映画

ゴールデングローブ賞2019/ノミネート作品一覧&受賞結果は?

s-ゴールデングローブ賞2017

2018年12月6日(現地時間)、アメリカで優れた映画とテレビドラマ作品や出演者などに授与される「第76回ゴールデングローブ賞2019」のノミネート作品が発表されました。

この、「第76回ゴールデングローブ賞2019」は、2018年中にアメリカ・ロサンゼルス地域で公開された映画やドラマが対象としたアワードです。

そこで今回は、「第76回ゴールデングローブ賞2019」のノミネート作品と受賞結果を一覧でご紹介します♪

※2019年1月7日、受賞結果追記。

 

<スポンサーリンク>

●第76回ゴールデングローブ賞


<ゴールデングローブ賞とは?>


「ゴールデングローブ賞」とは、アメリカの有名なアワードの1つ。

その年の最も優れた映画とテレビドラマに授与される賞で、世界的にも有名な「アカデミー賞」(いわゆる、オスカー)の前哨戦とも呼ばれ、アカデミー賞の結果を占う賞としても注目されます。

なお、選定は、ハリウッド外国人記者協会の投票により行われます。

ちなみに、ゴールデングローブ賞の授賞式は、お酒や食事が振る舞われるなど、リラックスしたムード。ドレスアップしたハリウッドスターたちの素顔も覗けることから、“パーティ・オブ・ザ・イヤー”と称されます。

 

●2019年の受賞結果一覧!


※ここでは、2019年1月7日(日本時間)発表の「第76回ゴールデングローブ賞2019」の受賞結果をご紹介します。

映画の部・ノミネート作品


<ドラマ部門・作品賞>

「ボヘミアン・ラプソディ」

<ドラマ部門・女優賞>

グレン・クローズ
「天才作家の妻-40年目の真実-」

<ドラマ部門・男優賞>

ラミ・マレック
「ボヘミアン・ラプソディ」

<コメディ/ミュージカル部門・作品賞>

「グリーンブック」

<コメディ/ミュージカル部門・女優賞>

オリヴィア・コールマン
「女王陛下のお気に入り」

<コメディ/ミュージカル部門・男優賞>

クリスチャン・ベイル
「バイス」

<助演女優賞>

レジーナ・キング
「ビール・ストリートの恋人たち」

<助演男優賞>

マハーシャラ・アリ
「グリーンブック」

<アニメ作品賞>

「スパイダーマン:スパイダーバース」

※日本のアニメ「未来のミライ」は受賞ならず!

<監督賞>

アルフォンソ・キュアロン
「ROMA/ローマ」

<脚本賞>

ニック・ヴァレロンガ&ピーター・ファレリー
&ブライアン・クリー
「グリーンブック」

<作曲賞>

「ファースト・マン」

<主題歌賞>

“シャロウ”
「アリー/スター誕生」

<外国映画賞>

「ROMA/ローマ」(メキシコ)

※日本映画「万引き家族」は受賞ならず!

 

<スポンサーリンク>

 

テレビの部・ノミネート作品


<ドラマ部門 作品賞>

「ジ・アメリカンズ」

<ドラマ部門・女優賞>

サンドラ・オー
「キリング・イブ」

<ドラマ部門・男優賞>

リチャード・マッデン
「ボディガード -守るべきもの- 」

<コメディ/ミュージカル部門・作品賞>

「コミンスキー・メソッド」

<コメディ/ミュージカル部門・女優賞>

レイチェル・ブロズナハン
「マーベラス・ミセス・メイゼル」

<コメディ/ミュージカル部門・男優賞>

マイケル・ダグラス
「コミンスキー・メソッド」

<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・作品賞>

「アメリカン・クライム・ストーリー
 /ヴェルサーチ暗殺」

<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・女優賞>

パトリシア・アークエット
「エスケープ・アット・ダネモラ」

<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・男優賞>

ダレン・クリス
「アメリカン・クライム・ストーリー
 /ヴェルサーチ暗殺」

<助演女優賞>

パトリシア・クラークソン
「KIZU-傷-」

<助演男優賞>

ベン・ウィショー
「英国スキャンダル
 ~セックスと陰謀のソープ事件」

 

<スポンサーリンク>

 

