政治・経済・社会

世界報道自由度ランキング2020/日本は66位!?歴代順位も!

2020年4月21日(火)、国際ジャーナリスト団体でパリに本部を置く「国境なき記者団(RSF)」が、世界180カ国・地域を対象とした「世界報道自由度ランキング2020」の結果を発表しました。

この「世界報道自由度ランキング2020」とは、国境なき記者団が年に1度発表している“報道の自由度”に関する調査結果です。

そこで今回は、国境なき記者団(RSF)発表の、

・世界報道自由度ランキング2020の結果
・日本の歴代順位

をご紹介します。

 

<スポンサーリンク>

●世界報道自由度ランキング2020


2020年4月21日(火)、パリに本部を置く国際ジャーナリスト団体「国境なき記者団(RSF))」が、「世界報道自由度ランキング2020」を発表しました。

このランキングは2002年から行われており、

・世界180カ国と地域(2020年時点)を対象

・14の団体と130人の特派員、ジャーナリスト、調査員、法律専門家、人権活動家らが50の質問に回答する形式

などとなっています。

なお、2020年発表のランキングでは、スコアが低いほど報道の自由度が高いとされ、5ランクに色分けされています。

自由度が高い
↑ 1/薄い黄色(スコア0~15)
↑ 2/濃い黄色(スコア15.01~25)
↑ 3/オレンジ(スコア25.01~35)
↑ 4/赤   (スコア35.01~55)
↑ 5/黒   (スコア55.01~100)
自由度が低い

※出典:国境なき記者団

 

それでは、以下より、自由度ランク別に「世界報道自由度ランキング2020」をご紹介します。

※順位・国名・スコアの順に記載

 

<自由度ランク1(良好な状況)>


1位/ノルウェー(7.84)
2位/フィンランド(7.93)
3位/デンマーク(8.13)
4位/スウェーデン(9.25)
5位/オランダ(9.96)
6位/ジャマイカ(10.51)
7位/コスタリカ(10.53)
8位/スイス(10.62)
9位/ニュージーランド(10.69)
10位/ポルトガル(11.83)
11位/ドイツ(12.16)
12位/ベルギー(12.57)
13位/アイルランド(12.60)
14位/エストニア(12.61)

 

<自由度ランク2(満足できる状況)>


15位/アイスランド(15.12)
16位/カナダ(15.29)
17位/ルクセンブルク(15.46)
18位/オーストリア(15.78)
19位/ウルグアイ(15.79)
20位/スリナム(17.50)
21位/サモア(18.25)
22位/ラトビア(18.56)
23位/ナミビア(19.25)
24位/リヒテンシュタイン(19.52)
25位/カボベルデ(20.15)
26位/オーストラリア(20.21)
27位/キプロス(20.45)
28位/リトアニア(21.19)
29位/スペイン(22.16)
30位/ガーナ(22.26)
31位/南アフリカ(22.41)
32位/スロベニア(22.64)
33位/スロバキア(22.67)
34位/フランス(22.92)
35位/イギリス(22.93)
36位/トリニダードトバゴ(23.22)
37位/アンドラ(23.23)
38位/ブルキナファソ(23.47)
39位/ボツワナ(23.56)
40位/チェコ共和国(23.57)
41位/イタリア(23.69)
42位/韓国(23.70)
43位/台湾(23.76)
44位/東カリブ諸国機構(23.78)
45位/アメリカ(23.85)
46位/パプアニューギニア(23.93)
47位/セネガル(23.99)

 

<スポンサーリンク>

 

