映画

第79回ゴールデングローブ賞2022/ノミネート作品一覧&受賞結果は?

アメリカで、優れた映画とテレビドラマ作品や出演者などに授与される「第79回ゴールデングローブ賞2022」が開催されます。

そして、2021年12月13日(月)に、ノミネート作品が発表されました。

なお、授賞式は現地時間の2022年1月9日(日)です。

そこで今回は、「第79回ゴールデングローブ賞2022」の、

・映画の部ノミネートと受賞結果
・ドラマの部ノミネートと受賞結果
・過去のノミネートと受賞結果

などをまとめています。

 

※アメリカの映画賞はこちらも

第94回アカデミー賞2022

 

<スポンサーリンク>

●第79回ゴールデングローブ賞


<ゴールデングローブ賞とは?>


「ゴールデングローブ賞」とは、アメリカの有名なアワードの1つ。

その年の最も優れた映画とテレビドラマに授与される賞で、世界的にも有名な「アカデミー賞」(いわゆる、オスカー)の前哨戦とも呼ばれ、アカデミー賞の結果を占う賞としても注目されます。

なお、選定は、ハリウッド外国人記者協会の投票により行われます。

※「第79回ゴールデングローブ賞2022」のスケジュールは…

ノミネート発表…2021年12月13日(現地時間)
授賞式    …2022年1月9日(現地時間)

ちなみに、今年は人種差別や性差別問題などからテレビ中継が中止となり、公式サイトやSNSを通じての受賞者の発表だけとなりました。

 

●2022年の受賞結果


※2022年1月10日(日本時間)発表の、「第79回ゴールデングローブ賞2022」の受賞結果は、判明次第追記します。

◇映画部門


<非英語映画賞(旧外国映画賞)>

「ドライブ・マイ・カー」(日本)

※西島秀俊さん主演映画「ドライブ・マイ・カー」が非英語映画賞を受賞しました。

<ドラマ部門・作品賞>

「パワー・オブ・ザ・ドッグ」

<ドラマ部門・男優賞>

ウィル・スミス
「ドリームプラン」

<ドラマ部門・女優賞>

ニコール・キッドマン
「愛すべき夫妻の秘密」

<コメディ/ミュージカル部門・作品賞>

「ウエスト・サイド・ストーリー」

<コメディ/ミュージカル部門・男優賞>

アンドリュー・ガーフィールド
「tick, tick…BOOM!
チック、チック…ブーン!」

<コメディ/ミュージカル部門・女優賞>

レイチェル・ゼグラー
「ウエスト・サイド・ストーリー」

<助演男優賞>

コディ・スミット=マクフィー
「パワー・オブ・ザ・ドッグ」

<助演女優賞>

アリアナ・デボーズ
「ウエスト・サイド・ストーリー」

<アニメ作品賞>

「ミラベルと魔法だらけの家」

<監督賞>

ジェーン・カンピオン
「パワー・オブ・ザ・ドッグ」

<脚本賞>

ケネス・ブラナー
「ベルファスト」

 

◇テレビ部門


<ドラマ部門 作品賞>

「サクセッション」

<ドラマ部門・男優賞>

ジェレミー・ストロング
「サクセッション」

<ドラマ部門・女優賞>

MJ・ロドリゲス
「POSE ポーズ」

<コメディ/ミュージカル部門・作品賞>

「Hacks」

<コメディ/ミュージカル部門・男優賞>

ジェイソン・サダイキス
「テッド・ラッソ 破天荒コーチがゆく」

<コメディ/ミュージカル部門・女優賞>

ジーン・スマート
「Hacks」

<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・作品賞>

「The Underground Railroad(原題)」

<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・男優賞>

マイケル・キートン
「DOPESICK アメリカを蝕むオピオイド危機」

<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・女優賞>

ケイト・ウィンスレット
「メア・オブ・イーストタウン
ある殺人事件の真実」

<助演男優賞>

オ・ヨンス
「イカゲーム」

<助演女優賞>

サラ・スヌーク
「サクセッション」

 

<スポンサーリンク>

 

