スポーツ

ニューイヤー駅伝/過去大会の総合結果と区間エントリー選手一覧(アーカイブまとめ)

「全日本実業団対抗駅伝」(通称・ニューイヤー駅伝)。

毎年元日の朝9時15分に、群馬県庁前をスタートする「ニューイヤー駅伝」は、新春最初の駅伝大会であり、実業団No.1が決まる大会です。

本記事では、「全日本実業団対抗駅伝」(ニューイヤー駅伝)の、

・区間エントリー一覧
・総合結果

をまとめたアーカイブです。

 

↓↓↓最新のニューイヤー駅伝情報はこちら↓↓↓

ニューイヤー駅伝/コースと出場チーム

ニューイヤー駅伝/区間エントリー選手

ニューイヤー駅伝/結果速報(本選&予選)

 

※箱根駅伝関連記事はこちら。

箱根駅伝/出場校&区間エントリー

箱根駅伝/結果速報(往路)

箱根駅伝/結果速報(復路)

 

<スポンサーリンク>

●参考:ニューイヤー駅伝2021


◇区間エントリー選手一覧


※「第65回ニューイヤー駅伝2021」の区間エントリー選手一覧のまとめ画像はこちら。

※クリックで拡大可

※2021年1月1日発表の区間エントリー
※黄緑は当初発表から選手変更

 

◇各区間結果


◇ニューイヤー駅伝1区 結果


全国6地域の予選を勝ち抜いた37チームが参加する、「第65回全日本実業団対抗駅伝」(ニューイヤー駅伝2021)。

群馬県庁前を9時15分にスタートし、ゴール予想時刻は13時59分です。

群馬県庁~高崎市役所

距離:12.3km

区間記録
マーティン・マサシ(スズキ)
2007年/34分16秒

日本人最高
太田崇(コニカミノルタ)
2006年/34分25秒

総合順位
総合記録
選手名
チーム
区間順位
区間記録
1位
35:28
松枝博輝
富士通
1位
35:28
2位
35:29
茂木圭次郎
旭化成
2位
35:29
3位
35:30
田中秀幸
トヨタ自動車
3位
35:30
4位
35:31
定方俊樹
三菱重工
4位
35:31
5位
35:33
小山直城
Honda
5位
35:33
6位
35:34
永戸聖
日立物流
6位
35:34
7位
35:34
鈴木大貴
YKK
7位
35:34
8位
35:38
渡邉奏太
サンベルクス
8位
35:38
9位
35:41
梶原有高
ひらまつ病院
9位
35:41
10位
35:41
加藤風磨
安川電機
10位
35:41
11位
35:42
松村陣之助
コモディイイダ
11位
35:42
12位
35:43
武田凜太郎
ヤクルト
12位
35:43
13位
35:43
清谷匠
中国電力
13位
35:43
14位
35:44
倉田翔平
GMO
14位
35:44
15位
35:44
坂田昌駿
中央発條
15位
35:44
16位
35:44
阿部弘輝
住友電工
16位
35:44
17位
35:45
石井優樹
NTT西日本
17位
35:45
18位
35:45
照井明人
NDソフト
18位
35:45
19位
35:46
小野田勇次
トヨタ紡織
19位
35:46
20位
35:46
片西景
JR東日本
20位
35:46
21位
35:47
山本雄大
マツダ
21位
35:47
22位
35:47
竹内大地
トーエネック
22位
35:47
23位
35:48
松本葵
大塚製薬
23位
35:48
24位
35:51
志水佑守
トヨタ自動車九州
24位
35:51
25位
35:52
吉山侑佑
戸上電機製作所
25位
35:52
26位
35:52
三田眞司
埼玉医科大G
26位
35:52
27位
35:52
中村友哉
大阪ガス
27位
35:52
28位
35:53
舟津彰馬
九電工
28位
35:53
29位
35:54
西池和人
コニカミノルタ
29位
35:54
30位
35:56
堤悠生
JFEスチール
30位
35:56
31位
35:58
秋山清仁
愛知製鋼
31位
35:58
32位
36:00
關颯人
SGH
32位
36:00
33位
36:03
山口浩勢
愛三工業
33位
36:03
34位
36:04
中村優吾
黒崎播磨
34位
36:04
35位
36:10
東優汰
中電工
35位
36:10
36位
36:12
江浪修平
日本製鉄瀬戸内
36位
36:12
総合順位
総合記録
選手名
チーム
区間順位
区間記録

