スポーツ

世界陸上2022オレゴンの結果は?メダル獲得数と競技結果一覧(日本代表)

「世界陸上2022オレゴン」(正式名称・第18回世界陸上競技選手権大会)が、2022年7月15日(金)~7月24日(日)まで、10日間の日程で行われます。

この「世界陸上」は、2年に1回、奇数年に行われており、2021年に開催予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となった東京五輪の開催を受け、1年延期となり、2022年の今年に開催されることとなったわけです。

そこで今回は、「世界陸上2022オレゴン」の、

・日本代表選手の競技別結果一覧
・各国のメダル獲得数
・参考:過去大会の日本のメダル獲得数

などをまとめていきます。

 

<スポンサーリンク>

●世界陸上2022オレゴン:開催概要


世界陸上とは、2年に1回、奇数年に開催される世界陸上競技選手権大会です。

本来なら2021年に開催予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大による東京五輪開催延期の影響を受け、2021年夏の開催が延期となり、2022年の今年、アメリカ・オレゴンにて、第18回目となる大会が開催される運びとなりました。

<開催概要>

世界陸上2022オレゴン

正式名称:第18回世界陸上競技選手権大会
日  程:2022年7月15日(金)~7月24日(日)
開 催 地:アメリカ・ユージーン(オレゴン)
主な会場:ヘイワード・フィールド
参加国数:
実施種目:

ちなみに、「世界陸上2025」は、東京開催に決定です!

 

<放送スケジュール>

「世界陸上2022オレゴン」は、TBSの地上波、BS-TBS、YouTubeなどで配信されます。詳しくは、番組公式サイトをご覧ください。

 

<スポンサーリンク>

 

●世界陸上2022オレゴン:競技別結果


◇男子日本代表


※ここでは、「世界陸上2022オレゴン」に出場した、日本代表選手(男子)の競技別結果をご紹介します。

20km競歩

1位/山西利和(1時間19分07秒)
2位/池田向希(1時間19分14秒)
8位/住所大翔(1時間20分39秒)
29位/高橋英輝(1時間26分46秒)


35km競歩

2位/川野将虎(2時間23分15秒)
9位/野田明宏(2時間25分29秒)
26位/松永大介(2時間33分56秒)


100m

サニブラウン(10秒06)/決勝7位
坂井隆一郎(10秒23)/準決勝全体21位


200m

上山紘輝(20秒48)/準決勝17位
飯塚翔太(20秒77)/準決勝22位


400m

佐藤風雅(45秒71)/準決勝17位
ウォルシュ ジュリアン(45秒75)/準決勝18位


4×100mリレー

予選失格


4×400mリレー

4位(2分59秒51)/アジア新記録


110mハードル

泉谷駿介(13秒42)/準決勝14位
石川周平(13秒68)/準決勝24位


400mハードル

黒川和樹(49秒69)/準決勝16位
岸本鷹幸(50秒66)/予選29位


走り幅跳び

10位/橋岡優輝


走り高跳び

8位/真野友博


棒高跳び

山本聖途「.65m)/予選15位


やり投げ

9位/ディーン 元気(80.69m)


5000m

遠藤日向(13分47秒07)/予選31位


10000m

20位/田澤廉(28分24秒25)
22位/伊藤達彦(28分57秒85)


3000m障害

三浦龍司(8分21秒80)/予選16位
山口浩勢(8分30秒92)/予選28位
青木涼真(8分33秒89)/予選33位


マラソン

13位/西山雄介(2時間08分35秒)
38位/星 岳(2時間13分44秒)
(欠場)鈴木健吾

 

<スポンサーリンク>

 

◇女子日本代表


※ここでは、「世界陸上2022オレゴン」に出場した、日本代表選手(女子)の競技別結果をご紹介します。

やり投げ

3位/北口榛花(63.27m)
11位/武本紗栄(57.93m)


走り幅跳び

秦澄美鈴(6.39m +0.4)/予選20位


100mハードル

福部真子(12秒82)/準決勝16位
青木益未(13秒04)/準決勝21位


4×100mリレー

予選12位


20Km競歩

6位/藤井菜々子(1時間29分01秒)
14位/岡田久美子(1時間31分53秒)


35km競歩

9位/園田世玲奈(2時間45分09秒)


800m

田中希実(2分03秒56)/予選38位


1500m

田中希実(4分05秒79)/準決勝15位
卜部蘭(4分14秒82)/予選40位


3000m障害

吉村玲美(9分58秒07)/予選40位
山中柚乃(10分18秒18)/予選42位


5000m

12位/田中希実(15分19秒35)
廣中璃梨佳(15分02秒03)/予選16位


10000m

12位/廣中璃梨佳(30分39秒71)
19位/五島莉乃(30分08秒68)