●2019年のノミネート作品一覧


※2018年12月6日(現地時間)に、「第76回ゴールデングローブ賞2019」のノミネートが発表されました。

※赤字は受賞作です。

映画の部・ノミネート作品


<ドラマ部門・作品賞>

「アリー/スター誕生」
「ブラックパンサー」
「ブラック・クランズマン」
「ビール・ストリートの恋人たち」
「ボヘミアン・ラプソディ」


<ドラマ部門・女優賞>

グレン・クローズ
「天才作家の妻-40年目の真実-」

メリッサ・マッカーシー
「キャン・ユー・エヴァー・フォギヴ・ミー?」

レディー・ガガ
「アリー/スター誕生」

ニコール・キッドマン
「デストロイヤー」

ロザムンド・パイク
「ア・プライベート・ウォー」


<ドラマ部門・男優賞>

ブラッドリー・クーパー
「アリー/スター誕生」

ウィレム・デフォー
「アット・エターニティズ・ゲート」

ラミ・マレック
「ボヘミアン・ラプソディ」

ジョン・デヴィッド・ワシントン
「ブラック・クランズマン」

ルーカス・ヘッジズ
「ボーイ・イレイスト」


<コメディ/ミュージカル部門・作品賞>

「クレイジー・リッチ!」
「女王陛下のお気に入り」
「グリーンブック」
「メリー・ポピンズ リターンズ」
「バイス」


<コメディ/ミュージカル部門・女優賞>

オリヴィア・コールマン
「女王陛下のお気に入り」

エミリー・ブラント
「メリー・ポピンズ リターンズ」

シャーリーズ・セロン
「タリーと私の秘密の時間」

エルシー・フィッシャー
「エイス・グレイド」

コンスタンス・ウー
「クレイジー・リッチ!」


<コメディ/ミュージカル部門・男優賞>

クリスチャン・ベイル
「バイス」

リン=マヌエル・ミランダ
「メリー・ポピンズ リターンズ」

ロバート・レッドフォード
「ジ・オールド・マン&ザ・ガン」

ヴィゴ・モーテンセン
「グリーンブック」

ジョン・C・ライリー
「スタン&オリー」

 

<スポンサーリンク>

 

<助演女優賞>

エイミー・アダムス
「バイス」

レジーナ・キング
「ビール・ストリートの恋人たち」

エマ・ストーン
「女王陛下のお気に入り」

レイチェル・ワイズ
「女王陛下のお気に入り」

クレア・フォイ
「ファースト・マン」


<助演男優賞>

ティモシー・シャラメ
「ビューティフル・ボーイ」

マハーシャラ・アリ
「グリーンブック」

リチャード・E・グラント
「キャン・ユー・エヴァー・フォギヴ・ミー?」

サム・ロックウェル
「バイス」

アダム・ドライバー
「ブラック・クランズマン」


<アニメ作品賞>

「インクレディブル・ファミリー」
「犬ヶ島」
「シュガー・ラッシュ:オンライン」
「スパイダーマン:スパイダーバース」
「未来のミライ」


<監督賞>

アダム・マッケイ
「バイス」

アルフォンソ・キュアロン
「ROMA/ローマ」

ブラッドリー・クーパー
「アリー/スター誕生」

スパイク・リー
「ブラック・クランズマン」

ピーター・ファレリー
「グリーンブック」


<脚本賞>

アダム・マッケイ
「バイス」

バリー・ジェンキンズ
「ビール・ストリートの恋人たち」

ニック・ヴァレロンガ&ピーター・ファレリー
&ブライアン・クリー
「グリーンブック」

アルフォンソ・キュアロン
「ROMA/ローマ」

デボラ・デイヴィス&トニー・マクナマラ
「女王陛下のお気に入り」


<作曲賞>

「ファースト・マン」
「犬ヶ島」
「ブラックパンサー」
「メリー・ポピンズ リターンズ」
「クワイエット・プレイス」


<主題歌賞>

“オール・ザ・スターズ”
「ブラックパンサー」

“ガール・イン・ザ・ムービーズ”
「ダンプリン’」

“レクイエム・フォー・ア・プライベート・ウォー”「ア・プライベート・ウォー」

“シャロウ”
「アリー/スター誕生」

“リベレーション”
「ボーイ・イレイスト」


<外国映画賞>

「ガール」(ベルギー)
「ネバー・ルック・アウェイ」(ドイツ)
「ROMA/ローマ」(メキシコ)
「万引き家族」(日本)
「カペルナウム」(レバノン)

外国映画賞に是枝裕和監督の「万引き家族」がノミネートされました。また、アニメ作品賞に細田守監督の「未来のミライ」がノミネートされました。

なお、「バイス」が最多6部門ノミネート、「アリー スター誕生」「グリーンブック」が5部門、「女王陛下のお気に入り」が4部門(5賞)ノミネートされています。

 