大集団でレースが進められた1区は、残り2kmからペースが上がり集団も縦長になり始めました。先頭集団の熾烈なスパート合戦を富士通の松枝博輝選手が制し区間賞を獲得。松枝選手につづき、旭化成の茂木圭次郎選手が2位、トヨタ自動車の田中秀幸選手が3位となりました。

区間賞
松枝博輝(富士通)
35:28

 

◇ニューイヤー駅伝2区 結果


高崎市役所~前橋市公田町

距離:8.3km

区間記録
ジョセファット・ダビリ
(小森コーポレーション)
2009年/21分54秒

日本人最高
八木勇樹(旭化成)
2014年/23分20秒

総合順位
総合記録
選手名
チーム
区間順位
区間記録
1位
0:57:37
R.キムニャン
日立物流
3位
22:03
2位
0:57:37
S.ワイザカ
ヤクルト
2位
21:54
3位
0:57:43
C.カンディエ
三菱重工
6位
22:12
4位
0:57:44
B.カロキ
トヨタ自動車
8位
22:14
5位
0:57:46
B.コエチ
九電工
1位
21:53
6位
0:57:49
B.キメリ
富士通
13位
22:21
7位
0:57:49
V.コリル
GMO
4位
22:05
8位
0:57:53
A.ムティソ
NDソフト
5位
22:08
9位
0:57:58
P.クイラ
JR東日本
6位
22:12
10位
0:57:59
P.ワンブィ
NTT西日本
8位
22:14
11位
0:58:04
E.ケイタニー
トヨタ紡織
11位
22:18
12位
0:58:05
J.ソゲット
Honda
15位
22:32
13位
0:58:06
B.モゲニ
旭化成
19位
22:37
14位
0:58:10
D.ランガット
コニカミノルタ
10位
22:16
15位
0:58:11
W.タイタス
埼玉医科大G
12位
22:19
16位
0:58:14
M.トゥル
安川電機
16位
22:33
17位
0:58:18
S.ムシオ
中央発條
17位
22:34
18位
0:58:26
D.キプランガット
JFEスチール
14位
22:30
19位
0:58:26
S.ディランゴ
サンベルクス
24位
22:48
20位
0:58:26
G.キプゲティッチ
マツダ
20位
22:39
21位
0:58:40
S.カリウキ
戸上電機製作所
24位
22:48
22位
0:58:45
A.クルガト
中電工
18位
22:35
23位
0:58:45
A.キベット
SGH
23位
22:45
24位
0:58:46
J.ムァゥラ
黒崎播磨
21位
22:42
25位
0:58:46
J.ムリツ
トヨタ自動車九州
27位
22:55
26位
0:58:46
P.キプラガット
愛三工業
22位
22:43
27位
0:58:50
M.ディラング
愛知製鋼
26位
22:52
28位
0:58:56
B.キマニ
コモディイイダ
28位
23:14
29位
0:59:03
V.キプケモイ
YKK
31位
23:29
30位
0:59:08
西川雄一朗
住友電工
29位
23:24
31位
0:59:11
河村一輝
トーエネック
29位
23:24
32位
0:59:17
W.デレセ
ひらまつ病院
33位
23:36
33位
0:59:18
秦将吾
大塚製薬
32位
23:30
34位
0:59:28
今﨑俊樹
大阪ガス
33位
23:36
35位
0:59:29
V.キプルト
中国電力
35位
23:46
36位
1:01:32
見川壮太
日本製鉄瀬戸内
36位
25:20
総合順位
総合記録
選手名
チーム
区間順位
区間記録

ごぼう抜きが多くみられる2区では、今年も激しく順位変動が見られました。6位でタスキを受けた日立物流のリチャード・キムニャン選手が1位で中継所に入りました。

また、高速の2区を制したのは、九電工のベナード・コエチ選手。コエチ選手は、区間記録を1秒更新する走りを見せ、28位で受けたタスキを5位までに順位を押し上げました。

区間賞
ベナード・コエチ(九電工)
21:53 ※区間新

 

