スポーツ

ニューイヤー駅伝2019/区間エントリー選手一覧と歴代優勝チーム一覧

2019年1月1日(火・祝)、「第63回全日本実業団対抗駅伝」(通称・ニューイヤー駅伝2019)が、群馬県庁前を朝9時15分にスタートします。

出場するのは全国6地域の予選会を勝ち抜いた37チームです。果たして、新年最初の実業団駅伝大会を制するのは、どのチームとなるのでしょうか!?

そこで今回は、「第63回全日本実業団対抗駅伝」(ニューイヤー駅伝2019)の、出場37チーム別の区間エントリー選手一覧(オーダーリスト)、歴代優勝チーム一覧をご紹介します。

 

※ニューイヤー駅伝2019については、こちらの記事もご覧ください。

ニューイヤー駅伝2019/予選会の日程と結果(東日本 関西 九州ほか)一覧

ニューイヤー駅伝2019/コースの特徴と出場チームのエントリー一覧

ニューイヤー駅伝2019/区間エントリー選手一覧と歴代優勝チーム一覧

ニューイヤー駅伝2019/結果速報!優勝&区間記録は?

 

<スポンサーリンク>

●出場チーム別エントリー選手一覧


※ここでは、「第63回全日本実業団対抗駅伝」(ニューイヤー駅伝2019)の出場37チーム別区間エントリー選手をご紹介します。

※ナンバリングはゼッケン順です。また、選手名の( )は出身大学または高校を記載しています。

※区間エントリー選手は2018年12月30日時点

1.旭化成


1区/村山紘太(城西大学)
2区/K.A.キャプシス(コイスンゲル男子高校)
3区/鎧坂哲哉(明治大学)
4区/市田孝(大東文化大学)
5区/村山謙太(駒澤大学)
6区/市田宏(大東文化大学)
7区/大六野秀畝(明治大学)

【補員】
佐々木悟(大東文化大学)
深津卓也(駒澤大学)
山口修平(創価大学)
茂木圭次郎(拓大一高校)
安藤大樹(鹿児島実業高校)

監督/西政幸
出場/33年連続56回目

 

2.Honda


1区/木村慎(明治大学)
2区/W.マレル(カボルソ高校)
3区/原法利(大東文化大学)
4区/田口雅也(東洋大学)
5区/山中秀仁(日本体育大学)
6区/服部翔大(日本体育大学)
7区/足羽純実(法政大学)

【補員】
上野渉(駒澤大学)
設楽悠太(東洋大学)
新庄翔太(中央大学)
松村優樹(順天堂大学)
荒井七海(東海大学)

監督/大澤陽祐
出場/35年連続36回目

 

3.トヨタ自動車


1区/早川翼(東海大学)
2区/N.コシンベイ(マリコプライマリースクール)
3区/大石港与(中央大学)
4区/藤本拓(国士舘大学)
5区/服部勇馬(東洋大学)
6区/窪田忍(駒澤大学)
7区/松本稜(高知工業高校)

【補員】
田中秀幸(順天堂大学)
山本修平(早稲田大学)
宮脇千博(中京高校)
西山雄介(駒澤大学)
近藤聖志(伊賀白鳳高校)

監督/佐藤敏信
出場/30年連続40回目

 

4.トヨタ自動車九州


1区/大津顕杜(東洋大学)
2区/カレミ・ズク(豊川高校)
3区/今井篤弥(中京高校)
4区/今井正人(順天堂大学)
5区/押川裕貴(中京高校)
6区/改木悠真(鶴崎工業高校)
7区/奥野翔弥(日本体育大学)

【補員】
坂本大志(鶴翔高校)
江田悠真(米子松蔭高校)
中平大二朗(大阪高校)
志水佑守(指宿商業高校)

監督/森下広一
出場/10年連続17回目

 

5.富士通


1区/潰滝大記(中央学院大学)
2区/B.キメリ(キモニング高校)
3区/松枝博輝(順天堂大学)
4区/中村匠吾(駒澤大学)
5区/星創太(駒澤大学)
6区/横手健(明治大学)
7区/佐藤佑輔(日本大学)

【補員】
久我和弥(駒澤大学)
前野貴行(明治大学)
石井秀昂(国士舘大学)
鈴木健吾(神奈川大学)
大森澪(中央学院大学)