<スポンサーリンク>

 

テレビの部・ノミネート作品


<ドラマ部門 作品賞>

「ジ・アメリカンズ」
「ボディガード -守るべきもの- 」
「ホームカミング」
「キリング・イブ」
「ポーズ」


<ドラマ部門・女優賞>

カトリーナ・バルフ
「アウトランダー」

エリザベス・モス
「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」

サンドラ・オー
「キリング・イブ」

ジュリア・ロバーツ
「ホームカミング」

ケリー・ラッセル
「ジ・アメリカンズ」


<ドラマ部門・男優賞>

ジェイソン・ベイトマン
「オザークへようこそ」

ステファン・ジェームズ
「ホームカミング」

リチャード・マッデン
「ボディガード -守るべきもの- 」

ビリー・ポーター
「ポーズ」

マシュー・リス
「ジ・アメリカンズ」


<コメディ/ミュージカル部門・作品賞>

「バリー」
「グッド・プレイス」
「キディング」
「コミンスキー・メソッド」
「マーベラス・ミセス・メイゼル」


<コメディ/ミュージカル部門・女優賞>

クリステン・ベル
「グッド・プレイス」

キャンディス・バーゲン
「TVキャスター マーフィー・ブラウン」

アリソン・ブリー
「GLOW:ゴージャス・レディ・オブ・レスリング」

レイチェル・ブロズナハン
「マーベラス・ミセス・メイゼル」

デブラ・メッシング
「ふたりは友達? ウィル&グレイス」


<コメディ/ミュージカル部門・男優賞>

サシャ・バロン・コーエン
「フー・イズ・アメリカ」

ジム・キャリー
「キディング」

マイケル・ダグラス
「コミンスキー・メソッド」

ドナルド・グローヴァー
「アトランタ」

ビル・ヘイダー
「バリー」

 

<スポンサーリンク>

 

<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・作品賞>

「エイリアニスト / The Alienist」

「アメリカン・クライム・ストーリー
 /ヴェルサーチ暗殺」

「エスケープ・アット・ダネモラ」

「KIZU-傷-」

「英国スキャンダル
 ~セックスと陰謀のソープ事件」


<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・女優賞>

エイミー・アダムス
「KIZU-傷-」

パトリシア・アークエット
「エスケープ・アット・ダネモラ」

コニー・ブリットン
「ダーティー・ジョン」

ローラ・ダーン
「ザ・テイル」

レジーナ・キング
「運命の7秒 / Seven Seconds」


<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・男優賞>

アントニオ・バンデラス
「ジーニアス:ピカソ」

ダニエル・ブリュール
「エイリアニスト」

ダレン・クリス
「アメリカン・クライム・ストーリー
 /ヴェルサーチ暗殺」

ベネディクト・カンバーバッチ
「パトリック・メルローズ」

ヒュー・グラント
「英国スキャンダル
 ~セックスと陰謀のソープ事件」


<助演女優賞>

アレックス・ボースタイン
「マーベラス・ミセス・メイゼル」

パトリシア・クラークソン
「KIZU-傷-」

ペネロペ・クルス
「アメリカン・クライム・ストーリー
 /ヴェルサーチ暗殺」

タンディ・ニュートン
「ウエストワールド」

イヴォンヌ・ストラホフスキー
「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」


<助演男優賞>

アラン・アーキン
「コミンスキー・メソッド」

キーラン・カルキン
「キング・オブ・メディア」

エドガー・ラミレス
「アメリカン・クライム・ストーリー
 /ヴェルサーチ暗殺」

ベン・ウィショー
「英国スキャンダル
 ~セックスと陰謀のソープ事件」

ヘンリー・ウィンクラー
「バリー」

 

<スポンサーリンク>

 

●参考:2018年の受賞結果一覧!


※ここでは、「第75回ゴールデングローブ賞2018」の受賞結果をご紹介します。

映画の部・ノミネート作品


<ドラマ部門・作品賞>

「スリー・ビルビード」

<ドラマ部門・女優賞>

フランシス・マクドーマンド
「スリー・ビルビード」

<ドラマ部門・男優賞>

ゲイリー・オールドマン
「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」

<コメディ/ミュージカル部門・作品賞>

「レディ・バード」

<コメディ/ミュージカル部門・女優賞>

シアーシャ・ローナン
「レディ・バード」

<コメディ/ミュージカル部門・男優賞>

ジェームズ・フランコ
「ザ・ディザスター・アーティスト」

<助演女優賞>

アリソン・ジャニー
「アイ、トーニャ」

<助演男優賞>

サム・ロックウェル
「スリー・ビルボード」

<アニメ作品賞>

「リメンバー・ミー」

<監督賞>

ギレルモ・デル・トロ
「シェイプ・オブ・ウォーター」

<脚本賞>

マーティン・マクドナー
「スリー・ビルボード」

<作曲賞>

アレクサンドル・デスプラ
「シェイプ・オブ・ウォーター」

<主題歌賞>

“THIS IS ME”
「グレイテスト・ショーマン」

<外国語映画賞>

「女は二度決断する」(ドイツ/フランス)