◇ニューイヤー駅伝3区 結果


前橋市公田町~伊勢崎市役所

距離:13.6km

区間記録
西山雄介(トヨタ自動車)
2020年/37分39秒

総合順位
総合記録
選手名
チーム
区間順位
区間記録
1位
1:35:48
渡邉利典
GMO
5位
37:59
2位
1:35:51
大六野秀畝
旭化成
2位
37:45
3位
1:35:52
坂東悠汰
富士通
6位
38:03
4位
1:36:06
古賀淳紫
安川電機
3位
37:52
5位
1:36:12
栃木渡
日立物流
13位
38:35
6位
1:36:13
的野遼大
三菱重工
12位
38:30
7位
1:36:18
荻久保寛也
ヤクルト
15位
38:41
8位
1:36:20
西山雄介
トヨタ自動車
14位
38:36
9位
1:36:22
作田将希
JR東日本
9位
38:24
10位
1:36:28
大池達也
トヨタ紡織
9位
38:24
11位
1:36:40
延藤潤
マツダ
7位
38:14
12位
1:36:47
田村和希
住友電工
1位
37:39
13位
1:36:54
中山顕
Honda
17位
38:49
14位
1:37:09
相葉直紀
中電工
9位
38:24
15位
1:37:09
今井篤弥
トヨタ自動車九州
8位
38:23
16位
1:37:18
小松巧弥
NTT西日本
24位
39:19
17位
1:37:20
島田匠海
埼玉医科大G
23位
39:09
18位
1:37:25
野中優志
大阪ガス
4位
37:57
19位
1:37:29
福本真大
九電工
28位
39:43
20位
1:37:31
阪口竜平
SGH
16位
38:46
21位
1:37:31
川端千都
コニカミノルタ
25位
39:21
22位
1:37:34
岡本雄大
サンベルクス
22位
39:08
23位
1:37:44
松村和樹
愛知製鋼
18位
38:54
24位
1:37:53
田村友佑
黒崎播磨
20位
39:07
25位
1:37:58
竹内颯
中央発條
27位
39:40
26位
1:38:09
齋藤諒
NDソフト
33位
40:16
27位
1:38:11
大森樹
JFEスチール
29位
39:45
28位
1:38:18
西澤卓弥
トーエネック
20位
39:07
29位
1:38:33
岡本直己
中国電力
19位
39:04
30位
1:38:43
國行麗生
大塚製薬
26位
39:25
31位
1:38:43
石川裕之
愛三工業
30位
39:57
32位
1:38:46
北村宙夢
戸上電機製作所
32位
40:06
33位
1:39:20
上田結也
ひらまつ病院
31位
40:03
34位
1:39:30
宮本甲斐
コモディイイダ
34位
40:34
35位
1:39:59
及川佑太
YKK
35位
40:56
36位
1:44:25
高山侑大
日本製鉄瀬戸内
36位
42:53
総合順位
総合記録
選手名
チーム
区間順位
区間記録

7位でタスキを受けたGMOインターネットグループの渡邉利典選手が、素晴らしい走りを見せトップに立ちました。一方、旭化成の大六野秀畝選手が区間新記録ペースの好走で11人抜きを見せ、順位を2位に押し上げました。

また、区間賞を獲ったのは住友電工の田村和希選手で、田村選手は18人を抜いての区間タイ記録のマークしました。

区間賞
田村和希(住友電工)
37:39 ※区間タイ

 

<スポンサーリンク>

 