●2022年のノミネート作品一覧


※ここでは、2021年12月13日(現地時間)発表の、「第79回ゴールデングローブ賞2022」ノミネート作品をご紹介します。

◇映画部門


<ドラマ部門・作品賞>

「ベルファスト」
「コーダ あいのうた」
「DUNE デューン 砂の惑星」
「ドリームプラン」
「パワー・オブ・ザ・ドッグ」

<ドラマ部門・男優賞>

マハーシャラ・アリ
「スワン・ソング」

ハビエル・バルデム
「パラレル・マザーズ(原題)」

ベネディクト・カンバーバッチ
「パワー・オブ・ザ・ドッグ」

ウィル・スミス
「ドリームプラン」

デンゼル・ワシントン
「マクベス」

<ドラマ部門・女優賞>

ジェシカ・チェステイン
「タミー・フェイの瞳」

オリビア・コールマン
「ロスト・ドーター」

ニコール・キッドマン
「愛すべき夫妻の秘密」

レディー・ガガ
「ハウス・オブ・グッチ」

クリステン・スチュワート
「スペンサー」

<コメディ/ミュージカル部門・作品賞>

「シラノ」
「ドント・ルック・アップ」
「Licorice Pizza(原題)」
「tick, tick…BOOM!
チック、チック…ブーン!」
「ウエスト・サイド・ストーリー」

<コメディ/ミュージカル部門・男優賞>

レオナルド・ディカプリオ
「ドント・ルック・アップ」

ピーター・ディンクレイジ
「シラノ」

アンドリュー・ガーフィールド
「tick, tick…BOOM!
チック、チック…ブーン!」

クーパー・ホフマン
「Licorice Pizza(原題)」

アンソニー・ラモス
「イン・ザ・ハイツ」

<コメディ/ミュージカル部門・女優賞>

マリオン・コティヤール
「アネット」

アラナ・ハイム
「Licorice Pizza(原題)」

ジェニファー・ローレンス
「ドント・ルック・アップ」

エマ・ストーン
「クルエラ」

レイチェル・ゼグラー
「ウエスト・サイド・ストーリー」

<助演男優賞>

ベン・アフレック
「The Tender Bar(原題)」

ジェイミー・ドーナン
「ベルファスト」

キアラン・ハインズ
「ベルファスト」

トロイ・コッツァー
「コーダ あいのうた」

コディ・スミット=マクフィー
「パワー・オブ・ザ・ドッグ」

<助演女優賞>

カトリーナ・バルフ
「ベルファスト」

アリアナ・デボーズ
「ウエスト・サイド・ストーリー」

キルステン・ダンスト
「パワー・オブ・ザ・ドッグ」

アーンジャニュー・エリス
「ドリームプラン」

ルース・ネッガ
「PASSING 白い黒人」

<アニメ作品賞>

「ミラベルと魔法だらけの家」
「FLEE(原題)」
「あの夏のルカ」
「My Sunny Maad(原題)」
「ラーヤと龍の王国」

<非英語映画賞(旧外国映画賞)>

「Hytti Nro 6」
(フィンランド/ドイツ/エストニア/ロシア)
「ドライブ・マイ・カー」(日本)
「The Hand of God」(イタリア)
「A Hero(原題)」(フランス/イラン)
「パラレル・マザーズ(原題)」(スペイン)

※非英語映画賞にノミネートされた「ドライブ・マイ・カー」の主演俳優・西島秀俊さんは、ニューヨークタイムズが選んだ13組の俳優の1人にも選ばれています。

<監督賞>

ケネス・ブラナー
「ベルファスト」

ジェーン・カンピオン
「パワー・オブ・ザ・ドッグ」

マギー・ギレンホール
「ロスト・ドーター」

スティーブン・スピルバーグ
「ウエスト・サイド・ストーリー」

ドゥニ・ビルヌーブ
「DUNE デューン 砂の惑星」

<脚本賞>

ポール・トーマス・アンダーソン
「Licorice Pizza(原題)」

ケネス・ブラナー
「ベルファスト」

ジェーン・カンピオン
「パワー・オブ・ザ・ドッグ」

アダム・マッケイ
「ドント・ルック・アップ」

アーロン・ソーキン
「愛すべき夫妻の秘密」

 

<スポンサーリンク>

 

◇テレビ部門


<ドラマ部門 作品賞>

「Lupin ルパン」
「ザ・モーニングショー」
「POSE ポーズ」
「イカゲーム」
「サクセッション」

<ドラマ部門・男優賞>

ブライアン・コックス
「サクセッション」

イ・ジョンジェ
「イカゲーム」

ビリー・ポーター
「POSE ポーズ」

ジェレミー・ストロング
「サクセッション」

オマール・シー
「Lupin ルパン」

<ドラマ部門・女優賞>

ウゾ・アドゥバ
「イン・トリートメント
セラピスト ブルック・テイラー」

ジェニファー・アニストン
「ザ・モーニングショー」

クリスティーン・バランスキー
「The Good Fight ザ・グッド・ファイト」

エリザベス・モス
「ハンドメイズ・テイル 侍女の物語」

MJ・ロドリゲス
「POSE ポーズ」

<コメディ/ミュージカル部門・作品賞>

「THE GREAT
エカチェリーナの時々真実の物語」
「Hacks」
「マーダーズ・イン・ビルディング」
「レザベーション・ドックス」
「テッド・ラッソ 破天荒コーチがゆく」