監督/福嶋正
出場/29年連続29回目

 

<スポンサーリンク>

 

6.コニカミノルタ


1区/西池和人(法政大学)
2区/D.ランガット(ニャフルルエリート高校)
3区/菊地賢人(明治大学)
4区/蜂須賀源(國學院大学)
5区/山本浩之(東洋大学)
6区/宇賀地強(駒澤大学)
7区/谷川智浩(拓殖大学)

【補員】
野口拓也(日本体育大学)
川端千都(東海大学)
大山憲明(創価大学)

監督/磯松大輔
出場/34年連続44回目

 

7.MHPS


1区/的野遼大(順天堂大学)
2区/E.オムワンバ(ナイクル高校)
3区/目良隼人(川棚高校)
4区/井上大仁(山梨学院大学)
5区/定方俊樹(東洋大学)
6区/木滑良(瓊浦高校)
7区/岩田勇治(福岡工業高校)

【補員】
松村康平(山梨学院大学)
佐藤歩(大東文化大学)
浦野輝(川棚高校)
吉田裕晟(専修大学)

監督/黒木純
出場/10年連続23回目

 

8.安川電機


1区/北島寿典(東洋大学)
2区/T.メルガ(Ginche高校)
3区/野村峻哉(東洋大学)
4区/高橋尚弥(東洋大学)
5区/中本健太郎(拓殖大学)
6区/加藤風磨(亜細亜大学)
7区/古賀淳紫(鳥栖工業高校)

【補員】
黒木文太(帝京大学)
久保田大貴(鎮西高校)
井上拳太朗(駒澤大学)
五郎丸真翔(九州国際大付高校)
林慎吾(日本大学)

監督/山頭直樹
出場/29年連続41回目

 

9.愛三工業


1区/山口浩勢(城西大学)
2区/R.ケモイ(モイ・カプタマ高校)
3区/鈴木洋平(早稲田大学)
4区/大野日暉(神奈川大学)
5区/中西玄気(静岡大学)
6区/石川裕之(東海大学)
7区/松本伸之(関東学院大学)

【補員】
淀川弦太(東洋大学)
堀合修平(国士舘大学)
藤井寛之(中央大学)
中舎優也(城西大学)

監督/井幡政等
出場/18年連続18回目

 

10.住友電工


1区/中村祐紀(青山学院大学)
2区/遠藤日向(学法石川高校)
3区/田村和希(青山学院大学)
4区/高田康暉(早稲田大学)
5区/熊谷拓馬(尽誠学園高校)
6区/村本一樹(兵庫県立大学)
7区/藤村行央(尽誠学園高校)

【補員】
伊藤和麻(早稲田大学)
木村哲也(大阪経済大学)
平賀翔太(早稲田大学)
茂木亮太(青山学院大学)
井上弘也(上武大学)

監督/渡辺康幸
出場/2年連続5回目

 

<スポンサーリンク>

 

11.九電工


1区/中村信一郎(早稲田大学)
2区/B.コエチ(キプテレ高校)
3区/東遊馬(熊本国府高校)
4区/大塚祥平(駒澤大学)
5区/宮上翔太(東海大学)
6区/吉田亮壱(日本体育大学)
7区/高井和治(駒澤大学)

【補員】
吉川修司(亜細亜大学)
岩見和明(熊本国府高校)
酒井将規(帝京大学)
濵口隆幸(高知工業高校)
福本真大(西京高校)

監督/片渕博文
出場/44年連続50回目

 

12.愛知製鋼


1区/高橋流星(大阪経済大学)
2区/M.ディラング(ムンエソ高校)
3区/松村和樹(順天堂大学)
4区/寺内將人(東洋大学)
5区/住田優範(日本体育大学)
6区/松宮隆行(花輪高校)
7区/秋山清仁(日本体育大学)

【補員】
安田昌倫(明治大学)
吉村直人(立命館大学)
佐藤淳(早稲田大学)
内藤圭太(中京高校)

監督/児玉泰介
出場/14年連続35回目

 