◇ニューイヤー駅伝4区 結果


伊勢崎市役所~太田市役所

距離:22.4km

区間記録
井上大仁(MHPS)
2020年/1時間03分57秒

総合順位
総合記録
選手名
チーム
区間順位
区間記録
1位
2:40:06
中村匠吾
富士通
2位
1:04:14
2位
2:40:24
鎧坂哲哉
旭化成
4位
1:04:33
3位
2:40:27
井上大仁
三菱重工
2位
1:04:14
4位
2:40:58
窪田忍
トヨタ自動車
6位
1:04:38
5位
2:41:27
一色恭志
GMO
14位
1:05:39
6位
2:41:31
佐藤悠基
SGH
1位
1:04:00
7位
2:41:36
設楽啓太
日立物流
11位
1:05:24
8位
2:42:00
中本健太郎
安川電機
19位
1:05:54
9位
2:42:04
小椋裕介
ヤクルト
17位
1:05:46
10位
2:42:04
作田直也
JR東日本
15位
1:05:42
11位
2:42:24
村本一樹
住友電工
13位
1:05:37
12位
2:42:25
聞谷賢人
トヨタ紡織
20位
1:05:57
13位
2:42:26
坂東剛
大阪ガス
8位
1:05:01
14位
2:42:26
細谷恭平
黒崎播磨
4位
1:04:33
15位
2:42:27
大津顕杜
トヨタ自動車九州
10位
1:05:18
16位
2:42:37
伊藤達彦
Honda
16位
1:05:43
17位
2:42:49
定方駿
マツダ
23位
1:06:09
18位
2:43:07
大塚倭
NTT西日本
18位
1:05:49
19位
2:43:30
藤川拓也
中国電力
7位
1:04:57
20位
2:43:41
住田優範
愛知製鋼
20位
1:05:57
21位
2:43:51
金丸逸樹
戸上電機製作所
9位
1:05:05
22位
2:43:52
髙木登志夫
サンベルクス
26位
1:06:18
23位
2:43:55
内田健太
埼玉医科大G
30位
1:06:35
24位
2:44:00
菊地賢人
コニカミノルタ
28位
1:06:29
25位
2:44:02
大塚祥平
九電工
29位
1:06:33
26位
2:44:08
鈴木洋平
愛三工業
12位
1:05:25
27位
2:44:20
松尾修治
中電工
34位
1:07:11
28位
2:44:20
三輪晋大朗
中央発條
27位
1:06:22
29位
2:44:23
河合代二
トーエネック
22位
1:06:05
30位
2:44:26
斉藤翔太
JFEスチール
24位
1:06:15
31位
2:45:40
岩佐壱誠
大塚製薬
33位
1:06:57
32位
2:46:06
坂本佳太
ひらまつ病院
32位
1:06:46
33位
2:46:14
細森大輔
YKK
24位
1:06:15
34位
2:46:15
金子晃裕
コモディイイダ
31位
1:06:45
35位
2:47:12
熊倉優介
NDソフト
35位
1:09:03
36位
2:56:56
大下浩平
日本製鉄瀬戸内
36位
1:12:31
総合順位
総合記録
選手名
チーム
区間順位
区間記録

4区は注目のエース対決。中盤で井上大仁選手(三菱重工)がレースを引っ張る形で、中村匠吾(富士通)、鎧坂哲哉(旭化成)の3人がトップに立ちます。

残り3.5kmで東京五輪代表の中村選手がロングスパートを仕掛け、後続を引き離しました。中村選手は後続の追随を許さず、チームを1位に押し上げタスキを渡しました。2位は旭化成、3位に三菱重工と続きました。

区間賞はSHホールディングスの佐藤悠基選手が獲得。佐藤選手はわずか3秒と区間記録には届きませんでしたが、20位→6位と14人抜きの快走を見せました。

区間賞
佐藤悠基(SHホールディングス)
1:04:00

 

◇ニューイヤー駅伝5区 結果


太田市役所~桐生市役所

距離:15.8km

区間記録
坪田智夫(コニカ)
2002年/44分57秒

総合順位
総合記録
選手名
チーム
区間順位
区間記録
1位
3:26:44
塩尻和也
富士通
3位
46:38
2位
3:27:20
村山謙太
旭化成
4位
46:56
3位
3:27:21
服部勇馬
トヨタ自動車
1位
46:23
4位
3:27:23
山下一貴
三菱重工
4位
46:56
5位
3:29:01
青木涼真
Honda
2位
46:24
6位
3:29:10
竹内竜真
日立物流
14位
47:34
7位
3:29:20
髙久龍
ヤクルト
9位
47:16
8位
3:29:23
黒川翔矢
JR東日本
10位
47:19
9位
3:29:25
湯澤舜
SGH
19位
47:54
10位
3:29:34
辻村公佑
大阪ガス
6位
47:08
11位
3:29:35
藤曲寛人
トヨタ自動車九州
6位
47:08
12位
3:29:36
土井大輔
黒崎播磨
8位
47:10
13位
3:29:37
大畑和真
安川電機
16位
47:37
14位
3:29:37
橋本崚
GMO
22位
48:10
15位
3:30:46
西山凌平
トヨタ紡織
26位
48:21
16位
3:30:48
永山博基
住友電工
27位
48:24
17位
3:31:14
渡邊力将
NTT西日本
21位
48:07
18位
3:31:23
山本浩之
コニカミノルタ
11位
47:23
19位
3:31:26
内藤圭太
愛知製鋼
18位
47:45
20位
3:31:29
中村信一郎
九電工
12位
47:27
21位
3:31:42
寺西雅俊
マツダ
31位
48:53
22位
3:31:51
吉岡幸輝
中央発條
13位
47:31
23位
3:31:53
川田裕也
埼玉医科大G
20位
47:58
24位
3:31:57
中西亮貴
トーエネック
14位
47:34
25位
3:32:09
鈴木卓也
サンベルクス
23位
48:17
26位
3:32:10
上坂優太
JFEスチール
17位
47:44
27位
3:32:37
兼実省伍
中国電力
33位
49:07
28位
3:32:40
二岡康平
中電工
25位
48:20
29位
3:32:52
東瑞基
愛三工業
30位
48:44
30位
3:33:33
溝田槙悟
戸上電機製作所
34位
49:42
31位
3:34:33
黒田雄紀
コモディイイダ
24位
48:18
32位
3:34:40
奥谷裕一
大塚製薬
32位
49:00
33位
3:34:41
山田直弘
YKK
28位
48:27
34位
3:34:43
田中飛鳥
ひらまつ病院
29位
48:37
35位
3:37:24
光武洋
NDソフト
36位
50:12
36位
3:47:06
浅野有紀
日本製鉄瀬戸内
35位
50:10
総合順位
総合記録
選手名
チーム
区間順位
区間記録