<自由度ランク3(顕著な問題)>


48位/ルーマニア(25.91)
49位/ガイアナ(26.63)
50位/トンガ(27.27)
51位/チリ(27.31)
52位/フィジー(27.41)
53位/ベリーズ(27.50)
54位/マダガスカル(27.68)
55位/ドミニカ共和国(27.90)
56位/モーリシャス(28)
57位/ニジェール(28.25)
58位/ボスニア・ヘルツェゴビナ(28.51)
59位/クロアチア(28.51)
60位/ジョージア州(28.59)
61位/アルメニア(28.60)
62位/ポーランド(28.65)
63位/セーシェル(28.66)
64位/アルゼンチン(28.78)
65位/ギリシャ(28.80)
66位/日本(28.86)
67位/ブータン(28.90)
68位/コートジボワール(28.94)
69位/マラウイ(29.32)
70位/コソボ(29.33)
71位/トーゴ(29.33)
72位/チュニジア(29.45)
73位/モンゴル(29.61)
74位/エルサルバドル(29.70)
75位/コモロ(29.77)
76位/パナマ(29.78)
77位/北キプロス(29.79)
78位/東ティモール(29.90)
79位/モルディブ(29.93)
80位/香港(30.01)
81位/マルタ(30.16)
82位/キルギスタン(30.19)
83位/ハイチ(30.20)
84位/アルバニア(30.25)
85位/シエラレオネ(30.28)
86位/レソト(30.45)
87位/ガンビア(30.62)
88位/イスラエル(30.84)
89位/ハンガリー(30.84)
90位/ペルー(30.94)
91位/モルドバ(31.16)
92位/北マケドニア共和国(31.28)
93位/セルビア(31.62)
94位/ギニアビサウ(32.06)
95位/リベリア(32.25)
96位/ウクライナ(32.52)
97位/モーリタニア(32.54)
98位/エクアドル(32.62)
99位/エチオピア(32.82)
100位/パラグアイ(32.97)
101位/マレーシア(33.12)
102位/レバノン(33.19)
103位/ケニア(33.72)
104位/モザンビーク(33.79)
105位/モンテネグロ(33.83)
106位/アンゴラ(33.92)
107位/ブラジル(34.05)
108位/マリ(34.12)
109位/クウェート(34.30)
110位/ギニア(34.34)

日本は66位にランクイン。前回調査(2019年)より1ランクアップしました。

 

<自由度ランク4(困難な状況)>


111位/ブルガリア(35.06)
112位/ネパール(35.10)
113位/ベナン(35.11)
114位/ボリビア(35.37)
115位/ナイジェリア(35.63)
116位/グアテマラ(35.74)
117位/ニカラグア(35.81)
118位/コンゴブラザビル(36.56)
119位/インドネシア(36.82)
120位/ザンビア(37)
121位/ガボン(37.20)
122位/アフガニスタン(37.70)
123位/チャド(39.70)
124位/タンザニア(40.25)
125位/ウガンダ(40.95)
126位/ジンバブエ(40.95)
127位/スリランカ(41.94)
128位/ヨルダン(42.08)
129位/カタール(42.51)
130位/コロンビア42.66)
131位/アラブ首長国連邦42.69)
132位/中央アフリカ共和国42.87)
133位/モロッコ(42.88)
134位/カメルーン(43.28)
135位/オマーン(43.42)
136位/フィリピン(43.54)
137位/パレスチナ(44.09)
138位/南スーダン(44.49)
139位/ミャンマー(44.77)
140位/タイ(44.94)
141位/エスワティニ王国(45.15)
142位/インド(45.33)
143位/メキシコ(45.45)
144位/カンボジア(45.46)
145位/パキスタン(45.52)
146位/アルジェリア(45.52)
147位/ベネズエラ(45.66)
148位/ホンジュラス(48.20)
149位/ロシア(48.92)
150位/コンゴ民主共和国(49.09)
151位/バングラデシュ(49.37)
152位/ブルネイ(49.65)
153位/ベラルーシ(49.75)
154位/トルコ(50.02)
155位/ルワンダ(50.34)
156位/ウズベキスタン(53.07)
157位/カザフスタン(54.11)

 

<スポンサーリンク>

 