13.中国電力


1区/北魁道(明治大学)
2区/山崎亮平(明治大学)
3区/藤川拓也(青山学院大学)
4区/岡本直己(明治大学)
5区/松井智靖(明治大学)
6区/兼実省伍(拓殖大学)
7区/清谷匠(法政大学)

【補員】
藤森憲秀(早稲田大学)
石川卓哉(明治大学)
森本卓司(神奈川大学)
渡邉心(青山学院大学)
佐藤孝哉(山梨学院大学)

監督/田幸寛史
出場/27年連続27回目

 

14.日清食品グループ


1区/我那覇和真(神奈川大学)
2区/B.レオナルド(キモゴチ高校)
3区/村澤明伸(東海大学)
4区/佐藤悠基(東海大学)
5区/高瀬無量(山梨学院大学)
6区/武藤健太(国士舘大学)
7区/三浦洋希(東北高校)

【補員】
若松儀裕(東洋大学)
矢野圭吾(日本体育大学)
徳永照(中央大学)
中谷圭佑(駒澤大学)
町澤大雅(中央大学)

監督/岡村高志
出場/24年連続24回目

 

15.NTN


1区/櫻岡駿(東洋大学)
2区/E.ワウエル(ムワリキ高校)
3区/竹内颯(興譲館高校)
4区/三輪晋大朗(東京農業大学)
5区/齋田直輝(明治大学)
6区/小早川健(東洋大学)
7区/天野正治(奈良産業大学)

【補員】
小川雄一朗(豊川工業高校)
山下洸(中京大学)
小山陽平(関西学院大学)
外岡拓磨(伊賀白鳳高校)
辻野恭哉(日本体育大学)

監督/真内明
14年連続55回目

 

<スポンサーリンク>

 

16.NTT西日本


1区/大塚倭(神奈川大学)
2区/監物稔浩(環太平洋大学)
3区/小松巧弥(日本体育大学)
4区/馬場翔大(駒澤大学)
5区/渡辺力将(上武大学)
6区/城越勇星(日本体育大学)
7区/益田賢太朗(法政大学)

【補員】
関戸雅輝(順天堂大学)
中川剛(山梨学院大学)
木村勇貴(日本体育大学)
竹ノ内佳樹(日本大学)
山本翔馬(大東文化大学)

監督/清水康次
出場/11年連続54回目

 

17.カネボウ


1区/大西一輝(東洋大学)
2区/D.ムイバキトニー(日本大学)
3区/平和真(早稲田大学)
4区/木津晶夫(日本大学)
5区/棟方雄己(中央大学)
6区/代田修平(中央大学)
7区/青木優(東京農業大学)

【補員】
川上遼平(東洋大学)
文元慧(明治大学)
田中孝貴(順天堂大学)
石川颯真(日本大学)
鈴木祐希(神奈川大学)

監督/高岡寿成
出場/4年連続56回目

 

18.八千代工業


1区/岡野佑輝(日本大学)
2区/Y.ビヤゼン
3区/甲斐翔太(日本体育大学)
4区/猪浦舜(駒澤大学)
5区/山本竜也(城西大学)
6区/千葉一慶(帝京大学)
7区/山田稜(明治大学)

【補員】
北澤健太(拓殖大学)
柳原貴大(帝京大学)
森湧暉(順天堂大学)

監督/吉木浩一
出場/9年連続14回目

 

19.西鉄


1区/篠原義裕(法政大学)
2区/D.キプケモイ(ソコ高校)
3区/後藤敬(山梨学院大学)
4区/福田穣(国士舘大学)
5区/石田和也(東海大学)
6区/冨田三貴(東海大学)
7区/鴛海辰矢(東洋大学)

【補員】
野中久徳(東海大学)
湯地俊介(駒澤大学)
寺田博英(城西大学)
東森拓(上武大学)
古賀裕樹(山梨学院大学)

監督/有隅剛志
出場/4年連続16回目

 

20.日立物流


1区/牟田祐樹(明治大学)
2区/J.ディク(ジュンブニ高校)
3区/設楽啓太(東洋大学)
4区/栃木渡(順天堂大学)
5区/浅岡満憲(東京農業大学)
6区/日下佳祐(東洋大学)
7区/竹内竜真(東京農業大学)

【補員】
市川孝徳(東洋大学)
栁利幸(早稲田大学)
伊原直斗(帝京大学)
前田将太(大東文化大学)
小町昌矢(日本体育大学)