富士通の塩尻和也選手が単独走ながら、後続との差を広げトップで通過。2位は旭化成、3位にトヨタ自動車が入り、富士通を追います。

区間賞は東京五輪代表でトヨタ自動車の服部勇馬選手が、2年ぶりに獲得しました。

また、16位でタスキを受けたHondaのルーキー、青木涼真選手が区間2位となる11人抜きの好走でチーム順位を5位に上げました。

区間賞
服部勇馬(トヨタ自動車)
46:23

 

◇ニューイヤー駅伝6区 結果


桐生市役所~伊勢崎市西久保町

距離:11.9km

区間記録
小野大知(旭化成)
2020年/35分13秒

総合順位
総合記録
選手名
チーム
区間順位
区間記録
1位
4:02:17
鈴木健吾
富士通
1位
35:33
2位
4:02:57
青木祐人
トヨタ自動車
2位
35:36
3位
4:02:57
小野知大
旭化成
3位
35:37
4位
4:05:13
目良隼人
三菱重工
27位
37:50
5位
4:05:34
其田健也
JR東日本
4位
36:11
6位
4:05:50
田口雅也
Honda
12位
36:49
7位
4:05:51
川村悠登
日立物流
11位
36:41
8位
4:05:53
三上嵩斗
SGH
8位
36:28
9位
4:05:58
吉元真司
黒崎播磨
5位
36:22
10位
4:05:59
近藤秀一
GMO
5位
36:22
11位
4:06:00
中村大聖
ヤクルト
10位
36:40
12位
4:07:12
改木悠真
トヨタ自動車九州
23位
37:37
13位
4:07:17
岩﨑祐也
大阪ガス
25位
37:43
14位
4:07:43
中川翔太
安川電機
29位
38:06
15位
4:08:01
河村知樹
トヨタ紡織
18位
37:15
16位
4:08:01
高井和治
九電工
9位
36:32
17位
4:08:06
中村祐紀
住友電工
19位
37:18
18位
4:08:09
竹ノ内佳樹
NTT西日本
13位
36:55
19位
4:08:19
長山瑞季
埼玉医科大G
7位
36:26
20位
4:08:23
野口拓也
コニカミノルタ
14位
37:00
21位
4:09:00
髙畑祐樹
トーエネック
16位
37:03
22位
4:09:03
松宮隆行
愛知製鋼
23位
37:37
23位
4:09:30
廣佳樹
マツダ
26位
37:48
24位
4:09:34
新井康平
サンベルクス
21位
37:25
25位
4:09:37
秋山雄飛
中国電力
14位
37:00
26位
4:09:38
岩田拓海
JFEスチール
22位
37:28
27位
4:09:45
原嶋渓
中央発條
28位
37:54
28位
4:09:59
藤井寛之
愛三工業
17位
37:07
29位
4:09:59
野田一輝
中電工
20位
37:19
30位
4:12:19
西野湧人
戸上電機製作所
34位
38:46
31位
4:13:11
木田貴大
コモディイイダ
33位
38:38
32位
4:13:12
宮木快盛
大塚製薬
32位
38:32
33位
4:13:14
森井勇磨
ひらまつ病院
31位
38:31
34位
4:14:04
市谷龍太郎
YKK
35位
39:23
35位
4:15:38
渡邉清紘
NDソフト
30位
38:14
36位
4:28:54
都野泰平
日本製鉄瀬戸内
36位
41:48
総合順位
総合記録
選手名
チーム
区間順位
区間記録

