箱根駅伝

箱根駅伝2024/東海大学のエントリー選手一覧とチームの特徴とは?

2024年1月2日(火)・3日(水)に開催、学生駅伝の最高峰「第100回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝2024)」。

この「第100回箱根駅伝2024」で頂点を目指すのは、シード校10校+予選突破校13校(第100回大会に限り3枠増加、関東学生連合は編成なし)を合わせた23チームです。

さて、本記事で紹介する東海大学は、前回大会(第99回箱根駅伝2023)で往路13位・復路18位、総合15位でした。

なお、今季箱根駅伝予選会は10位で通過。黄金世代の主力が卒業した東海大学。再び上位に返り咲くことができるのか注目です。

そこで今回は、「第100回箱根駅伝2024」の出場校・東海大学の、

・エントリー選手一覧
・チームデータ
・箱根駅伝2024往路の結果
・箱根駅伝2024復路の結果
・過去大会の結果

などをご紹介します。

 

※2023年12月11日:メンバーエントリー発表
※2023年12月29日:区間エントリー発表
※2024年1月2日:区間エントリー変更
※2024年1月3日:区間エントリー変更

 

※箱根駅伝関連記事はこちら。

箱根駅伝2024/出場校&区間エントリー

箱根駅伝2024/コース詳細

箱根駅伝2024/結果速報(往路)

箱根駅伝2024/結果速報(復路)

箱根駅伝ランナーの進路(実業団)

 

<スポンサーリンク>

●東海大学の特徴は?


第49回大会(箱根駅伝1973)に初出場して以来、今季で51回目の出場となる東海大学は、第95回大会(箱根駅伝2019)で悲願の初優勝を果たしました。

2連覇に期待がかかった第96回大会(箱根駅伝2020)では、残念ながら往路4位・復路優勝・総合2位で、軍配は青学に。

そして、第97回大会(箱根駅伝2021)は、往路5位・復路10位、総合5位と、順位が下降。

第98回大会(箱根駅伝2022)では、まさかの往路10位、復路10位、総合11位に沈み、シード権を逃す結果に…。

前回大会(第99回箱根駅伝2023)では、往路13位・復路18位、総合15位とシード権争いにも絡めず…ん。

黄金世代の主力が卒業してしまった東海大学。今季箱根駅伝予選会は10位で通過しました。

なお、2023シーズンの出雲駅伝は不出場、全日本大学駅伝は9位です。

箱根駅伝本選では、シード権内に返り咲くことができるのか注目です。

 

<チームデータ>


東海大学

優勝1回・11年連続51回目の出場
創部/1960年
練習拠点/神奈川県平塚市

三大駅伝優勝回数
出 雲/4回
全日本/2回
箱 根/1回

在籍した主なOB
佐藤悠基、村澤明伸、關颯人
館澤亨次、阪口竜平、小松陽平

タスキの色/白と紺のツートン

 

<近年の学生三大駅伝の戦績>


2023年1月の箱根駅伝では、往路13位・復路18位・総合15位。

2023年10月の出雲駅伝は不出場、11月の全日本大学駅伝は9位。

 

<監督>


両角速(もろずみはやし)

1966年7月5日生まれ

長野県茅野市出身。東海大付属第三高等学校から東海大学に進学。箱根駅伝の戦績は1年時3区9位、2年時3区7位、3年時1区7位、4年時2区9位。

大学卒業後は日産自動車やダイエーなどの実業団で活躍し、現役引退後は1995年から佐久長聖高等学校の駅伝部監督に就任。わずか数名からスタートした駅伝部を、1998年には全国高校駅伝に初出場させ、2008年には優勝に導く。

なお、2011年に東海大学駅伝監督に就任。

 

●箱根駅伝2024のエントリー選手一覧


※ここでは、「第100回箱根駅伝2024」の区間エントリー選手をご紹介します。

全チームのエントリーリストはこちら。

※2023年12月11日:メンバーエントリー発表
※2023年12月29日:区間エントリー発表
※2024年1月2日:区間エントリー変更
※2024年1月3日:区間エントリー変更
※主将は☆

1区/兵藤ジュダ(2年)
2区/花岡寿哉(2年)
3区/佐伯陽生(4年)→鈴木天智(2年)
4区/野島健太(3年)
5区/喜早駿介(4年)
6区/松尾昂来(4年)→梶谷優斗(3年)
7区/石原翔太郎(4年)
8区/南坂柚汰(1年)
9区/折口雄紀(4年)→竹割真(2年)
10区/ロホマン・シュモン(2年)

補員/越陽汰☆(3年)
  /湯野川創(2年)
  /永本脩(1年)

 