監督/北口学
出場/7年連続7回目

 

<スポンサーリンク>

 

21.SUBARU


1区/阿久津圭司(早稲田大学)
2区/L.ウェズレイ(メレロセカンダリー高校)
3区/牧良輔(新潟医療福祉大学)
4区/小山司(帝京大学)
5区/口町亮(東洋大学)
6区/藤原滋記(早稲田大学)
7区/塩谷桂大(中央学院大学)

【補員】
山﨑敦史(順天堂大学)
小林光二(中央学院大学)
廣田雄希(東海大学)
高本真樹(駒澤大学)

監督/奥谷亘
出場/19年連続19回目

 

22.プレス工業


1区/山田翔太(順天堂大学)
2区/大西亮(大東文化大学)
3区/福島弘将(上武大学)
4区/池田紀保(大東文化大学)
5区/今村俊(磯子高校)
6区/稲毛悠太(國學院大学)
7区/佐々木寛文(早稲田大学)

【補員】
川村駿吾(青山学院大学)
三宅雅大(五島高校)
大川一成(神奈川大学)
赤平大輔(大曲工業高校)

監督/上岡宏次
出場/10年連続10回目

 

23.黒崎播磨


1区/田村友佑(岩国工業高校)
2区/J.ムァゥラ(倉敷高校)
3区/吉元真司(城西大学)
4区/園田隼(上武大学)
5区/細谷恭平(中央学院大学)
6区/久井原歩(国士舘大学)
7区/小西祐也(鳥栖工業高校)

【補員】
金子幸司(城西大学)
坪内淳一(美祢工業高校)
川元涼央(高川学園高校)
小田部真也(東海大福岡高校)

監督/澁谷明憲
出場/8年連続31回目

 

24.トヨタ紡織


1区/蟹沢淳平(創価大学)
2区/E.ケイタニー
3区/大池達也(順天堂大学)
4区/聞谷賢人(順天堂大学)
5区/西山凌平(神奈川大学)
6区/河村知樹(山梨学院大学)
7区/濵野秀(立命館大学)

【補員】
糟谷悟(駒澤大学)
山田速人(明治大学)
藤木悠太(駒澤大学)

監督/白柳心哉
出場/22年連続22回目

 

25.YKK


1区/山田直弘(山梨学院大学)
2区/V.キプケモイ(サシャゴウニ高校)
3区/鈴木大貴(東京国際大学)
4区/細森大輔(國學院大学)
5区/末上哲平(東洋大学)
6区/及川佑太(中央学院大学)
7区/海老澤剛(中央学院大学)

【補員】
樋本芳弘(拓殖大学)
竹本紘希(帝京大学)
後沢広大(創価大学)
市谷龍太郎(山梨学院大学)

監督/濱田征司
出場/27年連続29回目

 

<スポンサーリンク>

 

26.ヤクルト


1区/髙久龍(東洋大学)
2区/D.ジュグナ(カリアニ高校)
3区/武田凜太郎(早稲田大学)
4区/小椋裕介(青山学院大学)
5区/春日千速(東海大学)
6区/加藤德一(大東文化大学)
7区/池田宗司(駒澤大学)

【補員】
川口将宏(青山学院大学)
高宮祐樹(城西大学)
山﨑翔太(順天堂大学)
八木沢元樹(明治大学)
浅石祐史(駒澤大学)

監督/本田竹春
出場/6年連続39回目

 

27.マツダ


1区/山本雄大(城西大学)
2区/B.シェフェラウ(Asela high school)
3区/延藤潤(東洋大学)
4区/山本憲二(東洋大学)
5区/橋本澪(東洋大学)
6区/新井翔理(中央学院大学)
7区/向晃平(國學院大学)

【補員】
圓井彰彦(法政大学)
田中瑞穂(中央学院大学)
周防俊也(日本体育大学)
寺西雅俊(京都産業大学)
島田将志(京都産業大学)

監督/増田陽一
出場/17年連続54回目

 

28.中央発條


1区/小島大明(龍谷大学)
2区/R.ジェームス(ニャフルルエリート高校)
3区/坂田昌駿(法政大学)
4区/鈴木柊成(青森山田高校)
5区/大野雄揮(信州大学)
6区/吾妻佑起(國學院大学)
7区/石井格人(順天堂大学)

