箱根駅伝

箱根駅伝2023/東京国際大学のエントリー選手一覧とチームの特徴は?

2023年1月2日(月)・3日(火)に開催、学生駅伝の最高峰「第99回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝2023)」。

この「第99回箱根駅伝2023」で頂点を目指すのは、シード校10校+予選突破校10校、関東学生連合を合わせた21チームです。

さて、本記事で紹介する東京国際大学は、前回大会(第98回箱根駅伝2022)で往路7位・復路4位、総合5位でした。

戦国駅伝時代にのし上がってきた東京国際大学が、さらなる下剋上を成し遂げるかに注目です。

そこで今回は、「第99回箱根駅伝2023」の出場校東京国際大学の、

・エントリー選手一覧
・チームデータ
・箱根駅伝2023往路の結果
・箱根駅伝2023復路の結果
・過去大会の結果

などをご紹介します。

※2022年12月10日:メンバーエントリー発表
※2022年12月29日:区間エントリー発表
※2023年1月2日:区間エントリー変更反映
※2023年1月3日:区間エントリー変更反映

※箱根駅伝関連記事はこちら。

箱根駅伝2023/出場校&区間エントリー

箱根駅伝2023/コース詳細

箱根駅伝2023/結果速報(往路)

箱根駅伝2023/結果速報(復路)

箱根駅伝ランナーの進路(実業団)

 

<スポンサーリンク>

●東京国際大学の特徴は?


第92回大会(箱根駅伝2016)で初出場を果たした東京国際大学。初めての箱根駅伝では17位に終わり、シード権獲得にすら絡むことはできませんでした。

そして、第93回大会(箱根駅伝2017)の予選会は突破できず、翌年の第94回大会(箱根駅伝2018)は予選会をギリギリ10位で通過し、2回目の本選出場をもぎ取りました。結果は初出場と同じ17位。

続く、第95回大会(箱根駅伝2019)では、2つ順位を上げ15位でした。

そんな東京国際大学が怒涛の快進撃をみせ、第96回大会(箱根駅伝2020)では、往路3位・復路6位・総合順位5位と大躍進!

まさに、戦国駅伝時代の鮮やかな下剋上に感動です!

とはいえ、第97回大会(箱根駅伝2021)は、往路6位・復路12位・総合10位で、上位に食い込むことはできませんでしたが、辛くもシード権獲得。

そして、前回大会(第98回箱根駅伝2022)では、往路7位、復路4位、総合5位の大健闘!

なお、主力の一角を担う留学生、イェゴン・ヴィンセント選手、山谷昌也選手を欠いた結果、2022シーズンの出雲駅伝は8位、全日本大学駅伝は11位でした。

留学生だけではなく、日本人選手も負けじと大活躍している東京国際大学。

故障していたイェゴン選手、山谷選手は箱根駅伝への復帰に間に合う見込みとのことで、もう1柱の丹所健選手と合わせ、4年生トリオ最後の年となる今大会。鮮やかな下剋上で、箱根路制覇を成し遂げる可能性が高まっています!

 

<チームデータ>


東京国際大学

最高成績5位・6年連続7回目の出場
創部/2011年
練習拠点/埼玉県坂戸市

三大駅伝優勝回数
出 雲/1回
全日本/0回(最高4位)
箱 根/0回(最高5位)

タスキの色/紺青

 

<近年の学生三大駅伝の戦績>


2022年1月の箱根駅伝では、往路7位・復路4位・総合5位。

2022年10月の出雲駅伝は8位、11月の全日本大学駅伝は11位。

 

<監督>


大志田秀次(おおしだしゅうじ)

1962年5月27日生まれ

岩手県出身。盛岡工業高校から1981年に中央大学に進学。箱根駅伝の戦績は、3年時1区11位、4年時8区区間賞。

大学卒業後は本田技研に入社。引退後は同社コーチと中央大学のコーチを兼任し、1996年に中央大学を総合優勝に導いた。2011年に東京国際大学の駅伝監督に就任。

 

●箱根駅伝2023のエントリー選手一覧


※ここでは、「第99回箱根駅伝2023」の区間エントリー選手をご紹介します。

全チームのエントリーリストはこちら。

※2022年12月10日:メンバーエントリー発表
※2022年12月29日:区間エントリー発表
※2023年1月2日:区間エントリー変更反映
※2023年1月3日:区間エントリー変更反映
※☆=主将

1区/山谷昌也(4年)
2区/丹所健(4年)
3区/木村海斗(2年)→白井勇佑(2年)
4区/ルカ・ムセンビ(4年)→ヴィンセント(4年)
5区/川端拳史(3年)
6区/林優策(3年)→吉住颯(2年)
7区/山岸柊斗(2年)
8区/川内琉生(1年)→宗像聖(4年)☆
9区/村松敬哲(3年)
10区/堀畑佳吾(4年)

補員/楠木悠人(2年)
  /冨永昌輝(2年)

 