富士通の鈴木健吾選手は、序盤こそ後続に差を縮められましたが、終盤で力強いラストスパートを見せ、優勝を引き寄せる走りでトップ通過。2位には、旭化成とトヨタ自動車がほぼ同時に通過しました。

区間賞は、入社して3年目で初めての駅伝となった鈴木健吾選手が獲得しました。

区間賞
鈴木健吾(富士通)
35:33

 

◇ニューイヤー駅伝7区 結果


伊勢崎市西久保町~群馬県庁

距離:15.7km

区間記録
鎧坂哲哉(旭化成)
2020年/44分47秒

総合順位
総合記録
選手名
チーム
区間順位
区間記録
1位
4:48:52
浦野雄平
富士通
1位
46:35
2位
4:49:55
大石港与
トヨタ自動車
4位
46:58
3位
4:50:32
市田孝
旭化成
9位
47:35
4位
4:52:33
服部翔大
日立物流
2位
46:42
5位
4:52:38
土方英和
Honda
3位
46:48
6位
4:52:45
江島崚太
三菱重工
8位
47:32
7位
4:53:54
寺田夏生
JR東日本
17位
48:20
8位
4:54:55
高宮祐樹
ヤクルト
24位
48:55
9位
4:54:58
吉田祐也
GMO
25位
48:59
10位
4:55:05
鈴木塁人
SGH
30位
49:12
11位
4:55:10
奥野翔弥
トヨタ自動車九州
11位
47:58
12位
4:55:16
辻横浩輝
大阪ガス
12位
47:59
13位
4:55:26
伊藤和麻
住友電工
5位
47:20
14位
4:55:27
赤﨑暁
九電工
6位
47:26
15位
4:55:30
小島大明
トヨタ紡織
7位
47:29
16位
4:55:36
北島寿典
安川電機
10位
47:53
17位
4:55:43
坪内淳一
黒崎播磨
31位
49:45
18位
4:57:08
大山憲明
コニカミノルタ
21位
48:45
19位
4:57:10
山本翔馬
NTT西日本
27位
49:01
20位
4:57:20
鴇澤駿介
埼玉医科大G
27位
49:01
21位
4:57:36
服部弾馬
トーエネック
19位
48:36
22位
4:57:43
風岡永吉
JFEスチール
13位
48:05
23位
4:57:45
菊地海斗
サンベルクス
15位
48:11
24位
4:57:47
松井智靖
中国電力
14位
48:10
25位
4:57:50
角出龍哉
愛知製鋼
22位
48:47
26位
4:57:55
有馬圭哉
マツダ
18位
48:25
27位
4:58:14
中西玄気
愛三工業
16位
48:15
28位
4:58:38
畑中大輝
中電工
20位
48:39
29位
4:58:46
矢嶋謙悟
中央発條
27位
49:01
30位
5:02:03
上村和生
大塚製薬
23位
48:51
31位
5:02:14
松本凜太郎
ひらまつ病院
26位
49:00
32位
5:03:12
安藤慎治
戸上電機製作所
34位
50:53
33位
5:03:39
黒河一輝
コモディイイダ
33位
50:28
34位
5:05:03
才記壮人
YKK
35位
50:59
35位
5:05:53
安藤駿
NDソフト
32位
50:15
36位
5:21:47
藤井貴大
日本製鉄瀬戸内
36位
52:53
総合順位
総合記録
選手名
チーム
区間順位
区間記録

トップの富士通はルーキーながらアンカーを務めた浦野雄平選手が、区間賞の走りを見せトップでフィニッシュ。富士通は12年ぶり3回目の日本一に輝きました。

5年ぶりの王座奪還を狙ったトヨタ自動車が2位に、史上3度目の5連覇を狙った旭化成は3位となりました。

区間賞
浦野雄平(富士通)
46:35

 