【補員】
相場祐人(中央大学)
小川和也(市立松戸高校)
吉見新(豊川高校)
雨海智大(瓊浦高校)

監督/山田実
出場/5年連続36回目

 

29.大塚製薬


1区/髙橋裕太(帝京大学)
2区/松本葵(山梨学院大学)
3区/國行麗生(東海大学)
4区/上門大祐(京都産業大学)
5区/野田一貴(京都産業大学)
6区/秦将吾(山梨学院大学)
7区/岡田竜治(徳島東工業高校)

【補員】
奥谷裕一(拓殖大学)
辻茂樹(中央学院大学)
山川雄大(帝京大学)
上村和生(東洋大学)
和家睦昌(八幡浜高校)

監督/犬伏孝行
出場/8年連続25回目

 

30.トーエネック


1区/服部弾馬(東洋大学)
2区/竹内大地(中央大学)
3区/小山裕太(駒澤大学)
4区/河合代二(麗澤大学)
5区/中西亮貴(駒澤大学)
6区/西川凌矢(龍谷大学)
7区/西澤卓弥(順天堂大学)

【補員】
中川智春(明治大学)
須崎大輝(札幌日大高校)

監督/松浦忠明
出場/7年連続9回目

 

<スポンサーリンク>

 

31.SGホールディングスグループ


1区/石橋安孝(東海大学)
2区/P.ランガット(ナクル高校)
3区/千葉直輝(滋賀学園高校)
4区/飯沼健太(平成国際大学)
5区/橋爪孝安(松蔭大学)
6区/菊池貴文(国士舘大学)
7区/林竜之介(東海大学)

【補員】
松田佑太(日本体育大学)
塚田空(平成国際大学)
南雲翔太(立命館大学)
柿原聖哉(神奈川大学)
八巻雄飛(国士舘大学)

監督/中野剛
出場/24年連続25回目

 

32.中電工


1区/相葉直紀(広島大学)
2区/A.クルガト(Tilatil高校)
3区/小山大介(山梨学院大学)
4区/二岡康平(駒澤大学)
5区/大﨑翔也(大東文化大学)
6区/松尾修治(専修大学)
7区/畑中大輝(國學院大学)

【補員】
牧野俊紀(山梨学院大学)
鮫島紋二郎(國學院大学)
西岡喬介(城西大学)
村武慎平(立命館大学)

監督/松長信也
出場/23年連続23回目

 

33.ひらまつ病院


1区/梶原有高(松蔭大学)
2区/田中飛鳥(東海大学)
3区/石田政(大東文化大学)
4区/堤渉(福岡大学)
5区/藤田啓生(亜細亜大学)
6区/末次亮(啓徳高校)
7区/川谷勇貴(九州国際大学)

【補員】
野中誠(高志館高校)
J.カリウキ(第一工業大学)
吉岡紀元(第一工業大学)
川内田玲央(志學館大学)
坂本慎(瓊浦高校)

監督/中島泰伸
出場/2年連続2回目

 

34.セキノ興産


1区/小林巧(東海大学)
2区/J.カリウキ(青森山田高校)
3区/細川翔太郎(法政大学)
4区/桜庭宏暢(日本薬科大学)
5区/岩崎祐樹(順天堂大学)
6区/松宮祐行(花輪高校)
7区/石田康雄(上武大学)

【補員】
牛山雄平(國學院大学)
高橋功気(駒澤大学)
池沢健太(國學院大学)
長谷川直輝(東洋大学)
小野木俊(日本体育大学)

監督/石坂勉
出場/3年連続4回目

 

35.小森コーポレーション


1区/金森寛人(拓殖大学)
2区/R.ケモイ(Kworus中学校)
3区/西智也(拓殖大学)
4区/的場亮太(順天堂大学)
5区/坂本佳太(上武大学)
6区/橋本隆光(城西大学)
7区/西澤佳洋(駒澤大学)

【補員】
蛯名聡勝(帝京大学)
郡司貴大(駒澤大学)
柴田拓真(平成国際大学)
森田佳祐(筑波大学)
大須田優二(中央大学)