「スリー・ビルボード」が4部門受賞、「シェイプ・オブ・ウォーター」と「レディー・バード」が2部門を受賞しました。

 

<スポンサーリンク>

 

テレビ部門・ノミネート作品


<ドラマ部門・作品賞>

「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」

<ドラマ部門・女優賞>

エリザベス・モス
「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」

<ドラマ部門・男優賞>

スターリング・K・ブラウン
「THIS IS US 36歳、これから」

<コメディ/ミュージカル部門・作品賞>

「マーベラス・ミセス・メイゼル」

<コメディ/ミュージカル部門・女優賞>

レイチェル・ブロズナハン
「マーベラス・ミセス・メイゼル 」

<コメディ/ミュージカル部門・男優賞>

アジズ・アンサリ
「マスター・オブ・ゼロ」

<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・作品賞>

「ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~」

<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・女優賞>

ニコール・キッドマン
「ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~」

<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・男優賞>

ユアン・マクレガー
「FARGO/ファーゴ」

<助演女優賞>

ローラ・ダーン
「ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~」

<助演男優賞>

アレキサンダー・スカルスガルド
「ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~」

「ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~」が4部門を受賞しました。

 

●参考:2018年のノミネート作品一覧


※2017年12月11日(現地時間)に、「第75回ゴールデングローブ賞2018」のノミネートが発表されました。

※赤字は受賞作です。

映画の部・ノミネート作品


<ドラマ部門・作品賞>

「コール・ミー・バイ・ユア・ネーム」
「ダンケルク」
「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」
「シェイプ・オブ・ウォーター」
「スリー・ビルビード」


<ドラマ部門・女優賞>

ジェシカ・チャステイン
「MOLLY’S GAME」

サリー・ホーキンス
「シェイプ・オブ・ウォーター」

 フランシス・マクドーマンド
「スリー・ビルビード」

 メリル・ストリープ
「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」

ミシェル・ウィリアムズ
「オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド」


<ドラマ部門・男優賞>

ティモシー・シャラメ
「コール・ミー・バイ・ユア・ネーム」

ダニエル・デイ=ルイス
「ファントム・スレッド」

トム・ハンクス
「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」

ゲイリー・オールドマン
「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」

デンゼル・ワシントン
「ローマン・J・イスラエル,エスク」


<コメディ/ミュージカル部門・作品賞>

「ザ・ディザスター・アーティスト」
「ゲット・アウト」
「グレイテスト・ショーマン」
「アイ、トーニャ」
「レディ・バード」


<コメディ/ミュージカル部門・女優賞>

JUDI DENCH
「VICTORIA & ABDUL」

 ヘレン・ミレン
「THE LEISURE SEEKER」

マーゴット・ロビー
「アイ、トーニャ」

シアーシャ・ローナン
「レディ・バード」

エマ・ストーン
「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」


<コメディ/ミュージカル部門・男優賞>

スティーヴ・カレル
「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」

アンセル・エルゴート
「ベイビー・ドライバー」

ジェームズ・フランコ
「ザ・ディザスター・アーティスト」

ヒュー・ジャックマン
「グレイテスト・ショーマン」

ダニエル・カルーヤ
「ゲット・アウト」


<助演女優賞>

メアリー・J. ブライジ
「マッドバウンド 哀しき友情」

ホン・チャウ
「ダウンサイズ」

アリソン・ジャニー
「アイ、トーニャ」

ローリー・メトカーフ
「レディ・バード」

オクタヴィア・スペンサー
「シェイプ・オブ・ウォーター」


<助演男優賞>

ウィレム・デフォー
「ザ・フロリダ・プロジェクト」

アーミー・ハマー
「コール・ミー・バイ・ユア・ネーム」

リチャード・ジェンキンス
「シェイプ・オブ・ウォーター」

クリストファー・プラマー
「オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド」

サム・ロックウェル
「スリー・ビルボード」

 