●箱根駅伝2023の結果


※ここでは、「第99回箱根駅伝2023」の総合結果をご紹介します(タイムは速報値です)。

<往路>

※東京国際大学は、往路7位です。

なお、4区走者のイェゴン・ヴィンセント選手が新記録達成。

 

<復路>

※東京国際大学は、復路17位、総合11位です。

 

<スポンサーリンク>

 

●参考:箱根駅伝2022の結果


※ここでは参考までに、「第98回箱根駅伝2022」の総合結果をご紹介します。

<往路>

※東京国際大学は、往路7位です。

なお、3区走者・丹所健選手が区間賞を獲得。

 

<復路>

※東京国際大学は、復路4位総合5位です。

 

●参考:箱根駅伝2021の結果


※ここでは参考までに、「第97回箱根駅伝2021」の総合結果をご紹介します。

<往路>

※東京国際大学は、往路6位です。また、イェゴン・ヴィンセント選手が2区区間賞(区間新記録)を獲得。

 

<復路>

※東京国際大学は、復路12位総合10位です。また、佐伯涼選手が7区区間賞を獲得。

 

<スポンサーリンク>

 

●参考:箱根駅伝2020の結果


※ここでは参考までに、「第96回箱根駅伝2020」の結果をご紹介します。

<往路>

※東京国際大学は、往路3位です。イエゴン・ヴィンセント・キベット選手が3区区間賞(区間新)を獲得。

 

<復路>

※東京国際大学は、復路6位総合5位です。なお、東京国際大学史上初のシード権を獲得しました。

 

●参考:箱根駅伝2019の結果


※ここでは参考までに、第95回箱根駅伝2019」の総合結果をご紹介します。

<往路>

※東京国際大学は、往路17位です。

 

<復路>

※東京国際大学は、復路16位、総合15位です。

 

●参考:箱根駅伝2018の結果


※ここでは参考までに、第94回箱根駅伝2018」の総合結果をご紹介します。

<往路>

※東京国際大学は、往路19位です。

 

<復路>

※東京国際大学は、復路15位総合17位です。

※関東学生陸上競技連盟発表の公式記録を記載しています。

 

※箱根駅伝関連記事はこちら。

箱根駅伝2023/出場校&区間エントリー

箱根駅伝2023/コース詳細

箱根駅伝2023/結果速報(往路)

箱根駅伝2023/結果速報(復路)

箱根駅伝ランナーの進路(実業団)

 

<スポンサーリンク>

 

ピックアップ記事

  1. ゆうメール規格外廃止!定形外郵便やゆうメール新料金一覧&ゆうパック料金は?
  2. スタバメニューのカロリー一覧表!レギュラーから新作まで[フード編]
  3. スタバメニューのカロリー一覧表!新作フラペチーノも![ドリンク編]
  4. 嵐のメンバーが主演で主題歌も嵐の連続ドラマ&映画一覧!最新版(継続中)
  5. 「金曜ロードショー」2月放送予定映画は?/2023年の作品ラインナップまとめ(日…

関連記事

  1. スポーツ

    世界卓球2018女子/日程と日本代表メンバー&グループ組み合わせ一覧

    2018年4月29日(日)~5月6日(日)の期間、スウェーデンのハ…

  2. スポーツ

    平昌オリンピックの日程(テレビ放送予定)と出場選手は?│種目別一覧!

    2018年2月9日(金)~2月25日(日)までの日程で、平昌オリン…

  3. 箱根駅伝

    箱根駅伝2017/国学院大学のエントリー選手一覧とチームの特徴とは?

    2017年1月2日(月)・3日(火)に、学生駅伝の最高峰である「第…

  4. 箱根駅伝

    箱根駅伝2023/結果速報(往路)!区間記録や通過順位&往路優勝校は?

    2023年1月2日(月)・3日(火)の2日間は、学生駅伝の最高峰と…

  5. 駅伝

    全日本大学女子駅伝2022/予選会の日程と結果一覧(杜の都駅伝)

    全日本大学女子駅伝2022(第40回全日本大学女子駅伝対校選手権大…

  6. スポーツ

    北京冬季オリンピック2022のテレビ放送日程/局別タイムテーブル一覧

    2022年2月4日(金)~2月20日(日)までの17日間の日程で、…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

読んでほしい記事

アーカイブ

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

ピックアップ記事

  1. バラエティ番組

    昭和アニメのスゴい声優50人!/Z世代声優が選ぶレジェンド声優は?(テレ朝)
  2. スポーツ

    最も稼ぐ女性アスリート2019/大坂なおみがランクイン!テニス勢独占!
  3. 統計・ランキング

    タレント番組出演本数ランキング&ブレイクタレント/2022年年間(関東・関西)
  4. 統計・ランキング

    世界で最も影響力のある100人/2021年は大谷翔平が選出!(最新版)
  5. 統計・ランキング

    赤ちゃんの名前ランキング/実際に名付けられた人気の名前(赤ちゃん本舗)
PAGE TOP