監督/本川一美
出場/2年ぶり35回目

 

36.JR東日本


1区/寺田夏生(國學院大学)
2区/加藤光(日本体育大学)
3区/大隅裕介(大東文化大学)
4区/五ヶ谷宏司(専修大学)
5区/作田直也(順天堂大学)
6区/花澤賢人(順天堂大学)
7区/其田健也(駒澤大学)

【補員】
高田千春(拓殖大学)
黒川翔矢(駒澤大学)
富安央(日本体育大学)

監督/大島唯司
出場/2年ぶり13回目

 

37.戸上電機製作所


1区/安藤慎治(帝京大学)
2区/堀聡介(鳥栖工業高校)
3区/渡邊太陽(鳥栖工業高校)
4区/溝田槙悟(鳥栖工業高校)
5区/平敏治(帝京大学)
6区/樋口秀星(帝京大学)
7区/出雲一真(鳥栖工業高校)

【補員】
大島伸(久留米大学)
柳昌光(鹿屋体育大学)
名波谷一朗(日本大学)
鶴田健太(鳥栖工業高校)
田中京太郎(佐賀工業高校)

監督/田島時夫
出場/初出場

 

<スポンサーリンク>

 

●歴代優勝チーム一覧


ここでは、歴代優勝チームを一覧でご紹介します。なお、直近10年は10位まで、以後は3位までを記載しています。

第62回~


2018年1月1日(第62回)

1位/旭化成
2位/Honda
3位/トヨタ自動車
4位/トヨタ自動車九州
5位/富士通
6位/DeNA
7位/コニカミノルタ
8位/MHPS
9位/安川電機
10位/愛三工業

2017年1月1日(第61回)

1位/旭化成
2位/トヨタ自動車
3位/トヨタ自動車九州
4位/MHPS
5位/コニカミノルタ
6位/富士通
7位/DeNA
8位/日清食品グループ
9位/中国電力
10位/日立物流

 

第60回~51回


一覧はここを開く

2016年1月1日(第60回)

1位/トヨタ自動車
2位/コニカミノルタ
3位/トヨタ自動車九州
4位/Honda
5位/DeNA
6位/日清食品グループ
7位/旭化成
8位/安川電機
9位/日立物流
10位/九電工

2015年1月1日(第59回)

1位/トヨタ自動車
2位/コニカミノルタ
3位/日清食品グループ
4位/Honda
5位/中国電力
6位/DeNA
7位/富士通
8位/NTN
9位/トヨタ自動車九州
10位/旭化成

2014年1月1日(第58回)

1位/コニカミノルタ
2位/トヨタ自動車九州
3位/日清食品グループ
4位/旭化成
5位/中国電力
6位/富士通
7位/トヨタ自動車
8位/Honda
9位/SUBARU
10位/九電工

2013年1月1日(第57回)

1位/コニカミノルタ
2位/トヨタ自動車九州
3位/カネボウ
4位/Honda
5位/中国電力
6位/SUBARU
7位/トヨタ紡織
8位/トヨタ自動車
9位/日清食品グループ
10位/旭化成

2012年1月1日(第56回)

1位/日清食品グループ
2位/コニカミノルタ
3位/旭化成
4位/トヨタ自動車
5位/九電工
6位/安川電機
7位/トヨタ自動車九州
8位/Honda
9位/中国電力
10位/富士通

2011年1月1日(第55回)

1位/トヨタ自動車
2位/富士通
3位/日清食品グループ
4位/安川電機
5位/旭化成
6位/中国電力
7位/Honda
8位/トヨタ自動車九州
9位/コニカミノルタ
10位/トヨタ紡織

2010年1月1日1月1日(第54回)

1位/日清食品グループ
2位/コニカミノルタ
3位/富士通
4位/中国電力
5位/トヨタ自動車
6位/Honda
7位/大塚製薬
8位/旭化成
9位/トヨタ紡織
10位/九電工

2009年1月1日(第53回)

1位/富士通
2位/日清食品グループ
3位/旭化成
4位/コニカミノルタ
5位/トヨタ自動車
6位/トヨタ紡織
7位/中国電力
8位/Honda
9位/ヤクルト
10位/小森コーポレーション