マラソン

9位/松田瑞生(2時間23分49秒)
(欠場)新谷仁美
(欠場)一山麻緒

 

◇混合日本代表


※ここでは、「世界陸上2022オレゴン」に出場した、日本代表選手(男女混合)の競技別結果をご紹介します。

4×400mリレー

※予選13位で決勝進出ならず

 

●世界陸上2022オレゴン:メダル獲得数


◇日本代表のメダル&入賞者一覧


※ここでは、「世界陸上2022オレゴン」に出場した日本代表のメダル&入賞者をまとめています。

<金メダル>

・山西利和(男子20km競歩)

 

<銀メダル>

・池田向希(男子20km競歩)
・川野将虎(男子35km競歩)

 

<銅メダル>

・北口榛花(女子やり投げ)

 

<入賞>

・6位/藤井菜々子(女子20km競歩)
・7位/サニブラウン(男子100m)
・8位/住所大翔(男子20km競歩)
・8位/真野友博(男子走高跳)
・4位/男子4×400mリレー

 

◇国別メダル獲得数


ここでは、「世界陸上2022オレゴン」に出場した国別のメダル獲得数をご紹介します(最終日)。

国名
1アメリカ1391133
2エチオピア4
4210
3ジャマイカ27
110
4ケニア25
3
10
5中国2136
6オーストラリア2013
7ペルー2002
8ポーランド1304
9カナダ12
14
9日本1214
11イギリス1157
12ノルウェー1113
13ドミニカ共和国1102
13グレナダ1102
13ナイジェリア1102
16ベルギー1023
16スウェーデン1023
16ウガンダ1023
19ブラジル1012
19ドイツ1012
19イタリア1012
22バハマ1001
22フランス1001
22カザフスタン1001
22モロッコ1001
22ポルトガル1001
22カタール1001
22スロベニア1001
22ベネズエラ1001
30オランダ0314
31リトアニア0112
31ウクライナ0112
31アルジェリア0101
33ブルキナファソ0101
33クロアチア0101
33ギリシャ0101
33インド0101
33韓国0101
39スペイン0022
40バルバドス0011
40チェコ0011
40イスラエル0011
40フィリピン0011
40プエルトリコ0011
40スイス0011

 

<スポンサーリンク>

 

●参考:世界陸上2019ドーハ:開催概要


2年に1回、奇数年に開催される世界陸上競技選手権大会。2019年の今年は、カタール・ドーハにて第17回目となる大会が開催されます。

なお、今大会は2020年に控えた東京オリンピックの前哨戦ともいえる大会となるため、日本代表選手の活躍やメダル獲得数・入賞者数などに注目です。

<開催概要>

世界陸上2019ドーハ

正式名称:第17回世界陸上競技選手権大会
日  程:2019年9月27日(金)~10月6日(日)
開 催 地:カタール・ドーハ
主な会場:ハリーファ国際スタジアム
参加国数:205の国と地域(見込み)
実施種目:49種目
 ※男子24種目、女子24種目、混合1種目

 

●参考:世界陸上2019ドーハ:競技別結果


◇男子日本代表


ここでは、「世界陸上2019ドーハ」に出場した、日本代表選手(男子)の競技別結果をご紹介します。

100m

※日本勢は決勝進出ならず
サニブラウン(10秒15)/準決勝全体14位
桐生祥秀(10秒16)/準決勝全体15位
小池祐貴(10秒28)/準決勝全体22位


200m

※日本勢は決勝進出ならず
小池祐貴/予選全体24位
白石黄良々/予選全体30位
山下潤/予選全体31位


400m

※日本勢は決勝進出ならず
ウォルシュ・ジュリアン/準決勝全体13位


800m

※日本選手の出場なし


1500m

※日本選手の出場なし


5000m

※日本選手の出場なし


10000m

※日本選手の出場なし


マラソン

25位/山岸宏貴(2時間16分43秒)
29位/川内優輝(2時間17分59秒)
37位/二岡康平(2時間19分23秒)


110mハードル

※日本勢は決勝進出ならず
高山峻野/準決勝全体17位
金井大旺/予選 全体29位
泉谷駿介/棄権


400mハードル

※日本勢は準決勝敗退
安倍考駿/準決勝全体9位
豊田将樹/準決勝全体23位


3000m障害

※日本選手の出場なし


50km競歩

1  位/鈴木雄介(4時間4分20秒)
27位/勝木隼人(4時間46分10秒)
棄 権/野田明宏

※鈴木雄介選手は日本勢初の金メダルを獲得。また、2020年東京五輪代表に内定しました。


20km競歩

1位/山西利和(1時間26分34秒)
5位/池田向希(1時間29分02秒)
9位/髙橋英輝(1時間30分04秒)

※山西利和選手は日本勢2つ目の金メダルを獲得。また、2020年東京五輪代表に内定しました。


4×100mリレー

※日本勢は決勝進出!3位銅メダル獲得!
1走/多田修平
2走/白石黄良々
3走/桐生祥秀
4走/サニブラウン
※37秒43で、日本新記録・アジア新記録!


