箱根駅伝

箱根駅伝2022/駿河台大学のエントリー選手一覧とチームの特徴とは?

2022年1月2日(日)・3日(月)、学生駅伝の最高峰「第98回箱根駅伝2022」が開催されます。

この「第98回箱根駅伝2022」では、シード校10校+予選突破校10校、関東学生連合を合わせた21チームが出場し、頂点を目指します。

さて、本記事で紹介する駿河台大学は、今季「第98回箱根駅伝2022」の予選会を8位で突破!

ついに、悲願の本選出場を勝ち取りました。

東京国際大学以来、6年ぶりとなる初出場校は、ジャイアントキリングも狙っているとか…!

箱根路にどんな波乱を呼び起こすのか大注目です!

そこで今回は、「第98回箱根駅伝2022」の出場校駿河台大学の、

・エントリー選手一覧
・チームデータ
・予選会の結果
・箱根駅伝2022往路の結果
・箱根駅伝20212復路の結果

などをご紹介します。

※2021年12月10日:メンバーエントリー発表
※2021年12月29日:区間エントリー発表

※箱根駅伝関連記事はこちら。

箱根駅伝2022/出場校&区間エントリー

箱根駅伝2022/コース詳細

箱根駅伝2022/結果速報(往路)

箱根駅伝2022/結果速報(復路)

 

※箱根駅伝ランナーの進路(外部サイト)。

箱根駅伝ランナーの進路は?

 

<スポンサーリンク>

●駿河台大学の特徴は?


今季「第98回箱根駅伝2022」の予選会を8位で通過し、悲願の箱根駅伝本選出場を勝ち取った駿河台大学。

第96回大会(箱根駅伝2020)の予選会は12位、第97回大会(箱根駅伝2021)の予選会は15位と、なかなか浮上できずにいましたが、ついに今季、本選出場を勝ち取ったわけです。

ちなみに、予選会でも活躍した、31歳の中学校教師ランナー・今井隆生選手(4年)が注目されています。

今井選手は2021年4月、埼玉県の中学校の体育教師を「自己啓発等休業」制度を利用して休職し、心理学部3年に編入。

そして、箱根駅伝出場を目指し、練習に打ち込んできたとのこと。

なお、チームメイトの永井竜二選手(3年)が、実は中学校時代の教え子だった…という奇跡も話題となっています。

箱根駅伝出場後の3月に卒業する今井選手。“オールドルーキー”のラストチャンスの走りに注目です!

 

<チームデータ>


駿河台大学

初出場
創部/2011年
練習拠点/大学陸上競技場、阿須公園

三大駅伝優勝回数
出 雲/0回
全日本/0回
箱 根/0回

タスキの色/水色と黒色

※チームカラーの水色と黒色に、白色で大学名が刺繍されています。

 

<近年の学生三大駅伝の戦績>


※今季初出場のため過去の記録なし。

※出雲駅伝・全日本大学駅伝ともに出場経験なし。

 

<スポンサーリンク>

 

<監督>


徳本一善(とくもとかずよし)

1979年6月2日生まれ

広島県広島市出身。中学・高校と陸上部に所属し、法政大学に進学。

2年次は第76回大会(箱根駅伝2000)で1区区間賞。

3年次はその年の出雲駅伝で1区区間賞、全日本大学駅伝でも2区区間賞、続く第77回大会(箱根駅伝2001)では2区2位。

4年次はその年の出雲駅伝3区区間賞、全日本大学駅伝2区2位と大活躍続き。残念ながら4年次の箱根駅伝は肉離れ発症で途中棄権。

ちなみに、徳本監督は箱根駅伝史上初めて、金パツ・サングラス姿で走ったことで有名。当時はビジュアル系ランナーとしてマスコミが大きく取り上げ話題となりました。

卒業後は日清食品に所属し、2003年の第47回全日本実業団対抗駅伝競争大会(ニューイヤーー駅伝)で6区区間賞、2006年の第47回東日本実業団対抗駅伝競走大会で7区区間賞、2010年の第54回全日本実業団対抗駅伝競争大会(ニューイヤーー駅伝)で6区2位など活躍。

