、同級生と一緒に“神さま”との交信を試みるが…。

心の傷を抱えた少年たちの、ひみつの友情と成長の物語です。

→Amazonはこちら


子ぶたのトリュフ

出版社:さ・え・ら書房
著者 :文 ヘレン・ピータース
    絵 エリー・スノードン
    訳 もりうちすみこ
価格 :1,400円(本体価格)

あらすじ
ジャスミンに命を救われた子ぶたのトリュフは、かしこい子ブタに成長。そして、嵐の夜、行方不明になったモルモットを匂いを頼りに追いかけ…。

農場を舞台にした、少女と子ぶたの心あたたまる物語です。

→Amazonはこちら


そうだったのか!しゅんかん図鑑

出版社:小学館
著者 :伊地知国夫(写真)
価格 :1,300円(本体価格)

あらすじ
何気なく見ているものを、その瞬間でストップさせ、撮影!肉眼で見えない瞬間を切り「撮った」写真絵本です。

→Amazonはこちら


季節のごちそうハチごはん

出版社:ほるぷ出版
著者 :横塚眞己人(写真と文)
価格 :1,500円(本体価格)

あらすじ
岐阜県などのある地域では、ハチの子(クロスズメバチ)を食べる習慣があります。実は、昔から、日本各地や世界中で、虫は食べられているのです。では、どのように虫を食べているのでしょうか?

→Amazonはこちら

 

<小学校高学年の部(5・6年生)>


ぼくとニケ

出版社:講談社
著者 :片川優子
価格 :1,400円(本体価格)

あらすじ
5年生で登校拒否になった幼なじみが、拾った子猫を“ぼく”の家に連れてきた。自分の家で飼えない幼なじみに代わって、ぼくと家族が世話をすることに…。

ぼくは子猫と関わる中で、さまざまなことを学んでいく、子猫とぼくの大切なお話。

→Amazonはこちら


かべのむこうになにがある?

出版社:BL出版
著者 :作 ブリッタ・テッケントラップ
    訳 風木一人
価格 :1,600円(本体価格)

あらすじ
大きな赤いかべ。そのかべがいつからあるのか、どうしてあるのか、誰も知りません。ねずみはかべの向こうが知りたくて、鳥に尋ねると…。

→Amazonはこちら


マンザナの風にのせて

出版社:文研出版
著者 :作 ロイス・セパバーン
    絵 ひだかのり子
    訳 若林千鶴
価格 :1,500円(本体価格)

あらすじ
1942年のアメリカ。日系アメリカ人のマナミは、ワシントン州ベインブリッジ島で、家族と幸せに暮らしていた。ところが、ある日突然、家族で「強制立ち退き」しなければならなくなり…。

→Amazonはこちら


もうひとつの屋久島から
世界遺産の森が伝えたいこと

出版社:フレーベル館
著者 :武田剛
価格 :1,500円(本体価格)

あらすじ
1993年、日本で初めて世界遺産に登録された屋久島。その屋久島の、過去・現在・未来に迫るドキュメンタリー。

→Amazonはこちら

 

<中学生の部>


星の旅人 伊能忠敬と伝説の怪魚

出版社:小峰書店
著者 :小前亮
価格 :1,600円(本体価格)

あらすじ
行方知れずの父を探すため、伊能隊とともに旅をする少年の視点で描いた、歴史読み物。伊能忠敬の生い立ちや時代背景、当時の風俗、測量技術の進化なども解説。

→Amazonはこちら


ある晴れた夏の朝

出版社:偕成社
著者 :小手鞠るい
価格 :1,400円(本体価格)

あらすじ
アメリカの8人の高校生が、広島・長崎に落とされた原子爆弾の是非をディベート。ルーツの異なるさまざまなメンバーが、肯定派・否定派に分かれ議論を繰り広げる。

→Amazonはこちら


サイド・トラック
走るのニガテなぼくのランニング日記

出版社:評論社
著者 :作 ダイアナ・ハーモン・アシャー
    訳 武富博子
価格 :1,600円(本体価格)

あらすじ
ADD(注意欠陥障害)を持つ、中学1年生のジョセフ。集中しなくてはいけないときに気が散ってしまうジョセフが、陸上競技クラブに入ることになり、クロスカントリーに挑戦…。

陸上競技をとおして、大切なものを描いた物語。

→Amazonはこちら

 

<高等学校の部>


この川のむこうに君がいる

出版社:理論社
著者 :濱野京子
価格 :1,400円(本体価格)