2008年1月1日(第52回)

1位/コニカミノルタ
2位/中国電力
3位/Honda

2007年1月1日(第51回)

1位/中国電力
2位/旭化成
3位/日清食品

 

第50回~41回


一覧はここを開く

2006年1月1日(第50回)

1位/コニカミノルタ
2位/中国電力
3位/富士通

2005年1月1日(第49回)

1位/コニカミノルタ
2位/中国電力
3位/日清食品

2004年1月1日(第48回)

1位/中国電力
2位/コニカミノルタ
3位/日清食品

2003年1月1日(第47回)

1位/コニカ
2位/日清食品
3位/中国電力

2002年1月1日(第46回)

1位/コニカ
2位/中国電力
3位/日清食品

2001年1月1日(第45回)

1位/コニカ
2位/富士通
3位/中国電力

2000年1月1日(第44回)

1位/富士通
2位/旭化成
3位/NEC

1999年1月1日(第43回)

1位/旭化成
2位/ヱスビー食品
3位/中国電力

1998年1月1日(第42回)

1位/旭化成
2位/ヱスビー食品
3位/ダイエー

1997年1月1日(第41回)

1位/旭化成
2位/ヱスビー食品
3位/ダイエー

 

第40回~31回


一覧はここを開く

1996年1月1日(第40回)

1位/鐘紡
2位/旭化成
3位/ヱスビー食品

1995年1月1日(第39回)

1位/旭化成
2位/鐘紡
3位/ヱスビー食品

1994年1月1日(第38回)

1位/旭化成
2位/本田技研工業
3位/鐘紡

1993年1月1日(第37回)

1位/旭化成
2位/九電工
3位/本田技研工業

1992年1月1日(第36回)

1位/旭化成
2位/九電工
3位/安川電機

1991年1月1日(第35回)

1位/旭化成
2位/日産自動車
3位/本田技研埼玉

1990年1月1日(第34回)

1位/旭化成
2位/九電工
3位/日産自動車

1989年1月1日(第33回)

1位/日産自動車
2位/旭化成
3位/日本電気HE

1988年1月1日(第32回)

1位/ヱスビー食品
2位/日産自動車
3位/旭化成

1986年12月21日(第31回)

1位/ヱスビー食品
2位/旭化成
3位/日産自動車

 

第30回~21回


一覧はここを開く

1985年12月15日(第30回)

1位/ヱスビー食品
2位/日産自動車
3位/九州電工

1984年12月16日(第29回)

1位/ヱスビー食品
2位/旭化成
3位/日産自動車

1983年12月18日(第28回)

1位/旭化成
2位/神戸製鋼
3位/鐘紡

1982年12月19日(第27回)

1位/旭化成
2位/鐘紡
3位/神戸製鋼

1981年12月20日(第26回)

1位/旭化成
2位/鐘紡
3位/リッカー

1980年12月21日(第25回)

1位/旭化成
2位/神戸製鋼
3位/リッカー

1979年12月16日(第24回)

1位/旭化成
2位/九州電工
3位/リッカー

1978年12月17日(第23回)

1位/旭化成
2位/鐘紡
3位/新日鐵

1977年12月18日(第22回)

1位/鐘紡
2位/九州電工
3位/旭化成

1976年12月19日(第21回)

1位/鐘紡
2位/旭化成
3位/神戸製鋼

 

第20回~第11回


一覧はここを開く

1975年12月21日(第20回)

1位/旭化成
2位/鐘紡
3位/リッカー

1974年12月15日(第19回)

1位/鐘紡
2位/旭化成
3位/神戸製鋼

1973年12月16日(第18回)

1位/旭化成
2位/新日鐵
3位/東洋工業

1972年12月17日(第17回)

1位/クラレ
2位/東洋工業
3位/旭化成

1971年12月19日(第16回)

1位/東洋工業
2位/全鐘紡
3位/クラレ

1970年12月20日(第15回)

1位/電電中国
2位/旭化成
3位/リッカーミシン

1969年12月21日(第14回)

1位/東洋工業
2位/旭化成
3位/電電中国

1968年12月22日(第13回)

1位/旭化成
2位/八幡製鐵
3位/東洋ベアリング

1967年12月17日(第12回)