<自由度ランク5(深刻な問題)>


158位/シンガポール(55.23)
159位/スーダン(55.33)
160位/ブルンジ(55.33)
161位/タジキスタン(55.34)
162位/イラク(55.37)
163位/ソマリア(55.45)
164位/リビア(55.77)
165位/赤道ギニア(56.38)
166位/エジプト(56.82)
167位/イエメン(58.25)
168位/アゼルバイジャン(58.48)
169位/バーレーン(60.13)
170位/サウジアラビア(62.14)
171位/キューバ(63.81)
172位/ラオス(64.28)
173位/イラン(64.81)
174位/シリア(72.57)
175位/ベトナム(74.71)
176位/ジブチ(76.73)
177位/中国(78.48)
178位/エリトリア(83.50)
179位/トルクメニスタン(85.44)
180位/北朝鮮(85.82)

 

●日本の歴代順位は?


2002年から調査が行われている「世界報道自由度ランキング」ですが、気になる日本の歴代順位はなかなかの乱高下を見せています。

しかも、2013年の第2次安倍内閣からは惨憺たる有様。なぜこれほどまでに日本の評価が低いのか…。これについては賛否両論ありますが、いわゆる「安倍政権がメディアへ圧力をかけている」という左巻きメディアの主張が原因だったり、視聴者からの批判を恐れるテレビ局の「自主規制」なども自由な報道を阻害している原因である…という分析も見られます。

また、どういう立場の方々が回答しているのか…というところにも、日本の評価が低い要因があるのかもしれません。

単純に、あの国やこの国に比べて日本の順位がこんなに低いなんて、違和感を感じまくりなんですけどね。ただ、これ以上余計なことは書かない方が身のためなので割愛します。お察しください(笑)

 

<スポンサーリンク>

 

●参考:2019年のランキング


※ここでは参考までに、2019年の「世界報道自由度ランキング」をご紹介します。

<自由度ランク1(良好な状況)>


1位/ノルウェー(7.82)
2位/フィンランド(7.9)
3位/スウェーデン(8.31)
4位/オランダ(8.63)
5位/デンマーク(9.87)
6位/スイス(10.52)
7位/ニュージーランド(10.75)
8位/ジャマイカ(11.13)
9位/ベルギー(12.07)
10位/コスタリカ(12.24)
11位/エストニア(12.27)
12位/ポルトガル(12.63)
13位/ドイツ(14.60)
14位/アイスランド(14.71)
15位/アイルランド(15)

 

<自由度ランク2(満足できる状況)>


16位/オーストリア(15.33)
17位/ルクセンブルク(15.66)
18位/カナダ(15.69)
19位/ウルグアイ(16.06)
20位/スリナム(16.38)
21位/オーストラリア(16.55)
22位/サモア(18.25)
23位/ナミビア(18.95)
24位/ラトビア(19.53)
25位/カーボベルデ(19.81)
26位/リヒテンシュタイン(20.49)
27位/ガーナ(20.81)
28位/キプロス(21.74)
29位/スペイン(21.99)
30位/リトアニア(22.06)
31位/南アフリカ(22.19)
32位/フランス(22.21)
33位/イギリス(22.23)
34位/スロベニア(22.31)
35位/スロバキア(23.58)
36位/ブルキナファソ(24.53)
37位/アンドラ(24.63)
38位/パプアニューギニア(24.70)
39位/トリニダードトバゴ(24.74)
40位/チェコ共和国(24.89)
41位/韓国(24.94)
42位/台湾(24.98)
43位/イタリア(24.98)

 