また、2007年には初マラソンの東京マラソンで5位入賞。

2011年に駿河台大学に選手権コーチとして就任。2012年より駿河台大学の駅伝監督に就任。

 

●箱根駅伝2022のエントリー選手一覧


※ここでは、「第98回箱根駅伝2022」の区間エントリー選手をご紹介します。

全チームのエントリーリストはこちら。

※2021年12月29日発表の区間エントリー
※2022年1月3日:区間エントリー変更反映
※学年は2022年1月時点のもの
※☆=主将

1区/入江泰世(4年)→清野太成(3年)
2区/榊原嵩史(4年)→ジェームス・ブヌカ(4年)
3区/松本圭悟(3年)→町田康誠(3年)
4区/今井隆生(4年)
5区/永井竜二(3年)
6区/小泉謙(3年)
7区/長谷部巧人(2年)→新山舜心(2年)
8区/池原悠月(1年)→出仙龍之介(3年)
9区/田尻健(4年)
10区/阪本大貴(4年)☆

補員/加藤亮太(1年)

 

●箱根駅伝2022の結果


※ここでは、「第98回箱根駅伝2022」の総合結果をご紹介します。

<往路>

※駿河台大学は、往路20位です。

 

<復路>

※駿河台大学は、復路15位総合19位です。

 

※箱根駅伝関連記事はこちら。

箱根駅伝2022/出場校&区間エントリー

箱根駅伝2022/コース詳細

箱根駅伝2022/結果速報(往路)

箱根駅伝2022/結果速報(復路)

 

※箱根駅伝ランナーの進路(外部サイト)。

箱根駅伝ランナーの進路は?

 

<スポンサーリンク>

 

ピックアップ記事

  1. 嵐のメンバーが主演で主題歌も嵐の連続ドラマ&映画一覧!最新版(継続中)
  2. サーティーワンの値段とメニューやカロリーまとめ/新作とキャンペーン情報も!
  3. ゆうメール規格外廃止!定形外郵便やゆうメール新料金一覧&ゆうパック料金は?
  4. スタバメニューのカロリー一覧表!新作フラペチーノも![ドリンク編]
  5. スタバメニューのカロリー一覧表!レギュラーから新作まで[フード編]

関連記事

  1. 箱根駅伝

    箱根駅伝2017/法政大学のエントリー選手一覧とチームの特徴とは?

    2017年1月2日(月)・3日(火)に、学生駅伝の最高峰である「第…

  2. 箱根駅伝

    箱根駅伝2016/中央大学のエントリー選手一覧

    2016年1月2日・3日、毎年恒例の箱根駅伝が開催…

  3. スポーツ

    最も稼ぐ女性アスリート2019/大坂なおみがランクイン!テニス勢独占!

    プロテニスプレイヤー・大坂なおみさんが、2018年9月に全米オープ…

  4. 箱根駅伝

    箱根駅伝2017/上武大学のエントリー選手一覧とチームの特徴とは?

    2017年1月2日(月)・3日(火)に、学生駅伝の最高峰である「第…

  5. スポーツ

    ドラフト会議2021の指名予想と注目選手は?/プロ野球球団別予想

    2021年10月11日(月)、プロ野球選手を目指す若者たちが、プロ…

  6. 箱根駅伝

    箱根駅伝2017/山梨学院大学のエントリー選手一覧とチームの特徴とは?

    2017年1月2日(月)・3日(火)に、学生駅伝の最高峰である「第…

最近の記事

読んでほしい記事

アーカイブ

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ピックアップ記事

  1. 統計・ランキング

    昭和臭いのはある意味ネタです?「おっさんぽい言動」ランキング!反面教師に!
  2. ドラマ

    海外ドラマ大賞2019/海外ドラマランキング作品&スターのトップ20は?
  3. スマホ・インターネット・ゲーム

    信じないで!拡散されたiPhoneをバグらせる悪質なデマまとめ!
  4. ライフハック

    スマホが水没した時の対処法!自分で直すテクニック・緊急復旧方法!
  5. 統計・ランキング

    無くなる職業ランキング&残る職業ランキング/AIが仕事を変える?!
PAGE TOP