<スポンサーリンク>

 

<アニメ作品賞>

「ボス・ベイビー」
「THE BREADWINNER」
「リメンバー・ミー」
「FERDINAND」
「ゴッホ 最期の手紙」


<監督賞>

ギレルモ・デル・トロ
「シェイプ・オブ・ウォーター」

マーティン・マクドナー
「スリー・ビルボード」

クリストファー・ノーラン
「ダンケルク」

リドリー・スコット
「オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド」

スティーヴン・スピルバーグ
「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」


<脚本賞>

ギレルモ・デル・トロ、バネッサ・テイラー
「シェイプ・オブ・ウォーター」

グレタ・ガーウィグ
「レディ・バード」

リズ・ハナー、ジョシュ・シンガー
「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」

マーティン・マクドナー
「スリー・ビルボード」

アーロン・ソーキン
「MOLLY’S GAME」


<作曲賞>

カーター・バーウェル
「スリー・ビルボード」

アレクサンドル・デスプラ
「シェイプ・オブ・ウォーター」

ジョニー・グリーンウッド
「ファントム・スレッド」

ジョン・ウィリアムズ
「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」

ハンス・ジマー
「ダンケルク」


<主題歌賞>

“HOME”
「FERDINAND」

“MIGHTY RIVER”
「マッドバウンド 哀しき友情」

“REMEMBER ME”
「リメンバー・ミー」

“THE STAR”
「THE STAR」

“THIS IS ME”
「グレイテスト・ショーマン」


<外国語映画賞>

「ナチュラルウーマン」(チリ)
「最初に父が殺された」(コロンビア)
「女は二度決断する」(ドイツ/フランス)
「LOVELESS」 (ロシア)
「 THE SQUARE」 (スウェーデン/ドイツ/フランス)


映画の部では、「シェイプ・オブ・ウォーター」が7部門、「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」と「スリー・ビルボード」が6部門でノミネートされました。

 

<スポンサーリンク>

 

テレビ部門・ノミネート作品


<ドラマ部門・作品賞>

「ザ・クラウン」
「ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌」
「侍女の物語」
「ストレンジャー・シングス 未知の世界」
「THIS IS US 36歳、これから」


<ドラマ部門・女優賞>

カトリーナ・バルフ
「アウトランダー」

クレア・フォイ
「ザ・クラウン」

マギー・ギレンホール
「THE DEUCE」

キャサリン・ラングフォード
「13の理由」

エリザベス・モス
「侍女の物語」


<ドラマ部門・男優賞>

ジェイソン・ベイトマン
「オザークへようこそ」

スターリング・K・ブラウン
「THIS IS US 36歳、これから」

フレディ・ハイモア
「グッド・ドクター 禁断のカルテ」

ボブ・オデンカーク
「ベター・コール・ソウル」

リーヴ・シュレイバー
「レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー」


<コメディ/ミュージカル部門・作品賞>

「BLACK-ISH」
「マーベラス・ミセス・メイゼル」
「マスター・オブ・ゼロ」
「SMILF」
「ふたりは友達? ウィル&グレイス」


<コメディ/ミュージカル部門・女優賞>

パメラ・アドロン
「BETTER THINGS」

アリソン・ブリー
「GLOW:ゴージャス・レディ・オブ・レスリング」

レイチェル・ブロズナハン
「マーベラス・ミセス・メイゼル 」

イッサ・レイ
「インセキュア」

フランキー・ショウ
「SMILF」


<コメディ/ミュージカル部門・男優賞>

アンソニー・アンダーソン
「BLACK-ISH」

アジズ・アンサリ
「マスター・オブ・ゼロ」

ケヴィン・ベーコン
「アイ・ラブ・ディック」

ウィリアム・H・メイシー
「シェイムレス 俺たちに恥はない」

エリック・マコーマック
「ふたりは友達? ウィル&グレイス」


<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・作品賞>

「ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~」
「FARGO/ファーゴ」
「フュード/確執 ベティ vs ジョーン」
「THE SINNER -記憶を埋める女- 」
「トップ・オブ・ザ・レイク ~チャイナガール」