<コメディ/ミュージカル部門・男優賞>

アンソニー・アンダーソン
「ブラッキッシュ」

ニコラス・ホルト
「THE GREAT
エカチェリーナの時々真実の物語」

スティーブ・マーティン
「マーダーズ・イン・ビルディング」

マーティン・ショート
「マーダーズ・イン・ビルディング」

ジェイソン・サダイキス
「テッド・ラッソ 破天荒コーチがゆく」

<コメディ/ミュージカル部門・女優賞>

ハンナ・エインバインダー
「Hacks」

エル・ファニング
「THE GREAT
エカチェリーナの時々真実の物語」

イッサ・レイ
「インセキュア」

トレイシー・エリス・ロス
「ブラッキッシュ」

ジーン・スマート
「Hacks」

<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・作品賞>

「DOPESICK アメリカを蝕むオピオイド危機」
「Impeachment: American Crime Story(原題)」
「メイドの手帖」
「メア・オブ・イーストタウン
ある殺人事件の真実」
「The Underground Railroad(原題)」

<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・男優賞>

ポール・ベタニー
「ワンダヴィジョン」

オスカー・アイザック
「ある結婚の風景」

マイケル・キートン
「DOPESICK アメリカを蝕むオピオイド危機」

ユアン・マクレガー
「Halston ホルストン」

タハール・ラヒム
「ザ・サーペント」

<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・女優賞>

ジェシカ・チャステイン
「ある結婚の風景」

シンシア・エリボ
「ジーニアス アレサ」

エリザベス・オルセン
「ワンダヴィジョン」

マーガレット・クアリー
「メイドの手帖」

ケイト・ウィンスレット
「メア・オブ・イーストタウン
ある殺人事件の真実」

<助演男優賞>

ビリー・クラダップ
「ザ・モーニングショー」

キーラン・カルキン
「サクセッション」

マーク・デュプラス
「ザ・モーニングショー」

ブレット・ゴールドスタイン
「テッド・ラッソ 破天荒コーチがゆく」

オ・ヨンス
「イカゲーム」

<助演女優賞>

ジェニファー・クーリッジ
「ホワイト・ロータス
諸事情だらけのリゾートホテル」

ケイトリン・デバー
「DOPESICK アメリカを蝕むオピオイド危機」

アンディ・マクダウェル
「メイドの手帖」

サラ・スヌーク
「サクセッション」

ハンナ・ワディンガム
「テッド・ラッソ 破天荒コーチがゆく」

 

<スポンサーリンク>

 

●参考:2021年の受賞結果一覧!


※ここでは、2021年2月28日(現地時間)発表の、「第78回ゴールデングローブ賞2021」の受賞結果をご紹介します(ノミネートは割愛)。

◇映画の部


<ドラマ部門・作品賞>

「ノマドランド」

<ドラマ部門・女優賞>

アンドラ・デイ
「ユナイテッド・ステーツ vs ビリー・ホリデー」

<ドラマ部門・男優賞>

チャドウィック・ボーズマン

<コメディ/ミュージカル部門・作品賞>

「続・ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画」

<コメディ/ミュージカル部門・女優賞>

ロザムンド・パイク
「アイ・ケア・ア・ロット」

<コメディ/ミュージカル部門・男優賞>

サシャ・バロン・コーエン
「続・ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画」

<助演女優賞>

ジョディ・フォスター
「ザ・モーリタニアン」

<助演男優賞>

ダニエル・カルーヤ
「ユダ・アンド・ザ・ブラック・メサイヤ」

<アニメ作品賞>

「ソウルフル・ワールド」

<監督賞>

クロエ・ジャオ
「ノマドランド」

<脚本賞>

アーロン・ソーキン
「シカゴ7裁判」

<作曲賞>

「ソウルフル・ワールド」

<主題歌賞>

“Is Si((Seen)”
「これからの人生」

<外国映画賞>

「ミナリ」(アメリカ)

 