4×400mリレー

※日本勢決勝進出ならず(予選1組6位)
1走/ウォルシュ・ジュリアン
2走/飯塚翔太
3走/佐藤拳太郎
4走/若林康太


走高跳

全体14位/戸邉直人
全体22位/佐藤凌
全体25位/衛藤昴


棒高跳

20位/山本聖途(予選敗退)
27位/澤野大地(予選敗退)
28位/江島雅紀(予選敗退)


走幅跳 

8 位/橋岡優輝 (7m97)
11位/城山正太郎(7m77)


三段跳 

※日本選手の出場なし


砲丸投 

※日本選手の出場なし


円盤投 

※日本選手の出場なし


ハンマー投 

※日本選手の出場なし


やり投 

※決勝進出ならず
15位/新井涼平


十種競技

16位/右代啓祐(7545pt)
※自身過去最高順位を更新

 

<スポンサーリンク>

 

◇女子日本代表


ここでは、「世界陸上2019ドーハ」に出場した、日本代表選手(女子)の競技別結果をご紹介します。

100m

※日本選手の出場なし


200m 

※日本選手の出場なし


400m 

※日本選手の出場なし


800m 

※日本選手の出場なし


1500m 

※日本選手の出場なし


5000m 

※田中選手は決勝進出
田中希実(15分04.66)/予選全体12位
木村友香(15分53.08)/予選全体24位

※田中選手は日本歴代2位のタイム
田中希実(15分00.01)/決勝14位


10000m 

11位/新谷仁美(31分12秒99)
19位/山ノ内みなみ(35分53秒46)


マラソン 

7  位/谷本観月(2時間39分09秒)
11位/中野円花(2時間42分39秒)
棄権/池満彩乃


100mハードル 

※日本勢は決勝戦進出ならず
木村文子 /準決勝全体28位
寺田明日香/準決勝全体29位


400mハードル 

※日本選手の出場なし


3000m障害 

※日本選手の出場なし


20km競歩 

6位/岡田久美子(1時間34分36秒)
7位/藤井菜々子(1時間34分50秒)


50km競歩 

11位/渕瀬真澄美(4時間41分02秒)


4×100mリレー 

※日本選手の出場なし


4×400mリレー 

※日本選手の出場なし


走高跳 

※日本選手の出場なし


棒高跳 

※日本選手の出場なし


走幅跳 

※日本選手の出場なし


三段跳 

※日本選手の出場なし


砲丸投 

※日本選手の出場なし


円盤投 

29位/郡菜々佳


ハンマー投 

※日本選手の出場なし


やり投 

13位/北口榛花(予選敗退)
29位/佐藤友佳(予選敗退)


七種競技

※日本選手の出場なし

 

◇混合日本代表


ここでは、「世界陸上2019ドーハ」に出場した、日本代表選手(混合)の競技別結果をご紹介します。

4×400mリレー

※日本勢は予選敗退(全体の16位)となったものの、日本記録を更新しました。
1走/青山聖佳
2走/若林康太
3走/田村朋也
4走/髙島咲季

 

<スポンサーリンク>

 

●参考:世界陸上2019ドーハ:メダル獲得数


◇日本代表のメダル&入賞者一覧


ここでは、「世界陸上2019ドーハ」に出場した日本代表のメダル&入賞者をご紹介します。

・金メダル…鈴木雄介(男子50km競歩)
※鈴木選手は日本競歩初の金メダルを獲得。また、日本選手の世界陸上での金メダル獲得は、男子マラソン(谷口浩美)、女子マラソン(浅利純子・鈴木博美)、男子ハンマー投げ(室伏広治)に次ぐ5人目です。

・金メダル…山西利和(男子20km競歩)
※山西選手は日本競歩2つ目の金メダルを獲得。また、鈴木雄介選手に続き、金メダル6人目の獲得です。

・銅メダル…多田修平・白石黄良々・桐生祥秀・サニブラウン(男子4×100m)
※タイムは37秒43で、日本・アジア新記録更新。日本は4×100で世界陸上2大会連続で銅メダルを獲得しました。

・5位/池田向希(男子20km競歩)
・6位/岡田久美子(女子20km競歩)
・7位/藤井菜々子(女子20km競歩)
・7位入賞…谷本観月(女子マラソン)
・8位入賞…橋岡優輝(男子走幅跳)
 ※橋岡選手は走幅跳日本勢として初めての入賞