<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・女優賞>

ジェシカ・ビール
「The Sinner -記憶を埋める女-」

ニコール・キッドマン
「ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~」

ジェシカ・ラング
「フュード/確執 ベティ vs ジョーン」

スーザン・サランドン
「フュード/確執 ベティ vs ジョーン」

リース・ウィザースプーン
「ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~」


<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・男優賞>

ロバート・デ・ニーロ
「嘘の天才 ~史上最大の金融詐欺~」

ジュード・ロウ
「ピウス13世 美しき異端児」

カイル・マクラクラン
「ツイン・ピークス The Return」

ユアン・マクレガー
「FARGO/ファーゴ」

ジェフリー・ラッシュ
「ジーニアス:世紀の天才 アインシュタイン」


<助演女優賞>

ローラ・ダーン
「ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~」

アン・ダウド
「侍女の物語」

クリッシー・メッツ
「THIS IS US 36歳、これから」

ミシェル・ファイファー
「嘘の天才~史上最大の金融詐欺~」

シェイリーン・ウッドリー
「ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~」


<助演男優賞>

デヴィッド・ハーバー
「ストレンジャー・シングス 未知の世界

アルフレッド・モリナ
「フュード/確執 ベティ vs ジョーン」

クリスチャン・スレイター
「MR. ROBOT/ミスター・ロボット」

アレキサンダー・スカルスガルド
「ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~」

デヴィッド・シューリス
「FARGO/ファーゴ」


テレビ部門では、「ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~」が6部門でノミネートされました。

 

<スポンサーリンク>

 

●参考:2017年の受賞結果一覧!


※ここでは、「第74回ゴールデングローブ賞2017」の受賞結果をご紹介します。

映画の部


<ドラマ部門・作品賞>

「ムーンライト」

<ドラマ部門・女優賞>

イザベル・ユペール
「ELLE」

<ドラマ部門・男優賞>

ケイシー・アフレック
「MANCHESTER BY THE SEA」

<コメディ/ミュージカル部門・作品賞>

「ラ・ラ・ランド」

<コメディ/ミュージカル部門・女優賞>

エマ・ストーン
「ラ・ラ・ランド」

<コメディ/ミュージカル部門・男優賞>

ライアン・ゴズリング
「ラ・ラ・ランド」

<助演女優賞>

ヴィオラ・デイヴィス
「FENCES」

<助演男優賞>

アーロン・テイラー=ジョンソン
「NOCTURNAL ANIMALS」

<アニメ作品賞>

「ズートピア」

<監督賞>

デイミアン・チャゼル
「ラ・ラ・ランド」

<脚本賞>

デイミアン・チャゼル 
「ラ・ラ・ランド」

<作曲賞>

ジャスティン・ハーウィッツ
「ラ・ラ・ランド」

<主題歌賞>

“シティ・オブ・スターズ”
「ラ・ラ・ランド」

 

<スポンサーリンク>

 

テレビドラマ部門


<ドラマ部門・作品賞>

「ザ・クラウン」

<ドラマ部門・女優賞>

クレア・フォイ
「ザ・クラウン」

<ドラマ部門・男優賞>

ビリー・ボブ・ソーントン
「弁護士ビリー・マクブライド」

<コメディ/ミュージカル部門・作品賞>

「ATLANTA」

<コメディ/ミュージカル部門・女優賞>

トレイシー・エリス・ロス
「BLACK-ISH」

<コメディ/ミュージカル部門・男優賞>

ドナルド・グローヴァー
「ATLANTA」

<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・作品賞>

「アメリカン・クライム・ストーリー/
O・J・シンプソン事件」

<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・女優賞>

サラ・ポールソン
「アメリカン・クライム・ストーリー/
O/・J・シンプソン事件」

<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・男優賞>

トム・ヒドルストン
「ナイト・マネジャー」

<助演女優賞>

オリヴィア・コールマン
「ナイト・マネジャー」

<助演男優賞>

ヒュー・ローリー
「ナイト・マネジャー」

 

<スポンサーリンク>

 

●参考:2017年のノミネート一覧


※ここでは、「第74回ゴールデングローブ賞2017」のノミネート作品をご紹介します。

映画の部・ノミネート作品


<ドラマ部門・作品賞>

「HACKSAW RIDGE」
「最後の追跡」
「LION」
「MANCHESTER BY THE SEA」
「ムーンライト」


<ドラマ部門・女優賞>

エイミー・アダムス
「メッセージ」

ジェシカ・チャステイン
「MISS SLOANE」

イザベル・ユペール
「ELLE」

ルース・ネッガ
「ラビング 愛という名前のふたり」

ナタリー・ポートマン
「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」


<ドラマ部門・男優賞>

ケイシー・アフレック
「MANCHESTER BY THE SEA」

ジョエル・エドガートン
「ラビング 愛という名前のふたり」

アンドリュー・ガーフィールド
「HACKSAW RIDGE」

ヴィゴ・モーテンセン
「はじまりへの旅」

デンゼル・ワシントン
「FENCES」


<コメディ/ミュージカル部門・作品賞>

「20TH CENTURY WOMEN」
「デッドプール」
「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」
「ラ・ラ・ランド」
「シング・ストリート 未来へのうた」