<自由度ランク3(顕著な問題)>


44位/ボツワナ(25.09)
45位/トンガ(25.41)
46位/チリ(25.65)
47位/ルーマニア(25.67)
48位/アメリカ(25.69)
49位/セネガル(25.81)
50位/東カリブ諸国機構(26.04)
51位/ガイアナ(26.63)
52位/フィジー(27.8)
53位/ベリーズ(27.50)
54位/マダガスカル(27.76)
55位/ドミニカ共和国(27.90)
56位/コモロ(27.91)
57位/アルゼンチン(28.30)
58位/モーリシャス(28.46)
59位/ポーランド(28.89)
60位/ジョージア(28.98)
61位/アルメニア(28.98)
62位/ハイチ(29)
63位/ボスニアヘルツェゴビナ(29.02)
64位/クロアチア(29.03)
65位/ギリシャ(29.08)
66位/ニジェール(29.26)
67位/日本(29.36)
68位/マラウィ(29.36)
69位/セイシェル(29.41)
70位/モンゴル(29.51)
71位/コートジボワール(29.52)
72位/チュニジア(29.61)
73位/香港(29.65)
74位/北キプロス(29.67)
75位/コソボ(29.68)
76位/トーゴ(29.69)
77位/マルタ(29.74)
78位/レソト(29.74)
79位/パナマ(29.78)
80位/ブータン(29.81)
81位/エルサルバドル(29.81)
82位/アルバニア(29.84)
83位/キルギスタン(29.92)
84位/東ティモール(29.93)
85位/ペルー(30.22)
86位/シエラレオネ(30.36)
87位/ハンガリー(30.44)
88位/イスラエル(30.80)
89位/ギニアビサウ(30.95)
90位/セルビア(31.18)
91位/モルドバ(31.21)
92位/ガンビア(31.35)
93位/リベリア(31.49)
94位/モーリタニア(31.65)
95位/マケドニア共和国(31.66)
96位/ベナン(31.74)
97位/エクアドル(31.88)
98位/モルディブ(32.16)
99位/パラグアイ(32.40)
100位/ケニア(32.44)
101位/レバノン(32.44)
102位/ウクライナ(32.46)
103位/モザンビーク(32.66)
104位/モンテネグロ(32.74)
105位/ブラジル(32.79)
106位/ネパール(33.40)
107位/ギニア(33.49)
108位/クウェート(33.86)
109位/アンゴラ(34.96)

日本は67位にランクイン。前回調査(2018年)と同じ順位となりました。

 

<スポンサーリンク>

 

<自由度ランク4(困難な状況)>


110位/エチオピア(35.11)
111位/ブルガリア(35.11)
112位/マリ(35.23)
113位/ボリビア(35.38)
114位/ニカラグア(35.53)
115位/ガボン(35.60)
116位/グアテマラ(35.94)
117位/コンゴプラザビル(36.04)
118位/タンザニア(36.28)
119位/ザンビア(36.38)
120位/ナイジェリア(36.50)
121位/アフガニスタン(36.55)
122位/チャド(36.71)
123位/マレーシア(36.74)
124位/インドネシア(36.77)
125位/ウガンダ(39.42)
126位/スリランカ(39.61)
127位/ジンバブエ(42.23)
128位/カタール(42.51)
129位/コロンビア(42.82)
130位/ヨルダン(43.11)
131位/カメルーン(43.32)
132位/オマーン(43.42)
133位/アラブ首長国連邦(43.63)
134位/フィリピン(43.91)
135位/モロッコ(43.98)
136位/タイ(44.10)
137位/パレスチナ(44.68)
138位/ミャンマー(44.92)
139位/南スーダン(45.65)
140位/インド(45.67)
141位/アルジェリア(45.75)
142位/パキスタン(45.83)
143位/カンボジア(45.90)
144位/メキシコ(46.78)
145位/中央アフリカ共和国(47.27)
146位/ホンジュラス(48.3)
147位/エスワティニ王国(49.09)
148位/ベネズエラ(49.10)
149位/ロシア(50.31)
150位/バングラディシュ(50.74)
151位/シンガポール(51.41)
152位/ブルネイ(51.48)
153位/ベラルーシ(51.66)
154位/コンゴ民主共和国(51.71)
155位/ルワンダ(52.43)
156位/イラク(52.60)
157位/トルコ(52.81)
158位/カザフスタン(52.82)
159位/ブルンジ(52.89)
160位/ウズベキスタン(53.52)
161位/タジキスタン(54.02)

 