◇ニューイヤー駅伝2021総合結果


区間通過順位

※クリックで拡大可

総合タイム

総合タイム
順位チーム時間
1位富士通4:48:52
2位トヨタ自動車4:49:55+1:03
3位旭化成4:50:32+1:40
4位日立物流4:52:33+3:41
5位Honda4:52:38+3:46
6位三菱重工4:52:45+3:53
7位JR東日本4:53:54+5:02
8位ヤクルト4:54:55+6:03
9位GMO4:54:58+6:06
10位SGH4:55:05+6:13
11位トヨタ自動車九州4:55:10+6:18
12位大阪ガス4:55:16+6:24
13位住友電工4:55:26+6:34
14位九電工4:55:27+6:35
15位トヨタ紡織4:55:30+6:38
16位安川電機4:55:36+6:44
17位黒崎播磨4:55:43+6:51
18位コニカミノルタ4:57:08+8:16
19位NTT西日本4:57:10+8:18
20位埼玉医科大グループ4:57:20+8:28
21位トーエネック4:57:36+8:44
22位JFEスチール4:57:43+8:51
23位サンベルクス4:57:45+8:53
24位中国電力4:57:47+8:55
25位愛知製鋼4:57:50+8:58
26位マツダ4:57:55+9:03
27位愛三工業4:58:14+9:22
28位中電工4:58:38+9:46
29位中央発條4:58:46+9:54
30位大塚製薬5:02:03+13:11
31位ひらまつ病院5:02:14+13:22
32位戸上電機製作所5:03:12+14:20
33位コモディイイダ5:03:39+14:47
34位YKK5:05:03+16:11
35位NDソフト5:05:53+17:01
36位日本製鉄瀬戸内5:21:47+32:55

 

<スポンサーリンク>

 

●参考:ニューイヤー駅伝2020


※ここでは参考までに、前回大会「第64回ニューイヤー駅伝2020」の結果をご紹介します。

◇区間エントリー選手一覧


※各チームの区間エントリーを一覧でご紹介します(2020年1月1日(水)修正)。

※クリックで拡大可

 

◇ニューイヤー駅伝2020総合結果


区間通過順位

※クリックで拡大可

総合タイム

総合タイム
順位チーム時間
1位旭化成4:46:07
2位トヨタ自動車4:48:36+2:29
3位Honda4:49:30+3:23
4位JR東日本4:50:40+4:33
5位GMO4:50:46+4:39
6位愛三工業4:51:32+5:23
7位ヤクルト4:51:33+5:26
8位コニカミノルタ4:51:36+5:29
9位カネボウ4:51:37+5:30
10位マツダ4:51:39+5:32
11位安川電機4:51:40+5:33
12位トヨタ自動車九州4:52:47+6:40
13位トヨタ紡織4:52:50+6:43
14位中電工4:53:21+7:14
15位大阪ガス4:53:22+7:15
16位住友電工4:53:31+7:24
17位MHPS4:53:41+7:34
18位SUBARU4:53:41+7:34
19位中国電力4:53:43+7:36
20位小森コーポレーション4:54:13+8:06
21位日立物流4:54:30+8:23
22位SGH4:54:33+8:26
23位黒崎播磨4:54:35+8:28
24位NTT西日本4:55:12+9:05
25位九電工4:55:13+9:06
26位トーエネック4:55:25+9:18
27位西鉄4:56:01+9:54
28位JFEスチール4:56:36+10:29
29位愛知製鋼4:56:53+10:46
30位警視庁4:58:31+12:24
31位中央発條4:58:46+12:39
32位YKK4:58:49+12:42
33位NTN4:58:54+12:47
34位プレス工業4:59:25+13:18
35位コモディイイダ5:00:47+14:40
36位セキノ興産5:02:27+16:20
37位ひらまつ病院5:07:50+21:43

優勝は4年連続25回目の旭化成です!

 

<スポンサーリンク>

 

●参考:ニューイヤー駅伝2019


※ここでは参考までに、「ニューイヤー駅伝2019」の区間エントリー一覧と総合結果をご紹介します。

◇区間エントリー選手一覧


※2018年12月31日(月)、レース前日に発表された各チームの区間エントリーを一覧でご紹介します。

※クリックで拡大可

 

◇ニューイヤー駅伝2019総合結果


第63回全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝2019)を制したチームは…?

※旭化成が優勝!3連覇達成です!!

区間通過順位

 