<コメディ/ミュージカル部門・女優賞>

アネット・ベニング
「20TH CENTURY WOMEN」

リリー・コリンズ
「RULES DON’T APPLY 」

ヘイリー・スタインフェルド
「THE EDGE OF SEVENTEEN」

エマ・ストーン
「ラ・ラ・ランド」

メリル・ストリープ
「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」


<コメディ/ミュージカル部門・男優賞>

コリン・ファレル
「ロブスター」

ライアン・ゴズリング
「ラ・ラ・ランド」

ヒュー・グラント
「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」

ジョナ・ヒル
「WAR DOGS」

ライアン・レイノルズ
「デッドプール」


<助演女優賞>

ヴィオラ・デイヴィス
「FENCES」

ナオミ・ハリス
「ムーンライト」

ニコール・キッドマン
「LION」

オクタヴィア・スペンサー
「HIDDEN FIGURES」

ミシェル・ウィリアムズ
「MANCHESTER BY THE SEA」


<助演男優賞>

マハーシャラ・アリ
「ムーンライト」

ジェフ・ブリッジス
「最後の追跡」

サイモン・ヘルバーグ
「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」

デヴ・パテル
「LION」

アーロン・テイラー=ジョンソン
「NOCTURNAL ANIMALS」


<アニメ作品賞>

「KUBO AND THE TWO STRINGS」
「モアナと伝説の海」
「MY LIFE AS A ZUCCHINI」
「SING/シング」
「ズートピア」


<監督賞>

デイミアン・チャゼル
「ラ・ラ・ランド」

トム・フォード
「NOCTURNAL ANIMALS」

メル・ギブソン
「HACKSAW RIDGE」

バリー・ジェンキンズ
「ムーンライト」

ケネス・ロナーガン
「MANCHESTER BY THE SEA」


<脚本賞>

デイミアン・チャゼル 
「ラ・ラ・ランド」

トム・フォード
「NOCTURNAL ANIMALS」

バリー・ジェンキンズ
「ムーンライト」

ケネス・ロナーガン
「MANCHESTER BY THE SEA」

テイラー・シェリダン
「最後の追跡」


<作曲賞>

ニコラス・ブリテル
「ムーンライト」

ジャスティン・ハーウィッツ
「ラ・ラ・ランド」

ヨハン・ヨハンソン
「メッセージ」

ダスティン・オハロラン, ハウシュカ
「LION」

ハンス・ジマー, ファレル・ウィリアムス, ベンジャミン・ウォルフィッシュ
「HIDDEN FIGURES」


<主題歌賞>

“キャント・ストップ・ザ・フィーリング! ” 「TROLLS」

“シティ・オブ・スターズ”
「ラ・ラ・ランド」

“フェイス”
「SING/シング」

“GOLD”
「GOLD」

“HOW FAR I’LL GO ”
「モアナと伝説の海」

 

<スポンサーリンク>

 

テレビ部門・ノミネート作品


<ドラマ部門・作品賞>

「ザ・クラウン」
「ゲーム・オブ・スローンズ」
「ストレンジャー・シングス 未知の世界」
「THIS IS US」
「ウエストワールド」


<ドラマ部門・女優賞>

カトリーナ・バルフ
「アウトランダー」

クレア・フォイ
「ザ・クラウン」

ケリー・ラッセル
「ジ・アメリカンズ」

ウィノナ・ライダー
「ストレンジャー・シングス 未知の世界」

エヴァン・レイチェル・ウッド
「ウエストワールド」


<ドラマ部門・男優賞>

ラミ・マレック
「MR. ROBOT/ミスター・ロボット」

ボブ・オデンカーク
「ベター・コール・ソウル」

マシュー・リス
「ジ・アメリカンズ」

リーヴ・シュレイバー
「レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー」

ビリー・ボブ・ソーントン
「弁護士ビリー・マクブライド」


<コメディ/ミュージカル部門・作品賞>

「ATLANTA」
「BLACK-ISH」
「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」
「トランスペアレント」
「Veep/ヴィープ」