1位/電電中国
2位/倉敷レーヨン
3位/九州電工

1966年12月18日(第11回)

1位/旭化成
2位/倉敷レーヨン
3位/リッカーミシン

 

第10回~第1回


一覧はここを開く

1965年12月19日(第10回)

1位/旭化成
2位/東京急行
3位/八幡製鐵

1964年12月20日(第9回)

1位/旭化成
2位/八幡製鐵
3位/東京急行

1963年12月15日(第8回)

1位/東京急行
2位/旭化成
3位/東洋工業

1962年12月16日(第7回)

1位/八幡製鐵
2位/東京急行
3位/倉敷レーヨン

1961年12月17日(第6回)

1位/東京急行
2位/リッカーミシン
3位/八幡製鐵

1960年12月18日(第5回)

1位/リッカーミシン
2位/東京急行
3位/倉敷レーヨン

1960年2月21日(第4回)

1位/八幡製鐵
2位/東洋ベアリング
3位/明治製菓

1959年3月1日(第3回)

1位/リッカーミシン
2位/八幡製鐵
3位/東洋ベアリング

1958年3月2日(第2回)

1位/リッカーミシン
2位/八幡製鐵
3位/全鐘紡

1957年3月3日(第1回)

1位/八幡製鐵
2位/旭化成
3位/国鉄

 

 

※ニューイヤー駅伝2019については、こちらの記事もご覧ください。

ニューイヤー駅伝2019/予選会の日程と結果(東日本 関西 九州ほか)一覧

ニューイヤー駅伝2019/コースの特徴と出場チームのエントリー一覧

ニューイヤー駅伝2019/区間エントリー選手一覧と歴代優勝チーム一覧

ニューイヤー駅伝2019/結果速報!優勝&区間記録は?

 

<スポンサーリンク>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. ゆうメール規格外廃止!定形外郵便やゆうメール新料金一覧&ゆうパック料金は?
  2. スタバメニューのカロリー一覧表!レギュラーから新作まで[フード編]
  3. スタバメニューのカロリー一覧表!新作フラペチーノも![ドリンク編]
  4. 嵐メンバーが主演で主題歌も嵐の連続ドラマ&映画一覧!最新版♪
  5. サーティーワンの値段とメニューやカロリーは?新作とキャンペーン情報も!

関連記事

  1. スポーツ

    箱根駅伝2019/早稲田大学のエントリー選手一覧とチームの特徴

    2019年1月2日(水)・3日(木)に、学生駅伝の最高峰「第95回…

  2. スポーツ

    箱根駅伝2017/出場校20校+学生連合決定!テレビ中継と優勝予想!

    大学駅伝の最高峰であり、新年最初の大イベントでもある「第93回箱根…

  3. スポーツ

    箱根駅伝2019/國學院大学のエントリー選手一覧とチームの特徴

    2019年1月2日(水)・3日(木)に、学生駅伝の最高峰「第95回…

  4. スポーツ

    スポ男2017正月/最強スポーツ男子元日頂上決戦の出演者と競技結果は?

    TBS系列のスポーツバラエティ番組「究極の男は誰だ…

  5. スポーツ

    箱根駅伝2019/上武大学のエントリー選手一覧とチームの特徴

    2019年1月2日(水)・3日(木)に、学生駅伝の最高峰「第95回…

  6. スポーツ

    全日本大学女子駅伝2018/出場校一覧とコース&テレビ放送日程(杜の都駅伝)

    第36回全日本大学女子駅伝対校選手権大会(以下、全日本大学女子駅伝…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

読んでほしい記事

アーカイブ

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

おすすめまとめ記事

ピックアップ記事

  1. 話題

    #ねこの写真へたくそ選手権まとめ/Twitterで沸騰!爆笑猫画像
  2. スポーツ

    箱根駅伝2017/往路結果と区間記録速報!通過順位や区間賞・優勝校は?
  3. 映画・ドラマ・音楽

    好きなアーティストランキング2018/嵐がトップに返り咲き!
  4. スポーツ

    ニューイヤー駅伝2019/結果速報!優勝&区間記録は?
  5. 統計・ランキング

    世界で最も影響力のある100人/2019年版全一覧!大坂なおみ選出!
PAGE TOP