◇国別メダル獲得数


「世界陸上2019ドーハ」に出場した国別のメダル獲得数は、2019年10月6日(日)の大会最終日終了時点のものです。

国名
1アメリカ1411429
2ケニア52411
3ジャマイカ35311
4中国3339
5エチオピア2518
6
イギリス2316
7
ドイツ246
8
日本213
9オランダ22
9ウガンダ22
11ポーランド1236
12バーレーン1113
12キューバ1113
12スウェーデン1113
15
バハマ112
16カタール112
17オーストラリア11
17グレナダ11
17ノルウェー11
17ベネズエラ11
21エストニア22
21ウクライナ22
23カナダ145
24ベルギー112
24コロンビア112
24フランス112
27アルジェリア11
27ボスニアヘルツェゴビナ11
27ポルトガル11
30オーストリア22
31ブルキナファソ11
31コートジボワール11
31クロアチア11
31エクアドル11
31スペイン11
31ギリシャ11
31ハンガリー11
31イタリア11
31モロッコ11
31ナミビア11
31ナイジェリア11
31ニュージーランド11
31スイス11

 

●参考:過去大会の日本のメダル獲得数


◇世界陸上2017

日本の獲得メダル数…3

・銀メダル…荒井広宙(男子50km競歩)
・銅メダル…小林快(男子50km競歩)
・銅メダル…多田修平、飯塚翔太
      桐生祥秀、藤光謙司
      (4×100mリレー)

・5位入賞…丸尾知司(男子50km競歩)
・7位入賞…サニブラウン・アブデル・ハキーム
      (男子200m)


◇世界陸上2015

日本の獲得メダル数…1

・銅メダル…谷井孝行(50km競歩)


◇世界陸上2013

日本の獲得メダル数…1

・銅メダル…福士加代子(女子マラソン)


◇世界陸上2011

日本の獲得メダル数…1

・金メダル…室伏広治(ハンマー投)


◇世界陸上2009

日本の獲得メダル数…2

・銀メダル…尾崎好美(女子マラソン)
・銅メダル…村上幸史(やり投)


◇世界陸上2007

日本の獲得メダル数…1

・銅メダル…土佐礼子(女子マラソン)

 

<スポンサーリンク>

 

ピックアップ記事

  1. スタバメニューのカロリー一覧表!レギュラーから新作まで[フード編]
  2. スタバメニューのカロリー一覧表!新作フラペチーノも![ドリンク編]
  3. ゆうメール規格外廃止!定形外郵便やゆうメール新料金一覧&ゆうパック料金は?
  4. 嵐のメンバーが主演で主題歌も嵐の連続ドラマ&映画一覧!最新版(継続中)
  5. サーティーワンの値段とメニューやカロリーまとめ/新作とキャンペーン情報も!

関連記事

  1. 箱根駅伝

    箱根駅伝2017/神奈川大学のエントリー選手一覧とチームの特徴とは?

    2017年1月2日(月)・3日(火)に、学生駅伝の最高峰である「第…

  2. 駅伝

    参考:全日本大学駅伝2018のアーカイブ

    ※全日本大学駅伝の結果はこちら!全日本大学駅伝…

  3. スポーツ

    MGCファイナルチャレンジ(女子)の結果は?/東京五輪マラソン代表選手

    2020年7月開催の「東京オリンピック2020」。有望株の成長…

  4. 駅伝

    クイーンズ駅伝2022/結果速報&区間エントリー選手一覧(実業団女子)

    2022年11月27日(日)、クイーンズ駅伝2022(正式名称・第…

  5. スポーツ

    平昌オリンピックのメダル予想は?/獲得数(金・銀・銅)&入賞一覧!

    2018年2月9日(金)~2月25日(日)までの日程で開催の「第2…

  6. 箱根駅伝

    箱根駅伝2016/東洋大学のエントリー選手一覧

    2016年1月2日・3日、毎年恒例の箱根駅伝が開催…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

読んでほしい記事

アーカイブ

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ピックアップ記事

  1. 統計・ランキング

    カリスマランキング【平成版】ミヤネ屋がトップ10を発表!有名人ランキング!
  2. 統計・ランキング

    日本企業ブランドランキング2022/トップ100の日本企業一覧は?
  3. 箱根駅伝

    箱根駅伝2017/往路結果と区間記録速報!通過順位や区間賞・優勝校は?
  4. 統計・ランキング

    世界で最も影響力のある100人/2021年は大谷翔平が選出!(最新版)
  5. 統計・ランキング

    ヒット予測2023/日経トレンディ発表の予測はいくつ流行る?歴代まとめ
PAGE TOP