<コメディ/ミュージカル部門・女優賞>

レイチェル・ブルーム
「CRAZY EX-GIRLFRIEND」

ジュリア・ルイス=ドレイファス
「Veep/ヴィープ」

サラ・ジェシカ・パーカー
「Divorce/ディボース」

イッサ・レイ
「INSECURE」

ジーナ・ロドリゲス
「ジェーン・ザ・ヴァージン」

トレイシー・エリス・ロス
「BLACK-ISH」


<コメディ/ミュージカル部門・男優賞>

アンソニー・アンダーソン
「BLACK-ISH」

ガエル・ガルシア・ベルナル
「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」

ドナルド・グローヴァー
「ATLANTA」

ニック・ノルティ
「GRAVES」

ジェフリー・タンバー
「トランスペアレント」


<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・作品賞>

「アメリカン・クライム」
「THE DRESSER」(原題)
「ナイト・マネジャー」
「ナイト・オブ・キリング 失われた記憶」
「アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件」


<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・女優賞>

フェリシティ・ハフマン
「アメリカン・クライム」

ライリー・キーオ
「ガールフレンド・エクスペリエンス」

サラ・ポールソン
「アメリカン・クライム・ストーリー/O/・J・シンプソン事件」

シャーロット・ランプリング
「ロンドン・スパイ」

ケリー・ワシントン
「アニタ ~世紀のセクハラ事件~」


<リミテッドシリーズ/
テレビムービー部門・男優賞>

リズ・アーメッド
「ナイト・オブ・キリング 失われた記憶」

ブライアン・クランストン
「オール・ザ・ウェイ JFKを継いだ男」

トム・ヒドルストン
「ナイト・マネジャー」

ジョン・タトゥーロ
「ナイト・オブ・キリング 失われた記憶」

コートニー・B・ヴァンス
「アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件」


<助演女優賞>

オリヴィア・コールマン
「ナイト・マネジャー」

レナ・ヘディ
「ゲーム・オブ・スローンズ」

クリッシー・メッツ
「THIS IS US」

マンディ・ムーア
「THIS IS US」

タンディ・ニュートン
「ウエストワールド」


<助演男優賞>

スターリング・K・ブラウン
「アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件」

ヒュー・ローリー
「ナイト・マネジャー」

ジョン・リスゴー
「ザ・クラウン」

クリスチャン・スレイター
「MR. ROBOT/ミスター・ロボット」

ジョン・トラヴォルタ
「アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件」

 

<スポンサーリンク>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. スタバメニューのカロリー一覧表!新作フラペチーノも![ドリンク編]
  2. 嵐メンバーが主演で主題歌も嵐の連続ドラマ&映画一覧!最新版♪
  3. サーティーワンの値段とメニューやカロリーは?新作とキャンペーン情報も!
  4. ゆうメール規格外廃止!定形外郵便やゆうメール新料金一覧&ゆうパック料金は?
  5. スタバメニューのカロリー一覧表!レギュラーから新作まで[フード編]

関連記事

  1. 映画

    実写映画「亜人」で佐藤健と綾野剛が対決!キャスト一覧と相関図は?

    このところ人気マンガ作品が続々と実写映画化されてい…

  2. 映画

    「東京喰種S」続編映画のキャスト&公開日は?トーキョーグールS

    2017年7月に公開された、映画「東京喰種 トーキョーグール」。…

  3. 映画

    映画「ロッキー」のあらすじをネタバレ&「クリード」のレビュー♪

    シルヴェスター・スタローンの出世作でもある映画「ロ…

  4. 映画

    映画「バイオハザード」のあらすじをネタバレ!5の続編6は最終章?

    カプコンの人気ホラーゲーム「バイオハザード」の映画化から早14年。…

  5. ドラマ

    嵐メンバーが主演で主題歌も嵐の連続ドラマ&映画一覧!最新版♪

    ジャニーズ事務所の中でも確固たる地位を築いた「嵐」。メンバーそれぞ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

読んでほしい記事

アーカイブ

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

おすすめまとめ記事

ピックアップ記事

  1. 芸能・エンタメ

    好きな芸人・嫌いな芸人ランキング2019/ブレイク芸人&消える芸人ランキングも!…
  2. スポーツ

    ニューイヤー駅伝2020/結果速報!優勝&区間記録は?
  3. 統計・ランキング

    カリスマランキング【平成版】ミヤネ屋がトップ10を発表!
  4. スポーツ

    最も稼ぐ女性アスリート2019/大坂なおみがランクイン!テニス勢独占!
  5. 芸能・エンタメ

    SNSタレントパワーランキング2019/発信力や拡散力を持つタレントは誰?
PAGE TOP