◇テレビの部


<ドラマ部門 作品賞>

「ザ・クラウン」

<ドラマ部門・女優賞>

エマ・コリン
「ザ・クラウン」

<ドラマ部門・男優賞>

ジョシュ・オコナー
「ザ・クラウン」

<コメディ/ミュージカル部門・作品賞>

「シッツ・クリーク」

<コメディ/ミュージカル部門・女優賞>

キャサリン・オハラ
「シッツ・クリーク」

<コメディ/ミュージカル部門・男優賞>

ジェイソン・サダイキス
「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」

<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・作品賞>

「クイーンズ・ギャンビット」

<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・女優賞>

アニャ・テイラー・ジョイ
「クイーンズ・ギャンビット」

<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・男優賞>

マーク・ラファロ
「ある家族の肖像/アイ・ノウ・ディス・マッチ・イズ・トゥルー」

<助演女優賞>

ジリアン・アンダーソン
「ザ・クラウン」

<助演男優賞>

ジョン・ボイエガ
「スモール・アックス」

 

<スポンサーリンク>

 

●参考:2020年の受賞結果一覧!


※ここでは参考までに、「第77回ゴールデングローブ賞2020」の受賞結果をご紹介します(ノミネートは割愛)。

◇映画の部


<ドラマ部門・作品賞>

「1917 命をかけた伝令」

<ドラマ部門・女優賞>

レニー・ゼルウィガー
「ジュディ 虹の彼方に」

<ドラマ部門・男優賞>

ホアキン・フェニックス
「ジョーカー」

<コメディ/ミュージカル部門・作品賞>

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」

<コメディ/ミュージカル部門・女優賞>

オークワフィナ
「フェアウェル」

<コメディ/ミュージカル部門・男優賞>

タロン・エガートン
「ロケットマン」

<助演女優賞>

ローラ・ダーン
「マリッジ・ストーリー」

<助演男優賞>

ブラッド・ピット
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」

<アニメ作品賞>

「ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒」

<監督賞>

サム・メンデス
「1917 命をかけた伝令」

<脚本賞>

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」

<作曲賞>

ヒドゥル・グドナドッティル
「ジョーカー」

<主題歌賞>

“(I’m Gonna)Love Me Again”
「ロケットマン」

<外国映画賞>

「パラサイト 半地下の家族」(韓国)

 

◇テレビの部


<ドラマ部門 作品賞>

「サクセッション」

<ドラマ部門・女優賞>

オリビア・コールマン
「ザ・クラウン」

<ドラマ部門・男優賞>

ブライアン・コックス
「サクセッション」

<コメディ/ミュージカル部門・作品賞>

「Fleabag フリーバッグ」

<コメディ/ミュージカル部門・女優賞>

フィービー・ウォーラー・ブリッジ
「Fleabag フリーバッグ」

<コメディ/ミュージカル部門・男優賞>

ラミー・ユセフ
「ラミー」

<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・作品賞>

「チェルノブイリ」

<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・女優賞>

ミッシェル・ウィリアムズ
「フォッシー/ヴァードン」

<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・男優賞>

ラッセル・クロウ
「ザ・ラウデスト・ボイス」

<助演女優賞>

パトリシア・アークエット
「The Act」

<助演男優賞>

ステラン・スカルスガルド
「チェルノブイリ」

 

<スポンサーリンク>

 

●参考:2019年の受賞結果一覧!


※ここでは参考までに、「第76回ゴールデングローブ賞2019」の受賞結果をご紹介します(ノミネートは割愛)。

◇映画の部


<ドラマ部門・作品賞>

「ボヘミアン・ラプソディ」

<ドラマ部門・女優賞>

グレン・クローズ
「天才作家の妻-40年目の真実-」

<ドラマ部門・男優賞>

ラミ・マレック
「ボヘミアン・ラプソディ」

<コメディ/ミュージカル部門・作品賞>

「グリーンブック」

<コメディ/ミュージカル部門・女優賞>

オリヴィア・コールマン
「女王陛下のお気に入り」

<コメディ/ミュージカル部門・男優賞>

クリスチャン・ベイル
「バイス」

<助演女優賞>

レジーナ・キング
「ビール・ストリートの恋人たち」

<助演男優賞>

マハーシャラ・アリ
「グリーンブック」

<アニメ作品賞>

「スパイダーマン:スパイダーバース」

※日本のアニメ「未来のミライ」は受賞ならず!