●箱根駅伝2024の結果


※ここでは、「第100回箱根駅伝2024」の総合結果をご紹介します。

<往路>

東海大学は、往路16位です。

 

<復路>

東海大学は、復路9位総合11位です。

 

<スポンサーリンク>

 

●参考:箱根駅伝2023の結果


※ここでは参考までに、「第99回箱根駅伝2023」の総合結果をご紹介します(タイムは速報値です)。

<往路>

※東海大学は、往路13位です。

 

<復路>

※東海大学は、復路18位、総合15位です。

 

●参考:箱根駅伝2022の結果


※ここでは参考までに、「第98回箱根駅伝2022」の総合結果をご紹介します。

<往路>

※東海大学は、往路10位です。

 

<復路>

※東海大学は、復路10位総合11位です。

 

●参考:箱根駅伝2021の結果


※ここでは参考までに、「第97回箱根駅伝2021」の総合結果をご紹介します。

<往路>

※東海大学は、往路5位です。また、石原翔太郎選手は3区区間賞を獲得。

 

<復路>

※東海大学は、復路10位総合5位です。

 

<スポンサーリンク>

 

●参考:箱根駅伝2020の結果


※ここでは参考までに、「第96回箱根駅伝2020」の結果をご紹介します。

<往路>

※東海大学は、往路4位です。

 

<復路>

※東海大学は、総合2位、復路初優勝です。また、館澤亨次選手は6区区間賞(区間新)、小松陽平選手は8区区間賞を獲得。

 

●参考:箱根駅伝2019の結果


※ここでは参考までに、第95回箱根駅伝2019」の総合結果をご紹介します。

<往路>

※東海大学は、往路2位です。

 

<復路>

※東海大学は、復路2位、総合優勝です。また、小松陽平選手は8区区間賞獲得(区間新記録)。

 

●参考:箱根駅伝2018の結果


※ここでは参考までに、第94回箱根駅伝2018」の総合結果をご紹介します。

<往路>

※東海大学は、往路9位です。

 

<復路>

※東海大学は、復路4位総合5位です。

※関東学生陸上競技連盟発表の公式記録を記載しています。

 

※箱根駅伝関連記事はこちら。

箱根駅伝2024/出場校&区間エントリー

箱根駅伝2024/コース詳細

箱根駅伝2024/結果速報(往路)

箱根駅伝2024/結果速報(復路)

箱根駅伝ランナーの進路(実業団)

 

<スポンサーリンク>

 

ピックアップ記事

  1. スタバメニューのカロリー一覧表!新作フラペチーノも![ドリンク編]
  2. 嵐のメンバーが主演で主題歌も嵐の連続ドラマ&映画一覧!最新版(継続中)
  3. ゆうメール規格外廃止!定形外郵便やゆうメール新料金一覧&ゆうパック料金は?
  4. サーティワンの値段とメニューやカロリーまとめ/新作とキャンペーン情報も!
  5. スタバメニューのカロリー一覧表!レギュラー&期間限定季節のおすすめ新作[フード編…

関連記事

  1. 箱根駅伝

    箱根駅伝2016/日本大学のエントリー選手一覧

    2016年1月2日・3日、毎年恒例の箱根駅伝が開催…

  2. 箱根駅伝

    箱根駅伝2016/東海大学のエントリー選手一覧

    2016年1月2日・3日、毎年恒例の箱根駅伝が開催…

  3. スポーツ

    サッカーワールドカップ2018ロシア大会結果と過去の対戦成績&順位表

    2018年6月14日(木)からロシアを舞台に、4年に一度のサッカー…

  4. 箱根駅伝

    箱根駅伝2023/駿河台大学のエントリー選手一覧とチームの特徴とは?

    2024年1月2日(火)・3日(水)に開催、学生駅伝の最高峰「第1…

  5. 駅伝

    参考:全日本大学駅伝2018のアーカイブ

    ※全日本大学駅伝の結果はこちら!全日本大学駅伝…

  6. 箱根駅伝

    箱根駅伝2016/東洋大学のエントリー選手一覧

    2016年1月2日・3日、毎年恒例の箱根駅伝が開催…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

読んでほしい記事

アーカイブ

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ピックアップ記事

  1. 芸能・エンタメ

    SNSタレントパワーランキング/発信力や拡散力を持つタレントは誰?
  2. 箱根駅伝

    箱根駅伝2024/結果速報(復路)!優勝校は?区間記録と通過順位も!
  3. 統計・ランキング

    世界のセレブ長者番付2020/セレブランキングで大坂なおみ90位!
  4. 統計・ランキング

    ヒット予測2017/日経トレンディ発表のベスト30はいくつ流行る?
  5. 統計・ランキング

    男女平等ランキング2021/日本のジェンダー・ギャップ指数はG7最下位
PAGE TOP