総合順位

※AMPページより表が見やすいページはこちら。

総合タイム
順位チーム時間
1位旭化成4:51:27
2位MHPS4:51:310:00:04
3位トヨタ自動車4:52:340:01:07
4位富士通4:53:170:01:50
5位コニカミノルタ4:53:370:02:10
6位トヨタ九州4:54:160:02:49
7位マツダ4:54:200:02:53
8位カネボウ4:55:020:03:35
9位中国電力4:55:020:03:35
10位SUBARU4:55:070:03:40
11位安川電機4:55:220:03:55
12位小森コーポ4:55:370:04:10
13位中電工4:55:400:04:13
14位住友電工4:55:470:04:20
15位九電工4:56:150:04:48
16位日清食品4:56:230:04:56
17位トーエネック4:56:410:05:14
18位日立物流4:57:320:06:05
19位愛知製鋼4:57:510:06:24
20位大塚製薬4:57:530:06:26
21位トヨタ紡織4:58:170:06:50
22位黒崎播磨4:58:470:07:20
23位ヤクルト4:58:520:07:25
24位Honda4:59:230:07:56
25位NTT西日本4:59:240:07:57
26位八千代工業4:59:260:07:59
27位YKK4:59:280:08:01
28位プレス工業4:59:360:08:09
29位NTN5:01:460:10:19
30位愛三工業5:02:130:10:46
31位西鉄5:02:220:10:55
32位JR東日本5:02:540:11:27
33位SGHグループ5:03:350:12:08
34位中央発條5:05:590:14:32
35位セキノ興産5:08:260:16:59
36位ひらまつ病院5:17:130:25:46
37位戸上電機5:18:230:26:56

 

<スポンサーリンク>

 

●参考:ニューイヤー駅伝2018


※ここでは参考までに、「ニューイヤー駅伝2018」の区間エントリー一覧と総合結果をご紹介します。

◇区間エントリー選手一覧


※2017年12月31日(日)、レース前日に発表された各チームの区間エントリーを一覧でご紹介します。

※クリックすると大きくなります。

 

◇ニューイヤー駅伝2018総合結果


第62回全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝2018)を制したチームは…?

※旭化成が優勝!2連覇達成です!!

区間通過順位

※クリックで拡大可

総合順位

 

※ニューイヤー駅伝の関連記事はこちら。

ニューイヤー駅伝/コースと出場チーム

ニューイヤー駅伝/区間エントリー選手

ニューイヤー駅伝/結果速報(本選&予選)

 

※箱根駅伝関連記事はこちら。

箱根駅伝/出場校&区間エントリー

箱根駅伝/結果速報(往路)

箱根駅伝/結果速報(復路)

 

<スポンサーリンク>

 

ピックアップ記事

  1. サーティワンの値段とメニューやカロリーまとめ/新作とキャンペーン情報も!
  2. スタバメニューのカロリー一覧表!新作フラペチーノも![ドリンク編]
  3. スタバメニューのカロリー一覧表!レギュラー&期間限定季節のおすすめ新作[フード編…
  4. ゆうメール規格外廃止!定形外郵便やゆうメール新料金一覧&ゆうパック料金は?
  5. 嵐のメンバーが主演で主題歌も嵐の連続ドラマ&映画一覧!最新版(継続中)

関連記事

  1. 箱根駅伝

    箱根駅伝2017/東海大学のエントリー選手一覧とチームの特徴とは?

    2017年1月2日(月)・3日(火)に、学生駅伝の最高峰である「第…

  2. 箱根駅伝

    箱根駅伝2016/山梨学院大学のエントリー選手一覧

    2016年1月2日・3日、毎年恒例の箱根駅伝が開催…

  3. 箱根駅伝

    箱根駅伝2017/関東学生連合のエントリー選手一覧とチームの特徴とは?

    2017年1月2日(月)・3日(火)に、学生駅伝の最高峰である「第…

  4. 箱根駅伝

    箱根駅伝2017/日本体育大学のエントリー選手一覧とチームの特徴とは?

    2017年1月2日(月)・3日(火)に、学生駅伝の最高峰である「第…

  5. スポーツ

    北京2022冬季オリンピックのキャスターとテーマソング一覧!NHK&民放5局

    「第24回オリンピック冬季競技大会」(以下、2022北京冬季オリン…

  6. 箱根駅伝

    箱根駅伝2023/駿河台大学のエントリー選手一覧とチームの特徴とは?

    2024年1月2日(火)・3日(水)に開催、学生駅伝の最高峰「第1…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

読んでほしい記事

アーカイブ

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ピックアップ記事

  1. 統計・ランキング

    ヒット予測2017/日経トレンディ発表のベスト30はいくつ流行る?
  2. 統計・ランキング

    日本企業ブランドランキング2023/トップ100の日本企業一覧は?
  3. ライフハック

    エイプリルフール2024/企業の嘘ネタまとめを随時更新!X(旧Twitter)も…
  4. 統計・ランキング

    無くなる職業ランキング&残る職業ランキング/AIが仕事を変える?!
  5. バラエティ番組

    昭和アニメのスゴい声優50人!/Z世代声優が選ぶレジェンド声優は?(テレ朝)
PAGE TOP