<監督賞>

アルフォンソ・キュアロン
「ROMA/ローマ」

<脚本賞>

ニック・ヴァレロンガ&ピーター・ファレリー
&ブライアン・クリー
「グリーンブック」

<作曲賞>

「ファースト・マン」

<主題歌賞>

“シャロウ”
「アリー/スター誕生」

<外国映画賞>

「ROMA/ローマ」(メキシコ)

※日本映画「万引き家族」は受賞ならず!

 

◇テレビの部


<ドラマ部門 作品賞>

「ジ・アメリカンズ」

<ドラマ部門・女優賞>

サンドラ・オー
「キリング・イブ」

<ドラマ部門・男優賞>

リチャード・マッデン
「ボディガード -守るべきもの- 」

<コメディ/ミュージカル部門・作品賞>

「コミンスキー・メソッド」

<コメディ/ミュージカル部門・女優賞>

レイチェル・ブロズナハン
「マーベラス・ミセス・メイゼル」

<コメディ/ミュージカル部門・男優賞>

マイケル・ダグラス
「コミンスキー・メソッド」

<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・作品賞>

「アメリカン・クライム・ストーリー
 /ヴェルサーチ暗殺」

<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・女優賞>

パトリシア・アークエット
「エスケープ・アット・ダネモラ」

<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・男優賞>

ダレン・クリス
「アメリカン・クライム・ストーリー
 /ヴェルサーチ暗殺」

<助演女優賞>

パトリシア・クラークソン
「KIZU-傷-」

<助演男優賞>

ベン・ウィショー
「英国スキャンダル
 ~セックスと陰謀のソープ事件」

 

<スポンサーリンク>

 

●参考:2018年の受賞結果一覧!


※ここでは参考までに、「第75回ゴールデングローブ賞2018」の受賞結果をご紹介します(ノミネートは割愛)。

◇映画の部


<ドラマ部門・作品賞>

「スリー・ビルビード」

<ドラマ部門・女優賞>

フランシス・マクドーマンド
「スリー・ビルビード」

<ドラマ部門・男優賞>

ゲイリー・オールドマン
「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」

<コメディ/ミュージカル部門・作品賞>

「レディ・バード」

<コメディ/ミュージカル部門・女優賞>

シアーシャ・ローナン
「レディ・バード」

<コメディ/ミュージカル部門・男優賞>

ジェームズ・フランコ
「ザ・ディザスター・アーティスト」

<助演女優賞>

アリソン・ジャニー
「アイ、トーニャ」

<助演男優賞>

サム・ロックウェル
「スリー・ビルボード」

<アニメ作品賞>

「リメンバー・ミー」

<監督賞>

ギレルモ・デル・トロ
「シェイプ・オブ・ウォーター」

<脚本賞>

マーティン・マクドナー
「スリー・ビルボード」

<作曲賞>

アレクサンドル・デスプラ
「シェイプ・オブ・ウォーター」

<主題歌賞>

“THIS IS ME”
「グレイテスト・ショーマン」

<外国語映画賞>

「女は二度決断する」(ドイツ/フランス)

「スリー・ビルボード」が4部門受賞、「シェイプ・オブ・ウォーター」と「レディー・バード」が2部門を受賞しました。

 

◇テレビ部門


<ドラマ部門・作品賞>

「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」

<ドラマ部門・女優賞>

エリザベス・モス
「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」

<ドラマ部門・男優賞>

スターリング・K・ブラウン
「THIS IS US 36歳、これから」

<コメディ/ミュージカル部門・作品賞>

「マーベラス・ミセス・メイゼル」

<コメディ/ミュージカル部門・女優賞>

レイチェル・ブロズナハン
「マーベラス・ミセス・メイゼル 」

<コメディ/ミュージカル部門・男優賞>

アジズ・アンサリ
「マスター・オブ・ゼロ」

<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・作品賞>

「ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~」

<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・女優賞>

ニコール・キッドマン
「ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~」

<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・男優賞>

ユアン・マクレガー
「FARGO/ファーゴ」

<助演女優賞>

ローラ・ダーン
「ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~」

<助演男優賞>

アレキサンダー・スカルスガルド
「ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~」

「ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~」が4部門を受賞しました。

 

<スポンサーリンク>

 

●参考:2017年の受賞結果一覧!