あらすじ
同じ中学出身者のいない都内の高校を選んだ主人公。それは、3.11の被災者であることを隠し、高校生活をまっさらな状態で始めたいと思ったからだった…。

→Amazonはこちら


ザ・ヘイト・ユー・ギヴ
あなたがくれた憎しみ

出版社:岩崎書店
著者 :作 アンジー・トーマス
    訳 服部理佳
価格 :1,700円(本体価格)

あらすじ
ギャングが徘徊し、ドラッグが蔓延するゲットー(黒人街)で生まれた女の子・スター。上流階級育ちの白人が通う高校に入ったスターは、幼なじみのカリルが警官に撃たれるところを目撃。

しかも、無抵抗のカリルを撃った白人警官は、カリルを極悪人に仕立て上げようとして…。

カリルの汚名をそそぐため、スターは証人として法廷に立つことを決意する。

→Amazonはこちら


ヒマラヤに学校をつくる
カネなしコネなしの僕と、
見捨てられた子どもたちの挑戦

出版社:旬報社
著者 :吉岡大祐
価格 :1,400円(本体価格)

あらすじ
貧困から抜け出すには教育しかない。その支援をしたいと思った著者が、もがきながらも貧困家庭の就学支援をスタートさせ、2004年に「クラーク記念ヒマラヤ小学校」を開校。

ゼロから学校づくりに挑んだ著者の、涙と感動の20年の軌跡。

→Amazonはこちら

 


後記

忙しい毎日…趣味の多様化や、さまざまなメディアの普及などを背景に「読書」という行為自体が減ってきている昨今ですが、あなたのお子さんはちゃんと「読書」をしていますか?

読書から得られることはたくさんありますが、例えば、

・ボキャブラリーが豊富になる
・読解力がつく
・想像力が豊かになる
・相手の気持ちを慮るようになる

などの能力向上があげられます。

ネットを中心に「文字を読むこと」自体は廃れているわけではなく、むしろ昔よりも「文字を読むこと」は増えたかもしれません。

でも、文字を読むことと読書は似ているようで少し違います。

読書をすることによって知らないことを理解し、さらに好奇心の翼が広がり世界が大きくなっていく…。この感覚は、かけがえのないものです。

夏休みの宿題のためでも、課題図書を読むことで(もちろん課題図書以外でも)、読書の楽しみを見つけてみてください♪

 

※過去の「夏休みの課題図書」はこちら。

2018年の夏休みの課題図書一覧

2017年の夏休みの課題図書一覧

 

<スポンサーリンク>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. スタバメニューのカロリー一覧表!新作フラペチーノも![ドリンク編]
  2. スタバメニューのカロリー一覧表!レギュラーから新作まで[フード編]
  3. サーティーワンの値段とメニューやカロリーは?新作とキャンペーン情報も!
  4. ゆうメール規格外廃止!定形外郵便やゆうメール新料金一覧&ゆうパック料金は?
  5. 嵐メンバーが主演で主題歌も嵐の連続ドラマ&映画一覧!最新版♪

関連記事

  1. グッズ

    畳の上にウッドカーペット!カビダニ対策は大丈夫?ペットがいるなら…

    数年前、現在住んでいる賃貸物件に引っ越してきました。その際、部…

  2. グッズ

    2016年の父の日はいつ?お父さんの年代別人気・定番のプレゼントは?

    いまいちインパクトの弱かった「父の日」ですが、最近…

  3. 統計・ランキング

    ヒット商品2020/日経トレンディ発表のベスト30は?

    情報誌「日経トレンディ」2020年12月号(11月4日発売)が、2…

  4. バラエティ番組

    レジェンド松下が月曜から夜ふかしで紹介したおすすめ実演販売グッズは?

    2019年12月9日(月)放送の「月曜日から夜ふかし」(日テレ)で…

  5. グッズ

    夏休みの課題図書/2018年一覧

    ●2018年の課題図書※ここでは参考までに、2018年の課題図…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

読んでほしい記事

アーカイブ

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

おすすめまとめ記事

ピックアップ記事

  1. 箱根駅伝

    箱根駅伝2021/出場校&区間エントリー一覧!優勝予想とテレビ中継予定も!
  2. 話題

    日経MJヒット商品番付2020/東は?西は?番付一覧
  3. 芸能・エンタメ

    次に結婚する芸能人2021/今年結婚した&結婚しそうな芸能人カップルまとめ
  4. 統計・ランキング

    世界幸福度ランキング2020/日本の順位は?全156カ国の最新データ!
  5. バラエティ番組

    時間の進みが遅いマンガランキング/水曜日のダウンタウン(12月21日)
PAGE TOP