<自由度ランク5(深刻な問題)>


162位/リビア(55.77)
163位/エジプト(56.47)
164位/ソマリア(57.24)
165位/赤道ギニア(58.35)
166位/アゼルバイジャン(59.13)
167位/バーレーン(61.31)
168位/イエメン(61.66)
169位/キューバ(63.81)
170位/イラン(64.41)
171位/ラオス(64.49)
172位/サウジアラビア(65.88)
173位/ジブチ(71.36)
174位/シリア(71.78)
175位/スーダン(72.45)
176位/ベトナム(74.93)
177位/中国(78.92)
178位/エリトリア(80.26)
179位/北朝鮮(83.40)
180位/トルクメニスタン(85.44)

 

<スポンサーリンク>

 

●参考:2018年のランキング


※ここでは参考までに、2018年の「世界報道自由度ランキング」をご紹介します。

<自由度ランク1(良好な状況)>


 

<自由度ランク2(満足できる状況)>


 

<スポンサーリンク>

 

<自由度ランク3(顕著な問題)>


2018年の日本の順位は67位。前回調査(2017年)の72位より少しだけ改善されました。

 

<スポンサーリンク>

 

<自由度ランク4(困難な状況)>


 

<自由度ランク5(深刻な問題)>


 

<スポンサーリンク>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. スタバメニューのカロリー一覧表!レギュラーから新作まで[フード編]
  2. 嵐メンバーが主演で主題歌も嵐の連続ドラマ&映画一覧!最新版♪
  3. スタバメニューのカロリー一覧表!新作フラペチーノも![ドリンク編]
  4. ゆうメール規格外廃止!定形外郵便やゆうメール新料金一覧&ゆうパック料金は?
  5. サーティーワンの値段とメニューやカロリーは?新作とキャンペーン情報も!

関連記事

  1. 統計・ランキング

    住みたい田舎ランキング2020/移住先選びの参考に最適!

    都市部に住む、田舎に住む。それぞれメリット・デメリットはありま…

  2. 統計・ランキング

    転職人気企業ランキング2019/総合トップ50&業種別トップ10

    かつて、仕事を変わる=転職は、あまり歓迎されるものではありませんで…

  3. 統計・ランキング

    現代病ランキングトップ10/自分に当てはまるものは?症候群あれこれ

    2016年9月5日(月)放送のバラエティ番組「月曜から夜ふかし」(…

  4. 統計・ランキング

    失言迷言ランキング!平成30年史/トップ10をミヤネ屋が発表

    2019年4月25日(木)、情報番組「ミヤネ屋」(読売・日テレ)が…

  5. 映画

    映画興行収入ランキング2019/10億超え日本映画(邦画)と外国映画(洋画)は?

    2019年もさまざまな映画が公開されました。映画好きの人、デートや…

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 名無し
    • 2019年 5月 25日

    政権や忖度うんぬんはあまり関係なくて、単純に排他的な「記者クラブ」の存在が平均点を押し下げているだけ。
    大手クラブメディアによる談合がまかり通っているので、仕方ないですね

    • なな
    • 2018年 11月 21日

    妥当だと思います。
    メディアに対しての圧力の他に空気読めとか忖度とか流行語になる辺り
    戦後、政府や国民が封建国家から近代民主国家への意識の移行に失敗してしまった証です。

    報道の自由は民主主義の要であり
    それを蔑ろにする国はいつか必ず滅びます。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

読んでほしい記事

アーカイブ

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

おすすめまとめ記事

ピックアップ記事

  1. ドラマ

    海外ドラマ大賞2019/海外ドラマランキング作品&スターのトップ20は?
  2. 音楽

    日本ゴールドディスク大賞2018/最も売れたアーティストは安室奈美恵!
  3. 統計・ランキング

    CM王&CM女王2020上半期/タレントCM起用社数ランキング
  4. 統計・ランキング

    世界で最も影響力のある100人/2019年版全一覧!大坂なおみ選出!
  5. 箱根駅伝

    箱根駅伝2017/往路結果と区間記録速報!通過順位や区間賞・優勝校は?
PAGE TOP