※ここでは参考までに、「第74回ゴールデングローブ賞2017」の受賞結果をご紹介します(ノミネートは割愛)。

◇映画の部


<ドラマ部門・作品賞>

「ムーンライト」

<ドラマ部門・女優賞>

イザベル・ユペール
「ELLE」

<ドラマ部門・男優賞>

ケイシー・アフレック
「MANCHESTER BY THE SEA」

<コメディ/ミュージカル部門・作品賞>

「ラ・ラ・ランド」

<コメディ/ミュージカル部門・女優賞>

エマ・ストーン
「ラ・ラ・ランド」

<コメディ/ミュージカル部門・男優賞>

ライアン・ゴズリング
「ラ・ラ・ランド」

<助演女優賞>

ヴィオラ・デイヴィス
「FENCES」

<助演男優賞>

アーロン・テイラー=ジョンソン
「NOCTURNAL ANIMALS」

<アニメ作品賞>

「ズートピア」

<監督賞>

デイミアン・チャゼル
「ラ・ラ・ランド」

<脚本賞>

デイミアン・チャゼル 
「ラ・ラ・ランド」

<作曲賞>

ジャスティン・ハーウィッツ
「ラ・ラ・ランド」

<主題歌賞>

“シティ・オブ・スターズ”
「ラ・ラ・ランド」

 

◇テレビドラマ部門


<ドラマ部門・作品賞>

「ザ・クラウン」

<ドラマ部門・女優賞>

クレア・フォイ
「ザ・クラウン」

<ドラマ部門・男優賞>

ビリー・ボブ・ソーントン
「弁護士ビリー・マクブライド」

<コメディ/ミュージカル部門・作品賞>

「ATLANTA」

<コメディ/ミュージカル部門・女優賞>

トレイシー・エリス・ロス
「BLACK-ISH」

<コメディ/ミュージカル部門・男優賞>

ドナルド・グローヴァー
「ATLANTA」

<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・作品賞>

「アメリカン・クライム・ストーリー/
O・J・シンプソン事件」

<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・女優賞>

サラ・ポールソン
「アメリカン・クライム・ストーリー/
O/・J・シンプソン事件」

<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・男優賞>

トム・ヒドルストン
「ナイト・マネジャー」

<助演女優賞>

オリヴィア・コールマン
「ナイト・マネジャー」

<助演男優賞>

ヒュー・ローリー
「ナイト・マネジャー」

 

<スポンサーリンク>

 

ピックアップ記事

  1. スタバメニューのカロリー一覧表!レギュラーから新作まで[フード編]
  2. 嵐のメンバーが主演で主題歌も嵐の連続ドラマ&映画一覧!最新版(継続中)
  3. スタバメニューのカロリー一覧表!新作フラペチーノも![ドリンク編]
  4. サーティーワンの値段とメニューやカロリーは?新作とキャンペーン情報も!
  5. ゆうメール規格外廃止!定形外郵便やゆうメール新料金一覧&ゆうパック料金は?

関連記事

  1. ドラマ

    植物図鑑・図書館戦争…有川浩の映画・ドラマ化された人気作品一覧!

    高知県出身の作家・有川浩さんをご存知ですか?実は、有川さん原作…

  2. 映画

    「ガンバの冒険」のあらすじ&キャラクターと動画配信サービスは?TVアニメ版!

    テレビアニメの名作「ガンバの冒険」が、2015年10月に3DCG映…

  3. 映画

    映画「僕だけがいない街」あらすじとキャストや真犯人をネタバレ!【僕街】

    2016年3月19日に公開される、藤原竜也主演の映画「僕だけがいな…

  4. 映画

    日本アカデミー賞2022/ノミネート&受賞結果一覧は?各賞予想も!

    第45回「日本アカデミー賞2022」が、2022年3月11日(金)…

  5. 映画

    映画「GAMBA ガンバと仲間たち」声優に野沢雅子や神田沙也加!

    TVアニメ不朽の名作「ガンバの冒険」の原作「冒険者たち」を元に、映…

  6. 映画

    映画「ロッキー」のあらすじをネタバレ&「クリード」のレビューも♪

    シルヴェスター・スタローンの出世作でもある映画「ロッキー」。シリー…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

読んでほしい記事

アーカイブ

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ピックアップ記事

  1. 映画

    第79回ゴールデングローブ賞2022/ノミネート作品一覧&受賞結果は?
  2. 統計・ランキング

    赤ちゃんの名前ランキング/実際に名付けられた人気の名前(赤ちゃん本舗)
  3. 映画

    映画興行収入ランキング2021/10億超え日本映画(邦画)と外国映画(洋画)は?…
  4. バラエティ番組

    声優総選挙ベスト25/声優No.1は誰?プロが選ぶ本当にスゴイ声優!
  5. 芸能・エンタメ

    理想の上司2021/新入社員が選ぶ理想の上司はウッチャンと水卜ちゃんが5連覇!
PAGE TOP